FC2ブログ

純米吟醸 クラシックミフク

DSC01254.jpg
銘柄:純米吟醸 クラシックミフク
製造:美冨久酒造
種類:純米吟醸
酒米:吟吹雪、他

前回飲んだ量り売りのお酒もですが、このクラシックミフクも美冨久酒造の直売所のみの販売のお酒です。ラベルは昭和30年代の古いラベルですが中身は平成生まれの若手の蔵人が作った純米吟醸とのこと。レギュラーではありませんが購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはフルーティーな吟醸香の透明なお酒です。飲んでみると甘くフルーティーな口当たり。りんごの様なほんのり甘い味わいと、ピリッとしたドライな辛口がうまく混ざり合い、とてもすっきりとした飲みやすいお酒になっています。口の中に広がる酒質はサラリとした軽めのものですが、後から来る辛口の刺激がしっかりと感じられ、程よい飲み応えになってます。昭和復刻なんて書いてあるからもっとドッシリとした味わいかと思いきやスッキリとした味わいで重さを感じさせず、幅広い料理に合わせられそうな上品なお酒でした。

美冨久酒造で購入。
スポンサーサイト



月替り量り売り 今年の新酒 一番搾り生原酒(R1BY)(美冨久酒造)

DSC01253.jpg
銘柄:月替り量り売り 今年の新酒 一番搾り生原酒(R1BY)
製造:美冨久酒造
種類:本醸造
酒米:吟吹雪、他

水口へお出かけした時にナビにたまたま美冨久酒造の名前があったので、立ち寄ってみました。ここはガンダム大好き社長?で知られているところで三連星とかが有名なところです。で、毎月量り売りのお酒を売っているのですが、訪れた日がちょうど令和初搾りの新酒販売だったのでラッキーと思い購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはフルーティーな吟醸香の透明なお酒です。飲んでみると甘くフルーティーな口当たり。完熟メロンの甘くジューシーな味を感じながら、ピリッとしたフレッシュな刺激が口の中に広がってきます。しぼりたてのフレッシュな味わいの中に、少し苦味があるのがアクセントになって、より強くフルーティーな味わいが強く感じられます。心地よい甘さだなと思っているとドライな喉越しがでてきて、気がつけば口の中がカラカラです。そして次の一口がまたフルーティーな甘さでついつい飲みすぎてしまいます。しぼりたての押しの強いしっかりとした味わいが苦手な人は開栓して1日経過させると少し角が丸くなって飲みやすくなりますので好みに合わせてもいいと思います。あふれるしぼりたてのフレッシュな味わいを堪能できたお酒でした。

美冨久酒造で購入。かなり季節限定と言えるのでなかなか手に入らないのが難点でしょうか。
あと、量り売りということですが結局4号瓶や一升瓶に入れるなら初めから瓶詰めしたものを売れば手間がかからないのかなっと風情がない素人考えで感じてしまいました。

初桜「純米 みずかがみ 生原酒 29BY」(安井酒造場)

DSC07332.jpg
銘柄:初桜「純米 みずかがみ 生原酒 29BY」
製造:安井酒造場
種類:純米
酒米:玉栄+みずかがみ

みずかがみを使用したお酒でということで以前から飲んでみたかったお酒の一つです。みずかがみは平成25年に滋賀県で開発され、こしひかりと同等以上の味として期待される米で琵琶湖周囲で作られておりますが、食用のみならず酒米としても使うことができる万能的な面もあるようです。イメージカラーは名前の通り青なので、初桜のラベルも青で美しく涼しげなイメージです。

香りは麹の香り漂う飴色のお酒です。飲んでみるとピリッとした口当たりです。酸味の混ざった苦味がアクセントになって、その後からくる米の旨味が引き立つ感じです。ジワリと広がる舌触りに長く口の中に余韻として残る旨味が心地よいお酒です。山田百恵のような甘い華やかさではなく、渋く複雑な旨味の濃縮したお酒といった印象です。アルコール度は少し高めで味も濃いですが、最初から重さがないというか飲みやすいお酒で、飲めば飲むほど味の出てくるためついつい飲んでしまいました。調べてみると年によってスペックに少し違いがあるみたいなので、他の年代も飲んでみたいです。

道の駅「あいの土山」で購入。

「サスケの一番しぼり 生原酒」(橘酒造)

DSC07334.jpg
銘柄:「サスケの一番しぼり 生原酒」
製造:橘酒造
種類:本醸造
酒米:不明

甲賀流忍術屋敷に立ち寄った時にリカーたちばな購入したお酒です。つい先日に某充電バイクの番組で取り上げられ、そう言えば昔立ち寄ったことがあったなと思い、甲賀流忍術屋敷に向かってみました。でお店にはいって目にしたのが年に一度の限定という謳い文句で置かれたこのお酒を購入してみました。しかしながら調べてみると橘酒造のデータがネットで調べてもほとんど無い。甲賀流忍術屋敷の隣にある烋酒館なる施設が橘酒造を改装して作られたみたいなことが書かれていましたがそちらもよくわからず。リカーたちばなで売っているところをみると同じ苗字なので関係がありそうですが結局よくわかりませんでした(知っている人がいたら教えてください)。

冷酒で飲ス、うまい!
香りは麹の香りただよう飴色のお酒です。飲んでみるとピリッとした刺激の強い口当たり。酸味と苦味が最初に感じられ、ちょっと刺激が強いなと思っていると後から苦味の中から旨味がでてくる感じ。アルコール度が20度と高く、最初から最後まで辛口の刺激で締めてくれます。いつまでも濃厚な辛さがあるため口の中はカラカラになり、濃厚な味の料理に対してちびちびと飲むと良さそうで、肉汁が口の中に残った時に綺麗に口の中をリセットしてくれます。普通に飲んでいるとあっという間に酔いが回ってきてしまいました。冷酒かロックでと書かれていましたが個人的には常温くらいが一番飲みやすく、冬に飲めば体が一気にポカポカになるお酒でした。

リカーたちばなで購入。

初桜「純米吟醸 山田百恵 生原酒」 (安井酒造場)

DSC07333.jpg
銘柄:初桜「純米吟醸 山田百恵 生原酒」
製造:安井酒造場
種類:純米吟醸
酒米:山田錦

甲賀市の東、東海道沿いに位置する安井酒造場。ここのお酒は少しネーミングセンスが他と違って一捻りされているものが多く、この初桜「山田百恵」もその一つ。山田錦と妻の名前を合わせて作られたこのお酒の名前は往年の歌手のオマージュでしょう。山田錦100パーセントを木槽搾りで作ったというだけで興味がそそれるお酒を購入してみました。

冷酒、常温、熱燗で飲ス、うまい!!
香りは柑橘系の甘酸っぱい香りの吟醸香の飴色のお酒です。飲んでみるとしっかりとした酸味と辛さを感じる口当たり。少し冷えすぎていると酸味が強いのか少し刺激のある味わいです。温度をあげて常温くらいにすると米の旨味が酸味に負けなくなってきて、とてもバランスが良くなって好みの味わいになってきます。結構しっかりとした濃厚な旨味と米の甘み、熟した柑橘系の酸味が程よく絡み合い芳醇甘口な味わいが濃厚な味わいの料理とよく合いそうです。更に温度をあげて熱燗くらいにすると米の濃厚でまろやかな旨味が全面にでてきます。舌に絡みつく柔らかな膨らみのあるタッチが心地よく、口の中にふっくらとした炊きたての米のような旨味の後味を残してくれ幸せな気分になります。生酒を温めるのは気が引けますが色々な温度で楽しめるお酒で自分の好みの味を調べる楽しさがあります。個人的には料理と合わせるなら常温くらいで濃いめの料理と一緒で、単品で飲むなら熱燗でチビチビと飲むのが良さそうなお酒でした。

道の駅「あいの土山」で購入。以前と比べ冷蔵庫で販売されるお酒の種類が増え、品揃えがとてもよくなったように思います。

初桜「疾風 純米吟醸 無濾過生原酒 うすにごり」(安井酒造場)

DSC05667.jpg
銘柄:初桜「疾風 純米吟醸 無濾過生原酒 うすにごり」
製造:安井酒造場
種類:純米吟醸
酒米:日本晴

甲賀市の土山地区で酒造りを営まれている安井酒造の初桜。近年では使う酒米でラベルの色を変えて販売していることが多いのですが、このお酒はラベルの中心に「疾風」なる文字があり晴以外では珍しいなと思い購入してみました。後から調べてみたのですが、HPにもこのお酒のことが書かれておらず、日本晴を使用していますが精米歩合から晴とも天晴とも違うし、オリジナル手書きラベルとも違うみたいで、よくわかりませんでした。安井酒造さんこっそり教えてください。

→安井酒造場さんからエスサーフのPB商品との回答がありました。情報ありがとうございました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘い麹の香り漂ううすにごりのお酒です。飲んでみるとピリッとした刺激のある口当たりです。その後からフルーティーな甘みが口の中に広がり、酸味の刺激と混ざり合ってキレる味わいです。飲んでいるとだんだんと慣れていくのか、はたまた旨みが蓄積していくのか、刺激が薄れてきて濃厚なコクのある旨みが滲み出てくる感じです。そこにうすにごりの滓がフルーティーな甘さをちょっぴり加えてくれるため、フルーティーさをいつまでも感じることができます。飲めば飲むほど優しくジューシーで膨らみのある旨みで気がつけば飲み過ぎてしまうお酒でした。

橋川酒食品で購入。黒壁スクエアの近くです。

唯々「銀花のあかり(特別純米無濾過生原酒)」(竹内酒造)

DSC04910_20181222223131fca.jpg
銘柄:唯々「銀花のあかり(特別純米無濾過生原酒)」
製造:竹内酒造
種類:純米酒
酒米:日本晴

滋賀県湖南市の石部地区は東海道の宿場町のため古い町並みが残る集落の一つです。そこで酒造りを営む竹内酒造は地元では「香の泉」で知られ、地元の酒屋からスーパーに至るまで見かける印象です。その蔵が2014年から近江米を主として作っている限定流通の銘柄が「唯々」です。その中でしぼりたて無濾過生原酒の純米酒が売っていたので購入してみました。他の唯々と比べラベルがほのぼのとした可愛らしいイラストが特徴的なお酒ですね。

ほんのり麹の香り漂う透明のお酒です。飲んでみると少しピリッとくる辛口の口当たりで始まります。辛口の刺激だなと思っているとさらりとした、ふんわりとした柔らかい舌触りでスルリと口の中に流れ込んできます。だんだんと感じる米の甘さが心地よいなと思っているとフレッシュな酸味がでてきて、気がつけば程よい余韻を口の中に残しつつスッキリとした喉越しで締める感じのお酒です。無濾過生原酒ですが個性とかは正直強くなく、強いて言えばバランスは良いが程よくまとまっているってのが特徴でしょうか。このちょうど良い感じが単品でも飲みやすいのですが料理と合わせると本領発揮で料理の味わいを引き立てる名脇役のようなお酒です。ラベルにある「思い出話・・・」はまさにその通りで、このお酒を飲みながらゆっくり会話してご飯を楽しむとほのぼのした印象のお酒でした。

リカーショップオオタケで購入しました。

七本槍「純米 渡船」(冨田酒造)

DSC04395.jpg
銘柄:七本槍「純米 渡船」
製造:冨田酒造
種類:純米
酒米:渡船

賤ヶ岳の戦いで有名となった「七本槍」は戦国時代の歴史が好きな人なら高い知名度を誇ります。賤ヶ岳の戦いが行われた滋賀県の湖北ではそのまんま七本槍の銘柄で酸味の効いたしっかりとした味わいの日本酒が造られ、こちらも全国的にも知名度の高い銘柄の一つです。そんな滋賀県では渡船と呼ばれる幻と言われた酒米があります。山田錦の父方で歴史は古いのですが一時期見向きもされなかった時期があり、現在では県内の蔵でも見直され渡船の日本酒をちらほら目にすることができます。そんな歴史のある渡船と七本槍の組み合わせがこのお酒。そういえば前回の記事の青雲で使われていた酒米は山田穂だったので、山田錦の親である渡船と山田穂を連続で飲むのに、なにかしらロマンを感じてしまいます。どちらも産地が大事にしている点でザ・地酒ですね。

冷酒、常温で飲ス、うまい!!
麹の香り漂う飴色のお酒です、飲んでみると酸味の効いた刺激のある口当たり。程よい酸味と熟成した旨味が程よい清涼感でするりと口の中に入ってきます。その後から濃厚な舌触りでしばらくの間口の中にしっかりとした旨味が広がっています。低精米のお酒独特の複雑な味わいを多少感じつつも、程よくバランスが取れているためか柔らかい旨みで心地よい味わいです。鼻に抜ける米の香りと酸味と旨み、ほんのり苦味が混ざり合ったドライな喉越しが次の一口や一杯に繋がっていく、この連鎖がたまらないお酒です。この古典的というか古臭いというか、まぁ表現のし難い個性的な味わいはたまに飲みたくなりますね。単品で飲むと少し飲みにくい刺激も、少し濃いめの料理と合わせると酒も食も進んでいく秋の味覚にぴったりのお酒でした。

リカーショップオオタケで購入。

薄櫻「純米酒 花と猫」(増本藤兵衛酒造場)

DSC01398.jpg
銘柄:薄櫻「純米酒 花と猫」
製造:増本藤兵衛酒造場
種類:純米
酒米:吟吹雪

暑い夏が続いていますが、酒屋でこんな夜に甘口のお酒で一杯行くならこれだと言われ購入してみたお酒です。猫のラベルが少し可愛らしい感じでしょうか。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘い麹の香り漂う透明のお酒です。飲んでみると清涼感のあるさやわかな飲み口。少し酸味の効いた酸っぱさと、程よい苦味、米の旨みが複雑に絡み合っている印象でしょうか。結構濃厚な味と生酒のフレッシュな味とが交互にくるのですが、最後に程よい酸味の清涼感が洗い流してくれるので、夏に飲んでも重っ苦しさを感じさせず、むしろそこそこ濃厚ながらも軽快な味わいを楽しむことができます。甘口でも夏のさっぱりした料理でも全く邪魔することなく飲めるお酒でした。

ひろせ屋酒店で購入。

喜楽長「滋賀渡船 生原酒 特別純米」 (喜多酒造)

DSC01396.jpg
銘柄:喜楽長「滋賀渡船 生原酒 特別純米」
製造:喜多酒造
種類:純米
酒米:渡船6号

東近江市にある喜多酒造は愛知県でも結構見かけるお酒のためか飲むのは3年ぶりと結構久しぶり。そして使う酒米が生産者泣かせの滋賀渡船6号の生原酒が売っていたので購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは麹の香り漂う飴色のお酒です。飲んで見ると少し刺激の強い口当たり。原酒で少しアルコールドが高いため刺激が結構感じられます。飲んでいると酸味の効いた清涼感のある旨みがにじみ出てきます。若干の苦味が出てくると、その後からガツンとくる深い旨みがたまらない美味しさです。この旨みと酸味のバランスが絶妙で、重さを十分感じるのに夏でもしつこくない重さなのは、程よい酸味があるからでしょうか。季節問わず飲みたい一本です。

ひろせ屋酒店で購入。山奥にある国道沿いの酒屋です。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別