FC2ブログ

春心「純米吟醸」(西出酒造)

DSC01678.jpg
銘柄:春心「純米吟醸」
製造:西出酒造
種類:純米吟醸
酒米:五百万石

石川県小松市にある西出酒造のレギュラーっぽい酒。前回はシラヤマフウロの花酵母を使った少し変わったお酒でしたが、こちらは蔵の売店にいたおばちゃん曰く、少し濃厚ですがすっきりした口当たりのお酒とのこと。なにも書いてない純米吟醸酒なのでレギュラーな酒だとは思いますがHPには表示がなく(他の特別な純米吟醸はHPにあるのですが)、スペックはイマイチ不明(おばちゃんに聞いたところ五百万石を使っているとのこと)。そんなお酒を飲んでみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香は少しフルーティーさと麹の香が混ざり合った少し飴色のお酒です。飲んでみるとねっとりとした酸味の効いた甘口の口当たり。濃厚でねっとりとした舌触りで、少し刺激を感じられます。梅酒を彷彿させるフルーティーな旨さが濃厚な味わいを少し和らげて清涼感を感じさせてくれます。この甘口さが絶妙で、濃厚さを残しつつもしつこさを感じさせず、何度も飲んでみたくなります。濃厚な甘口のお酒は好みの分かれるところだと思いますが個人的には単品でも美味しく飲めるお酒だと思いました。

西出酒造で購入。
スポンサーサイト



「シロヤマフウロ」(西出酒造)

DSC01676.jpg
銘柄:「シロヤマフウロ」
製造:西出酒造
種類:本醸造
酒米:五百万石

石川県小松市の粟津温泉の近くにある西出酒造は大正2年創業と100年以上の歴史のある蔵です。平成8年に先代が経営権を譲って金紋酒造となり、平成26年に再び経営権が戻って西出酒造に戻ったとHPにありますが詳細は不明です。ただ、金紋酒造時代はリンゴ酸の酸味を使った新しいジャンルのお酒を開発してたようで、西出酒造に戻ってもそのノウハウは生かされているようです。で、このシロヤマフウロは霊峰白山に咲く高原植物の白山風露の花酵母を使った珍しいお酒とのこと。さっぱりとした飲みやすいお酒ですよといわれたので購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香は甘い柑橘系の少し褐色のお酒です。飲んでみると梅酒?って味わい。酸味と甘味が強くフルーティーというよりは花の蜜のような(どんなんだ?)味わいで、ネットリと舌に広がってきたかと思うと、スーと消えていきます。独特な味わいが一旦リセットされるスッキリな後味で、次に飲むと再び梅酒を彷彿させる甘酸っぱい味わいが口の中に広がって、日本酒を飲んでいる感覚はありません。なるほどこれがリンゴ酸の酸味を使ったお酒かと感心してしまいます。変わった味わいのお酒ですが、これが結構甘くて飲みやすく、日本酒好きよりか、日本酒があまり苦手な人向けのお酒で、ちょっと気分を変えたい時には良いかも。この日はちょうどクリスマスで洋食でしたが、カクテル感覚で洋食との相性は良く、楽しく飲めたお酒でした。

西出酒造で購入。

菊姫「吟」 (菊姫酒造)

DSC05539_201601030641332ca.jpg
銘柄:菊姫「吟」
製造:菊姫酒造
種類:吟醸
酒米:山田錦

あけましておめでとうございます。
新年初めに飲んだお酒は菊姫の「吟」。大吟醸を超える超吟のことと宣伝されておりますが、いわゆる大吟醸で1年以上熟成させたものです。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘い吟醸香が開栓時から漂ってきます。飲んでみるととても透明感のある旨みのお酒。角の取れたまろやかな口当たりと旨みのみが凝縮されているかのような甘さ、それでいてちょっぴり辛口で最後を締めるといったところ。フルーティーとかフレッシュとかそういうのではなく、ただただ洗練されたクリアな旨みは飲んでいて心地よく、気づいたときにはまた注いでおりました。日本酒が苦手な人でもうまいと言ってしまうお酒でした。

頂き物。一升瓶でいただいたので数人で飲んでしまいました。

加賀ノ月「半月」(加越)

DSC03612.jpg
銘柄:加賀ノ月「半月」
製造:加越
種類:純米
酒米:五百万石

小松にある酒蔵。ラベルに月があしらわれる少しオシャレなお酒で値段もなかなか安かったので購入。本醸造は三日月、純米吟醸は満月とランクによりラベルが変わるのが面白いお酒のようです。

冷酒、ぬる燗で飲ス、うまい!!
香りは麹のまったりとした香り。最初に冷酒で飲んでみると少し辛口の刺激が口の中に最初から広がってきます。その後からまったりと米の旨みが広がってくる感じ。少し温度を上げていくと最初の刺激がとてもマイルドになってきて、口当たりが優しくジワリとした米の旨みが感じられるお酒になってきました。しばらく口の中にふくよかな旨みが残るため、余韻に浸りながら次のいっぱいを楽しむような感じで、シンプルで飲み飽きしない感じのお酒でした。

酒のすぎたで購入。

萬歳楽「劔 山廃純米」(小堀酒造店)

DSC03225.jpg
銘柄:萬歳楽「劔 山廃純米」
製造:小堀酒造店
種類:純米
酒米:五百万石

江戸時代から白山から流れる手取川の近くにある蔵。明治時代から萬歳楽のブランドで作られているようで、その由来は「ずっとハッピー」となんともユーモアのあるところ。その蔵がだす山廃純米を飲んでみました。

冷酒、熱燗で飲ス、うまい!!
香りはしっとり麹の香り。飲んでみるとじんわりと米の旨みが口のなかに広がった後、少しピリっとくる刺激がくる感じ。濃厚しすぎない程よい舌触りが心地よく、米の旨みがしっかりとあるなと思っているとピリ辛で締めて、後味は思いの外すっきりしていてくどさがない感じ。山廃のわりには酸味も弱く全体的に優しい口当たりの飲みやすいお酒という印象。熱燗にすると少しまろやかな口当たりですがその後でピリ辛が味を締めてくれるのは一緒。温度は好みや料理の内容で分けて良いと思わせるお酒でした。

ピアゴで購入。普通のスーパーのわりには日本酒の取り扱いは結構良い。
日本で最初に日本酒の生産地として地理的表示の指定を受けたとして白山菊酒のブランドで売りだされているお酒の一つ。いまいちピンと来ないが、焼酎なら「さつま」や「球磨」みたいなものとされているようです。よくわからないが「灘」や「伏見」とかとの違いがよくわからないが。

零の雫(福光屋)

FJ310084.jpg
銘柄:零の雫
製造:福光屋
種類:純米
酒米:不明

飲酒運転の取り締まりが厳しくなってからノンアルコール業界が盛り上がりを見せております。お酒飲まない人から見たらノンアルコール飲料は理解されないものですが、お酒の独特な味が好きな人には、飲めないときのオアシスとなっているのではないでしょうか。ノンアルコール飲料はビールやカクテル、ワインに焼酎など色々な種類の物が出てきておりましたが、探してみたら日本酒テイストもありました・・・・・一応純米?らしいものです。純粋には日本酒ではないですが日本酒テイストと言えば良いのか。まぁ最近お酒が飲めない日が続いているため試しに飲んでみました。

冷酒、熱燗で飲ス、うまい。
香りは熟したパイナップルのような香りがほのかにします。飲んでみるとヨーグルトの様な酸味のある米の味のある味わいです。普段飲んでいる日本酒とは違った味で何となく似せてあるような感じの味です。熱燗にしても乳酸飲料のような軽い酸味が少しありやはり普通の熱燗とは違った印象の飲み物です。はじめはコップで飲んでいましたが枡を使って飲んでみると酸味の感じが若干薄れの見やすくなるかなという印象でした。

ロハコで購入。日本酒というよりはカクテルに近い味の飲み物でした。それにしても一応純米(といって良いかは不明ですが)でノンアルコールを作る技術に脱帽です。

天狗舞「あげ潮」(車多酒造)

DSC09907.jpg
銘柄:天狗舞「あげ潮」
製造:車多酒造
種類:本醸造
酒米:夢錦

白山市内の5蔵で形成される「白山菊酒」ブランドとしてお酒です。イマイチ存在が理解し難いブランド名ですが、5蔵で合計15種類のお酒があります。白山の水を使い白山市内で作られた日本酒が認定されるようで、その品質基準も比較的明確にされているお酒の様です。

冷酒、熱燗で飲ス、うまい!
香りはしっかりとした麹の香りがする少し茶色のお酒です。飲んでみると純米もびっくりのとても濃厚でコクのある味わいがあるお酒です。少しドライな刺激がある麹の味で口の中にまったりと広がってくるような印象です。熱燗の方が全体的に円やかで飲みやすいお酒で食欲をそそられるようになります。吟醸などあっさりスッキリフルーティーな印象のお酒とは真逆のしっかりとした日本酒らしいお酒という感じのお酒でした。

エアポートウォークのアピタで購入。

手取川「大吟醸生原酒」(吉田酒造店)

DSC09466.jpg
銘柄:手取川「大吟醸生原酒」
製造:吉田酒造店
種類:大吟醸
酒米:八反錦

透明感のある綺麗なお酒が多く人気の高い石川県の日本酒の中でも全国的に知られているお酒の一つといえる手取川を購入してみました、レギュラー商品では無く、ラベルを良く見てみると「成城石井オリジナル」なんだそうだ。

冷酒で飲ス、うまい!!
香り果実の甘い吟醸香。飲んでみるとフルーティーな味わいの辛口のお酒です。芳醇で透明感のある果実のような甘さ旨さがあり、アルコール度が17%とやや高めなためか口の中がピリピリする刺激が少しあります。後味は比較的スッキリしてますが、本醸造系ながら純米のように全体的にしっかりとした味があるので濃厚な味わいを楽しみたい人には丁度良いかもしれません。結構濃いめの料理とも相性が良くなんにでもあわせれそうなお酒でした。

成城石井で購入。

加賀鳶「純米吟醸」(福光屋)

DSC07797.jpg
銘柄:加賀鳶「純米吟醸」
製造:福光屋
種類:純米吟醸
酒米:山田錦+金紋錦

福正宗で知られている福光屋の別銘柄。加賀鳶は加賀の火消しの人たちのことを言います。力強くたくましく素早く喧嘩早く「粋」であったことからこのお酒のコンセプトは粋であり、キレのあるお酒を目指して名付けられました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは少し麹の香りも混ざる吟醸香がほんのりする程度です。飲んでみると確かに結構辛口で口の中に刺激があり、のど越しはとても良いお酒です。そこそこ透明感のある米の旨味のある味わいが舌に絡み付いてきます。ドライなビールの様にさっぱりとしたいときに飲むとよさそうなお酒でした。

フランテで購入です。

宗玄「隧道蔵 吟醸酒剣山」(宗玄酒造)

DSC06634.jpg
銘柄:宗玄「隧道蔵 吟醸酒剣山」
製造:宗玄酒造
種類:吟醸
酒米:山田錦

以前能登半島へ旅行した時に宗玄酒造で購入したお酒で、平成17年3月廃線となった能登線のトンネルを利用して貯蔵熟成させたお酒です。本醸造、純米、吟醸の3種類があり2013年10月25日より販売されてましたが11月に蔵に訪れたときには吟醸酒は最後の1本だったそうで、それを購入しました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはしっとりと香る吟醸香です。飲んでみると結構辛口で刺激がありドライな口当たり。そしてフルーティーながらもしっかりとした米の旨味があるお酒です。角の取れたまろやかで円熟な深い旨味があり口の中に広がってきます。吟醸酒ながらもとてもしっかりとした旨味ぎっしりなお酒で秋どころか冬の鍋にも負けないしっかりとした味があり、かといって刺身と一緒にいただいてもとても美味しくいただけるお酒でした。

宗玄酒造で購入。少量生産にこだわっているためかどのお酒も完売することがしばしばあるようです。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別