玉旭「純米吟醸原酒 ひやおろし」(玉旭酒造)

DSC03554.jpg
銘柄:玉旭「純米吟醸原酒 ひやおろし」
製造:玉旭酒造
種類:純米吟醸
酒米:雄山錦

富山へ旅行に行った時に地元の酒屋さんで購入。玉旭酒造は富山市の八尾で営まれる創業200年ほどの酒蔵です。淡麗辛口のお酒を作られているようで、このお酒は富山の酒米である雄山錦を使ったひやおろし。酒屋さんがいうには、その酒屋さん限定の商品なんだそうですが、どこが特別なのは不明。ただ雄山錦のお酒がどんな味だろうと思い購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
麹の香り漂う少し飴色のお酒。飲んでみるとスッキリとしたピリ辛な辛口の口当たり。その後から熟成したコクのある複雑ながらも上品で綺麗にまとめられた味わいが口の中に広がってきます。何度か飲んでいるとこの熟成した旨味が大変ふくらみのある、まろやかでまったりと心地よい旨味がにじみ出てきます。これが本当に心地よくついつい濃醇な旨味を堪能してみたくなってしまいます。雄山錦はひだほまれの系列の米ですが、ひだほまれと比べ円熟したしっかりとした味わいかなって印象です。寒い日についつい飲んでしまいほろ酔い気分まで心地よく飲んでしまえるお酒でした。

エスポアなかやすで購入。
スポンサーサイト

三笑楽「ひやおろし 純米酒」(三笑楽酒造)

DSC03552.jpg
銘柄:三笑楽「ひやおろし 純米酒」
製造:三笑楽酒造
種類:純米
酒米:不明

富山県は石川県と新潟県に挟まれた北陸の町で,石川の能登杜氏と新潟の越後杜氏が混在する土地柄なんだそうです.淡麗辛口系の越後杜氏,濃醇系の能登杜氏の流派がバラバラのため同じ地域でも酒質ががらりと変わるみたいです.そんななか世界遺産の五箇山に構える三笑楽酒造は能登系の濃醇な酒質に得意とする山廃仕込みで,寒い雪国ならではのどっしりとした濃厚な味わいが特徴の酒蔵の一つです.そのひやおろしがしっかりとした味わいでおいしいよと勧められ購入してみました.

冷酒で飲ス,うまい!!
香りは米麹の香り漂う飴色のお酒です.飲んでみるとピリピリとした刺激の口当たり.口の中にすぐに広がる濃厚で熟した酸味が良く効いた味わいが広がってきます.さっぱりとした酸味かなって思っているとガツンと来る濃厚な刺激で引き戻される感じでしょうか.アルコール度が少し高めのためか刺激も強く口の中はカラっからになってしまいます.重厚感のある米の旨味と少し強めの酸味のバランスが良く,キレが良いため飲みやすいが濃厚なお酒を飲んでいるなって気にさせてくれるお酒でした.

エスポアなかやすで購入しました.富山県のお酒の取り扱いは多くて楽しめた.

満寿泉「純米酒」(桝田酒造)

DSC03471.jpg
銘柄:満寿泉「純米酒」
製造:桝田酒造
種類:純米
酒米:非公開

富山へ旅行に行った際、たまたま立ち寄った酒屋さんで購入したお酒。満寿泉といえば吟醸系で知られ、何度か飲んで綺麗で甘いフルーティーなお酒って印象ですが、普通に濁りのない純米酒だとどんな味なんだろうって思い購入してみました。

冷酒、熱燗で飲ス、うまい!!
香りは甘い麹の香りの透明なお酒です。飲んでみると日本酒らしい、米のしっとりとした甘い旨味を感じる口当たり。米の旨味がしっかりと感じられ、結構重厚感のある辛口な刺激と深みのある旨味の混ざり合ったような味わいです。いつまでも口の中に感じる複雑な旨味がたまらず、日本酒飲んでいるなって気にさせてくれます。これまでは満寿泉といえば綺麗なお酒って印象が強かったですが、しっかりとした米の旨味を感じられるお酒も作られており、シンプルにうまいお酒でした。

エスポアなかやすで購入。コスパ良いお酒です。

満寿泉「夏にごり純米」 (桝田酒造)

DSC01409.jpg
銘柄:満寿泉「夏にごり純米」
製造:桝田酒造
種類:純米
酒米:非公開

久しぶりに行ったスーパーで売っていた満寿泉の夏限定の濁り酒。満寿泉にしては珍しいラベルだなと思いながらも購入してみました。あとから調べるとやっぱり情報が無いので、スーパーとのPBの可能性がありそうだが、知っている人いたら教えてくださいな。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘い麹の香りのそこそこにごりのあるお酒です。口に含むと濃厚で甘くトロッとした口当たり。米の甘い旨味がしっかりとでていて、飲んでも飲んでも濃厚な舌ざわりと旨味がしっかり感じられるのは濁り酒独特の感覚か。米の旨味の中にアルコールのピリッとした刺激と最後に少し感じられる苦味がアクセントになり、より甘い旨味が強調される感じです。それなのに夏の暑い日に飲んでもくどさをあまり感じないのは流石で、ほんのちょっとの刺激と苦味が爽やかさを感じさせるのかも。単品で飲んでも美味しくいただけたお酒でした。

成城石井で購入。

三笑楽「蔵出し生原酒」(三笑楽酒造)

DSC02352.jpg
銘柄:三笑楽「蔵出し生原酒」
製造:三笑楽酒造
種類:普通酒
酒米:山田錦、五百万石、はなえちぜん

世界遺産五箇山にある酒蔵。このお酒は貰い物で、生原酒で要冷蔵とかいてあるのにその辺に放置され1年以上常温熟成?されてしまったもの。捨てると言われたらもったいないと思ったので一升瓶ながらついついもらってきたものです。季節限定で冬季のみ販売の生原酒で、販売者の意図する味とは違った状態だとは思いますが一応飲んでみたので記録は残しておくことに。

冷酒で飲ス、うまい!!
しっかり麹の香りのする飴色のお酒。飲んでみると微炭酸?を感じる少し刺激のある口当たり。その後からどっしりとした熟成した米の旨味がやってくる感じ。アルコール度が高いためか刺激も強くより強く辛口に感じられるところでしょうか。酸味が結構強いためか濃厚で強い刺激がありながらも案外飲みやすいかなという印象を受けます。ただ夏場にこれだけ濃厚で強い味のお酒はあまりたくさんは飲めないかなという印象。寒い冬に暑い鍋と一緒に飲んだら印象が変わるだろうと思ったお酒でした。

貰い物。

満寿泉「一号しぼり生酒」(桝田酒造)

DSC01239.jpg
銘柄:満寿泉「一号しぼり生酒」
製造:桝田酒造
種類:吟醸
酒米:非公開

相変わらず変な名前のお酒です。カメ1号と同じく1号タンクのしぼりたて生酒です。半年ほど冷蔵保存にて寝かされていたものを飲んでみました。

冷酒で飲ス。うまい!!
香りは甘くそそられる麹の香りです。飲んでみると結構濃厚でしっかりとした旨味がにじみだしてくる味わいです。ねっとりと舌に絡み付く濃厚さでピリピリとする刺激があり、それでいて少しフルーティーさも残されているような重厚な味わいのお酒です。飲んだ後も口の中に残る濃厚さがうまさが引き立ち、少し時間が経過しているためか味も全体的にまろやかな感じでした。アルコール度が高く少し飲んだだけで結構酔えてしまえました。フルーティーですが夏より冬にチビチビと飲みたいような雰囲気のお酒でした。

酒のつぼいで購入

純米吟醸 立山 (立山酒造)

DSC00014.jpg
銘柄:純米吟醸 立山
製造:立山酒造
種類:純米吟醸
酒米:山田錦

中部地区では立山酒造のお酒は比較的取り扱う店が多くスーパーに置いてあったりすることもある位なじみのあるお酒の一つです(飲んだことがあるかどうかは不明ですが)。どのお酒も白を基調としたデザインで透明感のある綺麗でおしゃれな瓶を見るとついついどんな味か想像してしまうくらいイメージが浸透しているお酒です(といっても普通の瓶もありますが)。前の記載にも書きましたが富山で最も大きい蔵の一つで大手が入らないようにガードしてきた存在であると言えます。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはうっすらほのかな吟醸香です。飲んでみるとなかなか透明感のあるクリアな辛口です。喉越しがとても良く口の中全体がドライな辛さを感じた後でフルーティーな甘い旨味がにじみ出てくるような印象です。大変綺麗で飲みやすいお酒で何度飲んでも同じような印象ですが、軽めというよりはしっかりとした深みのある旨味がある印象です。あっさりした物と相性が良さそうなお酒でした。

富山駅周辺のお土産屋で購入。

三笑楽「純米酒」(三笑楽酒造)

DSC06627.jpg
銘柄:三笑楽「純米酒」
製造:三笑楽酒造
種類:純米
酒米:五百万石

石川の旅の途中、富山の氷見に入ったところで購入したお酒です。何となく三回笑って楽しいみたいな名前が気に入って購入してみました。

熱燗で飲ス、うまい!!
はじめに冷酒で飲んでみましたがセメダインの様な臭いが若干混ざる雑味のあるお酒だなという印象でしたが、熱燗にして飲んでみるとこれらの不安要素は全部吹き飛んでまろやかでしっかりとした米の旨味が詰まったお酒であることがわかります。これだけしっかりした味であれば味の濃い料理にも負けることがなくとても美味しく飲むことができます。海の幸に合わせたような繊細の味のお酒が多い石川や富山のお酒とは全く違う印象のお酒ですが蔵を調べると納得、五箇山のお酒でした。豪雪地帯なので塩分の多い保存食などが主体で寒さに負けぬよう熱燗が主流なので、こういったしっかりとした味のお酒になったのではと色々と考えさせられたお酒でした。まさに「地酒」ですね。

道の駅「氷見」で購入。まさか漁港のある氷見で山のお酒を購入してしまうとは何か縁が有りそうです。

幻の瀧 吟醸「つらら」(皇国晴酒造)

DSC05822.jpg
銘柄:幻の瀧 吟醸「つらら」
製造:皇国晴酒造
種類:吟醸
酒米:五百万石

愛知の大手酒屋さんでも結構普通に置いてある「幻の瀧」は,北アルプスの天然水を用いて豪華に作られたお酒です.富山県の酒蔵のなかでも水が恵まれていることで有名で.敷地内に北アルプスの天然水のわき水があり,硬水と軟水別々の水脈があるようで水に関しては文句無いところなんだそうです.皇国晴とかいて「みくにばれ」と読ませる難読な名前の割りには1合瓶のお酒も用意しているなど大手メーカーみたいですが,実際には伝統的な作り方を行っている蔵で種類や量はそこまで多くはないそうです.

冷酒,ぬる燗で飲ス.うまい!
ホームページを見ると,どの特定名称酒のお酒であっても「常温,ぬる燗でお飲みください」と書いてあります.まさか吟醸,大吟醸まで書いてあるとは!.ただ吟醸「つらら」は生貯蔵酒で冷蔵保存されている位だから,冷酒でも飲んでみたいと思い,まずは冷酒から.吟醸香は比較的少なめな印象です.一口飲むと,米の旨味がのっている味わいがします.程よくピリ辛で濃厚な味わいは一般的に言われるあっさりした吟醸酒とは全く別ものの印象を受けます.口の中に広がるマッタリした味は日本酒を飲んでいるなぁと思わせる味わいでした.ぬる燗で飲んでみると,その味わいに深みがでてきてとても濃厚な味わいに驚かされます.濃い味付けの料理と相性が良さそうな程にしっかりとした旨味は飲み応え十分.体の芯からポカポカになってくる感じは,流石雪国の日本酒と感じずに入られません.確かに少し燗した方がおいしいと感じるお酒で,吟醸酒と思っているとそのギャップに驚かされました.鍋の方が相性が良さそうな,流石は雪国の日本酒だと感じてしまうお酒でした.

酒のすぎたで購入.冷蔵保存されているので,冷酒で飲むものだと思ってました.CPはそこそこ高く,気軽に買えるお酒です.

銀嶺「立山」(立山酒造)

DSC01829.jpg
銘柄:銀嶺「立山」
製造:立山酒造
種類:本醸造
酒米:五百万石+山田錦

白い磨りガラスの瓶がなんともおしゃれな日本酒です.といっても購入するときは大抵化粧箱に入っていますけど.で,立山は色々なところで目にする機会が比較的多い日本酒で,富山県最大の酒蔵と言われています.富山県の居酒屋で立山を置いていないところは無いという位のシェアを誇るそうです.ここががんばったおかげで兵庫や京都の大手メーカーが富山に進出するのを阻止したため,富山は比較的小さな酒蔵も多く残る独自の日本酒文化を持った県となったようです.ちなみにここの蔵は大学のキャンパスみたいな蔵で,日本酒を作っているとは思えません.ホームページもとてもおしゃれで,これまた同様です.

冷酒,ひやで飲ス.うまい!
とてもスッキリしたお酒です.飲み口はとても軽快で飲み易く,飲んだ後もスーと引いてきて,また次に飲む時には口の中がリセットされている感じですね.主張はそんなに強くない日本酒ですが,そんな中でも米の旨味をかすかに感じ取れます.比較的薄味の料理と相性が良さそうです.料理の味を邪魔する事無く,それでいて日本酒に感じられる微かな旨味がより一層料理を引き立ててくれるような印象のお酒でした.そういえば富山といえば海の幸が多そうなイメージなので,刺身とかそういった物に合いそうです.逆に味の濃いものとは相性はイマイチの様な印象でした.

酒のすぎたで購入.スーパーでも比較的目にする機会が多いお酒だと思います.
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別