南部美人「特別純米酒」(南部美人)

DSC06238.jpg
銘柄:南部美人「特別純米酒」
製造:南部美人
種類:純米
酒米:ぎんおとめ、他

とても有名な酒蔵の一つ。早くから世界に向けて日本酒を発信しサザンビューティーとしても知られるようになっているところ。密かに当ブログ初登場だったり(何度も飲んだことはあるが)のお酒です。HPでは最初にリキュールが出てくるくらい酒造りに自信があるみたいで、その辺りが貫禄あるところでしょうか。

冷酒、常温で飲ス、うまい!!
香りはほんのりフルーティーな甘さを彷彿させる飴色の酒。なんとなく甘酒みたいな感じかな。飲んでみると濃厚でまったりとしたしっかりした米の旨みが乗った味わいです。この心地よい口当たりの甘い旨みのお酒は最初よりも何度か飲んで口の中に馴染んてくると本領発揮で、料理とともにどんどん口に進んでしまいます。気がつくと少し飲みすぎで酔っている自分がいるのがよくわかる美味しいお酒でした。

酒やビッグで購入。
スポンサーサイト

あさ開「純米大辛口 水神」(あさ開)

DSC01046.jpg
銘柄:あさ開「純米大辛口 水神」
製造:あさ開
種類:純米
酒米:不明

岩手のお酒のなかで愛知県で比較的よく見るものの一つがあさ開。その純米酒があったのでこれを選んでみました。HPで見てみると飲食店向けの業務用純米酒らしく、辛口がウリのお酒のようです。

冷酒で飲ス、うまい!
香りは麹の香る飴色のお酒です。飲んでみると結構ピリ辛な口当たり。めちゃくちゃ辛いわけではないが日本酒度+10のためか案外刺激は強い。それでいて、その後からくる米のじっとりとしたコクのある濃い旨味が出てくるため余計に辛く感じてしまうのかもです。単品で飲むと少し味が強いかなと思ったりしますが料理と一緒に飲んでみるとなるほどちょうど良い辛さ。少し濃いめの料理と合わせるとお酒の辛口で口の中がドライになり、より料理の味が引き立つような感じになります。個人的にはもう少し個性があるか飲みやすくするかにすると楽しいかなと思うお酒でした。

酒のすぎたで購入

月の輪「大吟醸 宵の月」(月の輪酒造店)

DSC07851.jpg
銘柄:月の輪「大吟醸 宵の月」
製造:月の輪酒造店
種類:大吟醸
酒米:吟ぎんが

以前ふとした気分で購入した「月の輪」の大吟醸酒。ここの蔵元は五代目の女性の方が2005年から杜氏を行っているそうで、赤ちゃんを背負いながらお酒を作られているそうです。使っている米は「吟ぎんか」で岩手県の酒米として1999年に完成したものと言われています。南部杜氏の地元として有名な岩手ですが今まで岩手県特産の酒米が無く開発に至った米と言われているものです。ここまではまぁ良くある感じですが、使っている酵母の名前が「ジョバンニの調べ」という何とも不思議な名前。一応これも岩手オリジナル酵母なんだそうです。つまりは岩手に特化しているまさに地酒と呼べそうなお酒になってます。ちなみに以前飲んだ特別純米酒は「吟ぎんか」の妹分である「ぎんおとめ」、酵母も岩手オリジナル酵母「ゆうこの想い」とこちらも岩手色ぎっしりでした。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはリンゴの様な甘酸っぱい吟醸香です。飲んでみると少しリンゴの酸味があり、フルーティーな甘味があり、米の旨味があり、それでいて軽めでスッキリとした透明感のある旨味のお酒です。のど越しも良く舌触りもさらりとしていて淡麗な印象です。全体的に口当たりはとてもやさしくて大変飲みやすく、次々と飲んでしまえるお酒でした。

覚王山フランテで購入。300mlサイズしか置いていないので一人飲みには最適。みんなと飲むには向いていないから4号瓶くらいは欲しいですね。

月の輪「特別純米酒」(月の輪酒造店)

DSC06786.jpg
銘柄:月の輪「特別純米酒」
製造:月の輪酒造店
種類:純米
酒米:ぎんおとめ

スーパーに並んでいて見たことがなかったので、なんとなく手に取って買ってみました。

冷酒で飲ス。うまい!!
香りは甘い吟醸香。飲んでみると少し刺激のあるのど越しで、まったりとした濃厚な旨味のある感じです。舌にからみつくようなねっとりとした旨味ですが、雑味は無くしつこさも無いため大変飲みやすい印象を受けます。何度飲んでも印象は変わらず美味しくいただけました。「ぎんおとめ」という米も初めて聞きましたが「吟ぎんが」の妹分として純米酒や本醸造酒を作る目的に平成9年にできた米なんだそうです。

フランテで購入。

銘柄:あさ開「大吟醸南部流伝承造り」(あさ開)

DSC03037.jpg
銘柄:あさ開「大吟醸南部流伝承造り」
製造:あさ開
種類:大吟醸
酒米:吟ぎんが

東北応援キャンペーンの最後の一本です.東北が続いている理由として,三本セットのものを買ったからなんです.単純な理由ですが,案外沢山飲めてよいです.今回ものんべと一緒に飲んだので一瞬で終わってしまった感じです.あさ開は創業140年と明治から続いている酒蔵です.近年では新酒鑑評会にも積極的に参加し20年連続受賞中とのことです.

冷酒で飲ス.うまい!
吟醸の香を少し感じながら飲んでみると,初めの飲み口は以外と濃厚な印象を受けます.そのあとは雑味のないスッキリした味わいに変わっていき,後味も殆ど残らずあっさりした印象です.まさに大吟醸酒を飲んでいるねっと思わせる感じのスッキリしたお酒です.癖も少なく飲み易いので比較的万人受けしそうなお酒でした.

前回のコメント通り,父親が買ってきたものにつきわかりませんが,スーパーでキャンペーンしているところなら見る事ができます.さすがに岩手のお酒となると,なかなかお目にかかれないかなといった感じはします.
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別