平安四神「ブラック 大吟醸」(佐々木酒造)

DSC09774.jpg
銘柄:平安四神「ブラック 大吟醸」
製造:佐々木酒造
種類:大吟醸
酒米:不明

佐々木酒造の蔵でみかけたラベルが大変綺麗なお酒。
四神があしらわれたデザイン性の高いラベルに惹かれて購入です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほんのり麹の香り漂う吟醸香。飲んでみると刺激が結構あるフルーティーな口当たり。ピリっと来る舌触りのドライな喉越し、さらりとした酒質は淡麗辛口といったところでしょうか。少し温度をあげるとピリ辛感が少しマイルドになり、代わりに酸味が強く感じられるようになってくる印象です。何度飲んでも後味すっきりでカラッとしているので、繊細な料理はもちろん、少し濃いめの料理でも問題なく美味しくいただけるお酒でした。

佐々木酒造で購入
スポンサーサイト

古都「純米吟醸原酒」(佐々木酒造)

DSC09773.jpg
銘柄:古都「純米吟醸原酒」
製造:佐々木酒造
種類:純米吟醸
酒米:不明

佐々木酒造が造る春限定の原酒。おりがらみとともに春に販売される季節限定のお酒で蔵で買う時に勧められたので購入です。春の京都らしい桜色のラベルとブルーボトルの組み合わせが大変美しいです。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘いフルーティーな吟醸香の透明のお酒です。飲んでみるとフレッシュな甘い旨味を感じる口当たり。りんごの爽やかな甘い旨味が程よく口の中に絡みついてくる感じでしょうか。冷えて入ると結構な辛口で甘さの後にくるすっきりとしたドライな喉越しでリセットされる感じです。これが少し温度が上がって常温位になってくるとドライな辛さがだいぶ薄れ、フレッシュな甘みと米の美味しいところだけとったかのような旨味が口の中に広がってくるようになります。個人的には常温くらいの方がこのお酒のうまさを堪能できるかなと思ったお酒でした。

佐々木酒造で購入。

古都「大吟醸 おりがらみ」(佐々木酒造)

DSC09775.jpg
銘柄:古都「大吟醸 おりがらみ」
製造:佐々木酒造
種類:大吟醸
酒米:不明

俳優の佐々木蔵之介の実家として知られる佐々木酒造。二条城の北に位置し水が良かったことでも知られる場所で酒造りを営んでいます。春限定のおりがらみが販売していたので購入です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは華やかな甘さを感じる吟醸香。飲んでみるとフルーティーな甘い口当たりと刺激のある辛口な感じです。爽やかな甘さを感じるなと思ったらすぐにフレッシュで刺激のある荒々しい辛口の感じがでてきます。最初の完熟メロンのような甘さでまったりしているとすぐに苦味が湧き出してきて、ドライな辛口の喉越しで締めて、ピリピリした後味を残していくような感じでしょうか。あっさりしすぎず最後の余韻がほどほど心地よくお酒を飲んでいるなぁと実感できるお酒でした。

佐々木酒造で購入。

京生粋「しぼりたて」(佐々木酒造)

DSC09512.jpg
銘柄:京生粋「しぼりたて」
製造:佐々木酒造
種類:純米吟醸
酒米:不明

俳優の佐々木蔵之介さんの実家の佐々木酒造は前回飲んだ西陣「特別純米」が結構美味しくて気に入ったところで、今回も京都に行った時に購入してみました。京生粋のラベルは京都産和紙で、使用した米も京都産「祝」、水は千利休がお茶をたてるときに使った銀名水で酵母も京都酵母「京の琴」を使用とまさに京都尽くしの地酒と言えます。その京生粋の季節限定しぼりたて原酒を選んでみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほんのり甘いリンゴのような吟醸香。飲んでみるとトロっとした質感が舌に広がります。なかなか濃厚で甘い果実のような旨味が大変心地よいです。濃厚なのにとても口当たりが優しいため自然と口のなかに溶け込んでくれます。刺激はほとんどなくただただ甘くトロッとした濃厚な旨味のみが堪能でき、大変飲みやすくストレートにうまさを感じられるお酒でした。

映画村のお土産屋で購入。
調べてみると結構販売店はあるみたいなのでそちらも当たってみたいところです。

松竹梅「本醸造」(宝酒造)

DSC04743.jpg
銘柄:松竹梅「本醸造」
製造:宝酒造
種類:本醸造
酒米:五百万石

大手の酒で貰い物です。一升瓶でもらったので冷蔵庫に入りにくくやや困ったちゃん。

常温、熱燗で飲ス、うまい!
香りは麹の香り。飲んでみるとやや雑味のあるじっとりとした米の味のお酒です。冷酒だと旨みがボケて雑味が強調されてしまう感じ。常温くらいになると少し米の味がでてきて飲みやすくなるかな。熱燗のほうがまろやかで飲み易いかも。熱燗にして鍋を囲って食べるのが良さそうな感じのお酒でした。

貰い物。一升瓶サイズは自分では飲みきれないのでなかなか買えません。

西陣「特別純米」(佐々木酒造)

DSC02864.jpg
銘柄:西陣「特別純米」
製造:佐々木酒造
種類:純米
酒米:不明

京都の日本酒といえば伏見が有名ですが、場所が変わり二条城の北側に店を構える佐々木酒造は明治26年創業と比較的新しい酒蔵。俳優の佐々木蔵之助の実家としても知られる酒蔵ですね。お土産屋で購入した綺麗に装飾された純米酒を飲んでみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘い吟醸香。飲んでみると結構熟したフルーティーな味わい。メロン果汁のような甘い旨みがにじみ出て、そのあとから辛口な喉越しと舌触りで口の中を締めてくれます。しっかりとした旨みも最後の辛口で締められすっきりした印象になって飲みやすいお酒です。純米ではありますがスペック的には純米大吟醸クラスの精米歩合でなかなかお値打ちな印象を受けるお酒でした。

東映太秦映画村のお土産屋で購入。

松竹梅白壁蔵「澪 DRY」(宝酒造)

DSC01704.jpg
銘柄:松竹梅白壁蔵「澪 DRY」
製造:宝酒造
種類:普通酒
酒米:不明

日本人はよほど辛口が好きなのか、ドライな「澪」が出たので購入。こちらも古典的な日本酒好きはターゲットにあらずですがこのコンセプトは嫌いではない。

冷酒で飲ス、うまい!
普通の澪と同じように少し甘めのりんごのような味わい。その後から辛口というだけあり、口の中がピリ辛で乾いた感じになります。微炭酸の刺激と相まってより一層喉越しすっきりといったところでしょうか。日本酒というよりカクテルと思っていただく方がしっくりくる感じのお酒でした。個人的にはノーマルのまったりとした甘い味わいの方が好みかなという感じでした。

酒のすぎたで購入。

松竹梅白壁蔵「澪」(宝酒造)

DSC01473.jpg
銘柄:松竹梅白壁蔵「澪」
製造:宝酒造
種類:普通酒
酒米:不明

京都は伏見の大手酒造メーカーである宝酒造が出す新しいコンセプトのお酒です。とても綺麗で可愛らしい瓶とスパーリング清酒の組み合わせは、酔っぱらいがターゲットでは無いお酒ですね。微炭酸ですが純米酒に炭酸ガスを封入したものだそうです。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは何となく甘ったるい感じの香りです。飲んでみると濃厚なリンゴジュースの様な甘い旨味があります。自分で果汁を搾ったかのような感じで、リンゴの甘い部分と少し苦い部分が混ざり合ったかのような味わいです。アルコール度は5%と低く刺激も少なく軽めの印象で、微炭酸が清涼感を高めているようです。発酵でできた微炭酸のような刺激は無く、どちらかと言えばソフトドリンクの様な感じです。日本酒というよりスパークリングワインやカクテルに近い飲みやすさで、チーズなど洋風ツマミでも相性がピッタリです。これなら日本酒が苦手な人でもスッキリ飲めそうなお酒でした。

マックスバリューで購入。大手が作る物珍しいだけのお酒かと思ってなめていましたが、飲んでみてガラリと印象が変わり良い方向で期待を裏切られました。EICHI Sweet御代桜「淡桜咲」のような、日本酒の様々な可能性を持つと思えるお酒でした。

プチムーン「澄める月」(月桂冠)

DSC08727.jpg
銘柄:プチムーン「澄める月」
製造:月桂冠
種類:大吟醸
酒米:不明

月桂冠の小さい日本酒シリーズ.どちらかと言えば女性がターゲットと思われるお酒です.瓶も少しオシャレにして量も少なめとなってるお酒です.量は少ないが大吟醸で¥230くらいととても安かったので購入です.

冷酒で飲ス.うまい!
香りは軽くお酒の香りといった感じです.飲み口はアッサリスッキリを地でいくお酒です,爽やかで軽快に仕立てられています.なので旨味は薄く,雑味は程々に押さえられているかなという印象です.小さいコップ一杯の量とスッキリ感で比較的飲み易いと感じるようなお酒でした.

マツザカヤストアで購入.

上選松竹梅(宝酒造)

DSC01763.jpg

銘柄:上選松竹梅
製造:宝酒造
種類:普通酒
酒米:五百万石

知名度は抜群のお酒.大手の一般的なお酒の一つです.たまには普通のお酒も飲んでみたくなるものなのでついつい買ってみました.まぁ京都の地酒なんですがね.

冷酒,熱燗で飲ス.うまい!
冷酒で飲むと少し雑味の強いアルコールの味がすると言った感じです.やや辛口な感じお酒ですが,へたな居酒屋の冷酒と大差ないかなぁと感じてしまいます.保存状態がイマイチなのか.その後で熱燗で飲んでみたのですが,こちらはなかなかいけます.熱燗にする事で味に膨らみがでてきて少し甘さを感じる深い米の旨味が出てきます.香りも麹の香りがでてきて日本酒を飲んでいるなぁと思ってしまいます.熱燗で飲めば色々な料理にあわせられそうな感じ.でもやっぱり鍋が一番相性が良さそうな,そんなお酒でした.熱燗にすると化けるのでオススメです.

近くのマックスバリューで購入.サイズも小さいものがあり,値段も普通なので抵抗無く買えます.
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別