三連星「無濾過生原酒 純米吟吹雪」(美冨久酒造)

DSC00602.jpg
銘柄:三連星「無濾過生原酒 純米吟吹雪」
製造:美冨久酒造
種類:純米
酒米:吟吹雪

三連星のなかで最もドムらしいといえばドムらしいラベルのお酒が純米。その無濾過生原酒が売っていたので購入です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘酒を彷彿させる米麹のしっとりとした香りのある飴色のお酒です。飲んでみると少し酸味のきいたフルーティーな味わいです。口に入れた瞬間からピリっとした刺激があり、後味もスッキリに仕上げられている印象。全体的にドライな喉越しで口の中がすぐにリセットされる感じが、次の一杯を誘うため長く飲みやすいお酒です。しっとりとした旨味と程よい刺激の混ざり合いが心地よく、食の進むお酒でした。

リカーショップオオタケで購入。
スポンサーサイト

天吹「I love sushi」(天吹酒造)

DSC00604.jpg
銘柄:天吹「I love sushi」
製造:天吹酒造
種類:純米
酒米:佐賀の華、山田錦

花酵母を使うことで知られる天吹酒造の可愛らしいラベルのお酒。寿司や魚を美味しく食べることをコンセプトにとても可愛らしい寿司のラベルがあしらわれた辛口純米とのことで購入。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは微かに麹の香りのするお酒。飲んでみると上品でしっとりとしたコメの旨味のある味わいです。飲んだ後はドライな喉越しで、スッキリした柔らかい旨味が感じられ、飲みやすい淡麗辛口ながらも軽すぎない程よい味わいがなんとも言えぬ心地よさを誘ってくれます。何度飲んでも飲みやすく、それでいて自己主張は少なく、でもやっぱいうまいって感じでしょうか。寿司や魚だけでなく、繊細な料理とも相性は良さそうですがその辺りはどうでしょうか。料理とともに美味しくいただけたお酒でした。

リカーショップオオタケで購入。

平安四神「ブラック 大吟醸」(佐々木酒造)

DSC09774.jpg
銘柄:平安四神「ブラック 大吟醸」
製造:佐々木酒造
種類:大吟醸
酒米:不明

佐々木酒造の蔵でみかけたラベルが大変綺麗なお酒。
四神があしらわれたデザイン性の高いラベルに惹かれて購入です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほんのり麹の香り漂う吟醸香。飲んでみると刺激が結構あるフルーティーな口当たり。ピリっと来る舌触りのドライな喉越し、さらりとした酒質は淡麗辛口といったところでしょうか。少し温度をあげるとピリ辛感が少しマイルドになり、代わりに酸味が強く感じられるようになってくる印象です。何度飲んでも後味すっきりでカラッとしているので、繊細な料理はもちろん、少し濃いめの料理でも問題なく美味しくいただけるお酒でした。

佐々木酒造で購入

古都「純米吟醸原酒」(佐々木酒造)

DSC09773.jpg
銘柄:古都「純米吟醸原酒」
製造:佐々木酒造
種類:純米吟醸
酒米:不明

佐々木酒造が造る春限定の原酒。おりがらみとともに春に販売される季節限定のお酒で蔵で買う時に勧められたので購入です。春の京都らしい桜色のラベルとブルーボトルの組み合わせが大変美しいです。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘いフルーティーな吟醸香の透明のお酒です。飲んでみるとフレッシュな甘い旨味を感じる口当たり。りんごの爽やかな甘い旨味が程よく口の中に絡みついてくる感じでしょうか。冷えて入ると結構な辛口で甘さの後にくるすっきりとしたドライな喉越しでリセットされる感じです。これが少し温度が上がって常温位になってくるとドライな辛さがだいぶ薄れ、フレッシュな甘みと米の美味しいところだけとったかのような旨味が口の中に広がってくるようになります。個人的には常温くらいの方がこのお酒のうまさを堪能できるかなと思ったお酒でした。

佐々木酒造で購入。

紀土「純米大吟醸」(平和酒造)

DSC09571.jpg
銘柄:紀土「純米大吟醸」
製造:平和酒造
種類:純米大吟醸
酒米:山田錦

味良しコスパ良しと人気の紀土。山田錦の純米大吟醸が売っていたので購入です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは完熟メロンのような甘い吟醸香。飲んでみるとトロっとした甘いメロン果汁のような華やかな味わい。舌に広がるフルーティーな心地よい甘さがなんとも言えず美味しいです。その後少し辛口な刺激を感じつつ、だんだんと甘さが強調されながら薄れて行くような後味です。キンキンに冷えて入ると少し味がボケた印象を受け、常温位まで上がってくると辛口の刺激がだいぶ薄れ、代わりにとても柔らかくふわっとした甘い舌触りがとても感じいいです。ただただ甘く心地よい旨さで溢れて大変美味しくいただけたお酒でした。

リカーショップオオタケで購入しました。

古都「大吟醸 おりがらみ」(佐々木酒造)

DSC09775.jpg
銘柄:古都「大吟醸 おりがらみ」
製造:佐々木酒造
種類:大吟醸
酒米:不明

俳優の佐々木蔵之介の実家として知られる佐々木酒造。二条城の北に位置し水が良かったことでも知られる場所で酒造りを営んでいます。春限定のおりがらみが販売していたので購入です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは華やかな甘さを感じる吟醸香。飲んでみるとフルーティーな甘い口当たりと刺激のある辛口な感じです。爽やかな甘さを感じるなと思ったらすぐにフレッシュで刺激のある荒々しい辛口の感じがでてきます。最初の完熟メロンのような甘さでまったりしているとすぐに苦味が湧き出してきて、ドライな辛口の喉越しで締めて、ピリピリした後味を残していくような感じでしょうか。あっさりしすぎず最後の余韻がほどほど心地よくお酒を飲んでいるなぁと実感できるお酒でした。

佐々木酒造で購入。

四天王「純米吟醸 いっこく」(甘強酒造)

DSC09425.jpg
銘柄:四天王「純米吟醸 いっこく」
製造:甘強酒造
種類:純米吟醸
酒米:不明

ここ最近暖かい日が続いていましたが、この日は生憎の雨で気温も低め。料理も少し濃い熱めの魚料理でしたので、このお酒をチョイスしてみました。

常温で飲ス、うまい!
香りはしっとり麹の香りの透明のお酒。飲んでみると複雑で濃厚な味わいのお酒。酸味が強く少し辛口で米のどっしりとした味わいは昔ながらの素朴な日本酒の味わい。ねっとりとまとわりつき口の中にしつこく残る味は濃厚な味付けの料理と相性は抜群。料理の味に負けることなくお酒を飲んでいるなって気分に十分にさせてくれます。冷酒だと雑味が強く感じられるので常温など少し温度が上がってきた方が全体的にまろやかになり、米の味わいもはっきりしてきて美味しく頂けたお酒でした。

覚王山フランテで購入

七本槍「純米 シェリー樽熟成2013」(冨田酒造)

DSC09573.jpg
銘柄:七本槍「純米 シェリー樽熟成2013」
製造:冨田酒造
種類:純米
酒米:不明

不思議な色の日本酒が売っていたので購入。七本槍も古酒の分野を作られているのを初めて知ったお酒でした。ラベルからは2013年に醸造されたものと思われるので3〜4年熟成したものと思われます。おそらく常温保存で熟成したんでしょうが、この辺りは岐阜の達磨正宗が力を入れている分野で、最近ではちらほら古酒に力を入れる蔵が出てきているようです。確かに寝かすことで変わった味を堪能できるのは面白いと言えます。

常温で飲ス、うまい!
香りは麹の甘い香りのする琥珀色のお酒です。飲んでみると酸味の強い柑橘類系を彷彿させる口当たりです。濃厚でまろやかで若干甘ったるいところが超熟成されているようだと思わずに入られません。最後まで酸味の効いた濃厚な辛口って感じで飲めます。日本酒っていうよりブランデーに近い雰囲気がありますが、達磨正宗の3年熟成に比べるとさっぱりしているかなって思います。グラスに注いだ琥珀色の香りの強いお酒は料理も洋風な感じで揃えても違和感なく溶け込んでしまえるお酒でした。

リカーショップオオタケ

作「奏乃智」(清水清三郎商店)

DSC09367.jpg
銘柄:作「奏乃智」
製造:清水清三郎商店
種類:純米吟醸
酒米:不明

去年開催されたサミットで振る舞われたお酒の一つ「作」はもともと全国的に有名な銘柄の一つでしたが、これでさらにメジャーになってしまいました。なかなか手に入らない状況になりそうですが、そんなところから出てきたお酒が奏乃智(かなでのとも)です。それを見かけたので購入です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはしっとり甘い吟醸香。飲んでみるとフルーティーで硬さのある口当たり。キリっとした刺激の中に甘い米の旨味がでてくる感じでしょうか。メロンの果汁のような甘さを感じたあとでスカッと切れ爽やかな口の中になるため、また次の一口を飲んでみたくなってしまう、飲みやすい印象を受けます。甘さの中に隠れた苦さや酸味のきいた味わいも、最後の辛口できっちり締めてくれ、繊細な料理の味を壊すことなく美味しくいただけるお酒でした。

酒のいしはらで購入。

陸奥八仙「特別純米」(八戸酒造)

DSC08707.jpg
銘柄:陸奥八仙「特別純米」
製造:八戸酒造
種類:純米
酒米:まっしぐら

たまたま酒チェーン店で仕入れたのを見かけたので購入してみたお酒です。公式HPでは名古屋周辺ではあまり取り扱うお店が無いみたいですが、そんなお酒がなぜ量販店で?って思っての購入です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほんのり香る麹の香りです。飲んでみると少し辛口で刺激のある口当たり。その後から口の中に広がる米のしっとりとした旨味と酸味が絶妙なバランスできます。うまいなぁと味わって来ると少し苦味が滲みでてきてサラリと薄れている感じです。次に飲むとまたさらに旨味が強調されどんどん進んでしまいます。少し温度が常温に近づくとマイルドで旨味に甘さが乗っかってきて、こちらの方が好みかな。どこか主張の控えめな落ち着いた旨味ですが、程よい濃厚さを感じ、それが後を引かずにさらっと消えて行くためか飲みやすく、いつまでも飲めてしまえそうなお酒でした。

酒のすぎたで購入。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別