繁桝「雄町 特別純米 生々」(高橋商店)

DSC09284.jpg
銘柄:繁桝「雄町 特別純米 生々」
製造:高橋商店
種類:純米
酒米:雄町

お茶の産地の一つとして知られる福岡県八女市で300年に渡り酒造りを営んでいる高橋商店。フルラインナップを揃え、地元の米をメインに酒造りをされているようです。国際線ファーストクラスでも採用されたことのある蔵で、季節限定の生酒が売っていたので買ってみました。

冷酒、常温で飲ス、うまい!!
香りは甘い麹の透明のお酒です。最初に冷酒で飲んでみると少しピリッとした辛口のお酒です。スーとしたドライな喉越しですっきりとしていますが少し印象が薄いかなぁ。使っている米が雄町なので少し温度上げると味に深みがでてくるかなって思い、常温で飲んでみると米の旨みがにじみ出てきて、味に深みがでてきて好みの味になりました。甘さや酸味、辛さの混ざり合った複雑な味が舌に絡みつき、トロッとした感触がたまりません。このコクのある複雑な旨みを高いバランスで味わえるのは雄町のお酒ならではでしょうか。しっかりとした旨みを堪能できたうまいお酒でした。

覚王山フランテで購入。愛知のスーパーなのに福岡のお酒を置いてあるあたりがマニアックだ。
スポンサーサイト

庭のうぐいす「特別純米」(山口酒造場)

DSC07610.jpg
銘柄:庭のうぐいす「特別純米」
製造:山口酒造場
種類:純米
酒米:山田錦+夢一献

ラベルをみて、何かを問いかけてくるようなメッセージを感じてしまう綺麗なラベルでしたので買ってみたお酒です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは僅かに香りフルーティーな吟醸香。飲んでみるとピリッと辛い刺激のあるフルーティーな甘さも感じられる旨味のお酒です。癖もなく飲んだ後もしばらく果汁のような甘い感じが残ります。角の無いまろやかな味が口の中にやさしく広がってきて、また飲みたいと思わせてくれるような感じになりついつい飲んでしまいそうなお酒でした。

酒主人で購入しました。

玉出泉「純米大吟醸」(大賀酒造)

DSC06096.jpg
銘柄:玉出泉「純米大吟醸」
製造:大賀酒造
種類:純米大吟醸
酒米:山田錦

太宰府のお土産屋で見つけたお酒。純米酒と同じオシャレな瓶に入ったお酒です。純米大吟醸と書いてある割に値段も手頃でしたので購入しました(純米酒と大差ない値段)

冷酒で飲ス。うまい!
香りは薄い吟醸香といった雰囲気です。飲んでみると香りと同じようにアッサリとしたフルーティーな味がします。比較的薄いなぁと思っていると段々と旨味が舌ににじんできます。それでもあっさりした口当たりはそんなに大きくは変えず物足りませんが大変飲みやすいお酒です。夏に薄味のものや刺身なんかと組み合わせるとおいしく頂けそうな味で日本酒が苦手な方でも飲みやすい部類のお酒だと思いました。

太宰府天満宮の参道にあるお土産屋さんで購入です。

玉出泉「純米酒」(大賀酒造)

DSC06097.jpg
銘柄:玉出泉「純米酒」
製造:大賀酒造
種類:純米
酒米:夢一献

太宰府のお土産屋で見かけた綺麗な瓶のお酒です。九州といえば焼酎が一番に想像できてしまいますが、この酒蔵の歴史は古く1673年となかなか古い酒蔵です。いまでも機械化を最小限に押さえて、そんなことも知らずに瓶を見ただけで買ってみました。

常温、熱燗で飲ス、うまい!!
香りは麹の香りがほのかにします。飲んでみると濃厚な辛口でしっかりとしたコクのある旨味を持ったお酒です。冷酒の時はコクと刺激が強くて飲みにくい印象ですが温度が少しあがってくると味が全体的にまろやかになり、コクのある奥深い味わいになってきます。昔から有りそうな日本酒の味だなぁと飲んでいてしみじみ感じてしまうお酒でした。

太宰府天満宮の参道にあるお土産屋で購入。

亀の尾「特選」(伊豆本店)

DSC05821.jpg
銘柄:亀の尾「特選」
製造:伊豆本店
種類:本醸造
酒米:山田錦

九州と言えば焼酎というイメージが強いのですが,日本酒も古くからあります.伊豆本店も創業300年程の老舗で日本酒のみを作っている所です.出張で福岡へ行った際,九州に日本酒を飲んだ事が無かったので購入してみました.

冷酒,熱燗で飲ス.うまい!
香りは麹の香り,強すぎず弱すぎずと行った所です.飲み口は少し辛めで若干ピリッとくる印象です.米の旨味も感じられ,それでいてアッサリしているので味わっているとサーと引いてくる印象です.熱燗で飲むと少しコクに深みが増してきます.少し飲みにくさが出てきますが,逆に濃いめの味付けの料理と合わせるとぴったりです.本醸造だったのでスッキリした飲み口を予想していたのですが,なかなか味わいのあるお酒でした.

博多駅のお土産やで購入.完全にぱっと見た印象で迷わず購入しました.
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別