高千代「純米大吟醸 魚沼産一本〆 無調整生原酒」(高千代酒造)

DSC07048_20161225225028964.jpg
銘柄:高千代「純米大吟醸 魚沼産一本〆 無調整生原酒」
製造:高千代酒造
種類:純米大吟醸
酒米:一本〆

一本〆の文字が目に入りついつい手にして見た高千代。冬限定であまり流通がなさそうですが、しぼりたてで、お値段もお手頃で純米大吟醸のスペックが買えるならいいかなって思いすぐに購入していました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは完熟メロンを普仏させる甘い甘い吟醸香です。飲んでみると少しピリッとした刺激がありますが大半は甘いフルーティーで濃厚な旨みがいきなり感じられる口当たり。その後に口のなかに広がってくるのはフレッシュな旨みがぎっしり広がってくる感じ。そしてその中に極微炭酸の刺激があり、最初のピリっとした刺激はこの炭酸のためかなって印象を受けます。いつまでも残る完熟メロンのような米の甘い旨みが大変心地よく、いつまでもその余韻に浸りたくなるようなお酒でした。

いしはら酒店で購入
スポンサーサイト

君の井「生酒」(君の井酒造)

DSC09086.jpg
銘柄:君の井「生酒」
製造:君の井酒造
種類:不明
酒米:不明

新潟は妙高山の麓で江戸時代よりお酒を作られている酒蔵です。妙高山の伏流水を使い、山廃仕込みにこだわりを持っている酒蔵です。たまたま

冷酒で飲ス、うまい!!
少し甘めの麹の香りのある飴色のお酒。飲んでみると少し柔らかめの口当たりで、やや透明感のある日本酒の味わいです。ちょっとドライで喉越しは程よく口の中をすっきりさせ、そのあとから結構しっかりとした米の旨みが口の中に広がってきます。程よく旨みを堪能でき、それでいて飲みやすく丁度良い感じで濃いめの料理と合わせても十分に味が生きるお酒でした。

Yストアで購入。ローカルスーパーなのであまり知らないか。

かたふね「本生 無濾過 特別本醸造」(竹田酒造)

DSC07083_201502141934031de.jpg
銘柄:かたふね「本生 無濾過 特別本醸造」
製造:竹田酒造
種類:本醸造
酒米:こし淡麗+こしいぶき

「かたふね」の季節限定の特別本醸造酒が売っていたので購入です。1〜2月限定であまり見かけない無濾過生酒です。「かたふね」は潟舟

冷酒で飲ス、うまい!!!
香りは程よく綺麗な吟醸香。一口飲むとフレッシュでフルーティーなふくよかな甘い旨味のお酒です。それでいてキレの良いドライな喉越しの辛口で、そのあとからもコクのある甘いフルーティーな旨味が口の中ににじみ出てきます。力強さと上品さを兼ね備え高いレベルでまとめられた旨口のお酒で、飲んでいて大変幸せな気分に浸ることができ、気づいたら飲み過ぎている危険なお酒でした。

いしはら酒店で購入しました。愛知県内にはここ以外でもかたふねを取り扱っている酒屋は数店あるみたいですね。

越の初梅「純米生貯蔵酒 想ひほのか」(高の井酒造)

DSC03741.jpg
銘柄:越の初梅「純米生貯蔵酒 想ひほのか」
製造:高の井酒造
種類:純米
酒米:不明

新潟駅で購入したセット酒最後は越の初梅。和服美人と梅の花のラベルがなんとなくレトロでおしゃれな雰囲気です。高の井酒造のお酒は「酒のすぎた」でも少し取り扱っているためか愛知県内でもちらほら見かけますが、こう言った変わったお酒はあまり見かけません。

冷酒で飲す、うまい!!
香りはほんのり麹の香り。飲んでみるとあまり刺激のないスッキリした口当たりです。酸味も強くなく結構軽快で飲みやすい印象を受けます。純米酒の割には軽めで透明感のある印象ですが軽すぎることもなく程よい重さです。癖もなく飲みやすいので気付けばいつの間にか飲んでしまうお酒でした。

新潟駅で購入。

大洋盛「特別本醸造 生貯蔵酒」(大洋酒造)

DSC03739.jpg
銘柄:大洋盛「特別本醸造 生貯蔵酒」
製造:大洋酒造
種類:本醸造
酒米:五百万石

新潟の村上にある蔵です。元々は村上周囲似合った複数の蔵が1945年に合併して現在に至ります。小さい蔵の時代には1600年ころから酒造りを営んでいたところもあるため歴史はそれなりに古い蔵ですね。吟醸酒を比較的早い段階から販売していた蔵でもあったそうです。

冷酒で飲す、うまい!!
とてもすっきりした淡麗辛口なお酒です。クセの無い透明感のあるすっきりした味でありながら米の旨みもちゃんと感じられます。ドライで喉越しすっきりで大変飲みやすく料理に味を邪魔することなく美味しく頂くことができます。全体的に軽めで油の乗った魚よりかは白身魚や鶏肉などあっさりした食材との相性が良さそうな印象です。軽めで飲みたい時には丁度良いくらいなお酒でした。

新潟駅で購入

長者盛「本醸造 生貯蔵酒」(新潟銘醸)

DSC03743.jpg
銘柄:長者盛「本醸造 生貯蔵酒」
製造:新潟銘醸
種類:本醸造
酒米:不明

セットの一本は長者盛。「越の寒中梅」の銘柄で全国展開しているためか新潟銘醸のお酒は比較的手に入れやすいですが、長者盛についてはあまり知らなかったの飲んでみました。

冷酒、ひやで飲す、うまい!
香りは麹の香りがしっかりと漂ってきます。飲んでみるとピリっとした刺激のある辛口のお酒です。日本酒らしい麹のしっかりとした味と香りがあり、本醸造ながらも比較的濃厚な味わいを堪能することができます。冷酒で飲むよりも少し温度が上がる方が刺激がマイルドになり甘さも感じられるようになってきて少し飲みやすいかなという印象のお酒でした。

新潟駅で購入。

越の誉「特別純米生貯蔵酒」(原酒造)

DSC03740.jpg
銘柄:越の誉「特別純米生貯蔵酒」
製造:原酒造
種類:純米
酒米:たかね錦

純米や吟醸のみならず古酒や発泡酒など変わり種も種類豊富で色々と作られている蔵で、セット販売にしては少し珍しく純米の生貯蔵酒です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはやや甘い麹の香りです。飲んでみるとスッキリした清涼感があり、やや刺激のある印象のお酒です。最初の口当たりは生貯蔵酒らしく軽めの印象ですが、後から口の中に比較的しっかりとした米の旨味が広がってくるような印象です。軽すぎず重すぎず、飲み飽きしない米のストレートな旨味を堪能できるお酒でした。

新潟駅で購入。

蓮華山「特別本醸造生貯蔵酒」(田原酒造)

DSC03744.jpg
銘柄:蓮華山「特別本醸造生貯蔵酒」
製造:田原酒造
種類:本醸造
酒米:不明

東西に長い新潟県の中で最も西側に位置する糸魚川市には5つの酒蔵があり、そのうちの一つが田原酒造さんです。明治30年創業と比較的新しめですが元々あったところから暖簾分けしたような形で酒造りに参入したところの様です。生貯蔵酒とありましたが復刻と小さく書かれており気になり購入です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは麹の香りがほのかにしてくるような印象で、飲んでみると思いのほかしっかりとした米の旨味の入ったしっかりとした味わいが口の中に広がってきます。それでいてアッサリと仕上げられているような印象です。後味スッキリながらも旨味が結構長く口の中に残り心地よい後味となっています。淡麗辛口というより旨口な印象のお酒でした。

新潟駅で購入。

お福正宗「純米吟醸生原酒」(お福酒造)

DSC03735.jpg
銘柄:お福正宗「純米吟醸生原酒」
製造:お福酒造
種類:純米吟醸
酒米:五百万石

生酒本舗飲み比べセットの最後はお福正宗。明治30年創業なのでそんなに古くはない蔵ですが、現在の日本酒業界に大きな影響を与えた蔵の一つと言えます。明治43年に速醸モトを開発したことで知られ、現在はほとんどの蔵で使われる方法(最近はそれぞれの良さがあるので山廃モトも普通ですが)の一つと言えるのではないでしょうか。そんな蔵の生酒です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは少し麹の香りの混ざる吟醸香。飲んでみるとフルーティーながらふくよかな米の旨味がしっかりあり、それでいてアッサリした感覚もあるなんともいいとこ取りみたいな印象の味わいです。辛口で飲んだ後の刺激は結構あり喉越しはだいぶドライです。それでいて淡麗かといわれるとそんなことは無く、あとから米のクリアな旨味がしっかりと広がってきます。原酒ながらもアルコール度が17.5度とあまり高くはないため酔いも程よく刺激も丁度良い位でコクはあるのに誰でも飲みやすそうでうまいお酒でした。

新潟駅の生酒本舗で購入。

吉乃川「本醸造生原酒」吉乃川酒

DSC03737.jpg
銘柄:吉乃川「本醸造生原酒」
製造:吉乃川酒造
種類:本醸造
酒米:五百万石

生酒本舗飲み比べセットの2本目は吉乃川の本醸造生原酒です。吉乃川といえば比較的全国展開している有名どころの蔵ですね。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは上品に香る麹の香りという印象です。飲んでみるとアルコール度の割には刺激がマイルドで柔らかい印象のお酒です。飲んだ後はスッキリ薄味ですが徐々に甘酒の様な甘い米の旨味が舌全体に広がってくるような印象です。飲みやすいなと思って調子に乗っているとアルコール度が高いのであっという間に酔いが回ってきます。ただ飲み比べセットは量が少ないため、その手前で止まることになります。市島のときとは全くキャラクターが違う優しいながらも高いアルコール度でガツンと来るお酒でした。

新潟駅の生酒本舗で購入瀬です。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別