新政「Colors エクリュ」 (新政酒造)

DSC01121.jpg
銘柄:新政「Colors エクリュ」
製造:新政酒造
種類:純米
酒米:酒こまち

新政のスタンダートのお酒のエクリュ。人気があるのかなかなか手に入りにくいと酒屋で言っておりましたが、たまたま見かけたので前から興味があったので購入してみました。このお酒の造りは6号酵母・秋田県産100%・純米造り・生酛の自然乳酸・一切の副原料無しってのがモットーのようだ。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほんのり香る甘い吟醸香。飲んで見ると微炭酸のちょっとした刺激のある味わいがきてちょっと驚いた。程よい酸味と米の透明感のある旨味、その陰に隠れてちらほらでてくる苦味のバランスが何とも言えぬうまさになっています。しっとりとした旨味のはずですが微炭酸で口の中に爽快感を与えてくれ、すっきりとした喉越しで飲みやすく何度でも飲めてしまえるお酒でした。

知多繁で購入
スポンサーサイト

天の戸「夏のランドオブウォーター(生)」(浅舞酒造)

DSC00912.jpg
銘柄:天の戸「夏のランドオブウォーター(生)」
製造:浅舞酒造
種類:純米吟醸
酒米:美山錦

蔵の湧き水琵琶沼寒泉をイメージして、美稲の生まれたての生酒らしいが、こちらは純米吟醸なのでどこが共通点かはわかりませんでしたが、天の戸は個人的に好みの味が多いので購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほんのり麹の香り漂う透明のお酒。飲んでみると少し刺激のある清涼感を感じるさっぱりとしたフルーティーな口当たり。口の中にさらりと流れ込んでくるスッキリした味わいは暑い夏にさらっと飲むのにちょうど良さそう。そんなに強くはないですが最後にさらっと感じる刺激で締めてくれます。何度か飲んでいるとじわりじわりと口の中に甘くてしっとりとした優しいタッチの旨味がにじみ出て来ます。スッキリした爽やかなお酒だなと思って飲んでいるとだんだんこのお酒のうまさが引き立って来てついつい引き込まれそうになるお酒でした。

いしはら酒店で購入。

阿櫻「もぎたてりんごちゃん 特別純米生原酒」(阿桜酒造)

DSC01025.jpg
銘柄:阿櫻「もぎたてりんごちゃん 特別純米生原酒」
製造:阿桜酒造
種類:純米
酒米:秋田酒こまち

非常に可愛らしいラベルで最初はなんだ?って思うお酒があったので購入。りんごちゃんって書いてあるから日本酒ではなくりんご系のお酒かと思ったら普通に純米酒だった。ただし生原酒ながら低アルコールのお酒なんだそうです。

冷酒で飲ス、うまい!
香りはしっとり甘い麹の香りの少し飴色のお酒です。飲んでみると最初に口の中に広がってくる味わいは青リンゴのさっぱりしたフルーティーな甘さです。その後から少し遅れてフレッシュな米の旨味がでてきて、最後にほんのり完熟りんごのような渋い苦味がでて締める感じでしょうか。低アルコールのためか刺激も少なく優しいタッチで大変飲みやすいお酒の印象です。全体的にさっぱりした味わいですが、軽さはそこまでではなく、しっかりと米の旨味が堪能でき、見た目どおり美味しくいただけたお酒でした。

リカーショップオオタケで購入。

白神山地の四季「特別純米酒」(八重寿銘醸)

DSC08297.jpg
銘柄:白神山地の四季「特別純米酒」
製造:八重寿銘醸
種類:純米
酒米:美山錦

たまたまドンキホーテで見かけ、300mlと小さいサイズもあったので購入してみたお酒です。創業は昭和に入ってからと比較的新しいですが、もともと複数あった蔵をまとめたためと思われます。

冷酒、ぬる燗で飲ス、うまい!!
香りは普通に麹の香りです。飲んでみると比較的あっさりした優しい口当たり。少し酸があるかなというくらいであっさりとした印象です。何度か飲んでいるとじわじわと米の旨みが引き立つようになってきて食がどんどん進んでくるようになります。ぬる燗にすると旨みが引き立つようになりますが少し酸味も強くなるのでここは好みが分かれるところかなというところ。クセも少なく普通に飲めてしまうお酒でした。

ドンキホーテで購入。

天の戸「美稲 無濾過生酒」(浅舞酒造)

DSC08082_20121015232405.jpg
銘柄:天の戸「美稲 無濾過生酒」
製造:浅舞酒造
種類:純米
酒米:吟の精+美山錦

以前はささにごりを知らずに買ってしまったことがあり,今回は確認して購入.といっても無濾過生酒しかおいていなかったのでこれを購入です.

冷酒で飲ス.うまい!!
香りは結構良い香りがします.吟醸香が漂うように香るのでとてもそそられます.一口飲むととってもフルーティ.メロンのような感じです.辛口ですが酸味は少なく感じ,フルーティーさが混ざるので逆に甘いお酒のような雰囲気です.あとからほんのりと旨味がでてきてとても心地よい気分になれます.旨口と呼ぶのがふさわしいと思える程おいしく飲みやすいお酒でした.

覚王山フランテで購入.レギュラーでなく無濾過生酒が何故かおいてありました.

天の戸「亀ノ尾ひやおろし」(浅舞酒造)

DSC07671.jpg
銘柄:天の戸「亀ノ尾ひやおろし」
製造:浅舞酒造
種類:純米吟醸
酒米:亀の尾

天の戸のひやおろし.レギュラーでは美山錦ですが,亀の尾の純米吟醸もあったのでそちらにしてみました.

冷酒,常温で飲ス.うまい!!
冷酒で飲むと少しピリ辛な口当たりです.ややフルーティさを感じつつも全体として辛口なお酒といった印象です.酸味や辛口が強く出て旨味がややぼけているような感じでした.常温で飲むと口当たりはだいぶマイルドになります.全体的に甘さを感じられるような優しい味わいに変化します.辛口も少し和らぎ,後からくる旨味が十分に堪能する事ができます.旨味がとても深くておいしいです.常温くらいの温度で飲むのが自分は好みだと思うお酒でした.

いしはら酒店で購入.

大吟醸「北秋田」(北鹿)

DSC03567.jpg
銘柄:大吟醸「北秋田」
製造:北鹿
種類:大吟醸
酒米:山田錦

近くのスーパーで買い物した時に安かったので購入してみた一品.米代とちがい,こちらはホームページにも掲載されているレギュラー商品.このコスパの良さはおそらく同じようなものだろうと思い購入してみました.

冷酒で飲ス.うまい!
とてもアッサリしたお酒で,飲み口は大変軽い印象です.水のようにとは言いませんが,程よく飲み易く,少し米の旨味がするかなっといった感じです.後味もスッキリしていてクセがないので,大変飲み易いのです.この値段でこの飲み易さならなかなかいいですね.

近くのスーパーで購入.なんとなく米代に似ているような気がしますが,実際に飲み比べた訳ではありませんのでわかりません.ただ方向性は同じ感じはしました.

天の戸「美稲 ささにごり生酒」(浅舞酒造)

DSC05542.jpg
銘柄:天の戸「美稲 ささにごり生酒」
製造:浅舞酒造
種類:純米
酒米:吟の精+美山錦

天の戸の名前は天照大神の伝説に出てくる天の岩戸が名前の由来です.浅舞酒造のお酒は2本目で代表銘柄の登場です.といっても少し濁りの入った「ささにごり」タイプのお酒です.実は買うときは普通の純米酒と思っており,買った後で気づいたのは少し間抜けな話です.

冷酒で飲ス.うまい!!
香りはそんなにありませんが飲んでみると,はじめの一口から濃厚な味わいが口の中に広がってきます.辛口ですがフルーティーな味わいで,両方の味がちゃんと感じられます.芳醇で深い旨味のあるお酒で個性が強いのですが,決して飲みにくさはなく,大変飲み易いお酒です.アルコール度が少し高めな事を忘れて飲んでしまう程の旨口のお酒で,食中酒のみならず,単品で晩酌してもおいしく頂けるお酒でした.

いしはら酒店で購入.天の戸の取り扱いも幾つかあるので,色々と試してみたいですね.

「華匠」うまさの十五度(北鹿)

DSC05539.jpg
銘柄:「華匠」うまさの十五度
製造:北鹿
種類:普通酒
酒米:不明

酒屋で眺めているとかなり安いお酒を発見.4号瓶なのにワンコイン位の値段で驚いてしまいました.たまにはとついつい買ってみた一品です.

ひや,熱燗で飲ス.うまい!
値段が値段だからなぁ,と思い飲んでみると最初の一口は以外とフルーティーな口当たりで驚かされました.その後は日本酒だなぁと思わせる米の旨味を感じる味わいへと変化していきます.それでいてあまり嫌な感じの味が無いのでするすると飲めてしまいます.熱燗にすると旨味が少し強く感じられコクも少しでてきますが,それでも飲み易さはあまり変わらずスーと飲めてしまいます.この値段でこの味なら大変満足のいくお酒でした.

酒のすぎたで購入.かなりコスパは良いお酒であると思います.

大吟醸「米代」(北鹿)

DSC02300.jpg
銘柄:大吟醸「米代」
製造:北鹿
種類:大吟醸
酒米:山田錦

酒のすぎたで発見したお酒.秋田のお酒は愛知県ではあまり馴染みはありませんが,何となく手にとって値段を見ると驚きの一言.このコスパで買ってしまったような物です.ホームページを見ると,このお酒の名前は無いので,おそらくオリジナルブランドかなんかでしょうか.ちなみに名前の米代は米代川が由来となっています.米代川といえば世界遺産の白神山地の南部を走る川ですね.

冷酒で飲ス.うまい!
吟醸香は程々程度ですが,一口飲むととてもスッキリした飲み口となっています.吟醸酒にありがちな水のような味わいとは違った,コクのある味わいを持ったお酒です.それでいて雑味と感じない仕上がりは大変飲み易く,ドンドン飲めてしまいます.後味もスッキリしていてとても飲み易いお酒でした.

酒のすぎたで購入.野口英世でオツリが来る事が驚き.一応大吟醸の4号瓶なんですけどね.コスパは大変高く,気軽に購入できるお酒ですね.
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別