FC2ブログ

天領「すますま」(天領酒造)

DSC04356.jpg
銘柄:天領「すますま」
製造:天領酒造
種類:普通酒
酒米:ひだほまれ

下呂市の温泉街から少し北に位置する天領酒造からスパークリング日本酒が販売されていたので購入してみました。

香は甘く炭酸の効いた褐色のお酒です。飲んでみるとさっぱりとした口当たり。梅とリンゴのミックスしたような爽やかな酸味が美味しく、シュワっとした酸味がとても清涼感を感じさせてくれます。フレッシュというより、熟成された落ち着いた印象で、その味わいの中で感じる甘さは日本酒を飲んでいる感覚とは少し違い、カクテルを飲んでいるかのような感覚に陥ってしまいます。こういうちょっと変わった日本酒をナショナルブランドではなく地方の蔵(といっても天領酒造は比較的手広くやっている方だと思いますが)が造っているのが面白いかな。炭酸はおそらくガス注入方式だと思いますが、アルコール度が低めで軽快なこのお酒と相性が良さそう。米はあっさり綺麗なひだほまれ、酵母に岐阜清流酵母とスパークリング日本酒でありながら、ザ・地酒な感じです。日本酒をしっかりと味わいながら飲む人には不向きですが、パーティーや食事会にグラスに注いで軽く乾杯しながら飲むのに向いているお酒でした。

酒のすぎたで購入しました。
スポンサーサイト



母情「白にごり」(平野醸造)

DSC04344_2020072823550564e.jpg
銘柄:母情「白にごり」
製造:平野醸造
種類:普通酒
酒米:不明

郡上の平野醸造は明治6年創業の蔵です。ここの造るお酒「母情」を久しぶりに飲んでみました。これまでは気がつきませんでしたがいつの間にか蔵のHPができていました。

冷酒で射んス、うまい!!
少し酸味のある旨味の凝縮した口当たり。強めの濁りでとろみのある質感が口の中に入ってくると、飲むというより食べるに近い感覚になりそうです。滓独特のクリーミーな甘さと、しっかりとした熟成した酸味のある旨味がうまく混ざり合い、とても濃厚な甘さでも意外と清涼感を感じて飲みやすい印象を受けます。飲んだ後もしばらく口の中に残る味わいはしっかり甘い後味で、単品で飲んでも行けますし、濃いめの料理はもちろんですが、意外とあっさりとした味の料理でも問題なく行けそう(やや日本酒が勝っちゃいますがここは好みの問題か)。これはクセになる美味さだと思っていると、アルコール度が18~19度と少し高めで気が付けば酔いが回って出来上がってしまえるお酒でした。

酒のいとうで購入

初緑「特別純米 生原酒」(奥飛騨酒造)

DSC04341.jpg
銘柄:初緑「特別純米 生原酒」
製造:奥飛騨酒造
種類:純米
酒米:ひだほまれ

飛騨地方の南端にありながら数年前に改名した奥飛騨酒造(旧高木酒造)の直営店で見かけたお酒。最近ラベルを一新して、ビンに直接印記されてとてもすっきりしたパッケージになりとても綺麗な印象を受けます。その中でひだほまれの純米生原酒が売っていたので購入してみました。

香はリンゴがほんのり感じられる甘い吟醸香の透明のお酒です。飲んでみるとフルーティーな甘い口当たり。さっぱりとした完熟メロンとリンゴのミックスのようなジューシーな味わいがとても飲みやすいお酒です。このフルーティーな味わいの中にふんわりとしたコクのある旨味とちょっぴり苦味がうまくバランスをとっていて、最後にピリッとした辛口でキレるので、どんどん飲みたくなってしまいます。この自己主張の控えめな綺麗な旨味がひだほまれっぽい味わいで、無濾過生原酒でありながらさらっとした上品な酒となっています。これから暑くなる時期に単品で飲んでもすっきり美味しくいただけるお酒でした。

奥飛騨酒造の直売店(国道売店)で購入。

鯨波「純米吟醸おりがらみ生」(恵那醸造)

DSC04343.jpg
銘柄:鯨波「純米吟醸おりがらみ生」
製造:恵那醸造
種類:純米吟醸
酒米:ひだほまれ

恵那醸造は名前からは岐阜県恵那市にありそうですが、蔵はその隣の中津川市の福岡地区にあります。結構山深いところで手作りで少量生産をされている蔵で、地元でとれるひだほまれを中心に酒造りをされているようです。前から飲んでみたかった銘柄の一つでしたが、なかなか機会がなく、たまたま岐阜県内で見かけたため購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香は麹の香ただよううす濁りのお酒です。飲んでみるとピリッとした甘い口当たり。フレッシュで濃厚な甘い旨味が口の中に広がってきます。いつまでもねっとりと舌に絡みつく甘苦い旨味とピリッとした喉越しがドライで、結構口の中に長く余韻を感じられます。濃厚な割には雑味が少なく飲みやすく、ひだほまれがつくる綺麗な味わいを強く感じさせてくれます。単品で飲んでもゴクゴクと飲めてしまうお酒でした。

酒のいとうで購入しました。

飛騨路の寒梅「特別純米酒」(平和錦酒造)

DSC03087.jpg
銘柄:飛騨路の寒梅「特別純米酒」
製造:平和錦酒造
種類:純米
酒米:五百万石

美濃から下呂に向けて飛騨川を登っていく途中にある平和錦酒造は金泉の銘柄で知られていますが、別銘柄として飛騨路の寒梅(詳しくは知りませんが多分、五百万石を使ったお酒に名付けられている様子)があり、そのレギュラー酒を購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!
香は麹の香漂う飴色のお酒です。飲んでみると酸味のある口当たり。米の複雑なコクのある旨味と酸味、最後に感じられる苦味が日本酒を感じられるところ。お米のしっかりとした味がするなと思っていると、意外と軽めで馴染んでくると飲みやすくなるお酒です。熱い鍋や濃い味付けの料理と相性が良さそうで、温度も自分の好みに合わせて選択すると幅が広がるお酒でした。

平和錦酒造で購入。

金泉「特別本醸造 しぼりたて」(平和錦酒造)

DSC03088.jpg
銘柄:金泉「特別本醸造 しぼりたて」
製造:平和錦酒造
種類:本醸造
酒米:不明

岐阜の平和錦酒造で購入した特別本醸造。HPには詳しく書いていないので不明ですが新酒しぼりたてとのこと。現地で購入したのにスペック聞き忘れたので使用した酒米とか不明ですが、300mlの瓶なら飲み切れそうだなと思い購入。

冷酒で飲ス、うまい!!
香は麹の香漂う透明のお酒です。飲んでみるとキリッとした酸味の効いた口当たり。ドライでスッキリとした辛さの中に酸味の効いた米の旨味がでてくる感じです。最初にすっきりとした軽さが感じられるのですが、あとから濃厚な味わいがでてきて、しっかりとした辛い旨味が舌にしばらく残ります。本醸造なのに重厚感あるなと思ってラベルを見てみたらアルコール度が19~20度と結構高めで少量でも結構良いが回ってきます。辛味噌鍋と一緒にいただきましたが、辛くなった口の中でも酒の味は負けてなく、口の中のヒリヒリを洗い流してリセットしてくれました。濃い味付けの料理と相性が良さそうでしっかりとした味わいを欲しい時に飲みたいお酒でした。

平和錦酒造で購入。

金泉「原酒 にごり酒」(平和錦酒造)

DSC03089.jpg
銘柄:金泉「原酒 にごり酒」
製造:平和錦酒造
種類:普通酒
酒米:ひだほまれ、あさひの夢

美濃で江戸時代から創業している平和錦酒造は土蔵倉を現役で使い手作り少量生産で地元向けながらも色々なお酒や古酒などなどバリエーションが多く、冬場は蔵開きを頻繁に行うなどしている蔵です。その中で出来立てのお酒を搾る前に瓶詰めしたお酒を購入してみました。しぼりたて活性にごり酒なので穴あき栓なので横置き厳禁です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香は麹の香の白くとろけたにごり酒です。飲んでみるとピリッとした口当たり。濃厚で滓がしっかりとあるため粘度のあるネットリとした液体が舌に絡みついてきます。酸味の効いた微炭酸のピリッとした辛さと米のドロっとした旨さ、そしてフレッシュな甘さがとてもジューシーで、飲むヨーグルトソーダというと伝わりやすいかもです。意外とクドさがなくて飲みやすいのですが、飲んでいるとアルコール度が20度と高めのため気がつくと結構酔いが回ってきます。濃厚というより特濃ヨーグルトの味わい、液体というよりもゲル状のようなネットリ感、意外と飲みやすいのに飲みごたえ十分で、生生生を感じられるお酒でした。

平和錦酒造で購入。

百春「蔵出し原酒 新酒しぼりたて生」(小坂酒造)

DSC02731.jpg
銘柄:百春「蔵出し原酒 新酒しぼりたて生」
製造:小坂酒造
種類:普通酒
酒米:ひだほまれ+日本晴

小坂酒造の蔵開きの時に純米吟醸無濾過生原酒と共に購入したお酒。蔵出しの原酒でしぼりたて生とのことでしたので、もともとレギュラーにある蔵出し原酒のしぼりたてバージョンといったところでしょうか。

冷酒で飲ス、うまい!!
香は麹の香漂う少し飴色のお酒です。飲んでみると酸味のあるピリッとした口当たり。飲んだ瞬間から濃厚な米の旨味と酸味に苦味が加わり、重厚感のある味わいです。深みのある旨味とアルコール度18度からくるピリッとした刺激、舌に絡みつくネットリとした酒質での見応えは十分です。暖かい鍋や脂の乗ったステーキなんかと相性が良さそう。
最初は刺激が強くて飲みにくい印象ですが、ちびちび飲んで口の中が慣れてくると不思議とこの甘さと苦さのバランスがとても心地よくなってきて美味しくいただけるお酒でした。

小坂酒造で購入。

百春「純米吟醸 無濾過生原酒 朝しぼりたて」(小坂酒造)

DSC02730.jpg
銘柄:百春「純米吟醸 無濾過生原酒 朝しぼりたて」
製造:小坂酒造
種類:純米吟醸
酒米:不明

「梲が上がらない」の中にある「うだつ」で有名な美濃市は「うだつが上がる町並み」として知られ、その街中にある小坂酒造にたまたま立ち寄ったら蔵開きをしていましたので、タンクからしぼったばかりのお酒を購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香は甘くフルーティーな吟醸香。飲んでみるとフルーティーな甘く柔らかな口当たり。ふんわりとした粉雪のような優しいタッチでするすると口の中に広がってきます。メロン果汁のジューシーな甘さにほんのりピリッとした刺激がアクセントになってより甘さが強調されている感じです。その後からくる旨みが意外としっかりとした味わいでの見応えがあります。しっかりとした味わいなのに最後まで飲みやすい柔らかな酒質が大変心地よく、楽しく飲めるお酒でした。

小坂酒造で購入。

竹雀「超辛口 純米うすにごり生原酒 2019酒造年度」(大塚酒造)

DSC01701.jpg
銘柄:竹雀「超辛口 純米うすにごり生原酒 2019酒造年度」
製造:大塚酒造
種類:純米
酒米:五百万石

岐阜県池田町にある大塚酒造の竹雀は知る人ぞ知る岐阜のお酒の一つだと思われます。このお酒を飲んだ時は2020年になってますが、2019年12月に製造されたこのうすにごり生原酒は超辛口ということで日本酒度+13度、酸度2.2、アルコール度は少し高で17〜18度。結構細かくスペックが書かれていて、ラベルの雀もシンプルに可愛らしく、購入意欲が湧くお酒です。

冷酒で飲ス、うまい!!
甘くフルーティーな香がする白く濁ったお酒です。開栓する時にポンってなるので微発泡していると思われます。飲んでみるとピリッとした結構ドライな口当たりです。最初に辛口の刺激が来た後でマスカットのような甘くフルーティーな味が口の中に広がってきます。この甘さに加え、微発砲のシュワシュワが刺激的で、とてもフレッシュな味わいです。どっしりとした甘みと微発泡の刺激とドライな辛口が程よく混ざり合って口の中は清涼感でとてもさっぱりして次の一杯を飲むことができます。でも少しアルコール度が高いので良いが回るのは早いように思います。生が好きな人はもちろん、日本酒は苦手でチューハイがいいよねって言っている人が飲んでも、これはおいしいねって言ってくれそうな甘いお酒でした。

リカーショップオオタケで購入。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別