百十郎「純米吟醸 G-mid」(林本店)

DSC02041.jpg
銘柄:百十郎「純米吟醸 G-mid」
製造:林本店
種類:純米吟醸
酒米:ハツシモ

各務原の酒蔵。以前は榮一の銘柄をメインにしていましたが最近はこの「百十郎」をメインの銘柄にしているところ。色々なコンセプトのお酒を出しており、変わり種も度々飲んだりしていますが、今回は奇抜でなく、シンプルな緑のラベルが気になり、手に取ると酒米にハツシモを使っていたので、どんな味がするんだろうと思い購入してみました。それにしても名前の「G-mid」はなんの略だ?Gは岐阜のGだろうか。米も岐阜の米だし酵母も岐阜の酵母を使っているみたいだがmidがなんなんだろう?

冷酒、ひやで飲ス、うまい!!
香りは麹の香り漂う飴色のお酒です。飲んでみると冷たい時は少し酸味の効いた清涼感のある口当たり。そのあとから下に絡みつく米の旨みが心地よい。その心地よさのままだんだんと薄れてくる旨口のお酒です。少し温度を上げて常温くらいにすると清涼感は少し薄れますが優しいタッチの口当たりと柔らかい喉越し、米のシンプルな旨みが良い感じで混ざり合っている印象です。何度飲んでも嫌味のない柔らかでトロッとした旨みが心地よく、ついつい飲んでしまいます。ハツシモは食べても飲んでも癖のないシンプルなお米なのかも。こういうシンプルで自己主張が少ないお酒は逆に安心して飲め、何度も飲んでも心地よい余韻に浸れるお酒でした。

ヨシヅヤ名古屋名西店の酒屋さんで購入。ローカルスーパーのヨシヅヤで百十郎が結構揃えてあって正直驚いた。
スポンサーサイト

小左衛門「大吟醸50% 無濾過生酒」(中島醸造)

DSC01410.jpg
銘柄:小左衛門「大吟醸50% 無濾過生酒」
製造:中島醸造
種類:大吟醸
酒米:不明

綺麗で統一感のあるラベルが特徴の小左衛門ですが、たまに限定のお酒でラベルがないものがちらほらあり、これもその一つ。大吟醸ながら値段も安かったため買ってみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘い吟醸香の透明のお酒です。飲んで見ると甘くメロンのような口当たり。その後からピリ辛でドライな味わいがすぐに出てきて、結構しっかりとした旨味を感じるなって思っていると最後に感じる苦味のおかげか口の中がスッキリリセットされる感じの辛口なお酒です。結構ドライな割には日本酒度もそこまで高くはないからアルコールの刺激か、結構刺激を感じます。最初のメロンの甘い旨味を十分に感じさせながら、最後はスッキリさせてくどさを感じさせないのは真夏の暑い時にのむ日本酒としてはとても美味しく感じられ、ついついお代わりしたくなるお酒でした。

リカーショップオオタケで購入

睦鳥「黒米酒」 (松井屋酒造場)

DSC01564.jpg
銘柄:睦鳥「黒米酒」
製造:松井屋酒造場
種類:普通酒
酒米:黒米

酒蔵見学をすると他の蔵と違い博物館のように古いものが展示されている松井屋酒造場。使う道具も古いなって思っていたら現役だったりするものもあり、昔ながらの製法で作られているのがよくわかります。そんななかでも古いだけでなく、使うコメも古代米を使っているという一風変わったお酒も作られており、黒米を使った純米酒(等外米なので普通酒扱い?)が売っていたので購入してみました。ちなみに以前も飲んだものでは赤米酒なんてお酒もあります。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほんのり甘い麹の香り漂うロゼワインのようなピンクの色のお酒です。飲んで見ると酸味の効いた甘い梅酒のような口当たり。清涼感のあるさっぱりとした甘酸っぱい味わいの中で、さらりとしたあっさりとした米の旨味が出ている感じです。赤米酒の時と同様でフルーティーな日本酒や濃厚な日本酒とは全く違う、少し変わった甘酸っぱい感じ(と表現していいのか?)ですがこれはこれで美味しいなと思えるお酒でした。

松井屋酒造場で購入。赤米酒と同様やや高め設定なので普段飲みではなくお土産向けと言えるかも。

山車「生貯蔵酒 花酵母造り」(原田酒造場)

DSC00261.jpg
銘柄:山車「生貯蔵酒 花酵母造り」
製造:原田酒造場
種類:本醸造
酒米:不明

高山にある原田酒造は花酵母に力を入れている蔵のひとつです。この生貯蔵酒はなでしこの花からとれた酵母から作られたお酒で、生と花酵母の組み合わせをあまり見かけないなと思い購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは麹の香りの透明のお酒。飲んでみるとフルーティーで軽やかな甘さとピリッとした辛さを感じます。キンキンに冷えていると辛い刺激が結構目立ちますが、少し温度を上げて常温手前くらいになるとピリッとした刺激が柔らかくなり、酸味のある甘さがでてきてよりフルーティーな感じというか、梅酒みたいな甘さのような旨味がしっかりと堪能できる味になってきます。思っているよりもしっかりとした深い味わいで、意外と肉料理とか濃いめの味付けの料理でも負けないかなっと思ったお酒でした。

牧歌の里で購入

元文「花酵母 月下美人 特別純米」(原酒造)

DSC00262.jpg
銘柄:元文「花酵母 月下美人 特別純米」
製造:原酒造
種類:純米
酒米:秋田酒こまち

花酵母を全面に押し出している郡上の原酒造。以前はなでしこやアベリア、ひまわりなど試行錯誤しながら酒造りを行っていましたが、最近は花酵母の桜と菊と月下美人を用いたお酒をよく目にします。月下美人の純米酒が売っていたので購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほんのり麹の香りの飴色のお酒です。飲んでみると結構パンチの効いた米麹のしっとりとした口当たり。酸味がほどよく効き、米の膨よかな旨味が出ているなぁと思っていると口の中に少し重めの辛口な刺激が広がって来る感じでしょうか。最後まで結構しっかりとした酸味がでてて花酵母の華やかなイメージというよりはしっかりとした濃厚な味わいといったところです。少し濃いめの料理と相性が良さそうで、ステーキとかの肉料理に合わせると肉の味に負けず酸で油を流してくれるようなお酒でした。

牧歌の里で購入。

三千櫻「純米 五百万石 生原酒」(三千櫻酒造)

DSC06729.jpg
銘柄:三千櫻「純米 五百万石 生原酒」
製造:三千櫻酒造
種類:純米
酒米:五百万石

フルーティーな旨みで人気のある三千櫻の五百万石純米酒の生酒が売っていたので購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘い吟醸香。飲んで見るとフルーティーな甘い口当たり。辛口で甘さを感じつつもドライな喉越しが同時にやってくる感じでしょうか。その中に若干の苦味と米の旨みが混ざりあり、これまたたまらない味わいとなっています。ただ単にフルーティーで甘いだけではなく、後からくるこの複雑な味わいが次の一杯を誘う程よいうまさで、やみつきになりそうなお酒でした。

覚王山フランテで購入。

小左衛門「責めじゃあーりませんか」(中島醸造)

DSC06568_2016121723394718f.jpg
銘柄:小左衛門「責めじゃあーりませんか」
製造:中島醸造
種類:純米吟醸
酒米:出羽燦々+雄町

小左衛門の限定酒。小左衛門といえば、いつもなら使う酒米や精米などによって色分けされたカラフルなラベルが大変綺麗な酒蔵ですが、この限定酒は裏ラベル?しかない、とてもシンプルで機械的な感じのお酒です。逆に小左衛門でこれは珍しいなと思って買ってみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはフルーティーな甘さを感じる吟醸香。飲んで見るとフルーティーな完熟メロンを彷彿させる甘い口当たりのお酒です。ほどよく甘く、あとから角の取れたまろやかな旨みがにじみ出てきて、その中にほんのり酸味と辛味と苦味が上手にバランスよく融合しているような感じです。何度も口にしていると馴染んで優しく口の中を覆いかぶせてくれるような心地よさのあるお酒でした。

リカーショップおおたけで購入

天領「カップ酒 上撰」(天領酒造)

DSC06571.jpg
銘柄:天領「カップ酒 上撰」
製造:天領酒造
種類:普通酒
酒米:ひだほまれ

おみやげでももらったカップ酒。以前飲んだ緑のラベルが佳撰で、赤いラベルが上撰とのこと。まぁ今の分類ではどちらも普通酒で、HP見ても詳しく書いていないが、そんな扱いなんでしょうか。

冷酒で飲ス、うまい!
さらりとしたひだほまれならではの上品なフルーティーなうまさ佳撰と似たり寄ったりな印象を受けます。しかしながら飲んだあとに感じる後味は上撰の方が印象が良いです。佳撰よりもこちらの方が雑味が薄れてどちらかと言えば飲みやすいかなって印象を受けます。重さを感じない淡麗な感じで飲みやすいお酒でした。

天領「カップ酒 佳撰」(天領酒造)

DSC06572.jpg
銘柄:天領「カップ酒 佳撰」
製造:天領酒造
種類:普通酒
酒米:ひだほまれ

おみやげにもらった天領のカップ酒。このお酒の情報があまりないので不明だが、多分ひだほまれを使った普通酒と思われる。

冷酒で飲ス、うまい!
香りはほんのり麹の香りの透明のお酒。飲んで見るとさらりとした上品な甘さのある口当たり。このスッキリしたフルーティーな感じはひだほまれならでは。そのあとはなんとも言えない米麹の味が出てくる感じでしょうか。後味はスッキリしておりフルーティーな辛口の味わいです。軽めの味わいのため、濃い味付けの料理と合わないかなと思ってましたが案外悪くなく、料理の後味を上手に洗い流して口の中をさっぱりさせてくれる感じで普段の晩酌の定番になりそうなお酒でした。

おみやげでもらったので不明。

はなざかり「純米吟醸 ふなくち中とり」(花盛酒造)

DSC06349.jpg
銘柄:はなざかり「純米吟醸 ふなくち中とり」
製造:花盛酒造
種類:純米吟醸
酒米:五百万石

杉原千畝の人道の丘のある八百津町は小さい集落ながらも酒蔵が2つあり、そのうちの一つが花盛酒造。あらばしりや袋吊りなどなど限定酒が結構豊富な印象のあるところです。実際に蔵に行った時に購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはフルーティーな吟醸香。飲んでみるとほんのり酸味の効いた辛口の口当たり。その中にフルーティーな甘さとコメのしっとりとした旨さ、ドライな喉越しがバランスよく噛み合っているような印象です。上品で重さをあまり感じさせないのに、飲みごたえはしっかりとあるので飲んでいて美味しく飲みやすいお酒です。比較的軽めの味の料理と合わせると美味しく綺麗にまとめてくれそうでるお酒でした。

花盛酒造で購入。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別