辯天「特別純米酒 ひやおろし」(後藤酒造店)

DSC03800.jpg
銘柄:辯天「特別純米酒 ひやおろし」
製造:後藤酒造店
種類:純米
酒米:山田錦

お気に入りの銘柄「辯天」の4本目は秋限定のひやおろし。そういえばこれまで辯天なんども飲んでいますが、純米吟醸生原酒か純米大吟醸生原酒しか飲んだことなく、レギュラー商品や熟成酒は飲んだことがなかったのでどんな味がするのかと思い購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘いフルーティーな香りの飴色のお酒です。飲んでみると最初は少し刺激のある辛口の印象の口当たりですが、何度も飲んでいると甘く熟したリンゴのようなフルーティーさと、コクのあるコメの甘い旨味が混ざり合った味わいになってきます。生原酒の時は甘くジューシーさ爆発なお酒でしたが、ひやおろしと言うだけあって角の取れたまろやかで口当たりのふっくらした甘さで、奥から感じる米の旨味がしっかりと感じとれます。嫌味な感じはなくただただ旨味が乗った綺麗なお酒は何度口に含んでも美味しく大変心地よいお酒でした。

いしはら酒店で購入。
スポンサーサイト

秀鳳「純米吟醸生原酒 出羽燦々」(秀鳳酒造場)

DSC02260.jpg
銘柄:秀鳳「純米吟醸生原酒 出羽燦々」
製造:秀鳳酒造場
種類:純米吟醸
酒米:出羽燦々

以前飲んで美味しかった秀鳳の出す純米吟醸生原酒を再び購入。と言っても今回購入したのは出羽燦々を使ったお酒。水も山形、米も山形、酵母も山形とオール山形を打ち出すザ・地酒と言えるお酒かなと思い、出羽燦々の

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはしっとり吟醸香の飴色のお酒です。飲んでみると少しピリ辛で刺激のある舌触り。酸味と旨味のうまく混ざったあっさりした味わいとピリ辛な刺激のバランスがたまりません。フルーティーなマスカット味の爽やかな甘い味わいとドライですっきりしたキレのある喉越しの綺麗な淡麗辛口なお酒です。同じ純米吟醸生原酒でも雄町を使ったお酒と全くベクトルが異なる味わいになっているのに、どちらもそれぞれのうまさがあって面白いなと思った。アルコール度が17%と少し高めの原酒で刺激が強く、わずかに高いだけですが酔いも少し早く来て、飲んでいるとすぐに心地よくなってくるお酒でした。

いしはら酒店で購入

秀鳳「純米吟醸 雄町 生原酒」(秀鳳酒造場)

DSC06430.jpg
銘柄:秀鳳「純米吟醸 雄町 生原酒」
製造:秀鳳酒造場
種類:純米吟醸
酒米:雄町

山形市内の比較的中心に近い街中に位置する創業120年ほどの秀鳳酒造場は山形の人気蔵の一つで、コンテストなどへの出品も積極的に行われたり「つや姫」を使ったお酒を作ったりするなど新しいことへのチャレンジもしていることで知られています。そんな蔵の純米吟醸雄町生原酒が売られていたので購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘いフルーティーな吟醸香。飲んで見るとふわっとした甘い口当たり。完熟林檎のような甘いジューシーな味わいの中にピリッとした刺激が感じられます。高アルコールの辛口な刺激ではなく、サイダーを飲んだ時みたいな炭酸の清涼感のある弾ける刺激です。はぁ甘いなぁと思っているとそこからじわりじわりと口の中に広がってくる米の旨みがなんとも言えず心地よい味わいです。この複雑な旨みの出かたが雄町的かなと思わせ、とても綺麗にそのうまさを引き立たせているように思えます。後味もそのまま口の中にトロっとした甘さを残しつつゆっくり消えて行く余韻が大変心地よいです。CPもよく万人ウケするお酒でした。

いしはら酒店で購入しました。

佐藤仁左衛門「純米吟醸 荒走り無濾過生原酒」(奥羽自慢)

DSC01430.jpg
銘柄:佐藤仁左衛門「純米吟醸 荒走り無濾過生原酒」
製造:奥羽自慢
種類:純米吟醸
酒米:出羽燦々

たまたま寄ったディスカウントショップで販売していたお酒。なぜか珍しい名前を見かけたので購入です。レギュラー商品ではなさそうでラベルもシンプル。以前の蔵の名前ですが色々ゴタゴタがあったと思うのですが細かいことはこの際無視で飲んでみることに。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘いフルーティーな吟醸香の薄濁りのお酒。飲んでみると辛口で結構刺激のある口当たり。フレッシュで少し微炭酸を感じさせる刺激があり、そのあとで甘い完熟メロンのような甘い旨味がでてきます。なかなか濃厚でしっとりとした甘い旨味がいつまでも口の中に残り、とろっとした舌触りがたまりません。美味しくいただけたお酒でした。

酒やビック稲沢下津店で購入。以前はいまいちな品揃えのディスカウントショップでしたが久しぶりに立ち寄ったら結構良さそうでした。

奥羽自慢「有機米使用純米吟醸 無濾過生原酒」(奥羽自慢)

DSC09813.jpg
銘柄:奥羽自慢「有機米使用純米吟醸 無濾過生原酒」
製造:奥羽自慢
種類:純米吟醸
酒米:出羽燦々

2012年に復活した奥羽自慢からは限定と書かれたラベルに惹かれて購入したお酒です。どちらかというと限定という文字よりも出羽燦々が飲んでみたくて購入してしまったようなものです。いわゆるムロゲン。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは程よい甘い麹の香りです。飲んでみると濃厚で甘辛な旨味のある口当たりのお酒です。ねっとりとした濃そうな舌触りと程よく旨味の乗った味わいと程よい辛口な喉越しがちょうどよい感じ。いつまでも続く濃厚な後味に喉がカラカラになる辛口でさらに食欲がそそられる感じです。飲めば飲むほど旨味が引き立ち、濃厚な味わいと少し高めのアルコール度が一気に酔わせてくれ、素朴ながらもしっかりとした旨味がある大変美味しくいただけるお酒でした。

酒主人で購入。出羽燦々は山形のお酒でしか見ないからどんなものかはわかりませんが、地元米を使っているだけでそそられてしまいます。

いつの間にか奥羽自慢株式会社になっていたので変更。

辯天「純米大吟醸生原酒 出羽燦々」(後藤酒造店)

DSC05988.jpg
銘柄:辯天「純米大吟醸生原酒 出羽燦々」
製造:後藤酒造店
種類:純米大吟醸
酒米:出羽燦々

辯天の3本目は出羽燦々で醸し出された純米大吟醸生原酒です。正直地元の米で作られたお酒にかなり興味をそそられますのでついつい購入してしまったお酒です。

冷酒で飲す、うまい!!
香りはとても甘く熟した果実のような香りがプンプンします。飲んでみるととてもフルーティーでフレッシュな口当たりで結構ドライな辛口のお酒です。少し熟れたメロンの果肉を頬張るかのような甘い米の旨みがなんとも言えず幸せです。ねっとり口の中全体に広がっていくやや荒々しい甘さがとても美味しく、しばらくその旨みの余韻を楽しむことができるお酒でした。

酒のいしはらで購入しました。搾りたてなので少し主張の強い味でしたが、少し寝かせてまろやかになった時はどんな味がするんだろうと想像しておりました。

辯天「純米大吟醸生原酒 夢錦」(後藤酒造店)

DSC07942_201402082339185e6.jpg
銘柄:辯天「純米大吟醸生原酒 夢錦」
製造:後藤酒造店
種類:純米大吟醸
酒米:夢錦

辯天(べんてん)シリーズ2本目は夢錦を使った純米大吟醸で中取り生原酒という説明すると長くなりそうな限定のお酒にしてみました。1本目で大変気に入っていたので見つけて値段みてついつい買ってしまいました。使っている「夢錦」もあまり聞き慣れない米でしたのでどんな味かと思っての購入です。

冷酒で飲ス、うまい!!!
香りはとてもフルーティーで甘い甘い香りが周りに立ちこめてきそうな吟醸香です。飲んでるととてもフレッシュでフルーティーな味わいです。なかなか濃厚でトロッとした甘いメロンの様な味が舌全体に広がってきて、ねっとりとしているのでしばらく口の中は甘い味わいで一杯です。飲み込めば結構刺激のあるドライなのど越しで結構辛口な面もあるかなと思わせる感じですが、程よく酔ってくるとドライな印象は薄れ甘い旨味が強調されてくるような印象です。病み付きになりそうな程濃厚で甘い旨味のあるお酒でした。

いしはら酒店で購入しました。このお酒は今のところここでしか見たことがありません。

奥羽自慢「特別純米酒」(佐藤二左衛門酒造場)

DSC07608.jpg
銘柄:奥羽自慢「特別純米酒」
製造:佐藤二左衛門酒造場
種類:純米
酒米:美山錦

今年は少し遅めの始まり。といっても正月飲んでなかった訳ではないのですが。で本年度の最初のお酒は何を飲もうかと迷いましたが、復活を果たした蔵のお酒にしてみました。以前の記事にも書きましたが2009年に廃業した佐藤仁左衛門酒造場。しかしながら同県酒田市の楯の川酒造が支援し2012年冬より再開したそうです。そして造られたお酒の一つがこれです。以前は山田錦が中心でしたが、今回は美山錦を中心に酒造りされているようです。

冷酒、常温で飲ス、うまい!!
香りはカラッとした麹の香りという感じです。飲んでみると少し辛口でセメダイン臭が僅かに感じる日本酒の味わいです。のど越しは良くて純米酒の割にはスッキリとした感じですが旨味はしっかりとあります。以前飲んだ純米酒と比べると比較的軽めの印象です。少し温度を上げてくるとまろやかな味になりセメダイン臭も和らぎ飲みやすくなります。それでもスッキリした感じは変わらず比較的飲みやすいお酒という印象でした。

酒主人で購入。初めてのお店でしたが、奥羽自慢の偶然の再開に驚きで買ってしまいました。

出羽桜「出羽燦々誕生記念 純米吟醸本生」(出羽桜酒造)

DSC06162.jpg
銘柄:出羽桜「出羽燦々誕生記念 純米吟醸本生」
製造:出羽桜酒造
種類:純米吟醸
酒米:出羽燦々

山形といえば最近は「つや姫」で有名になりました。これまでの「魚沼産コシヒカリ」一辺倒であった米勢力図が大きく変わりつつ有る近年、各地方から様々な米が出てきました。酒米も当然「兵庫県特A地区産山田錦」ばかりではなく様々な地方の米を使って作られたお酒が出てきてほしいと思ってます。米や酵母、水などは本当に沢山の種類があり、その組み合わせで作られる日本酒は無限の可能性を秘めていると思っているからです。なのでついつい地米(って表現が正しいかは不明ですが)で作られたお酒となるとついつい手が伸びてしまいます。そんななか出羽桜の純米吟醸に「出羽燦々誕生記念」なんて書かれてあるからついつい購入です。すべての原材料が山形県産というのも良いところです。

冷酒で飲ス。うまい!!
香りは上品に香る吟醸香です。飲んでみると結構辛口でのど越しがキリッとするフレッシュな口当たりです。フルーティーな旨味があり、それでいて主張の少ないコクのある旨味も持ち合わせたような味わいのお酒です。しっかりとした旨味を感じるはずなのにスッキリしていていスルスル飲めてしまう感じで大変飲みやすく高い次元でバランスのとれたうまいお酒という印象でした。

成城石井で購入。そろそろしぼりたての季節ですね。

東光「純米吟醸 しぼりたて生新酒 DEWA33」(小嶋総本店)

DSC098161.jpg
銘柄:東光「純米吟醸 しぼりたて生新酒 DEWA33」
製造:小嶋総本店
種類:純米吟醸
酒米:出羽燦々

妻が高島屋の東北フェアにいってきて,買ってきてくれた一品です.お店の人に「名古屋で買えないもの頂戴」といったらこれをだったみたいです.ドンピシャで鳥肌が立ちました.

冷酒で飲ス.うまい!!
香りは甘い香りのする吟醸香.一口飲むと少し辛口ながらもフレッシュでフルーティーな味わい全開です.酸味はそんなに強くなく,旨味は十分に堪能する事ができます.飲んだ後のキレもなかなか良く,スッキリしています.飲んだ瞬間の濃厚さと飲んだ後のスッキリ感のバランスが良く,何度飲んでもおいしく頂ける万人受けするタイプのお酒でした.

上記で購入.感謝感謝.
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別