FC2ブログ

伝心「稲 純米酒」(一本義久保本店)

DSC04598.jpg
銘柄:伝心「稲 純米酒」
製造:一本義久保本店
種類:純米
酒米:越の雫

伝心「冬 しぼりたて生酒」の次に購入したお酒は通年販売の純米酒。しかしながらレギュラー商品だからといって侮れず、使用している越の雫という米は奥越前で平成15年に品種登録されたばかりの新しいお米で、勝山市周辺以外では作られていない希少な酒米で、それをふんだんに使ったお酒なのでまさに地酒といえる存在感を示すお酒とも言えます。ラベルは季節限定と逆バージョンみたいな感じでしょうか。

冷酒、常温で飲ス、うまい!!
グラスに注ぐと麹の香りが漂う透明のお酒です。飲んでみるとふんわりとした滑らかな口当たりのお酒です。刺激が少なく、米の艶やかな旨みがさらりと口の中に広がってきます。米の甘さと旨さがうまく混ざり合い、ほんのちょっぴりの酸味がアクセントになって美味さがとても引き立っています。角の取れた、最初から最後までいつまでも柔らかい旨みが高いレベルで堪能でき、単品で飲んでもいけるし、幅広い料理と合わせても、全てを包み込んでくれるかのような柔らかい酒質は、酒米「越の雫」によるものでしょうか。季節限定の尖ったお酒の味わいも良いですが、レギュラーの熟成したふくよかな味わいも捨てがたく、一本義のレベルの高さを感じるお酒でした。

蔵の前にある多分直営店で購入しました。お店のお姉さんは季節限定を押してきましたが、他のお酒も自信を持っていいのではと少し思ってしまいました。
スポンサーサイト

伝心「冬 しぼりたて生酒」(一本義久保本店)

DSC04597.jpg
銘柄:伝心「冬 しぼりたて生酒」
製造:一本義久保本店
種類:本醸造
酒米:五百万石

恐竜で有名になった勝山市で酒造りを営んでいる一本義久保本店の主要銘柄は「一本義」ですが、「伝心」は地元で作られた米と地元の水などなど地元のもので構成された限定流通のお酒です。蔵の直営店でこの時期になるとしぼりたてが販売されているのですが、一本義と伝心はどちらもしぼりたてがあるため、お店の人に話を伺うと精米歩合がわずかに違うだけで使っているコメや水は一緒とのこと。値段もほとんど変わらなかったため、飲んだことのない伝心をいただくことにしました。雪だるまの入った綺麗なラベルです。

冷酒で飲ス、うまい!!
麹の香り漂う透明のお酒です。飲んでみるとキリッとした辛口のお酒です。辛口の刺激の中に少しフルーティーで酸味のある甘い旨みが見え隠れし、その後からじわじわとくる程よい甘さと苦味が心地よい味わいです。全体的には角のあるはっきりとした味わいが新鮮で、刺激のある口当たりにトロッとした舌触り、旨み苦味に続いてドライな喉越しで、熱い鍋なんかいただきながら飲むと心地よさで体も火照って気持ちよくなってきます。少し温度を上げて常温くらいで飲んでみると少し刺激が丸くなり、綺麗な旨みで飲みやすくなりますが、しぼりたてのフレッシュ感が大幅ダウンするので、好みが分かれるかな。ただ単に万人受けする綺麗なお酒ではなく、少し癖があって好みの分かれる、どこかしら田舎臭いところがとても好印象な地酒的なお酒でした。

蔵の前にある多分直営店で購入しました。他にも色々なお酒を飲むことができるようでした。

梵・日本の翼 (加藤吉平商店)

DSC06141.jpg
銘柄:梵・日本の翼
製造:加藤吉平商店
種類:純米大吟醸
酒米:山田錦

日本の翼なんて、まるで日本を代表するかのような名前のお酒。でもその名の通りで、以前クリントン大統領来日時に晩餐会で使われて以降、政府機の機内酒として国賓に振る舞わられたりJALのファーストクラスで採用されたりと、まさに日本を代表して海外の人に振舞われるお酒です。そんなお酒は普段は飲みませんが、知り合いからお土産でいただいたので飲んでみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはすっきり甘く香る吟醸香の透明のお酒です。飲んでみるとしっとりとした甘く柔らかい口当たりです。口の中に含んだ瞬間からまろやかで舌を滑らかに滑る酒質がとても心地よいです。この優しく透明感のある味わいは熟成した吟醸酒のなせる味わいと言えそう。そもそも精米歩合35%と書いてありますが精米歩合20%の純米大吟醸をブレンドし長期熟成したお酒とのことなので、雑味など一切なくただただクリアな味わいを楽しめます。それでいて水みたいな薄い味になっていないのが流石。そして最後にさりげなくキレる辛口で締めるため、次のお酒も最初の印象がそのまま続く感じでいつまでも心地よく美味しくいただけるお酒でした。

貰い物。そもそもどこで売っているの?

一本義「甜潤系 純米吟醸」(一本義久保本店)

DSC07298.jpg
銘柄:一本義「甜潤系 純米吟醸」
製造:一本義久保本店
種類:純米吟醸
酒米:山田錦

銀のキラキラなラベルのため写真にとると光の反射でなんのラベルかは分からなくなってしまいましたが福井の一本義の純米吟醸を見かけたので購入してみました。甜潤系(あまうるおしけい)は辛爽系と純米吟醸ってところは同じですがこちらは名前の通り甘口のお酒に仕立てられています。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほんのり甘い吟醸香の透明のお酒です。飲んでみるとあら不思議、とてもなめらかでしっとりとした優しい口当たりのお酒です。本当に最初に口に来る刺激や喉越しがほとんど別次元のものって感じがします。どこまでいってもタッチの柔らかな甘い米の旨み、さらりとした酒質と喉越しは飲みやすくて何度も口に入れてしまいます。しっとりとした甘口のお酒を堪能したい方に丁度良いお酒でした。

越前そばの里で購入。

一本義「辛爽系 純米吟醸 生酒」(一本義久保本店)

DSC00612_20160607054722123.jpg
銘柄:一本義「辛爽系 純米吟醸 生酒」
製造:一本義久保本店
種類:純米吟醸
酒米:越ノ雫

銀の包装に包まれ販売していたお酒。山田錦と越ノ雫の2種類があり今回は越ノ雫を選んでみました。包装を開けると透明な瓶に銀色のラベルでとても眩しいです。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはちょっぴり香る吟醸香の透明のお酒。飲んでみるとスカッと辛口な刺激があります。ほんのり苦味の混ざるフルーティーな味わいの後で、どっしりした旨味とピリ辛な硬い喉越しとで一気にドライな感じになります。さらりとした舌触りであっという間に口の中に残らずなかなかキレの良いお酒一気にくるキレが爽快感抜群でラベルの通り辛爽系と言われれば納得な辛口です。熱く濃い味付けの料理と一緒に食べると口の中があっさりして相性が良さそうなお酒でした。

大野市のバローで購入

花垣「亀の尾 純米無濾過生原酒」(南部酒造場)

DSC09521_201605180132110d2.jpg
銘柄:花垣「亀の尾 純米無濾過生原酒」
製造:南部酒造場
種類:純米
酒米:亀の尾

米の雫シリーズの第4弾として限定販売されたお酒。亀の尾といえば漫画のモデルにもなったことのある復活した幻の米として知られていますね。その米を用いて造られたお酒です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘い麹の香りの透明なお酒。飲んでみるとまったりとした濃厚でコクのある旨口な口当たり。少し酸味の効いたさわやかな刺激に完熟りんごの甘さと苦味が同時にくる感じは日本酒度マイナスの甘口酒で感じるアレ。重厚感のあるパンチのきいたコク旨な味が飲みごたえ十分で、甘酸っぱさと苦味のバランスが絶妙です。最後に感じる苦味のおかげで次の一口の旨味がより凝縮された感じになり、飲めば飲むほど口の中に馴染んて来る感じがたまらないお酒でした。

ワイン&地酒TODAで購入。ワインがメインになりつつあるところですが、日本酒の取り扱いも綺麗なところです。

越前「北の庄物語」勝家(舟木酒造)

DSC01982.jpg
銘柄:越前「北の庄物語」勝家
製造:舟木酒造
種類:純米
酒米:不明

勝家の家紋入りの小瓶。レギュラー商品ではなさそうですが小瓶で色々なお店に置いてあるお酒というような感じでしょうか。勝家という名前がなんとなく北陸といったイメージで購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほんのり香る麹の香り。飲んでみると比較的軽めで優しい口当たり。ちょっぴり辛口で透明感のある米の旨みが後からでてきます。上品で軽めなのにしっかりと米の旨みがあり淡麗旨口と言っていいような感じのお酒です。熱燗にしても上品に燗されているような感じになりしっとりと美味しいです。冷酒、熱燗ともに繊細な料理と相性が良さそうで自分の好みで飲んで楽しめるお酒でした。

小浜市内のバローで購入しました。

わかさ「生貯蔵酒」(わかさ富士)

DSC01861.jpg
銘柄:わかさ「生貯蔵酒」
製造:わかさ富士
種類:本醸造
酒米:五百万石

小浜のせくみ屋に宿泊した際、注文したお酒。といっても普通に小浜のバローでも売っていたお酒でラベルだけホテル用(まぁ料金は!ですが)。まぁ料理にお酒はセットですから気にせず味わいます。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほんのり綺麗な吟醸香。飲んでみるとすっきりした透明感のあるお酒です。口当たりも比較的ナチュラルで飲みやすく口の中に軽快に広がってきます。淡麗旨口といった感じで、味にクセもなくあまり個性の立たない感じですが、この控えめな感じが料理を上手に引き立ててくれ大変美味しくいただけました。刺身や酢の物、唐揚げなどなど色々飲んでも美味しくいただけるお酒でした。

せくみ屋で購入。小浜市内のバローでも普通に売っていたので比較的手に入りやすそうなお酒でした。酒蔵も小浜市内から少し外れた国道27号沿いにあるので買いやすいかも。現地行かないと見かけないだろうけど、ネットで買えるみたいだし。

花垣「米しずく」(南部酒造場)

DSC00389.jpg
銘柄:花垣「米しずく」
製造:南部酒造場
種類:純米
酒米:五百万石

越前の山あいにある越前大野は名水の町として知られています。街中には4つの酒蔵があり、そのうちの一つが花垣を醸す南部酒造場。越前大野の伏流水を使って作られたレギュラーな純米酒「米しずく」を飲んでみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは麹の香りのする少し飴色のお酒です。飲んでみると米の旨みの乗った程よい辛口の飲み口。少し刺激があった後は米の旨みがじわりとでてくるような感じ。程よい酸度のためか清涼感があり、後味は米の旨みを堪能しながらすっきりしている感じ。料理にも合わせられるしお酒だけでも飲めてしまえる上品で綺麗な酒でした。

越前そばの里で購入。

鬼作左「純米酒」(久保田酒造)

DSC00387.jpg
銘柄:鬼作左「純米酒」
製造:久保田酒造
種類:純米
酒米:山田錦

勇猛で知られる三河武士の「本多重次」がつけられた渾名「鬼作左」の名前をいただいたお酒。福井の丸岡城址となった息子を持つことから福井と関わりのあった武将ですね。そのお酒は自家水田で作られた山田錦を使い丸岡の水を使って作られたお酒がこれです。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはしっとり麹の香りのする少し褐色色のお酒です。飲んでみるとかなりどっしりとした旨味のぎっしりつまった口当たりのお酒です。飲めば名前に由来に負けないどっしりとした重厚感のある深い旨味がにじみ出てきてじっくり味わうととても美味しくいただけます。福井のお酒というと透明感のある綺麗なお酒という印象を持っていましたが、全く逆を行くとてもしっかりとした古典的な感じがとても良い印象なお酒でした。

越前そばの里で購入。できれば夏よりも冬に味わいたいと思わせるお酒です。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別