FC2ブログ

嘉美心「純米」(嘉美心酒造)

DSC08129.jpg
銘柄:嘉美心「純米」
製造:嘉美心酒造
種類:純米
酒米:アケボノ

冬の月シリーズから結構好きになった岡山の嘉美心。いつの間にかラベルやラインナップが一新されスッキリしていましたが、甘口蔵としてのコンセプトは変えてないため一安心。そんななか、シンプルに純米酒を購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは柑橘系の甘い香り漂う少し飴色のお酒です。飲んでみると微発泡の刺激のある口当たり。程よく感じる酸味としっかりとした濃厚な米の旨味がバランスよく混ざり合って、さらにそこに微発泡のプチプチシュワシュワな刺激が清涼感となり、濃厚でも飲みやすいなという印象です。何度か飲んでいるとシュワシュワ感が薄れてきて、ツヤのある米の旨味がのった酒という印象になってきます。とんがった主張はなく、雑味もなく、最初は微発泡の刺激だったのが気がつけば優しく包み込むような柔らかいタッチに代わり、ただただ綺麗で濃厚な旨味を最後まで堪能することを普通に味わえるのは幸せそのものです。楽しくお酒を飲んでいて、ふと裏ラベルをみると、自分が思っていた印象がそのまま記載されていてびっくりです。結構こだわりなどまとめてわかりやすく買いてあるため読みやすいのも好印象です。相変わらず甘口のお酒を堪能させてくれ、楽しく飲めたお酒でした。

知多繁で購入。
スポンサーサイト

木曽路「純米吟醸」(湯川酒造)

DSC08027.jpg
銘柄:木曽路「純米吟醸」
製造:湯川酒造
種類:純米吟醸
酒米:美山錦

道の駅で見かけた300mlサイズの小型瓶の純米吟醸を購入してみました。湯川酒造の木曽路は国道19号の中津川から塩尻にかけて道の駅で見かけることが多い銘柄の一つですが、以外にも3本目と少ないです。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘い吟醸香の透明のお酒です。飲んでみると少し清涼感のある酸味の効いた口当たり。甘くフルーティーなスッキリした味の中に若干の苦味がアクセントになり、より甘さが強調されているような味わいです。完熟メロンを彷彿させる甘さだなと思っているとピリっとくるドライな喉越しでスッキリとした仕上がりになっています。そのためだんだんと口の中がカラカラになってくるため、食がすすみます。とは言っても、全体的には癖もないため比較的飲みやすいお酒でした。

道の駅「賤母」で購入。

五橋「ride? 純米生原酒黒椛96」(酒井酒造)

DSC08131.jpg
銘柄:五橋「ride? 純米生原酒黒椛96」
製造:酒井酒造
種類:純米
酒米:山田錦+イセヒカリ

全国的に有名な錦帯橋のある山口県岩国市で明治4年より酒造りを営んでいる酒井酒造は古いものだけでなく新しいものを試していたり、特約店向けのお酒を販売したりと色々と力をいれており、全国的に知られる蔵の一つです。そんな蔵が出すお酒の一つがライドシリーズで、そのうちの一つが黒いラベルのこのお酒。バイクにまたがるたぬき?ってお酒なのにバイクかと少し突っ込みたくなりますが(もしくはバイクが好きなのか)、ラベルが黒いのは黒麹を使っているからで、さらに精米歩合は96%(掛米のみ?)とほとんど精米していない状態で作られたお酒とのこと。どう考えても個性的な味だろうと思い購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは少し酸っぱそうな吟醸香の薄濁りのお酒です。飲んでみるとピリッとした微炭酸の刺激があります。口の中に入ってくると弾ける刺激が最初にあり、そのあとから艶やかな酸味の旨味が口の中全体に広がってきます。刺激は微炭酸の刺激くらいで、旨味を感じたあとは待ったりとした優しい味は、予想と反してとてもまろやかで飲みやすいです。ほとんど精米していないはずなのに以外とスッキリしているなと思っていると甘さの中に隠れた苦さが少しでてきて、酸味と苦味と甘味がうまく混ざり合った複雑な旨味を堪能することができます。これだけしっかりとした複雑な味わいを感じさせつつもしつこさは少なく、とても飲みやすく仕上がっています。この旨味とちょっぴり感じる微炭酸なら焼肉とかで飲んでも美味しくいただけそうなお酒でした。

知多繁で購入。

三芳菊「阿波山田錦 特別純米 無濾過生原酒 限定袋しぼり」(三芳菊酒造)

DSC08127.jpg
銘柄:三芳菊「阿波山田錦 特別純米 無濾過生原酒 限定袋しぼり」
製造:三芳菊酒造
種類:純米
酒米:山田錦

ワイルドサイドを歩く。だから、どの日本酒んいも似てない。のキャッチフレーズで独特の日本酒を作ることで知られる三芳菊。ラベルもとてもこだわりがあり、このお酒は蔵の狙い通りでまさにジャケ買いしたお酒です。独自路線を進みながら、阿波山田錦を使用するなどなるべく地元のものを使ってお酒を作られている地酒蔵と言えます。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは酸味の効いた柑橘系で飴色のお酒です。飲んでみると酸味の刺激のある口当たり。柑橘系のサッパリとしたフルーティーな酸味の中にしっとりとした苦味があり、その後から米のふわっとした旨味を感じます。複雑な味わいを感じながら最後は酸味の効いた辛口で締める感じでしょうか。この酸味がなかなか強く、柑橘系+旨味、柑橘系+苦味・・・みたいな感じで、ワインっぽさがある味わいが三芳菊の独特な世界観を表現しているかのようです。この味は好みが分かれそうです。料理との組み合わせは普通に洋食でも合いそうです。たまには気分を変えてベクトルの違う日本酒が飲みたい時にチョイスして、そのままどっぷり浸かれてしまうお酒でした。

知多繁で購入。

幻の瀧 「純米吟醸 旨辛口」 (皇国晴酒造)

DSC07730.jpg
銘柄:幻の瀧 「純米吟醸 旨辛口」
製造:皇国晴酒造
種類:純米吟醸
酒米:不明

全国的に有名な黒部渓谷の下流で酒造りを営んでいる皇国晴酒造(みくにはれしゅぞう)。旅行の時にたまたま立ち寄った酒屋で見かけたお酒ですが、HPには載っていないのでPBかなんかでしょうか。とりあえずみたことがなかったので購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほぼ無臭で少し吟醸香が感じられます。飲んでみるとサッパリとした刺激のある口当たり。フルーティーな酸味のある甘みとスッキリしたドライな辛口で飲みやすいお酒です。スッキリしていますがしっかりとした米の旨味があり、淡麗辛口というよりかは芳醇辛口系で、なめらかな舌触りがとても上品な仕上がりになっています。これなら単品でも美味しく飲めますし、合わせられる料理も幅広な印象のお酒でした。

酒のやまや大久保店で購入。チェーン店ですが富山県内のお酒はそこそこ置いてありました。

千年一「特別純米原酒」(千年一酒造)

DSC08121.jpg
銘柄:千年一「特別純米原酒」
製造:千年一酒造
種類:純米
酒米:不明

淡路島へ旅行に出かけた家族からもらったお酒です。1875年創業の千年一酒造の蔵へ行った時にオススメされたらしいお酒です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは麹の香り漂う透明のお酒です。飲んでみると重厚感のある酸味の効いた舌触り。深いコクのある米の旨味がしっかりと乗った味わいが舌に絡みついてきます。その後からピリピリとしたドライな喉越しで口の中がカラカラです。酸味と旨味、苦味にとどれも濃厚で、原酒を強く感じさせてくれる味わいです。ホームページではロックもオススメとありましたが、常温くらいの方が絡みつく舌触りの中に感じる濃厚な旨味が堪能できるように思います。暑くなると少ししつこい気がするので寒い日に鍋と一緒にいただく方が美味しく飲めそうなお酒でした。

貰い物

七笑「木曽の米で造った純米酒」(七笑酒造)

DSC08025.jpg
銘柄:七笑「木曽の米で造った純米酒」
製造:七笑酒造
種類:純米
酒米:美山錦

名前の通り、木曽地区で作られた美山錦だけを使った純米酒です。木曽は山間で狭く作られる米が限られているため、このお酒は数量限定販売になります。そんなことは知らず、七笑は以前と比べ現代的なラベルになったなといった程度の認識で購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはメロンを彷彿させる甘いフルーティーな吟醸香の透明のお酒です。飲んでみると酸味のあるフルーティーな口当たり。辛口でスッキリした喉越しと、優しいタッチでさらりとした舌触りでとても飲みやすく次々と飲んでしまいます。軽いながらも米の旨味が感じられるため、淡麗というよりは旨口な印象です。この軽快で上品な旨味は美山錦ならではの味わいと思います。クセがなくさっぱりとしていて、これから暑くなる季節に重くならずに楽しめるお酒でした。

道の駅「賤母」で購入。

初桜「純米 みずかがみ 生原酒 29BY」(安井酒造場)

DSC07332.jpg
銘柄:初桜「純米 みずかがみ 生原酒 29BY」
製造:安井酒造場
種類:純米
酒米:玉栄+みずかがみ

みずかがみを使用したお酒でということで以前から飲んでみたかったお酒の一つです。みずかがみは平成25年に滋賀県で開発され、こしひかりと同等以上の味として期待される米で琵琶湖周囲で作られておりますが、食用のみならず酒米としても使うことができる万能的な面もあるようです。イメージカラーは名前の通り青なので、初桜のラベルも青で美しく涼しげなイメージです。

香りは麹の香り漂う飴色のお酒です。飲んでみるとピリッとした口当たりです。酸味の混ざった苦味がアクセントになって、その後からくる米の旨味が引き立つ感じです。ジワリと広がる舌触りに長く口の中に余韻として残る旨味が心地よいお酒です。山田百恵のような甘い華やかさではなく、渋く複雑な旨味の濃縮したお酒といった印象です。アルコール度は少し高めで味も濃いですが、最初から重さがないというか飲みやすいお酒で、飲めば飲むほど味の出てくるためついつい飲んでしまいました。調べてみると年によってスペックに少し違いがあるみたいなので、他の年代も飲んでみたいです。

道の駅「あいの土山」で購入。

玉旭「PREMIUMシリーズ BLACK 純米吟醸 生酒」(玉旭酒造)

DSC07729.jpg
銘柄:玉旭「PREMIUMシリーズ BLACK 純米吟醸 生酒」
製造:玉旭酒造
種類:純米吟醸
酒米:雄山錦

以前飲んで美味しかった玉旭のお酒で、プレミアムシリーズのブラックラベルが結構人気があるとのことで購入してみました。ここの蔵は富山生まれの雄山錦を使ったお酒を結構作っていて、このお酒もそのうちの一つです。

香りは甘い吟醸香の透明のお酒です。飲んでみると生酒のフルーティーな爽やかな口当たり。りんごの甘酸っぱい甘さと、その後から来る米の滑らかな旨味、ところどころ感じるピリ辛な刺激のバランスがよく、上品にまとまっている感じです。飲めば飲むほど米の旨味が蓄積していくような感じで、その中に辛さや苦さも感じられるのに、最後はあくまで爽やかなスッキリ感で締めてくれるのは雄山錦の特徴みたいですね。この味わいは結構幅広く料理に合わせられそうで、いろいろ試したくなります。複雑で深みのある旨味がたまらない美味しいお酒でした。

やまや富山県大久保店で購入。後からしりましたがやまやは全国に300店舗以上展開していて愛知県内でもいくつか展開しておりました。

「サスケの一番しぼり 生原酒」(橘酒造)

DSC07334.jpg
銘柄:「サスケの一番しぼり 生原酒」
製造:橘酒造
種類:本醸造
酒米:不明

甲賀流忍術屋敷に立ち寄った時にリカーたちばな購入したお酒です。つい先日に某充電バイクの番組で取り上げられ、そう言えば昔立ち寄ったことがあったなと思い、甲賀流忍術屋敷に向かってみました。でお店にはいって目にしたのが年に一度の限定という謳い文句で置かれたこのお酒を購入してみました。しかしながら調べてみると橘酒造のデータがネットで調べてもほとんど無い。甲賀流忍術屋敷の隣にある烋酒館なる施設が橘酒造を改装して作られたみたいなことが書かれていましたがそちらもよくわからず。リカーたちばなで売っているところをみると同じ苗字なので関係がありそうですが結局よくわかりませんでした(知っている人がいたら教えてください)。

冷酒で飲ス、うまい!
香りは麹の香りただよう飴色のお酒です。飲んでみるとピリッとした刺激の強い口当たり。酸味と苦味が最初に感じられ、ちょっと刺激が強いなと思っていると後から苦味の中から旨味がでてくる感じ。アルコール度が20度と高く、最初から最後まで辛口の刺激で締めてくれます。いつまでも濃厚な辛さがあるため口の中はカラカラになり、濃厚な味の料理に対してちびちびと飲むと良さそうで、肉汁が口の中に残った時に綺麗に口の中をリセットしてくれます。普通に飲んでいるとあっという間に酔いが回ってきてしまいました。冷酒かロックでと書かれていましたが個人的には常温くらいが一番飲みやすく、冬に飲めば体が一気にポカポカになるお酒でした。

リカーたちばなで購入。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別