大信州「別囲い純米吟醸ひやおろし」(大信州酒造)

DSC04223.jpg
銘柄:大信州「別囲い純米吟醸ひやおろし」
製造:大信州酒造
種類:純米吟醸
酒米:不明

松本で宿泊した宿で飲んだ大信州の蔵が松本インターの近くにあり立ち寄ってみることに。商品みるとラベルは先日飲んだものとは違いオシャレな感じで、さらに非常に綺麗な販売所でした。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘いフルーティーな香りの吟醸香。飲んでみるとフルーティーですっきりとした口当たり。少し辛口でピリッとした刺激の後で爽やかでフルーティーな旨味が口の中に広がってきます。炭酸が入っている訳ではないですが炭酸の入った完熟メロン果汁っのような印象です。そしてその後から口の中に広がる熟成した落ち着いた旨味が最初の刺激と対照的なのに、それを上品にまとめ、しっとりとした優しい舌触りがとても心地良いです。辛口の刺激と落ち着いた旨味のバランスがよく、美味しくいただけたお酒でした。

大信州の専売所で購入。お店の方が結構細かく色々と教えてくれました。
スポンサーサイト

花紋大雪渓「低温熟成 本醸造無濾過生原酒」(大雪渓酒造)

DSC04220.jpg
銘柄:花紋大雪渓「低温熟成 本醸造無濾過生原酒」
製造:大雪渓酒造
種類:本醸造
酒米:不明

池田町にある蔵直営店のみで販売される限定銘柄「花紋」シリーズで本醸造の生原酒を購入しました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは米の甘い香り漂う透明のお酒。飲んでみると結構最初に刺激のある口当たり。アルコール度20度あるのでピリピリしますが、その刺激を通りすぎると深くコクのある米のしっとりとした甘い旨味が口の中に広がってきます。トロッとした濃厚でしっかりとした味わいが舌に絡みつき、絶妙な酸味と旨味のバランスが大変心地好いです。本醸造ながら濃厚な味わいで飲むほど口の中に馴染んできて滲み出る旨味を堪能できるうまいお酒でした。

池田町にある直営店で購入。とても綺麗なところでした。

大信州「特別純米酒」(大信州酒造)

DSC04150.jpg
銘柄:大信州「特別純米酒」
製造:大信州酒造
種類:純米
酒米:不明

松本で宿泊した時に旅館で飲んだお酒です。辛口純米酒とありましたがそれ以外は詳細不明なところ。蔵のHPをみてもラベルの文字も違い、実際に同じお酒なのかは不明。おみやげ用として販売されているものかもしれません。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほんのり麹の香り漂う日本酒の香り。飲んでみるとすっきりとした刺激のある辛口の口当たり。少し酸味のある旨味が口の中に広がりますが、そのあとはさらりと消えて行く感じで後味すっきり。口に含んだ時の旨味とキレの良い後味が料理の味を邪魔せず大変心地よくいただくことができました。

旅館で飲んだので詳細不明。

びわ湖正宗「純米酒」(福井弥平商店)

DSC04023.jpg
銘柄:びわ湖正宗「純米酒」
製造:福井弥平商店
種類:純米
酒米:不明

たまたま立ち寄ったスーパーでふらっと酒コーナーを見た時に、初めて見る銘柄だなぁと思い購入してみたお酒です。福井弥平商店は知ってる蔵だがこんな銘柄だったっけ?って思いながら、家に帰って調べて見ると萩の露を作っているところでした。

冷酒、熱燗で飲ス、うまい!!
香りは麹の香り漂う日本酒らしい香り。冷酒で飲むと少し刺激があり軽い酸味のある辛口のお酒な感じです。全体的に旨味がぼやけて刺激や酸味が強調され若干雑味に感じてしまいます。少し常温にするとまろやかになり、何度か飲んでいると口の中に馴染んで旨味がでてくる感じでした。熱燗にすると全体的に旨味がふっくらしてきて味のバランスが良くなり、米の甘い旨味で口の中が大変心地よくなってきます。個人的には少し濃いめの料理に熱燗でいただくと食が進んで晩酌向けのお酒でした。

平和堂あどがわ店で購入。びわ湖正宗は福井弥平商店のページ見ても乗っていないのでレギュラー商品ではなさそう。詳細が不明だが滋賀の地酒ってラベルにあったからお土産用かな?

辯天「特別純米酒 ひやおろし」(後藤酒造店)

DSC03800.jpg
銘柄:辯天「特別純米酒 ひやおろし」
製造:後藤酒造店
種類:純米
酒米:山田錦

お気に入りの銘柄「辯天」の4本目は秋限定のひやおろし。そういえばこれまで辯天なんども飲んでいますが、純米吟醸生原酒か純米大吟醸生原酒しか飲んだことなく、レギュラー商品や熟成酒は飲んだことがなかったのでどんな味がするのかと思い購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘いフルーティーな香りの飴色のお酒です。飲んでみると最初は少し刺激のある辛口の印象の口当たりですが、何度も飲んでいると甘く熟したリンゴのようなフルーティーさと、コクのあるコメの甘い旨味が混ざり合った味わいになってきます。生原酒の時は甘くジューシーさ爆発なお酒でしたが、ひやおろしと言うだけあって角の取れたまろやかで口当たりのふっくらした甘さで、奥から感じる米の旨味がしっかりと感じとれます。嫌味な感じはなくただただ旨味が乗った綺麗なお酒は何度口に含んでも美味しく大変心地よいお酒でした。

いしはら酒店で購入。

高千代「秋あがり からくち純米+19 美山錦 無調整生原酒」(高千代酒造)

DSC03802.jpg
銘柄:高千代「秋あがり からくち純米+19 美山錦 無調整生原酒」
製造:高千代酒造
種類:純米
酒米:美山錦

高千代のからくち純米+19を半年間熟成させた秋のお酒。特に何にも考えず、ひやおろしを飲もうかなっと思って真っ赤なラベルが目立ったので購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは少し麹の香りある透明のお酒です。飲んでみると最初に感じる舌触りは強い刺激です。日本酒度+19だけあって刺激が結構強く、最初の一口で辛口のお酒だなって印象です。最初の数口は刺激ばかりが強調されてしまいますが、その後で熟成した米の旨味がジワリとでてきます。口の中に旨味が出てきたなと思うと後味がスーと消していくドライな喉越し。お酒の味も料理の味も口の中からサーと感じなくなるキレの良さで一旦リセットされ、次に口に入れる料理の味を堪能できる感じです。これなら結構濃いめの料理でも問題なく、秋の味覚を楽しむお供でキレッキレな喉越しを求めるときにどうぞなお酒でした。

いしはら酒店で購入。

玉旭「純米吟醸原酒 ひやおろし」(玉旭酒造)

DSC03554.jpg
銘柄:玉旭「純米吟醸原酒 ひやおろし」
製造:玉旭酒造
種類:純米吟醸
酒米:雄山錦

富山へ旅行に行った時に地元の酒屋さんで購入。玉旭酒造は富山市の八尾で営まれる創業200年ほどの酒蔵です。淡麗辛口のお酒を作られているようで、このお酒は富山の酒米である雄山錦を使ったひやおろし。酒屋さんがいうには、その酒屋さん限定の商品なんだそうですが、どこが特別なのは不明。ただ雄山錦のお酒がどんな味だろうと思い購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
麹の香り漂う少し飴色のお酒。飲んでみるとスッキリとしたピリ辛な辛口の口当たり。その後から熟成したコクのある複雑ながらも上品で綺麗にまとめられた味わいが口の中に広がってきます。何度か飲んでいるとこの熟成した旨味が大変ふくらみのある、まろやかでまったりと心地よい旨味がにじみ出てきます。これが本当に心地よくついつい濃醇な旨味を堪能してみたくなってしまいます。雄山錦はひだほまれの系列の米ですが、ひだほまれと比べ円熟したしっかりとした味わいかなって印象です。寒い日についつい飲んでしまいほろ酔い気分まで心地よく飲んでしまえるお酒でした。

エスポアなかやすで購入。

白老「純米酒 6割5分磨き」(澤田酒造)

DSC03642.jpg
銘柄:白老「純米酒 6割5分磨き」
製造:澤田酒造
種類:純米
酒米:若水

「若水」を始め愛知県の開発した米を自社生産してお酒を作られている澤田酒造。女性蔵元となり熟成酒のみではなく色々なお酒も作られているようですが、多くは愛知県のものを使った愛知の地酒を多く作られてコスパも良いところです。今回は普通に純米酒を購入してみました。

冷酒、熱燗で飲ス、うまい!!
香りはしっかり米麹の香りが漂う飴色のお酒です。飲んでみると最初からこれでもかっていうくらい米の味わいがにじみ出てきています。このしっかりとした複雑で深いコクのある米の旨味が口の中で広がってくるとうまいなぁと普通に思えてしまえます。この日本酒らしい米の味わいは若水のお酒に良くあるしっかりとした味わいと言えるかも。温度を上げると酸味が強くなってきて一時的に飲みにくくなる印象ですが、熱燗位に温めると酸味が少し薄れて米の甘い旨味が濃縮してうまさが引き立ってくる感じです。ステーキと合わせても負けないしっかりとした旨味は、愛知に多い濃い味付けの料理とも相性が良く、冬の鍋なんかちょうど良いと思わせます。綺麗でさっぱりしたお酒が好みの人にはやや合わないですが、濃い味わいの好きな人には美味しくいただけるんじゃないかと思えるお酒でした。

ヨシヅヤ名古屋名西店で購入

宮の雪「淡麗純米 生貯蔵酒」(宮﨑本店)

DSC03636.jpg
銘柄:宮の雪「淡麗純米 生貯蔵酒」
製造:宮﨑本店
種類:純米
酒米:不明

貰い物。宮の雪自体は名古屋市内でも結構見かける銘柄ですが純米となると途端に見かける機会がなくなる宮の雪。貰い物ですが純米の生貯蔵酒をもらったので飲んでみました。

冷酒で飲ス、うまい!
香りは少し麹の香りが漂う程度の無臭に近い透明なお酒です。飲んでみると淡麗とかいてあるだけあってとても爽やかでスッキリとした軽やかな味わい。軽いなぁっと思っていたらそのまま水のごとく薄れていく感じです。純米ながらもとても軽い感じはまさに淡麗辛口。もう少し癖があってもいいかなと思ったお酒でした。

貰い物。

三笑楽「ひやおろし 純米酒」(三笑楽酒造)

DSC03552.jpg
銘柄:三笑楽「ひやおろし 純米酒」
製造:三笑楽酒造
種類:純米
酒米:不明

富山県は石川県と新潟県に挟まれた北陸の町で,石川の能登杜氏と新潟の越後杜氏が混在する土地柄なんだそうです.淡麗辛口系の越後杜氏,濃醇系の能登杜氏の流派がバラバラのため同じ地域でも酒質ががらりと変わるみたいです.そんななか世界遺産の五箇山に構える三笑楽酒造は能登系の濃醇な酒質に得意とする山廃仕込みで,寒い雪国ならではのどっしりとした濃厚な味わいが特徴の酒蔵の一つです.そのひやおろしがしっかりとした味わいでおいしいよと勧められ購入してみました.

冷酒で飲ス,うまい!!
香りは米麹の香り漂う飴色のお酒です.飲んでみるとピリピリとした刺激の口当たり.口の中にすぐに広がる濃厚で熟した酸味が良く効いた味わいが広がってきます.さっぱりとした酸味かなって思っているとガツンと来る濃厚な刺激で引き戻される感じでしょうか.アルコール度が少し高めのためか刺激も強く口の中はカラっからになってしまいます.重厚感のある米の旨味と少し強めの酸味のバランスが良く,キレが良いため飲みやすいが濃厚なお酒を飲んでいるなって気にさせてくれるお酒でした.

エスポアなかやすで購入しました.富山県のお酒の取り扱いは多くて楽しめた.
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別