甲斐の開運「純米酒」(井出醸造店)

DSC00254.jpg
銘柄:甲斐の開運「純米酒」
製造:井出醸造店
種類:純米
酒米:夢山水、あさひの夢

富士山の北嶺で富士の湧水を使って酒造りを営む井出醸造店。前回は富士山おみやげ用の面白いコンセプトのお酒でしたが今回はど定番のレギュラーな純米酒にしてみました。

冷酒、熱燗で飲ス、うまい!!
麹の香り漂う透明のお酒。飲んでみると米の旨味がぎっしりとのった味わい。少し酸味があり、辛口でコクのある米の旨味って感じでしょうか。いわゆるザ日本酒って言える芳醇旨口なお酒。ちびちび飲んでもドッシリしたふくよかな旨味が口の中に広がってきますが、その後からちょっと感じる酸味と辛味のおかげで案外しつこさはありません。熱燗にすると少しまろやかになるかなって感じ。常温くらいが旨味がぎっしりのって好みかな。寒い日に濃いめの熱い料理と相性が良さそうで寒冷地仕様だなと思ったお酒でした。

オギノ山中湖店で購入しました。スーパーながら山梨の地酒の定番種の揃えはなかなか良かった。
スポンサーサイト

甲斐の開運「富士山天空絵巻 吟醸」(井出醸造店)

DSC03160.jpg
銘柄:甲斐の開運「富士山天空絵巻 吟醸」
製造:井出醸造店
種類:吟醸
酒米:ひとごこち

富士山5合目のお土産屋で購入した完全にお土産用のお酒の最後は甲斐の開運の富士山天空絵巻。180ml瓶の周りに巻物が巻かれ、富士山型の水引と凝った造りで売られているお酒です。巻物の内側にはパノラマ写真が印刷されており、鳴沢村上空から撮影した物だそうです。富士山をはじめ富士五湖周囲の山々が映し出されたパノラマ写真だけでもお土産になりそうな物です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほんのり上品に香る吟醸香。飲んでみると甘くフルーティーな米の旨味がしっかりと感じられる味わいです。この甘い旨味が大変心地よく、それでいてしっかりとした旨味の割に案外スッキリした飲み口でいつまでもしつこく口の中に余韻を残したりするような感じではありません。どちらかというとスーっと引いてくる印象で大変飲みやすいです。夏のアッサリした味が良い季節や繊細な味の料理と一緒に飲む時に相性が良さそうなお酒でした。

富士山5合目で購入。お土産用で巻物がついているだけで値段が高いと侮っていました大変美味しく飲むことができました。

笹一「富士山二二三」(笹一酒造)

DSC03163.jpg
銘柄:笹一「富士山二二三」
製造:笹一酒造
種類:普通酒
酒米:不明

富士山5合目のお土産屋で見かけた富士山限定の日本酒。223は多分富士山の日である2月23日から来ている名前であると思われます。お土産用価格ではありましたが限定ものに弱い日本人気質でついつい購入してみました。

冷酒、熱燗で飲ス、うまい!!
冷酒ではコクのあるドライな刺激のある辛口の飲み口でやや味がボケるかなという印象です。熱燗にしてみると麹の心地よい香りが心地よい印象です。刺激は少なくなり全体的にまろやかで甘味がでてきて、旨味がしっかりと味わえるようになってきます。鮎の塩焼きと一緒に飲んでみましたが塩味とお酒の旨味が上手に絡み合ってとても美味しくいただくことができました。個人的には熱燗でチビチビと飲む方が好みであったお酒でした。

富士山5合目のお土産屋で購入しました。

春鶯囀「富嶽」(萬屋醸造店)

DSC03164.jpg
銘柄:春鶯囀「富嶽」
製造:萬屋醸造店
種類:純米吟醸
酒米:玉栄

富士山は静岡側と山梨側で別れていますが、山梨側の有料道路は雪さえなければ年中無休で可能であれば5合目まで行くことができる道です。そこへ観光へ行った時にお土産屋で見かけた富士山型のお酒です。入れ物のインパクトが強く瓶もスライム型で変わっております。箱は何と貯金箱になる仕組みで手がかかっている仕様。そんなことは知らずに自分用のお土産として購入しました。これで「しゅんのうてん」と読むそうです。全く読めませんでしたが与謝野晶子からいただいた名前なんだそうです。

冷酒、常温で飲ス、うまい!!
香りはしっとりとした麹の香りです。飲んでみると少しピリ辛で透き通った旨さのあるお酒です。フルーティーでもなければ芳醇な旨味でもない、とてもクリアでスッキリした味わいです。それでいて軽過ぎることは無く米の旨味が舌の上に広がってくるような印象です。この雑味の無い程良い旨味がたまりません。常温くらいですとピリ辛な刺激が薄れクリアな旨味がしっかりと堪能できます。控えめながらもそのうちに秘めた旨さがたまらないお酒でした。

富士山5合目のお土産屋で購入。ラベルや瓶のインパクトで購入しましたが美味しく飲めました。

甲斐の開運「本醸造 生」(井出醸造店)

DSC02783.jpg
銘柄:甲斐の開運「本醸造 生」
製造:井出醸造店
種類:本醸造
酒米:不明

富士山の北麗で唯一お酒を作っている蔵です。河口湖の近くに蔵を構え、富士山の名水仕込みのお酒を使って醸し出している蔵です。名前はもともと「開運」でしたが昭和60年より「甲斐の開運」となっているそうです。開運といえば静岡の土井酒造が有名ですが、井出醸造店は土井酒造よりも歴史は古そうなんですが、事情についてはよくわかりません。そんなことは当然知らず、旅館で出てきたので飲んでみました。

冷酒で飲ス。うまい!!
香りは麹の香りが少し漂ってくる感じです。飲んでみると透明感のあるとてもスッキリとした飲み口をしています。それでいて結構旨味はしっかりと感じられ、軽すぎるような印象はありません。ピリ辛で喉越しも良く、飲んだ後もアッサリしていて後に惹かず、比較的軽く飲みたいときに丁度良い感じのさじ加減です。生酒らしく夏場にあっさりした食べ物と相性が良さそうなお酒でした。

富士五湖周囲の旅館でいただきました。

七賢「風凛美山」(山梨銘醸)

DSC01077.jpg
銘柄:七賢「風凛美山」
製造:山梨銘醸
種類:純米
酒米:ひとごこち+あさひの夢

北杜市は白州にある蔵でもともとは高遠に存在した酒蔵の分家。1750年に白州に移り現在に至るなかなか歴史のある蔵です。南アルプスの天然水を用いて醸し出される日本酒はなかなか定評があるようです。そのなかで比較的大衆向けに作られているお酒がこの純米酒のようで、これを飲んでみました。

冷酒、熱燗で飲ス、うまい!!
香りは麹の香りがほんのりするような感じです。飲んでみると少し辛口でピリっとする口当たりです。その後でまろやかでしっかりとした米の旨味が出てきます。旨味もしっかりとした旨味ながらもスッキリした上品な味わいでとても飲みやすい純米酒です。熱燗にしてもなかなか美味しく、それでいて重くならないお酒です。鮎の塩焼きと一緒に飲んでみましたが、鮎のほろ苦い草の味わいと一緒でもとても美味しくいただくことができたお酒でした。

清里の萌木の村のお土産屋で購入。清里ならコンビニでも手に入る手軽さと両親的な価格で買いやすいお酒でした。

谷櫻「本醸造 生」(谷櫻酒造)

DSC00630.jpg
銘柄:谷櫻「本醸造 生」
製造:谷櫻酒造
種類:本醸造
酒米:不明

清里で宿泊した所で飲んだお酒です。数年ぶりに山梨県内に足を踏み入れて、選んだお酒は北杜市内では比較的手に入れやすく、生酒ながらも通年飲めるお酒です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほんのりフルーティーな吟醸香です。飲んでみるとほんのりフルーティーで刺激のある喉越しのある辛口のお酒です。飲み込んだ後で舌に広がるさらりとした癖のない米の旨味が何とも言えません。爽やかで透明感のある米の旨味で飲みやすく、出された洋食と組み合わせても美味しいと思えるお酒でした。

宿泊した所で飲みました。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別