一本義「甜潤系 純米吟醸」(一本義久保本店)

DSC07298.jpg
銘柄:一本義「甜潤系 純米吟醸」
製造:一本義久保本店
種類:純米吟醸
酒米:山田錦

銀のキラキラなラベルのため写真にとると光の反射でなんのラベルかは分からなくなってしまいましたが福井の一本義の純米吟醸を見かけたので購入してみました。甜潤系(あまうるおしけい)は辛爽系と純米吟醸ってところは同じですがこちらは名前の通り甘口のお酒に仕立てられています。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほんのり甘い吟醸香の透明のお酒です。飲んでみるとあら不思議、とてもなめらかでしっとりとした優しい口当たりのお酒です。本当に最初に口に来る刺激や喉越しがほとんど別次元のものって感じがします。どこまでいってもタッチの柔らかな甘い米の旨み、さらりとした酒質と喉越しは飲みやすくて何度も口に入れてしまいます。しっとりとした甘口のお酒を堪能したい方に丁度良いお酒でした。

越前そばの里で購入。
スポンサーサイト

一本義「辛爽系 純米吟醸 生酒」(一本義久保本店)

DSC00612_20160607054722123.jpg
銘柄:一本義「辛爽系 純米吟醸 生酒」
製造:一本義久保本店
種類:純米吟醸
酒米:越ノ雫

銀の包装に包まれ販売していたお酒。山田錦と越ノ雫の2種類があり今回は越ノ雫を選んでみました。包装を開けると透明な瓶に銀色のラベルでとても眩しいです。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはちょっぴり香る吟醸香の透明のお酒。飲んでみるとスカッと辛口な刺激があります。ほんのり苦味の混ざるフルーティーな味わいの後で、どっしりした旨味とピリ辛な硬い喉越しとで一気にドライな感じになります。さらりとした舌触りであっという間に口の中に残らずなかなかキレの良いお酒一気にくるキレが爽快感抜群でラベルの通り辛爽系と言われれば納得な辛口です。熱く濃い味付けの料理と一緒に食べると口の中があっさりして相性が良さそうなお酒でした。

大野市のバローで購入

花垣「亀の尾 純米無濾過生原酒」(南部酒造場)

DSC09521_201605180132110d2.jpg
銘柄:花垣「亀の尾 純米無濾過生原酒」
製造:南部酒造場
種類:純米
酒米:亀の尾

米の雫シリーズの第4弾として限定販売されたお酒。亀の尾といえば漫画のモデルにもなったことのある復活した幻の米として知られていますね。その米を用いて造られたお酒です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘い麹の香りの透明なお酒。飲んでみるとまったりとした濃厚でコクのある旨口な口当たり。少し酸味の効いたさわやかな刺激に完熟りんごの甘さと苦味が同時にくる感じは日本酒度マイナスの甘口酒で感じるアレ。重厚感のあるパンチのきいたコク旨な味が飲みごたえ十分で、甘酸っぱさと苦味のバランスが絶妙です。最後に感じる苦味のおかげで次の一口の旨味がより凝縮された感じになり、飲めば飲むほど口の中に馴染んて来る感じがたまらないお酒でした。

ワイン&地酒TODAで購入。ワインがメインになりつつあるところですが、日本酒の取り扱いも綺麗なところです。

越前「北の庄物語」勝家(舟木酒造)

DSC01982.jpg
銘柄:越前「北の庄物語」勝家
製造:舟木酒造
種類:純米
酒米:不明

勝家の家紋入りの小瓶。レギュラー商品ではなさそうですが小瓶で色々なお店に置いてあるお酒というような感じでしょうか。勝家という名前がなんとなく北陸といったイメージで購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほんのり香る麹の香り。飲んでみると比較的軽めで優しい口当たり。ちょっぴり辛口で透明感のある米の旨みが後からでてきます。上品で軽めなのにしっかりと米の旨みがあり淡麗旨口と言っていいような感じのお酒です。熱燗にしても上品に燗されているような感じになりしっとりと美味しいです。冷酒、熱燗ともに繊細な料理と相性が良さそうで自分の好みで飲んで楽しめるお酒でした。

小浜市内のバローで購入しました。

わかさ「生貯蔵酒」(わかさ富士)

DSC01861.jpg
銘柄:わかさ「生貯蔵酒」
製造:わかさ富士
種類:本醸造
酒米:五百万石

小浜のせくみ屋に宿泊した際、注文したお酒。といっても普通に小浜のバローでも売っていたお酒でラベルだけホテル用(まぁ料金は!ですが)。まぁ料理にお酒はセットですから気にせず味わいます。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほんのり綺麗な吟醸香。飲んでみるとすっきりした透明感のあるお酒です。口当たりも比較的ナチュラルで飲みやすく口の中に軽快に広がってきます。淡麗旨口といった感じで、味にクセもなくあまり個性の立たない感じですが、この控えめな感じが料理を上手に引き立ててくれ大変美味しくいただけました。刺身や酢の物、唐揚げなどなど色々飲んでも美味しくいただけるお酒でした。

せくみ屋で購入。小浜市内のバローでも普通に売っていたので比較的手に入りやすそうなお酒でした。酒蔵も小浜市内から少し外れた国道27号沿いにあるので買いやすいかも。現地行かないと見かけないだろうけど、ネットで買えるみたいだし。

花垣「米しずく」(南部酒造場)

DSC00389.jpg
銘柄:花垣「米しずく」
製造:南部酒造場
種類:純米
酒米:五百万石

越前の山あいにある越前大野は名水の町として知られています。街中には4つの酒蔵があり、そのうちの一つが花垣を醸す南部酒造場。越前大野の伏流水を使って作られたレギュラーな純米酒「米しずく」を飲んでみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは麹の香りのする少し飴色のお酒です。飲んでみると米の旨みの乗った程よい辛口の飲み口。少し刺激があった後は米の旨みがじわりとでてくるような感じ。程よい酸度のためか清涼感があり、後味は米の旨みを堪能しながらすっきりしている感じ。料理にも合わせられるしお酒だけでも飲めてしまえる上品で綺麗な酒でした。

越前そばの里で購入。

鬼作左「純米酒」(久保田酒造)

DSC00387.jpg
銘柄:鬼作左「純米酒」
製造:久保田酒造
種類:純米
酒米:山田錦

勇猛で知られる三河武士の「本多重次」がつけられた渾名「鬼作左」の名前をいただいたお酒。福井の丸岡城址となった息子を持つことから福井と関わりのあった武将ですね。そのお酒は自家水田で作られた山田錦を使い丸岡の水を使って作られたお酒がこれです。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはしっとり麹の香りのする少し褐色色のお酒です。飲んでみるとかなりどっしりとした旨味のぎっしりつまった口当たりのお酒です。飲めば名前に由来に負けないどっしりとした重厚感のある深い旨味がにじみ出てきてじっくり味わうととても美味しくいただけます。福井のお酒というと透明感のある綺麗なお酒という印象を持っていましたが、全く逆を行くとてもしっかりとした古典的な感じがとても良い印象なお酒でした。

越前そばの里で購入。できれば夏よりも冬に味わいたいと思わせるお酒です。

花垣「越の雫 純米無濾過生原酒」(南部酒造場)

DSC00571.jpg
銘柄:花垣「越の雫 純米無濾過生原酒」
製造:南部酒造場
種類:純米
酒米:越の雫

元々2012年に創業110年記念として販売された限定酒ですが好評につき今年も販売されているお酒です。桜の花びらをモチーフにした綺麗なラベルです。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほのかの香り上品な吟醸香です。飲んでみると少し酸味のあるフレッシュな口当たりで、所々にピリピリとしたおりの刺激を感じます。フルーティーでやさしい円やかな舌触りですが、その後で濃厚でまったりとした旨味がしっかりと感じ取られます。飲めば飲む程その旨味に引き込まれてしまいそうなお酒でした。

酒主人で購入しました。

黒龍「吟醸生貯蔵酒 花しずく」(黒龍酒造)

DSC08087.jpg
銘柄:黒龍「吟醸生貯蔵酒 花しずく」
製造:黒龍酒造
種類:吟醸
酒米:五百万石

久しぶりの黒龍酒造は四季シリーズの春のお酒である「花しずく」を飲んでみました。製造年月日を見ると、丁度一年前になっていて、そこから冷蔵保存されていた様子です。生貯蔵酒なので、火入れしてから約1年熟成させたと思えば良いかなと。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは普通に吟醸香で良い香りです。飲んでみると軽やかなフルーティーな味があり比較的スッキリしています。辛口で口の中にはピリっとした刺激があり、のど越しは結構ドライでキレが良いです。そのため二口目でもフルーティーな印象がしっかりと味わえ、気持ちよく飲むことができます。刺身の様な繊細な味を楽しむ料理なんかと相性が良さそうな印象を受ける飲みやすいお酒でした。

酒主人で購入しました。

黒龍「龍」(黒龍酒造)

DSC02231.jpg
銘柄:黒龍「龍」
製造:黒龍酒造
種類:大吟醸
酒米:山田錦

今日は職場で花見をしました.その時に持っていったお酒.今週は飲んでばかりだなぁ.その分家では飲まないけど.で,持ってきたのは有名な黒龍酒造.全国的にも有名なお酒ですね.その中で全国でも昭和50年と早期に大吟醸として販売されたお酒です.

冷酒で飲ス,うまい!
ふたを開ければ吟醸香が辺りに少し漂ってきます.飲めば,初めの一口からとても綺麗なスッキリした味わいが口の中に広がってきます.なんともフルーティーな感じで大変飲み易いです.後味もスッキリしていて尾を引く事は無く,次々に飲めてしまうお酒です.スッキリしたとても上品なお酒で誰にでものめれるところも良いですね.ゆっくりと食事をしながら優雅に飲むのが良さそうです.決して花見の席なんかでどんちゃんしながら飲むお酒ではありませんでした(買ってきた人は後で折檻か).

買ってきた人は知多繁で過去に買ったとの事.たしかにラベルが少し違う.一応冷蔵庫に入れてあったみたいだから良しとしましょう.
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別