満寿泉「純米酒」(桝田酒造)

DSC03471.jpg
銘柄:満寿泉「純米酒」
製造:桝田酒造
種類:純米
酒米:非公開

富山へ旅行に行った際、たまたま立ち寄った酒屋さんで購入したお酒。満寿泉といえば吟醸系で知られ、何度か飲んで綺麗で甘いフルーティーなお酒って印象ですが、普通に濁りのない純米酒だとどんな味なんだろうって思い購入してみました。

冷酒、熱燗で飲ス、うまい!!
香りは甘い麹の香りの透明なお酒です。飲んでみると日本酒らしい、米のしっとりとした甘い旨味を感じる口当たり。米の旨味がしっかりと感じられ、結構重厚感のある辛口な刺激と深みのある旨味の混ざり合ったような味わいです。いつまでも口の中に感じる複雑な旨味がたまらず、日本酒飲んでいるなって気にさせてくれます。これまでは満寿泉といえば綺麗なお酒って印象が強かったですが、しっかりとした米の旨味を感じられるお酒も作られており、シンプルにうまいお酒でした。

エスポアなかやすで購入。コスパ良いお酒です。
スポンサーサイト

大倉「特別純米 無濾過生原酒 本生」(大倉本家)

DSC02910.jpg
銘柄:大倉「特別純米 無濾過生原酒 本生」
製造:大倉本家
種類:純米
酒米:オオセト

奈良県でも大阪寄りに位置する香芝市に構える大倉本家。「金鼓」の銘柄で知られ、伝統的な酒造り「水もと」(だったかな)で作られている珍しい蔵としても知られています。お神酒などを造る濁酒の免許を持つ全国で2つしかない(らしい)蔵の一つで、「濁酒」の銘柄で販売しており(以前の濁酒)、他に限定流通で純米限定の「大倉」の銘柄のお酒も作られています。今回は大倉の中で、オオセトなる初耳の米で作られているお酒が売っていたので購入してみました。

冷酒、常温で飲ス、うまい!!
香りはほんのり麹の甘い香りの飴色のお酒です。飲んでみると少しピリ辛でねっとりとした口当たり。米の甘く旨味の凝縮した味がトロッとした舌触りで口の中に広がってくるので、いつまでも旨味を堪能できる感じでしょうか。常温くらいまで暖かくなるとピリ辛な刺激が薄れ、濃厚な甘さで下に絡みつき、これがまた病みつきになりそうなうまさです。濃醇なうまさを堪能でき、心も体もポカポカになりそうなお酒でした。

名古屋市内の青木酒店で購入。息子さんがリニューアルされ酒屋とは思えぬオシャレな風貌のお店になってますが、店主は変わらず安心できるお店でした。

英君「特別純米誉富士」(英君酒造)

DSC02653_201709042308151c8.jpg
銘柄:英君「特別純米誉富士」
製造:英君酒造
種類:純米
酒米:誉富士

静岡の由比に構える英君酒造は明治14年開業と130年以上の歴史を持つ蔵です。由比といえば東海道の親知らず、アキレス腱とも呼ばれる難所として知られ、東名、JR、国1はほぼ同じ場所を通るため度々通行止めなどで困ることも多々あったところです。現在は新幹線も新東名も難所を避けているため以前ほどのことはなくなったようです。英君飲むの久しぶりだなぁって思っていたら、ブログ初だったので、ブログ始める前の記憶かな。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘さを感じる麹の香りです。飲んでみるとトロッとした優しい口当たりで口の中にするりと入ってきます。少し辛口な刺激があるなと思っていると、舌に絡みつく米の旨味がジワリと出てくる感じでしょうか。ほんのり甘くふくらみのあるような優しいタッチで、口の中に米の甘い旨味が広がってくる感じ。フルーティーな感じではなく、あくまでも米のふっくらした甘さで日本酒飲んでいるなって忘れないところがいいです。誉富士と静岡酵母NEW5の組み合わせは前回飲んだ白隠正宗と同じような内容ですが、味わいは本当に同じ材料なのかと疑ってしまうほど別物で、英君はふっくらとした旨味でこれまた美味しくいただけたお酒でした。

エスパルスドリームプラザ内にある篠田商店で購入しました。

米宗「山廃仕込み純米ひやおろし」(青木酒造)

DSC02815.jpg
銘柄:米宗「山廃仕込み純米ひやおろし」
製造:青木酒造
種類:純米
酒米:若水+山田錦

多様なお酒が集う愛知で山廃に早くから力を入れている青木酒造。その山廃仕込みのひやおろしが販売されていたので購入してみました。米宗飲むの久しぶりだな・・・・って思っていたら数年ぶりだった。家飲みで被っているお酒は基本的にはブログにアップはしてませんが、米宗自体は本当に久しぶりだった。でもやっぱり変わらず、米の旨味に重点を置いたお酒で安心した。

冷酒、ぬる燗で飲ス、うまい!!
香りはしっかりと米麹の香り漂う飴色のお酒です。飲んでみると日本酒度13度の辛口の口当たり・・・・はあまり感じず、優しくふんわりとした口当たり。下にねっとりと広がるトロッとした旨味は米の旨味そのもの。少し酸味の聞いた重厚感の中にも清涼感を感じるトロッとした旨味がたまらないです。嫌な刺激やフルーティーな甘さなど皆無で、あくまでも主役は米で米の旨味のみが凝縮され旨味を感じるお酒です。山廃仕込みながらこの優しい口当たりは少し時間を置いたひやおろしならではというところか。温度が上がると少し酸味が強く感じられ、米の旨味が強調されてきます。ピリピリした辛さを感じず、米のしっとりとした、ただただ旨さが滲み出てくる味わい深いお酒でした。

リカーショップオオタケで購入。

白隠正宗「誉富士純米酒」(高嶋酒造)

DSC02655.jpg
銘柄:白隠正宗「誉富士純米酒」
製造:高嶋酒造
種類:純米
酒米:誉富士

名前は見たことがあったが読み方がイマイチ分からず、なかなか購入する機会がなかったハクインマサムネ。H24より醸造用アルコールを全廃し、純米蔵として営まれております。使う酒米は誉富士が多いみたいで地元のコメを使い、静岡酵母NEW5を多用し、水は沼津だから多分、富士山からの水だろうと思われる、いわゆる純静岡の地酒を飲んでみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘い麹の香りのする飴色のお酒です。開栓直後に飲むとセメダイン臭がわずかにする爽やかで酸味のある辛口系のお酒。誉富士を使ったお酒は開栓直後の味がどうも独特な感じがします。この少し青い棘のある味わいが好きという人も多い見たいですが、個人的には普通くらいかなって印象しかない。しかし、やはり、開栓後数日経過してから飲んで見ると青臭い刺激は全く感じなくなり、米の豊かな味わいが滲み出てくる感じです。米の深みのある甘い旨味、酸味の少し聞いた刺激の後で辛口でドライな喉越しで口の中を適度な余韻を持たせ締める感じ。誉富士のお酒はやっぱり開栓数日の方が旨味がノリノリで好みかな。しっかりとした純米酒でも重厚さを感じさせず夏に飲んでも美味しくいただけたお酒でした。

エスパルスドリームプラザ内にある篠田商店で購入。

H. 森本「絶対生厳守」(森本酒造)

DSC02657.jpg
銘柄:H. 森本「絶対生厳守」
製造:森本酒造
種類:純米
酒米:不明

静岡県の菊川駅前にある酒蔵。小夜衣の銘柄で知られ限定流通としてH. 森本の銘柄で販売されております。蔵のHPはシンプルで取り扱い店は静岡県内のみしか書かれていなく、森本のような限定販売ですとさらに取扱店は数少ない。そんな訳で飲むまでこの銘柄は知らなかったわけですが、あまりにラベルの文字が読めなくて最初はなんだろうってなって購入してみたお酒です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは麹の香り漂う日本酒らしい香りの飴色のお酒です。飲んで見るとアルコール度が17〜18度と少し高めのためか刺激が結構ありピリピリくる口当たり。生厳守って書いてあるので最初は冷酒で飲んでみましたが辛口で刺激が強くやや飲みにくい印象を受ける。濃厚で後からガツンとくる旨味のパンチが効いている濃厚な純米酒という印象です。少し温度を上げて常温くらいにすると、刺激が和らいで少しまろやかな口当たりになります。刺激が減ると他の味わいがでてきて、マスカットのような甘さがほんのりでてきます。最初は刺激が強くて飲みにくい印象でしたが、飲んでいるうちに米のまったりとした旨さと甘さが程よく馴染んできて、いつまでも舌に絡みつくトロッとした甘みが心地よくなり病みつきになりそうな濃厚なお酒でした。

エスパルスドリームプラザ内にある篠田商店で購入。こういうショッピングセンター内にある酒屋さんの中で、静岡のお酒の取り扱いはなかなかよく、ドリームプラザに立ち寄った際につい立ち寄ってしまうところです。

秀鳳「純米吟醸生原酒 出羽燦々」(秀鳳酒造場)

DSC02260.jpg
銘柄:秀鳳「純米吟醸生原酒 出羽燦々」
製造:秀鳳酒造場
種類:純米吟醸
酒米:出羽燦々

以前飲んで美味しかった秀鳳の出す純米吟醸生原酒を再び購入。と言っても今回購入したのは出羽燦々を使ったお酒。水も山形、米も山形、酵母も山形とオール山形を打ち出すザ・地酒と言えるお酒かなと思い、出羽燦々の

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはしっとり吟醸香の飴色のお酒です。飲んでみると少しピリ辛で刺激のある舌触り。酸味と旨味のうまく混ざったあっさりした味わいとピリ辛な刺激のバランスがたまりません。フルーティーなマスカット味の爽やかな甘い味わいとドライですっきりしたキレのある喉越しの綺麗な淡麗辛口なお酒です。同じ純米吟醸生原酒でも雄町を使ったお酒と全くベクトルが異なる味わいになっているのに、どちらもそれぞれのうまさがあって面白いなと思った。アルコール度が17%と少し高めの原酒で刺激が強く、わずかに高いだけですが酔いも少し早く来て、飲んでいるとすぐに心地よくなってくるお酒でした。

いしはら酒店で購入

松竹梅白壁蔵「澪 WHITE」(宝酒造)

DSC02095.jpg
銘柄:松竹梅白壁蔵「澪 WHITE」
製造:宝酒造
種類:普通酒
酒米:不明

松竹梅「澪」シリーズの3弾目と言って良いかな、夏限定のうすにごりで後から炭酸ガスを封入した微炭酸のお酒で、誰でも飲みやく、色々な場面で使えるようにされています。個人的にはこのコンセプトは嫌いではない。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘酸っぱさを感じる、ほんのり麹の香りのする薄濁りのお酒でコップに注ぐと少し粘りのある泡がシュワシュワでてきます。飲んでみると林檎と柑橘類系が混ざり合ったような爽やかな酸味のある甘い口当たり。微炭酸が程よい清涼感を感じさせ、苦味や日本酒らしいアルコール感を感じさせません。その甘さもカクテルでよくあるベトっとした甘さではなく、程よい甘さと酸味で飲みやすく、知らない人が飲んだら日本酒だと感じないレベルと思われます。日本酒が苦手な方でも飲みやすく、こういうお酒を飲んで日本酒に興味を持って色々飲まれるきっかけになるならいいなと思うお酒でした。

酒屋ビッグで購入。

百十郎「純米吟醸 G-mid」(林本店)

DSC02041.jpg
銘柄:百十郎「純米吟醸 G-mid」
製造:林本店
種類:純米吟醸
酒米:ハツシモ

各務原の酒蔵。以前は榮一の銘柄をメインにしていましたが最近はこの「百十郎」をメインの銘柄にしているところ。色々なコンセプトのお酒を出しており、変わり種も度々飲んだりしていますが、今回は奇抜でなく、シンプルな緑のラベルが気になり、手に取ると酒米にハツシモを使っていたので、どんな味がするんだろうと思い購入してみました。それにしても名前の「G-mid」はなんの略だ?Gは岐阜のGだろうか。米も岐阜の米だし酵母も岐阜の酵母を使っているみたいだがmidがなんなんだろう?

冷酒、ひやで飲ス、うまい!!
香りは麹の香り漂う飴色のお酒です。飲んでみると冷たい時は少し酸味の効いた清涼感のある口当たり。そのあとから下に絡みつく米の旨みが心地よい。その心地よさのままだんだんと薄れてくる旨口のお酒です。少し温度を上げて常温くらいにすると清涼感は少し薄れますが優しいタッチの口当たりと柔らかい喉越し、米のシンプルな旨みが良い感じで混ざり合っている印象です。何度飲んでも嫌味のない柔らかでトロッとした旨みが心地よく、ついつい飲んでしまいます。ハツシモは食べても飲んでも癖のないシンプルなお米なのかも。こういうシンプルで自己主張が少ないお酒は逆に安心して飲め、何度も飲んでも心地よい余韻に浸れるお酒でした。

ヨシヅヤ名古屋名西店の酒屋さんで購入。ローカルスーパーのヨシヅヤで百十郎が結構揃えてあって正直驚いた。

大黒正宗「純米原酒」(安福又四郎商店)

DSC01788.jpg
銘柄:大黒正宗「純米原酒」
製造:安福又四郎商店
種類:純米
酒米:山田錦

仕事で神戸に行った時に、帰りの新幹線を待つ間に新神戸の駅でお土産用(自分用)で購入したお酒。神戸といえば灘の酒で全国的に知られるところですが、有名どころはどこでも買えるので、見かけたことがないお酒を選んでみました。

冷酒、ひやで飲ス、うまい!!
香りはしっとり米麹の香りの透明なお酒。飲んでみると刺激のある辛口の口当たり。コクのある米の深い旨みと辛い刺激の混ざり合った、どちらかといえばドブ臭いしっかりとした味わいの日本酒らしいお酒です。アルコール度の高さのためか舌がヒリヒリする刺激がねっとりと広がり、濃厚で辛い旨みを堪能できます。吟醸やフルーティーなお酒とは無縁の辛口の濃厚なお酒で、単品で飲むよりかは味の濃い料理と一緒に飲むのが良さそう。夏には少ししつこいしややコスパは悪いが、冬に鍋で飲んだらうまいだろうなと思えるお酒でした。

新神戸駅のお土産やで購入。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別