三芳菊「ワイルドサイド 責めブレンド 無濾過生原酒 残骸2」(三芳菊酒造)

DSC01027.jpg
銘柄:三芳菊「ワイルドサイド 責めブレンド 無濾過生原酒 残骸2」
製造:三芳菊酒造
種類:純米
酒米:山田錦、雄町、五百万石

もともとこだわりのあるお酒を作られている三芳菊ですが、最近はラベルを見てもかなり特徴的なものが多く、どれもどんな味なのか予測不可能なところであります。このお酒もラベルの名前もですが絵もアニメ調で可愛らしいがややグロテスクなもの。飲むお酒に残骸って名付けるセンス。そして山田錦と雄町と五百万石のブレンドで作ったとなんとも不思議なコンセプト全開のお酒っぽいです。アニメの街として売り出している徳島っぽいといえばそれまでですが、一般の人だと手が出しにくそうな雰囲気ですが、面白そうだったので購入です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘いフルーティーな吟醸香の飴色のお酒。飲んでみると少し刺激のある舌触り。濃厚でメロン果汁を彷彿させる甘い甘いトロッとした旨味が口の中全体に広がってきて、その後で辛い刺激を感じます。いつまでも口の中に残る甘く濃厚な味わいが大変心地よく、そのまま甘さを残して口の中から薄れていく感じで美味しいです。何度飲んでも濃厚でとろっとろな甘い旨味がたまらないお酒で個性の強いお酒でした。

リカーショップオオタケで購入。そういえば三芳菊を愛知県でみるの初めてかな。徳島のお酒を県内でみることが稀だな。
スポンサーサイト

鳴門鯛「純米吟醸 加美屋直蔵」(本家松浦酒造場)

DSC05221.jpg
銘柄:鳴門鯛「純米吟醸 加美屋直蔵」
製造:本家松浦酒造場
種類:純米吟醸
酒米:山田錦

お土産でもらった徳島純米シリーズの3本目(6本中3本もらった)は鳴門鯛の純米吟醸。日本酒に鯛のラベルがなんとなく素敵な蔵の純米吟醸です。

冷酒で飲す、うまい!!
香りはあっさりとした吟醸香です。飲んでみるとスッキリとした軽めの口当たりでだんだんと旨みが滲み出てくるような感じです。適度に熟した透明感のある旨みと、刺激が少ない軽い酸味が非常にナチュラルな旨さになっているような味わいです。後味も純米の割にはさらりとして癖もなく大変飲みやすいお酒です。これならオールシーズンで色々な料理と合わせても問題なさそうなお酒でした。

お土産で頂いたものです。

御殿桜「純米酒」(斎藤酒造場)

DSC05225_20141220231755141.jpg
銘柄:御殿桜「純米酒」
製造:斎藤酒造場
種類:純米
酒米:不明

多い苗字の一つである「斎藤」の名のある酒蔵は幾つかあり、その中でもこじんまりしてそうな雰囲気のある徳島の蔵です。眉山の北側にあり蔵元駅の近くと結構街中にある酒蔵で地元を中心に卸している蔵だそうです。

冷酒、熱燗で飲す、うまい!!
香りはしっかりとした麹の香り。色は無色透明な感じ。飲んでみるとしっかりとしたコクのある米の旨みぎっしりな純米酒そのものな味わいです。米のまったりとした旨みが口の中全体に広がってきますが、思っているほど癖がなく飲みやすいです。刺激もなくまろやかな甘口な印象のお酒で、熱燗にしてもまろやかさそのまま飲みやすさそのままなお酒です。ホームページに和食と合うとありますが、どんな料理でもあってしまいそうなお酒でした。

お土産で頂いたものです。市内の酒屋さんでも取り扱い店は幾つかあるようです。

蘭玉「純米酒」(吉田酒造)

DSC05222.jpg
銘柄:蘭玉「純米酒」
製造:吉田酒造
種類:純米
酒米:不明

徳島の知り合いが来た時にお土産で頂いたお酒。蘭玉を醸す吉田酒造は阿波踊り空港の近くにある酒造。なるべく機械を入れずに手作りで、調整などせずに作られている蔵です。江戸時代後期創業と歴史はありますがとても小さな蔵で徳島市内でも流通量は少ないようです。ちなみに「吉田酒造」は福井や石川、島根にもありますが、多分一番小さい蔵は徳島にあるこの酒造であると思います。

冷酒、熱燗で飲す、うまい!!
香りはしっかりとした麹の香りです。飲んでみるとなかなか濃厚で酸味のあるお酒です。ねっとり感はそこまでないので重すぎる感じはありませんが芳醇でしっかりとした米の旨みぎっしりな感じのお酒です。熱燗にするとまろやかな旨みで口の中が包まれてしまうような感じになります。濃厚で酸味のある味は変わらず旨みがさらに引き立つような感じでとても美味しく飲むことができます。吟醸酒と対極になるようなお酒で、おでんと一緒に飲んでみましたが食が進む美味しいお酒でした。

お土産でいただきましたが、おそらく「阿波の地酒街道純米セット」の中の一つと思われる。

瓢太閤「黒我流」(日新酒類株式会社)

DSC02177.jpg
銘柄:瓢太閤「黒我流」
製造:日新酒類株式会社
種類:本醸造
酒米:山田錦

「ひさごたいこう」と読むらしいです。前回の時には実は読み方がよくわかってなかったのですが今回調べてみて初めて知りました。で、ラベルが黒に我流という文字がかっこ良くて購入したお酒です。

冷酒、常温、熱燗で飲ス、うまい!!
香りはしっかりとした麹の香りです。飲んでみると結構スッキリしておりドライな喉越しです。味はしっかりとした米の旨味があり後味もスッキリしており大変飲みやすい感じです。少し温度を上げて常温位になると喉越しがマイルドになり味もしっかりと出てきて旨味が増してくる感じです。それでいてスッキリしているので飲みやすさは変わりません。熱燗にするととてもまろやかで甘い米の旨味がにじみ出てくる感じになります。サンマを焼いて一緒にいただきましたが料理がとても引き立ち大変美味しくいただくことができました。どの温度でもスッキリしながらも旨味はしっかりありますので、好みや料理の内容で温度を変えて楽しんでもいいなと思えるお酒でした。

徳島県物産センターで購入しました。なかなか愛知県では徳島のお酒を見る機会は少ないですね。

芳水「特別純米」(芳水酒造)

DSC01765.jpg
銘柄:芳水「特別純米」
製造:芳水酒造
種類:純米
酒米:山田錦

徳島県三好市にある酒蔵です。昔の人たちが四国随一の大河である吉野川の水を芳水と詠んだことから名付けられた綺麗な名前を持つお酒です。「芳」という文字だけで何となく日本酒を連想できるので気に入っている蔵の一つです。

冷酒、熱燗で飲ス、うまい!!
香りはしっかり麹の香りのある日本酒らしい香りです、飲んでみると案外スッキリした口当たりと喉越しの後から、口の中全体に芳醇で結構濃厚な旨味がにじみ出てきます。その後はしばらく口の中全体に米の旨味が余韻として残り、純米らしい濃厚でしっかりとした旨味を堪能することができます。熱燗にしても膨よかでコクのある味は変わらず印象もそこまで強く変わらず飲むことができます。濃いめの料理と相性が良さそうで、熱燗なら焼き魚の食が進みそうな感じのお酒でした。

アワーリカーで購入。比較的徳島県内ではスーパーでも置いてあるお酒ですが、中部地区では一切見たことが無いのが残念。

司菊「穴吹川」(司菊酒造)

DSC01761.jpg
銘柄:司菊「穴吹川」
製造:司菊酒造
種類:純米
酒米:山田錦

剣山の北側にある美馬市の吉野川沿いにある酒蔵です。清流の多い四国ですが、2012年に日本一の清流となった穴吹川が吉野川に注ぐ町でもあります。透き通るような美しさを誇る穴吹川の原流水と徳島県産山田錦にて作られたお酒がこのお酒です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは上品な吟醸香です。飲んでみるととても清涼感のある旨味のお酒です。とても上品で優しい口当たりで、それでいて程よい厚みの旨味があります。喉越しもほどほどに刺激があり重い印象は全くなくとてもバランスのとれたお酒です。軽すぎず重すぎず丁度良い濃厚さと旨さがあり、それでいて清涼感が感じられるので夏に飲むのに丁度良いです。鮎の塩焼きなんかと一緒に飲むと暑い夏でも食欲がそそられてしまうようなお酒でした。

アワーリカーで購入。

鳴門鯛「純米 浮かれ阿呆の阿波踊り」(本家松浦酒造場)

DSC01764.jpg
銘柄:鳴門鯛「純米 浮かれ阿呆の阿波踊り」
製造:本家松浦酒造場
種類:純米
酒米:不明

徳島と言えば阿波踊りが連想される程有名な阿波踊りがあしらわれたラベルが特徴のお酒です。阿波踊りですから「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃソンソン」ってな具合で、まさにラベルの名前の通り。町中では一般人も含めて踊り惚けている楽しいお祭りです。ついつい踊りたくなってしまうのを抑えて飲んでみました。

冷酒、ひや、熱燗で飲ス、うまい!!
香りはしっかりとした日本酒らしい麹の香りぷんぷんです。冷酒で飲んでみるとしっかりとした米の旨味と濃厚さがありますが、どこか軽やかで飲みやすさもあるような印象です。少し温度を上げてくると山廃らしいコクのある旨味がじわじわ出てきて、膨よかな甘さを感じられるようになってきます。熱燗にすると円熟とまでは行ってませんがまろやかで米の甘さが引き立つ味わいになってきます。飲む温度でそれぞれ違った雰囲気を味わえるので自分の好みに合わせ楽しむことができるお酒です。個人的には熱燗を焼き魚と一緒にいただくのが良さそうでしたので、早く暑い夏が終わり涼しい秋口にまた一杯やりたいと思わせるお酒でした。

アワーリカーで購入。今回も阿波踊り殴り込みなので現地購入です。

鳴門鯛「吟生」(本家松浦酒造場)

DSC06696.jpg
銘柄:鳴門鯛「吟生」
製造:本家松浦酒造場
種類:吟醸
酒米:不明

今回の徳島地酒シリーズの最後はこれ.鳴門鯛の吟醸生貯蔵酒です.300mlサイズと手頃な所がうれしい.

冷酒で飲ス.うまい!
香りは吟醸香がほのかに香ります.味わいはフレッシュな感じが初めからします.ホームページではバニラ味と表現していますが,まぁそんな感じです.それでいて案外コクがあり,重すぎず軽すぎず程よい感じです.なのですっきりした感じは少なく,フレッシュながらも米の旨味が乗っていて味に深みを出しているような状態です.少しピリ辛な感じですが,後味は甘めの味がそこそこ残ります.料理は濃い味から薄味までどれでも合いそうな感じはしました.

徳島のマルナカで購入.一応これで徳島のお酒は一旦休憩か.というか中部地区では取り扱っているお店が限られていてなかなか買う機会がありません.

瓢太閤「吟生笹がすみ」(日新酒類)

DSC06697.jpg
銘柄:瓢太閤「吟生笹がすみ」
製造:日新酒類株式会社
種類:吟醸
酒米:山田錦

名前から日本酒を作っているとは想像できませんが,江戸時代から日本酒を作っている伝統ある所です.徳島のものにこだわった徳島唯一のお酒の総合酒類メーカーです.すだちや鳴門金時,やまももなど徳島の特産品を使ってお酒をつくっているので,まさに徳島のお酒メーカーといった感じでしょうか.その中で生貯蔵酒があったので買ってみました.

冷酒で飲ス,うまい!!
香りは吟醸香.色は薄い濁りのはいった飴色をしています.口当たりはフレッシュでフルーティー.それでいてとてもスッキリしています.清涼感があり,夏場に飲んでも全く熱さを感じさせないお酒でむしろ喉越しがとても気持ちよくなります.全体的にアッサリしているので単品でも飲んでいけます.後味もとてもスッキリしており後に尾を引く事は皆無です.だれでも飲み易いお酒だと思いました.

徳島のマルナカで購入.
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別