FC2ブログ

白老「千本錦 純米吟醸 生原酒」(澤田酒造)

DSC06682_2019041523062739c.jpg
銘柄:白老「千本錦 純米吟醸 生原酒」
製造:澤田酒造
種類:純米吟醸
酒米:千本錦

日本三大酒処の一つに数えられる広島県。その広島県で山田錦と中生新千本を交雑して作られた広島オリジナル酒米である千本錦を使って愛知の蔵が作ったお酒のしぼりたて生原酒が売っていたので購入してみました。ピンクのラベルが可愛らしくもあり綺麗でもありで第一印象も良好な感じです。

冷酒で飲ス、うまい!!
フルーティーな香り漂う少し褐色の透明なお酒です。飲んでみると爽やかな清涼感のある口当たり。メロン果汁のようなジューシーな甘さが口の中いっぱいに広がってきます。サラリとした滑らかな舌触りと甘い果汁の味わいに、奥行きのあるのに透明感のある旨みがとても心地よいお酒です。しぼりたての荒々しさはあまり感じず、上品で洗練されたふわりとした心地よさを感じます。これなら日本酒が苦手っていうような人でも美味しくいただけるフルーティーな甘いお酒でした。

酒のいしはらで購入。
スポンサーサイト

木曽三川「特別純米酒 無濾過生原酒」(内藤醸造)

DSC06506.jpg
銘柄:木曽三川「特別純米酒 無濾過生原酒」
製造:内藤醸造
種類:純米
酒米:夢山水

3月は忙しくてほとんどお酒が飲めず、PCも開くことさえままならない日が続いていましたが、4月になってなんとか飲める日が来たので、愛知県にある内藤醸造のお酒を飲んでみました。愛知県の稲沢市にある内藤醸造は地元の米を結構使って酒を作られている蔵です。その種類も結構色々でプリンセスギンコみたいな特殊なものまで揃えております。そんな蔵の純米酒、無濾過生原酒が売っていたので購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは少しセメダイン臭の残る透明のお酒です。飲んでみるとピリッとする舌触りで酸味の効いたコクのある旨みを感じます。生原酒のピリピリした刺激と柑橘系の甘酸っぱさ、コクのある米の旨みが複雑に絡み合う濃いめの味のお酒です。飲んだ後に少しねっとりとした甘辛い旨みが口の中に結構長く残るので結構癖が強く感じますが、飲んで馴染んでくると不思議と癖を感じなくなり、甘酸っぱさがよりマイルドな甘さになり美味しく感じてくるから不思議です。比較的どっしりとした適度な重厚感のあるお酒で、鍋でも味の濃いものと相性が良さそうなお酒でした。

覚王山フランテで購入

蜂龍盃「蔵出ししぼりたて 無濾過生原酒」(森山酒造場)

DSC05779.jpg
銘柄:蜂龍盃「蔵出ししぼりたて 無濾過生原酒」
製造:森山酒造場
種類:本醸造
酒米:若水

愛知県の東栄町にある森山酒造場を知っている人はかなりコアな人と思われる。そんな蔵が作るお酒「蜂龍盃」は幻のお酒と言われ、東栄町と新城市でほぼ消費されてしまうことから愛知県内でも知名度の低いお酒です。ましてや県外ではそれ以上に幻と言われ、東京の居酒屋でもプレミアが付いているとの情報も。個人的な感想としては一般的なプレミアが付くお酒と違って田舎臭いお酒かなぁという印象ですが・・・・。で、その森山酒造場は一人で300石ほどを作られ、以前はいつまでやるのか不明で辞めちゃうかもと噂も立つほどでしたが、ここ数年は新しいお酒をだしてきたりしているらしい。そんな蔵から3年ぶりにしぼりたてを出してきたとのことで購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは麹の香りがプンプンする少し飴色のお酒です。飲んでみるとアルコール度18〜19度と高い数値のごとくでビリビリとくる刺激を感じる口当たりです。その中に酸味の強い旨みがあって、重厚感を感じながら深いコクを堪能することができます。少し馴染んできて最初のアルコールの刺激が薄れてきたらこのお酒の本領発揮で酸味の効いたドッシリとした旨みがジワリと舌に絡みつき、少し個性的な複雑な味わいの中に感じる米の豊かな旨みが病みつきになってきます。これだけ濃厚な味わいなのにクドさを感じさせないのは強い酸味のためなのか、アルコール度の割にはなれるとどんどん飲めてしまううまいお酒でした。

岡本屋酒店で購入。市外ではやっぱりここでしかみたことがない。あとは直接蔵に行くしかないのかと思っていたがふるさと納税の返礼品に蜂龍盃があるとのこと。直接買いに行くよりも一番安上がりだったりして。

ほしいずみ「純米 無濾過生原酒」(丸一酒造)

DSC04697.jpg
銘柄:ほしいずみ「純米 無濾過生原酒」
製造:丸一酒造
種類:純米
酒米:若水+祭り晴

愛知県の知多半島周辺は酒や味噌、醤油など醸造の盛んな土地柄。そのなかで酒造りを営む蔵の一つが丸一酒造で阿久比町では唯一の酒蔵です。近年販売しているお酒のほとんどが「ほしいずみ」の銘柄のお酒で色々な種類があり、その中で季節限定の無濾過生原酒を飲んでみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
甘い吟醸香の香り漂う少し飴色のお酒です。飲んでみるとフルーティーな甘さの口当たりです。少しキリッとしたドライな辛口の舌触りの後からフレッシュなメロン果汁を彷彿させるようなジューシーな甘さが口の中に広がってきます。雑味を感じない甘い旨味がしばらく口の中に余韻として残り、心地よさを感じつつ、次の一杯を飲んでもジューシーな甘さは変わらず、とても飲みやすいお酒です。アルコール度が少し高めのため刺激が強く酔いもほんの少し早めですが、そんなことが気にならないほど飲みやすく、単品でも飲みやすい印象です。杜氏が変わって味が変わるのかと思いましたが綺麗にまとめられて美味しくいただけたお酒でした。

酒のいしはらで購入。

金鯱「完熟本醸造 ひやおろし」(盛田金しゃち酒造)

DSC04121.jpg
銘柄:金鯱「完熟本醸造 ひやおろし」
製造:盛田金しゃち酒造
種類:本醸造
酒米:五百万石

半田市で初夢桜を醸造していた蔵が廃業して2010年から盛田グループ?(盛田の関連企業のイズミックのグループ?いまいちよくわかりませんが)として酒造りを行なっている盛田金しゃち酒造。そのひやおろしが売っていたので購入してみました。普段ならあまり興味の惹かれないラベルですし微妙そうかなとスルーしてしまいそうでしたが日本酒の取り扱いが結構良いスーパーに置いてあったのと値段が安かったので試しに飲んでみようかなとなったわけです。

冷酒、常温で飲ス、うまい!!
香りは麹の香り漂う透明のお酒です。飲んでみると少しピリッとした刺激のある辛口の口当たりです。口の中に広がってくると酸味と苦味の混ざり合った熟成した米の味わいでいっぱいになり、だんだんと薄れていきます。本醸造の割には意外と重厚でどっしり感を感じながらもしつこさは無くドライな喉越しで口の中をリセットしてくれます。少し温度が上がってきた方が嫌な苦味が少なくなり口の中に馴染みやすく、最後の苦味もうまい苦味に変わってきて個人的には好みの味わいなお酒でした。

覚王山フランテで購入。これで値段が980円ならコスパは良いと思う。

蓬莱泉「霞月」(関谷酒造)

DSC02763.jpg
銘柄:蓬莱泉「霞月」
製造:関谷酒造
種類:純米
酒米:不明

8月最後のお酒は蓬莱泉の霞月にしてみました。避暑目的で愛知県の最高峰茶臼山高原に行く途中の吟醸工房で購入してみました。先入観無く、値段見てCP高そうだったので選んだ感じです。

常温で飲ス、うまい!!
香りはしっとり上品に香る麹の甘い香りの透明のお酒です。最初は冷酒で飲んでみたのですがスッキリとした口当たりの少し辛口のお酒です。程よい甘さと苦さ、スッキリとした口当たりで飲みやすく純米ながら夏に飲んでも重さを感じさせない上品な味わいです。冷やしすぎると少し苦味が強く感じますが、常温位まで温度を上げていくとまろやかな旨みが苦味を上回り、滑らかで艶やかな米の旨みがなかなか感じられるお酒になってきます。それでいてドライな喉越しでスッキリしていて大変飲みやすく、時を忘れて飲んでしまいます。日本酒らしい麹の味わいを感じつつ、上品にまとめられ美味しくいただけたお酒でした。

ほうらいせん吟醸工房で購入。

米宗「純米吟醸 完全発酵」(青木酒造)

DSC01214.jpg
銘柄:米宗「純米吟醸 完全発酵」
製造:青木酒造
種類:純米吟醸
酒米:美山錦

愛知県の西側に位置する愛西市は酒蔵が意外に多く、県内では酒どころの一つといえるかもしれません。そんななかで流行にとらわれずしっかりとした味わいのお酒を作っている青木酒造の米宗。山廃系のしっかりとした味わいを多く作ってますが、速醸系のお酒であっても山廃のごとくしっかりとした味わいのお酒を作ることで知られています。そんななんかでスペックは良くわかりませんが完全発酵ってラベルが貼ってあるお酒が売っていたので購入してみました。

冷酒、常温で飲ス、うまい!!
香りはしっかりとした米麹の香り漂う飴色のお酒です。飲んでみると吟醸とは思えぬ濃厚でしっかりとした濃厚な米の旨みがにじみ出る口当たりです。酸味の強い刺激と、その後から来る熟成した艶やかな米の旨みがなかなかしっかりとした味わいになっていてなかなか良いです。美山錦のお酒はスッキリ系のお酒が多いイメージでしたが、このお酒はしっかりとした味わいが堪能できる芳醇系のお酒ですね。ただ何度も飲んでいると野太い味わいの中に、上品で艶やかな米の旨みが感じられるとやっぱり美山錦を使っているんだなと意識せざるを得ません。愛知のお酒らしく、夏だろうと関係なくしっかりとした旨みのお酒を堪能したい人にはもってこいの旨みのお酒でした。

酒のすぎたで購入。

虎変「特別純米 秋上がり」(金虎酒造)

DSC00259.jpg
銘柄:虎変「特別純米 秋上がり」
製造:金虎酒造
種類:純米
酒米:夢吟香

金虎酒造が出す特約店向けのお酒「虎変」の秋上がりがお店の奥の方で眠っていたので購入してみました。虎変は季節の変わり目に美しく生え変わる、という意味合いで名付けられたそうです。文字は書道家の金澤翔子氏が書いたものだそうです。秋上がりのお酒を初夏に買うという、なんとも季節外れ的な感じはしますが、熟成を重ね旨みがさらに深まったものだろうと前向きに考えての購入です。

冷酒、常温で飲ス、うまい!!
香りはしっとり甘く香る麹の香りの少し飴色のお酒です。飲んでみると口の中にピリッとした刺激とともにサラリとした透明感のある甘い旨みが口の中に流れて来ます。案外軽いかなと思っていると、だんだんと米の旨みがのった甘辛さを感じるようになります。少し痺れるなと思っていると少しずつ軽く消えて行くような程よい後味がとても心地よいです。常温にすると刺激が少し薄れ、代わりにまろやかで深く濃縮された旨さが引き立つようになります。少しねっとりとした舌触りにいつまでも続く米の旨み、それでいて嫌味のない素直な甘さが程よく、口の中がとろけてくるようです。この熟成された深い旨みがとても美味しく感じられます。料理とともにいただくと、相乗効果でどちらも旨さを感じるようになってきます。個人的には少し温度をあげて常温くらいで飲むとまろやかで豊かな旨みになる好みかなと思えるお酒でした。

酒のつぼいで購入。

金虎「吟醸しぼりたて」(金虎酒造)

DSC08309.jpg
銘柄:金虎「吟醸しぼりたて」
製造:金虎酒造
種類:吟醸
酒米:夢山水

名古屋城に最も近くで酒造りを営む金虎酒造。少し前に「ほしいずみ」の銘柄で知られる阿久比の丸一酒造から移籍された木村杜氏が作られた吟醸酒のしぼりたて。原材料も愛知県産の夢山水を使って造られたお酒を見かけたので購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘い香り漂う吟醸香のお酒。飲んでみると結構刺激の強い辛口の口当たり。搾りたてのフレッシュな味わいと吟醸のフルーティーな米の旨み、それにちょっぴり酸味がアクセントになりどっしりとした旨さを感じます。時折感じる苦さがより一層米のフルーティーな甘さを引き出し、心地よい旨さを感じさせてくれます。結構しっかりとした、軽すぎない米の旨みが乗っていて、それでいてしつこさはなく、ふっくら程よい濃さが、そのように感じさせるのでしょうか。ロックにすると少しドライで軽い印象になるし、少し温度上げると旨みに重厚感が上乗せしてくる感じで、色々と楽しめそうです。これまで金虎は味噌文化愛知の料理に合わせたしっかりとした味わいのお酒が多かった印象ですが、その印象を継続しつつ上品で綺麗にまとめられた感じのお酒でした。

リカーショップオオタケで購入。

蓬莱泉「純米大吟醸 吟」(関谷酒造)

DSC07450.jpg
銘柄:蓬莱泉「純米大吟醸 吟」
製造:関谷酒造
種類:純米大吟醸
酒米:山田錦

蓬莱泉で最も有名な「空」よりもさらに精米に磨きをかけ、3年低温熟成させたお酒が吟です。最近でてきた摩訶に席を取られているかもですが、関谷酒造のフラッグシップと言えるお酒の一つでしょうか。一番人気は空ですが。ちょくちょくもらっては飲んでいるお酒なのですが、調べてみたらブログ未登場だったので載せてみました。平家物語の文頭があしらわれた少し変わったラベルのお酒です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはしっとり香る吟醸香の透明のお酒です。飲んでみると最初の口当たりからフルーティーで滑らかな柔らかい口当たり。しっとりとした落ち着いた甘味は3年熟成させたためのまろやかさでしょうか。刺激やフレッシュ感満載とはかけ離れた、あくまで上品で落ちつきのある優しい印象のお酒です。緩やかな曲線を描くかのように、しっとりとした甘さやピリ辛な刺激が出て消えて、いつまでもさらりとした癖のない味わいは大変飲みやすく、しっかりと熟成した落ち着いた味わいの美味しいお酒でした。

貰い物。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別