FC2ブログ

八千矛「純米」(旭日酒造)

DSC00646.jpg
銘柄:八千矛「純米」
製造:旭日酒造
種類:純米
酒米:不明

出雲大社に旅行に行った知り合いからもらいました。以前より出雲大社の御神酒として奉納されてきたお酒です。この銘柄のお酒は古川酒造?というところが作っていたのですが廃業することになり2013年より引き継いだのが旭日酒造とのことです。

冷酒、熱燗で飲ス、うまい!
香りは麹の香り漂う濃い飴色のお酒です。飲んでみると酸味のある刺激の強い口当たり。米のアルコール臭の効いた濃厚なコクのある味わいはよく熟成された味わいです。冷酒だと米の甘味が少しボケるため、酸味と苦味が強く感じられて少し飲みにくい印象を受けます。少し温度を上げて行くと旨味がでてきて、酸味や苦味とのバランスが良くなってきます。さらには舌に絡みつくネットリとしたしつこさが温度を上げると意外とサラサラな質になって飲みやすくなってきます。個人的には冷やして飲むよりも熱燗の方が好みなお酒でした。

貰い物。多分お土産やかな。
スポンサーサイト



木曽三川「ひやおろし 純米原酒」(内藤醸造)

DSC00547.jpg
銘柄:木曽三川「ひやおろし 純米原酒」
製造:内藤醸造
種類:純米
酒米:夢山水

愛知のものでお酒を作ることが多い内藤醸造から愛知の酒米「夢山水」を使ったひやおろしが売っていたので購入してみました。すりガラスの瓶が少し高級感を漂わせますがお値段は普通で購入しやすいお酒です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは麹の香り漂う飴色のお酒です。飲んでみると少し酸味のある口当たり。じっくり熟成した米の甘い旨味がしっかりと感じられ、濃厚でしっとりと絡みつく舌触りが飲みごたえあります。あまりピリッとした辛さや刺激は感じず、後からじわじわとくる苦味とまろやかな旨味が程よく混ざり合い、濃厚な味わいながらも意外と飲みやすい甘口のお酒です。飲みやすい濃厚なお酒だなと思っているとアルコール度17度とわずかに高いだけですが結構酔いが早くきて、心地よく飲めるお酒でした。

覚王山フランテで購入。

今錦「純米酒 生」(米澤酒造)

DSC00459_2019101900271187c.jpg
銘柄:今錦「純米酒 生」
製造:米澤酒造
種類:純米
酒米:不明

かんてんぱぱグループになってから一気にラインナップが変わった今錦。この生酒は今年から販売の新商品とのこと。これまで生貯蔵種や生原酒はありましたが、純米生酒は初のとことで購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは少し麹の香りがある飴色のお酒です。飲んでみると酸味の効いた口当たり。甘めの酸味の効いた梅酒を彷彿させる果実感と柔らかな舌触りで優しく口の中に味わいが広がってきます。しっかりとした米の旨味がだんだんと口の中に広がってきますが、いつまでも優しいタッチなので濃厚な割には飲みやすく案外すっきりとした後味です。酸味と柔らかな旨味が清涼感たっぷりで、でも決して淡麗ではなくしっかりとした旨味があって、飲んでも飲んでも爽やかな旨味がいつまでも続く味わいは病みつきになりそうな美味いお酒でした。

米澤酒造直売所で購入。

一ノ蔵「本醸造生酒 ひゃっこい」 (一ノ蔵)

DSC09430.jpg
銘柄:一ノ蔵「本醸造生酒 ひゃっこい」
製造:一ノ蔵
種類:本醸造
酒米:不明

愛知県の酒屋さんやスーパーでも見かける一ノ蔵の本醸造生酒が売っていたので購入。300mlと飲み切りサイズだったのでタイミング的にちょうどよかったためでもあります。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほんのり甘い吟醸香の透明のお酒です。飲んでみると爽やかな軽い口当たり。少し酸味のあるフルーティーな味わいで、その中に微かに感じる苦味がちょっとしたアクセントになってます。全体的に軽めの味わいでフルーティーな旨さを感じながら爽やかに消えていくすっきり感はとても飲みやすいお酒です。万人受けするお酒で夏とかに薄い味の料理と相性が良さそうなお酒でした。

覚王山フランテで購入。

甲斐の開運「特別純米 北麗」(井出醸造店)

DSC00148.jpg
銘柄:甲斐の開運「特別純米 北麗」
製造:井出醸造店
種類:純米
酒米:玉栄

富士五湖周囲では唯一の造り酒屋である井出醸造店に行った時に、少し前のヒット商品と言われたこのお酒を選んでみました。

香りは青リンゴのような甘い吟醸香の飴色のお酒です。飲んでみると少し酸味の効いたピリッとした口当たり。最初は熟したリンゴのような甘さと苦さの混ざり合ったスッキリとした辛口で、そのあとからお米のふっくらとした舌触りで旨味が広がってきます。少し温度を上げて常温くらいにしてから飲んでみると甘酒のような甘さが混ざり、苦さが減ってきます。少し濃厚なネットリとした舌触りに口の中にしばらく残る米の甘い旨味が程よい余韻を残し、だんだんと綺麗に消えていきます。しっかりとした旨味があるのに、どこかすっきりとした軽さがあり、どの料理にも合わせられそうだし、単品でも行けそうな味わいのお酒でした。

井出醸造販売店で購入。

今錦「純米吟醸 金紋錦 生原酒」(米澤酒造)

DSC00458.jpg
銘柄:今錦「純米吟醸 金紋錦 生原酒」
製造:米澤酒造
種類:純米吟醸
酒米:金紋錦

数年前から米澤酒造でも取り扱うようになった金紋錦。その純米吟醸生原酒を飲んでみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘くフルーティーな吟醸香の透明のお酒です。飲んでみるとマスカットのようなフルーティーな甘い口当たり。甘い味わいが舌全体に広がったあと、奥からじわじわと酸味のある苦味がにじみ出てきます。この苦味のある旨味がとても心地よいコクのある味わいで、これらが全体的に優しく混ざり合ってより深い旨味を感じるようになってきます。わかりやすい旨さではなく、この複雑な味わいをバランスよく旨味に変えてくれるのは金紋錦ならではの味わいでしょうか。後味はしっかりとした旨味が結構残り、いつまでも甘い米の余韻を楽しむことができます。どんな料理でも合わせられそうですが、あえて言えば濃いめの料理の方が相性が良さそうなお酒でした。

米澤酒造直売所で購入。今度は火入れも飲んでみたいですね。

小町桜「古川祭」 (渡辺酒造店)

DSC00309.jpg
銘柄:小町桜「古川祭」
製造:渡辺酒造店
種類:普通酒
酒米:ひだほまれ

お土産でもらったお酒。蓬莱で有名な渡辺酒造店の普通酒の銘柄?が小町桜でいいのかな。渡辺酒造店のある古川町の古川祭のラベルのお酒はいわゆるお土産用と言えるのかな。

冷酒、熱燗で飲ス、うまい!!
香りは麹の香り漂う透明のお酒です。飲んでみると酸味のある苦味の効いた米の旨味があります。味わい自体はいたってシンプルな昔ながらの日本酒らしい味わいなのですが、これが思いの外後味がスッキリしていて飲みやすいです。別に味が軽いと言うわけではなく、さらりとした味わいなのは、多分ひだほまれの酒質と思われます。これなら飲み飽きしないし料理の邪魔をせず晩酌にも向いてそうです。熱燗にしてもさほど変わらずさらりとしているので、好みの温度帯で飲めば良さそうです。お土産用の普通酒と言われると、酒好きには避けられそうなスペックですが、お値段は安くコスパはとても良いし、普通酒でこの味なら結構満足できるお酒でした。

貰い物なので不明。

東龍「純米酒 秋上がり」(東春酒造)

DSC00311.jpg
銘柄:東龍「純米酒 秋上がり」
製造:東春酒造
種類:純米
酒米:五百万石

東春酒造が造る東龍のいわゆるひやおろしが数年前より販売され、売っていたのを見かけたので購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは麹の香り漂う透明のお酒です。飲んでみると酸味のある甘苦い米の旨味がしっかりとのった口当たり。この酸味が最初は飲みにくさを感じるのですが、飲んでいるとその奥に潜む熟成したまったりとした米の旨味がしっかりと出てきてとて美味しくいただけます。辛口で後味が思いの外スッキリしているため、口の中に残りにくく、次の一杯はまろやかな日本酒の味わいを堪能することができます。ついで、ちょっと温度を上げて常温くらいにして飲んでみると少し酸味が薄れ、米の旨味がにじみ出てきてさらに飲みやすくなってきます。特別華やかな印象はありませんが、地味に旨くて晩酌向けのお酒でした。

覚王山フランテで購入。

千古乃岩「辛口純米酒」(千古乃岩酒造)

DSC00228.jpg
銘柄:千古乃岩「辛口純米酒」
製造:千古乃岩酒造
種類:純米
酒米:五百万石

岐阜県の東濃地区で作られているお酒といえば、三千盛や女城主、三千櫻あたりが比較的知られているところでしょうか。そんな中、土岐市で唯一酒造りをされている千古乃岩酒造はこじんまりした酒蔵でテリトリーも東濃の一部のため、多分知名度は低いと思われます。以前、川島オアシスパークのお土産屋で常温で売っていた本醸造を飲んで気に入ったので、今度は純米酒を選んでみました。

冷酒で飲ス、うまい!!!
香りはほんのり麹の香り漂う透明のお酒です。飲んでみるとするっと口の中に滑らかに入り込んでくる口当たり。辛口という割にはキリッとした酸味を多少感じる程度です。旨味はしっかりとした味なのですが雑味がなく透明感のある旨味で、飲んだ後もとてもスッキリしていてピリピリしたアルコールの刺激を感じません。この後味はまるで水の如しといった感じでしょうか。でもお酒の旨味はとてもしっかりしていて、熟成したまろやかな米の旨味をしっかりと感じられるお酒なのだから不思議です。軟水仕込みを主張していますが、全てが滑らかで柔らかく包み込んでくれるかのような酒質は水のなせる技でしょうか。しっかりとしたクリアな旨味とふわりと柔らかいしっとりとした舌触り、スッキリとした後味を高いレベルで感じさせてくれます。この滑らかさは大変飲みやすく、個人的にはもう少し知名度を得ても良いのではと思えるお酒でした。

千古乃岩酒造で購入。ネット販売もできるみたいですね。

甲斐の開運「純米生酒ひやおろし」(井出醸造店)

DSC00149.jpg
銘柄:甲斐の開運「純米生酒ひやおろし」
製造:井出醸造店
種類:純米
酒米:ひとごこち

山梨県でお酒というとワインを連想する人が圧倒的に多く、日本酒を連想する人は少ないと思われます。現に日本酒の造り酒屋は少ない。その中で富士山の湧水を使う数少ない蔵である井出醸造店は富士五湖周囲では唯一の造り酒屋なので、観光で富士五湖に行ったことがある人は見たことがあるお酒ではないでしょうか。で立ち寄って購入したお酒が純米のひやおろし。無濾過生酒のひやおろしとのことですが、ホームページに書いてあるのはちょっと違うみたいなので治した方が良いのでは、ってツッコミは置いておいて、早速飲んでみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは麹の香り漂う透明のお酒です。飲んでみると少し酸味の効いた透明感のある口当たり。さらりとした質感が軽快で、その中に少し渋みの入った米の旨味を感じることができます。この旨味が角の取れたクリアな旨味で、柔らかい舌触りが大変心地よい旨さになってます。ちょうど良い熟成した旨味といったところでしょうか。甘いとかフルーティーとかではなく、旨味って感じで、後味は意外とスッキリしていて口の中がさっぱりするため、ついつい次の一口を飲んでしまいます。単品で飲むと綺麗なお酒ですし、料理と合わせると引き立て役に徹するような旨さが癖になる飲みやすいお酒でした。

井出醸造販売店で購入。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別