FC2ブログ

若鶴「純米大吟醸 雄山錦 中汲み 限定品」(若鶴酒造)

DSC04931.jpg
銘柄:若鶴「純米大吟醸 雄山錦 中汲み 限定品」
製造:若鶴酒造
種類:純米大吟醸
酒米:雄山錦

富山県の南砺市にある若鶴酒造は、富山県の蔵の中ではしっかりとした味わいのお酒を作る印象の蔵と認識しています。その若鶴が愛知のスーパーでなぜか売っていた・・・というか若鶴を愛知でみたのは初めてかな。純米大吟醸がリーズナブルな価格でどんなものだろうと思い購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香はほんのり麹の香漂う透明のお酒です。飲んでみるとピリっとした刺激のある口当たり。ちょっぴり酸味としっかりとした米の深みのある旨味、そしてドライな辛い刺激が口の中に広がってきます。開栓直後は少し味がとんがってて、いまいちかなと思ったのですが、2日目以降になると角が丸くなって、飲めば飲むほど米の旨味が滲み出てきて、重厚感のある深い旨味が舌に絡みつき、そして気がつくとドライな喉越しでしっかりとキレる芳醇旨口のお酒になってきます。純米大吟醸とのことですが、どっしりとした味わいは単品で飲むよりも濃い味付けの料理と合わせると相性が良さそうで、少し肌寒くなる実りの秋に良さそうなお酒でした。

フィール クオリテ平和公園店で購入。
スポンサーサイト



国盛「とらじの唄」(中埜酒造)

DSC04907.jpg
銘柄:国盛「とらじの唄」
製造:中埜酒造
種類:純米
酒米:不明

愛知県半田市にある国盛は以前から蔵見学など盛んに行っているところで愛知県内では比較的知名度の高い蔵の一つです。その蔵で作られた濁り酒の一つがとらじの唄。国盛は普通のにごり酒も作っていますが、こちらは甘口の活性にごり酒で、レギュラー商品の一つです。スーパーで置いてあるのを見かけたことはちらほらありましたが、あまり手に取ったことはなく、今回はたまたま手に取ったらコスパが良さそうでしたので選んでみました。

冷酒で飲ス、うまい!
香はほんのり麹の香漂うにごり酒。飲んでみるとにごり酒とは思えないほどさらりとした舌触り。綺麗な酸味と落ち着いた旨味のバランスが程よく、とてもあっさりとした軽めのお酒といった印象です。白い滓でドロドロしているのかと思いきやサラッとした質感は少し驚きで、逆に自然発泡の微炭酸の刺激が清涼感を感じさせてくれます。アルコール度が6度と低いので真夏に飲むと、しつこさを感じず清涼感たっぷりでとても美味しく飲めそうです。コスパは良く、活性にごり酒を飲んでいるというより、梅酒サワーのような飲みやすさで万人受けしそうなお酒でした。

FEELクオリテ平和公園店で購入しました。

二兎「純米 萬歳七十」(丸石醸造)

DSC04735.jpg
銘柄:二兎「純米 萬歳七十」
製造:丸石醸造
種類:純米
酒米:萬歳

岡崎市にある丸石酒造は創業330年の歴史を持つ蔵で、徳川家康や三河武士の銘柄を作ることで知られていますが、5年ほど前から特約店用に二兎という銘柄を出しています。「二兎を追う者は一兎をも得ず」ならぬ「二兎追うものしか二兎を得ず」のコンセプトで多種類を用意しています。その中で岡崎市で過去に作られていた「萬歳(ばんざい)」という酒米を使った純米酒がありましたので選んでみました。萬歳は100年ほど前の米で栽培は途絶えてましたが県農業試験場に種もみが保管されていたため平成25年から岡崎市内で栽培を始めたとのこと。なので酒米の詳細なデータは不明ですし、使っているのも丸石酒造だけのようです。

冷酒で飲ス、うまい!!
香はほんのり麹の香漂う飴色のお酒です。飲んでみるとほんのり甘くフルーティーな口当たり。最初はすっきりとした綺麗な酒質で、その中にほんのり感じる酸味が清涼感を感じさせてくれます。飲みやすいお酒だなと思って飲んでいくと、次第にピリっとした刺激のある味を感じることができます。ピリ辛な旨味の後で薄い苦味で程よくキレて、後味は意外とすっきりしています。飲むほどドライな舌触りが強くなり、でもふと気がつくとふっくらとした綺麗な旨味が顔を出し、いつまでも美味しく飲むことができます。少し濃いめの味付けの料理と一緒に飲みましたが、程よく馴染んで美味しくいただけたお酒でした。

リカーショップオオタケで購入。

日下無双「純米60 無濾過生」(天吹酒造)

DSC04737_20200830054139eab.jpg
銘柄:日下無双「純米60 無濾過生」
製造:天吹酒造
種類:純米
酒米:山田錦

ワインレッドに刻まれた「日下無双」のラベルは相変わらず目立ち、純米無濾過生ということで、以前飲んだ純米酒との違いはどうだろうと思い購入してみました。ただ購入する時に微妙なラベルの違いが気になって、よくみてみると天吹酒造の文字がありました。天吹と言えば可愛らしいラベルとかが目立つ佐賀県のお酒だったような・・・と思って家に帰って調べてみると、杜氏の日下氏はなんと山口県の村重酒造から佐賀県の天吹酒造に変わっているではないですか。違う蔵なのに同じ銘柄でお酒造りをしちゃうあたりがちょっと面白いです。

冷酒で飲ス、うまい!!
香はほんのり柑橘系の甘い吟醸香の飴色のお酒です。飲んでみるとフレッシュな刺激のある口当たり。トロッとした甘くフルーティーな味わいとピリッとしたドライな刺激が混在した、とてもジューシーでしっかりとした旨味のあるお酒です。この生の刺激がとても快感で口の中が甘辛な刺激で充満し、単品で美味しくいただけます。しっかりとした味わいと刺激のあるお酒でした。

リカーショップオオタケで購入。

米宗「山廃純吟一火原酒」(青木酒造)

DSC04697_202008252342375b9.jpg
銘柄:米宗「山廃純吟一火原酒」
製造:青木酒造
種類:純米吟醸
酒米:美山錦

米宗のお酒で、一部の特約店のみ販売されている一火原酒シリーズ。その中で長野県産の美山錦を使ったお酒が売っていたので購入してみました。名前から山廃純米吟醸火入れ原酒とまんまですが、濃厚な味わいだろうなと思い購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香は麹の香がしっかり漂う濃い褐色のお酒です。飲んでみるとどっしりとした濃厚な口当たり。山廃らしい強めの酸味の効いた味がとてもパンチが効いていて、その後から口の中に広がる濃厚な米の旨味がたまりません。これだけ濃厚な味なのにネットリした感じはなく、どちらかと言えばサラリとしたドライな質感で、綺麗にキレてくれるからしつこさが少なくて濃厚でも飲みやすい感覚になります。これなら夏に飲んでもくどくならずに飲み続けれます。しっかりとした酸味と濃厚な旨味の山廃純米原酒を味わいたいとのき良いお酒でした。

リカーショップオオタケで購入。

敷嶋「0歩目 特別純米 無濾過原酒」(伊東株式会社)

DSC04696.jpg
銘柄:敷嶋「0歩目 特別純米 無濾過原酒」
製造:伊東株式会社
種類:純米
酒米:山田錦

愛知県に住んでて「敷嶋」といえば古い酒屋さんとか居酒屋で看板が掲げられているしばしばに目をします。しかしながら敷嶋のお酒を売っているところを見たことがない人が大半だと思います。それもそのはずで、敷嶋を造っていた伊東合資会社は1788年創業の歴史のある蔵でしたが2000年に廃業していたのですから(その後、敷嶋の銘柄は愛知県安城市の神杉酒造で少し使われていたようですが詳細は不明)。で、この蔵の9代目の方が復活させたいとの思いがあり、脱サラして他の蔵で修行をして2020年4月に販売されたお酒がこれ。綺麗なラベルはデザイン会社や書道家(田坂州代)による作品で、醸造への第一歩へ向かう0歩目という内容。そして最近お気に入りで「天下錦」で知られる三重県名張市の福持酒造場のタンクを借りて誕生したお酒だとのこと。HPがあるので参照すればわかりますが、免許返納しているため、そのままでは単独で醸造することはできず新規取得も難しいと前途多難な様子。ですが滋賀県の中澤酒造「一博」のように復活した蔵もあるのでコロナ禍で大変ですが頑張って欲しいと思える蔵です。まだ蔵として出発しているわけではないのですが意外とHPが充実しているのが好印象でした。

冷酒で飲ス、うまい!!
香は甘い麹の香漂う飴色のお酒です。飲んでみると少しピリッとしたドライな口当たり。柑橘系の甘酸っぱい酸味に辛味のある深い旨味がとても飲みごたえがあります。程よく熟成した落ち着いた深みのある味が最初はなかなか濃厚で、飲めば飲むほど馴染んできてトロリと舌にまとわりつく旨味がだんだんと心地よくなってきます。その心地よい余韻に浸っているとアルコール度18度が顔を出してきて、気がついたら結構酔ってしまいました。なので沢山は飲めませんが、ちびちび飲むにはもってこいでステーキとかしっかりとした味わいの料理と相性が良さそうなお酒でした。

リカーショップオオタケで購入。相変わらず品揃えがそそります。

蓬莱泉「霞月 生原酒」(関谷酒造)

DSC04496.jpg
銘柄:蓬莱泉「霞月 生原酒」
製造:関谷酒造
種類:純米
酒米:不明

今年も夏に蓬莱泉の吟醸工房へ行った時に購入したお酒です。普通の霞月は以前飲んだことがありましたが、限定で販売されるこちらの青いラベルの霞月は初めてです。

冷酒で飲ス、うまい!!
香は甘い麹の香漂う透明のお酒です。飲んでみると少しピリッとした口当たり。フレッシュで甘辛な米の旨味がまったりと舌の上に広がって、これが意外とねっとりとした質感で結構残り、長く余韻を楽しむことができます。結構しっかりとした艶やかな旨味で、最後のキレがドライな喉越しとなって次の一杯が欲しくなってきます。開栓2日目に飲んでみると少し刺激が和らいで全体的にまろやかな角の取れた旨味となり、じっくりと飲むことができました。個人的には少し丸くなった方が好みの味かな。生原酒のフレッシュな状態を飲むのも良いですが少しおいて味の変化を楽しみながら好みのところを探したくなるお酒でした。

ほうらいせん吟醸工房で購入。

天領「すますま」(天領酒造)

DSC04356.jpg
銘柄:天領「すますま」
製造:天領酒造
種類:普通酒
酒米:ひだほまれ

下呂市の温泉街から少し北に位置する天領酒造からスパークリング日本酒が販売されていたので購入してみました。

香は甘く炭酸の効いた褐色のお酒です。飲んでみるとさっぱりとした口当たり。梅とリンゴのミックスしたような爽やかな酸味が美味しく、シュワっとした酸味がとても清涼感を感じさせてくれます。フレッシュというより、熟成された落ち着いた印象で、その味わいの中で感じる甘さは日本酒を飲んでいる感覚とは少し違い、カクテルを飲んでいるかのような感覚に陥ってしまいます。こういうちょっと変わった日本酒をナショナルブランドではなく地方の蔵(といっても天領酒造は比較的手広くやっている方だと思いますが)が造っているのが面白いかな。炭酸はおそらくガス注入方式だと思いますが、アルコール度が低めで軽快なこのお酒と相性が良さそう。米はあっさり綺麗なひだほまれ、酵母に岐阜清流酵母とスパークリング日本酒でありながら、ザ・地酒な感じです。日本酒をしっかりと味わいながら飲む人には不向きですが、パーティーや食事会にグラスに注いで軽く乾杯しながら飲むのに向いているお酒でした。

酒のすぎたで購入しました。

母情「白にごり」(平野醸造)

DSC04344_2020072823550564e.jpg
銘柄:母情「白にごり」
製造:平野醸造
種類:普通酒
酒米:不明

郡上の平野醸造は明治6年創業の蔵です。ここの造るお酒「母情」を久しぶりに飲んでみました。これまでは気がつきませんでしたがいつの間にか蔵のHPができていました。

冷酒で射んス、うまい!!
少し酸味のある旨味の凝縮した口当たり。強めの濁りでとろみのある質感が口の中に入ってくると、飲むというより食べるに近い感覚になりそうです。滓独特のクリーミーな甘さと、しっかりとした熟成した酸味のある旨味がうまく混ざり合い、とても濃厚な甘さでも意外と清涼感を感じて飲みやすい印象を受けます。飲んだ後もしばらく口の中に残る味わいはしっかり甘い後味で、単品で飲んでも行けますし、濃いめの料理はもちろんですが、意外とあっさりとした味の料理でも問題なく行けそう(やや日本酒が勝っちゃいますがここは好みの問題か)。これはクセになる美味さだと思っていると、アルコール度が18~19度と少し高めで気が付けば酔いが回って出来上がってしまえるお酒でした。

酒のいとうで購入

紀土「純米酒」(平和酒造)

DSC04358.jpg
銘柄:紀土「純米酒」
製造:平和酒造
種類:純米
酒米:山田錦+五百万石

昭和3年創業の平和酒造は紀土の銘柄で知られている蔵です。その中で、白が基調のラベルが美しいレギュラ-な純米酒が売っていたので購入してみました。

香は甘い麹の香漂う飴色のお酒です。飲んでみると旨味のある口当たり。マスカットを彷彿させるようなふわっとしたソフトなタッチの旨味と、爽やかな酸味がバランスよく感じられるのが最初の印象です。飲めば飲むほど舌に絡みつくクリーミーな舌触りがとても心地よく、酸味の効いた米の旨味に深みが増してついついお代わりしてしまいます。変化を感じながらも最初から最後まで一貫して美味いと思わせるお酒でした。

酒のすぎたで購入しました。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別