FC2ブログ

初桜「疾風 純米吟醸 無濾過生原酒 うすにごり」(安井酒造場)

DSC05667.jpg
銘柄:初桜「疾風 純米吟醸 無濾過生原酒 うすにごり」
製造:安井酒造場
種類:純米吟醸
酒米:日本晴

甲賀市の土山地区で酒造りを営まれている安井酒造の初桜。近年では使う酒米でラベルの色を変えて販売していることが多いのですが、このお酒はラベルの中心に「疾風」なる文字があり晴以外では珍しいなと思い購入してみました。後から調べてみたのですが、HPにもこのお酒のことが書かれておらず、日本晴を使用していますが精米歩合から晴とも天晴とも違うし、オリジナル手書きラベルとも違うみたいで、よくわかりませんでした。安井酒造さんこっそり教えてください。

→安井酒造場さんからエスサーフのPB商品との回答がありました。情報ありがとうございました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘い麹の香り漂ううすにごりのお酒です。飲んでみるとピリッとした刺激のある口当たりです。その後からフルーティーな甘みが口の中に広がり、酸味の刺激と混ざり合ってキレる味わいです。飲んでいるとだんだんと慣れていくのか、はたまた旨みが蓄積していくのか、刺激が薄れてきて濃厚なコクのある旨みが滲み出てくる感じです。そこにうすにごりの滓がフルーティーな甘さをちょっぴり加えてくれるため、フルーティーさをいつまでも感じることができます。飲めば飲むほど優しくジューシーで膨らみのある旨みで気がつけば飲み過ぎてしまうお酒でした。

橋川酒食品で購入。黒壁スクエアの近くです。
スポンサーサイト

唯々「銀花のあかり(特別純米無濾過生原酒)」(竹内酒造)

DSC04910_20181222223131fca.jpg
銘柄:唯々「銀花のあかり(特別純米無濾過生原酒)」
製造:竹内酒造
種類:純米酒
酒米:日本晴

滋賀県湖南市の石部地区は東海道の宿場町のため古い町並みが残る集落の一つです。そこで酒造りを営む竹内酒造は地元では「香の泉」で知られ、地元の酒屋からスーパーに至るまで見かける印象です。その蔵が2014年から近江米を主として作っている限定流通の銘柄が「唯々」です。その中でしぼりたて無濾過生原酒の純米酒が売っていたので購入してみました。他の唯々と比べラベルがほのぼのとした可愛らしいイラストが特徴的なお酒ですね。

ほんのり麹の香り漂う透明のお酒です。飲んでみると少しピリッとくる辛口の口当たりで始まります。辛口の刺激だなと思っているとさらりとした、ふんわりとした柔らかい舌触りでスルリと口の中に流れ込んできます。だんだんと感じる米の甘さが心地よいなと思っているとフレッシュな酸味がでてきて、気がつけば程よい余韻を口の中に残しつつスッキリとした喉越しで締める感じのお酒です。無濾過生原酒ですが個性とかは正直強くなく、強いて言えばバランスは良いが程よくまとまっているってのが特徴でしょうか。このちょうど良い感じが単品でも飲みやすいのですが料理と合わせると本領発揮で料理の味わいを引き立てる名脇役のようなお酒です。ラベルにある「思い出話・・・」はまさにその通りで、このお酒を飲みながらゆっくり会話してご飯を楽しむとほのぼのした印象のお酒でした。

リカーショップオオタケで購入しました。

七本槍「純米 渡船」(冨田酒造)

DSC04395.jpg
銘柄:七本槍「純米 渡船」
製造:冨田酒造
種類:純米
酒米:渡船

賤ヶ岳の戦いで有名となった「七本槍」は戦国時代の歴史が好きな人なら高い知名度を誇ります。賤ヶ岳の戦いが行われた滋賀県の湖北ではそのまんま七本槍の銘柄で酸味の効いたしっかりとした味わいの日本酒が造られ、こちらも全国的にも知名度の高い銘柄の一つです。そんな滋賀県では渡船と呼ばれる幻と言われた酒米があります。山田錦の父方で歴史は古いのですが一時期見向きもされなかった時期があり、現在では県内の蔵でも見直され渡船の日本酒をちらほら目にすることができます。そんな歴史のある渡船と七本槍の組み合わせがこのお酒。そういえば前回の記事の青雲で使われていた酒米は山田穂だったので、山田錦の親である渡船と山田穂を連続で飲むのに、なにかしらロマンを感じてしまいます。どちらも産地が大事にしている点でザ・地酒ですね。

冷酒、常温で飲ス、うまい!!
麹の香り漂う飴色のお酒です、飲んでみると酸味の効いた刺激のある口当たり。程よい酸味と熟成した旨味が程よい清涼感でするりと口の中に入ってきます。その後から濃厚な舌触りでしばらくの間口の中にしっかりとした旨味が広がっています。低精米のお酒独特の複雑な味わいを多少感じつつも、程よくバランスが取れているためか柔らかい旨みで心地よい味わいです。鼻に抜ける米の香りと酸味と旨み、ほんのり苦味が混ざり合ったドライな喉越しが次の一口や一杯に繋がっていく、この連鎖がたまらないお酒です。この古典的というか古臭いというか、まぁ表現のし難い個性的な味わいはたまに飲みたくなりますね。単品で飲むと少し飲みにくい刺激も、少し濃いめの料理と合わせると酒も食も進んでいく秋の味覚にぴったりのお酒でした。

リカーショップオオタケで購入。

薄櫻「純米酒 花と猫」(増本藤兵衛酒造場)

DSC01398.jpg
銘柄:薄櫻「純米酒 花と猫」
製造:増本藤兵衛酒造場
種類:純米
酒米:吟吹雪

暑い夏が続いていますが、酒屋でこんな夜に甘口のお酒で一杯行くならこれだと言われ購入してみたお酒です。猫のラベルが少し可愛らしい感じでしょうか。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘い麹の香り漂う透明のお酒です。飲んでみると清涼感のあるさやわかな飲み口。少し酸味の効いた酸っぱさと、程よい苦味、米の旨みが複雑に絡み合っている印象でしょうか。結構濃厚な味と生酒のフレッシュな味とが交互にくるのですが、最後に程よい酸味の清涼感が洗い流してくれるので、夏に飲んでも重っ苦しさを感じさせず、むしろそこそこ濃厚ながらも軽快な味わいを楽しむことができます。甘口でも夏のさっぱりした料理でも全く邪魔することなく飲めるお酒でした。

ひろせ屋酒店で購入。

喜楽長「滋賀渡船 生原酒 特別純米」 (喜多酒造)

DSC01396.jpg
銘柄:喜楽長「滋賀渡船 生原酒 特別純米」
製造:喜多酒造
種類:純米
酒米:渡船6号

東近江市にある喜多酒造は愛知県でも結構見かけるお酒のためか飲むのは3年ぶりと結構久しぶり。そして使う酒米が生産者泣かせの滋賀渡船6号の生原酒が売っていたので購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは麹の香り漂う飴色のお酒です。飲んで見ると少し刺激の強い口当たり。原酒で少しアルコールドが高いため刺激が結構感じられます。飲んでいると酸味の効いた清涼感のある旨みがにじみ出てきます。若干の苦味が出てくると、その後からガツンとくる深い旨みがたまらない美味しさです。この旨みと酸味のバランスが絶妙で、重さを十分感じるのに夏でもしつこくない重さなのは、程よい酸味があるからでしょうか。季節問わず飲みたい一本です。

ひろせ屋酒店で購入。山奥にある国道沿いの酒屋です。

笑四季「マニアックラヴ いとしのキャサリン」 (笑四季酒造)

DSC07343.jpg
銘柄:笑四季「マニアックラヴ いとしのキャサリン」
製造:笑四季酒造
種類:純米吟醸
酒米:吟吹雪

久しぶりに立ち寄った酒屋さんで購入したお酒。もともと笑四季は少し変わったラベルのお酒が多いことで知られ、味もちょっぴり特徴的なところといった印象の蔵ですが、このシリーズをみても全く味の想像がつかず。色々なチャレンジをしてみたお酒に名付けられたようで、このお酒は2016年に桜酵母を笑四季で初めて使ったコンセプトのお酒とのこと。2016年に製造されたと裏ラベルにありますので、このお店で2年近く寝かせていたに違いない。今もいろいろ新しい酒が生み出されている笑四季酒造ですが、完全に名前で購入してみたお酒です。ってキャサリンってだれ?

冷酒、常温で飲ス、うまい!!
開けてみると少し甘酒のような麹の香り漂う飴色のお酒です。飲んでみると少し酸味のきいたピリ辛な口当り。ねっとりとしたに絡みつく米の旨味と梅酒を連想させるような酸味のお酒です。花酵母使った生酒だと爽やかですっきりした印象のお酒が多いですが、たぶん少し熟成させることで酸味や旨味がでてきたのでしょうか。ただ冷酒だと味に特徴が強くてでいてこれはこれでうまいのですがちょっと個性的だなと思ったり。ただ少し温度が上がってくると途端に旨味にまろやかさが滲み出て刺激も少し柔らかい感じになってきます。これだと酸味と旨味のバランスがとてもよく出ていて個人的には好みの味わいだなぁと思わせるお酒でした。

大桝屋で購入。永源寺の近くの集落にある酒屋さんですが滋賀のお酒の揃えはなかなか良いです。

秀一「the Scarlet 2017」(中澤酒造)

DSC04489.jpg
銘柄:秀一「the Scarlet 2017」
製造:中澤酒造
種類:純米吟醸
酒米:山田錦

東近江市の五箇荘にある2015年から再開した蔵である中澤酒造。その前の畑酒造で作られていた時から「一博」の銘柄を作られていることで知られ、自蔵で作られてからは点を一つ加えるなどラベルの名前にこだわりを入れているところです。そんな蔵とシャア=アズナブルの声優名で有名な池田秀一氏とのコラボ酒として2015年?から500本ほどと少数販売しているお酒がこの「秀一」とのこと。シャア専用らしく真っ赤なラベルがとても印象的。秀一も「一」の字があり、さらにラベルの文字も中村佳代氏の書いた文字が印象的なラベルです。中村氏はこれまでも滋賀県の日本酒のラベルの文字を度々書かれており、当ブログでも大自然萩の露花嵐あたりが該当するでしょうか。まぁそんなちょっとガンオタじゃなくても少しビビッとくるお酒が売っていたので購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはしっとり麹の香りの混ざった吟醸香。飲んで見ると完熟マスクメロンを彷彿させる甘くフルーティーな口当たり。口の中に入ってからはジューシーでトロッとした舌触りがたまらない。甘い口当たりだなぁって思っていると次第に酸味の効いた米の旨味とお酒の苦味が少しずつにじみ出てきて、最後に程よいキレの良さと適度な旨味の後味で締めてくれます。何度か飲んでいると複雑な米の旨味がしっかりと感じられるようになり、逆に最初の甘さはあまり感じなくなり、辛口のお酒だなぁって感じるようになってきます。飲むほど米の旨味の余韻で心地よく飲めてしまえるようになってしまう綺麗なお酒でした。

リカーショップオオタケで購入。ガンダムを意識したお酒って結構多いなぁ。同じ滋賀県内でも結構ガンダム関連のラベルを見かけるし、世代交代したところはガンダム好きが多い世代なんでしょうね。

道灌 「特別純米酒 不盡蔵 吟吹雪」 (太田酒造)

DSC04021.jpg
銘柄:道灌 「特別純米酒 不盡蔵 吟吹雪」
製造:太田酒造
種類:純米
酒米:吟吹雪

滋賀県草津市にある明治7年創業の酒蔵である太田酒造は草津にある不盡蔵や神戸の灘にも蔵を持ち、さらには自社でワイン製造まで行うちょっと変わった酒の総合メーカーの一つです。たまたま立ち寄ったスーパーで売っていたので購入してみたこのお酒はメーカーのHPには載ってなかったので詳細はよくわかりませんでしたが、多分限定のお酒のようです。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはしっとり麹の香り漂う飴色のお酒です。飲んでみると柔らかく弾力性のある米の旨味を感じる口当たり。優しく口の中に広がる旨味がだんだんと口のなか全体に広がってきて、しばらくその旨味が残りながらだんだん薄れていくような感じが大変心地好い余韻に浸れます。酸味と旨味のバランスが良いのかクセのない旨味で飲みやすく、繊細な料理に合わせても単品で飲んでも美味しくいただけそうなお酒でした。

平和堂アルプラザ草津で購入。

びわ湖正宗「純米酒」(福井弥平商店)

DSC04023.jpg
銘柄:びわ湖正宗「純米酒」
製造:福井弥平商店
種類:純米
酒米:不明

たまたま立ち寄ったスーパーでふらっと酒コーナーを見た時に、初めて見る銘柄だなぁと思い購入してみたお酒です。福井弥平商店は知ってる蔵だがこんな銘柄だったっけ?って思いながら、家に帰って調べて見ると萩の露を作っているところでした。

冷酒、熱燗で飲ス、うまい!!
香りは麹の香り漂う日本酒らしい香り。冷酒で飲むと少し刺激があり軽い酸味のある辛口のお酒な感じです。全体的に旨味がぼやけて刺激や酸味が強調され若干雑味に感じてしまいます。少し常温にするとまろやかになり、何度か飲んでいると口の中に馴染んで旨味がでてくる感じでした。熱燗にすると全体的に旨味がふっくらしてきて味のバランスが良くなり、米の甘い旨味で口の中が大変心地よくなってきます。個人的には少し濃いめの料理に熱燗でいただくと食が進んで晩酌向けのお酒でした。

平和堂あどがわ店で購入。びわ湖正宗は福井弥平商店のページ見ても乗っていないのでレギュラー商品ではなさそう。詳細が不明だが滋賀の地酒ってラベルにあったからお土産用かな?

夏入道 完熟生原酒(吉田酒造)

DSC01590.jpg
銘柄:夏入道 完熟生原酒
製造:吉田酒造
種類:普通酒
酒米:不明

竹生嶋で知られる吉田酒造で今年久しぶりに販売された夏限定のお酒「夏入道 完熟生原酒」。このお酒のコンセプトは何と言ってもラベルに書いてある通り「カクテルベース用生原酒」に尽きる少し変わったお酒です。購入時に蔵の方に、カクテル用で少し濃厚だから直接飲むと濃いですよって言われ、変わったコンセプトだなって思い購入です。

冷酒で飲ス、うまい!!
米麹の香り漂う日本酒らしい香りの透明のお酒です。まずはストレートに飲んでみると確かにトロッとした濃厚で甘辛くしっかりとした米の旨味を感じるお酒です。酸味や苦味の少ない、熟成したまろやかな旨味で濃厚なのに、そこまでしつこさがないのがなんとも不思議な味わい。醸造用アルコールが入っているみたいですが、全く感じさせない濃厚さとくどさのない透明感を持つ感じです。アルコール度も18-19度と高いですがそこまで強い辛さを感じないのが夏にちょうど良いです。サイダーと割ってハイボールっぽく飲んでみましたが、なかなかドライでしっかりした味わいと爽快感がたまらず、なかなか美味しい。確かに混ぜても米の主張が強くなく、かといってエタノール感もなく程よく脇役に徹する素材といったところ。個人的にはカクテルベースにしても良いですが単品で飲んでも十分にうまいし、ライムでロックで飲んでもうまいと思える新感覚のお酒でした。

吉田酒造で購入。
そういえば吉田酒造って名前は他にもあるなぁって思っていたら、ググると少なくとも石川、福井、島根、大阪にもある。同じような名前で5つも日本に蔵があるのもなんとも珍しいなって普通に思ってしまった。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別