紀土「純米大吟醸」(平和酒造)

DSC09571.jpg
銘柄:紀土「純米大吟醸」
製造:平和酒造
種類:純米大吟醸
酒米:山田錦

味良しコスパ良しと人気の紀土。山田錦の純米大吟醸が売っていたので購入です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは完熟メロンのような甘い吟醸香。飲んでみるとトロっとした甘いメロン果汁のような華やかな味わい。舌に広がるフルーティーな心地よい甘さがなんとも言えず美味しいです。その後少し辛口な刺激を感じつつ、だんだんと甘さが強調されながら薄れて行くような後味です。キンキンに冷えて入ると少し味がボケた印象を受け、常温位まで上がってくると辛口の刺激がだいぶ薄れ、代わりにとても柔らかくふわっとした甘い舌触りがとても感じいいです。ただただ甘く心地よい旨さで溢れて大変美味しくいただけたお酒でした。

リカーショップオオタケで購入しました。
スポンサーサイト

紀土「純米吟醸にごりざけ生」(平和酒造)

DSC09105.jpg
銘柄:紀土「純米吟醸にごりざけ生」
製造:平和酒造
種類:純米吟醸
酒米:五百万石

昭和3年創業と比較的新しい酒蔵でつくられる方も若く、名前は和歌山のある紀州の風土から取られたお酒です。その中で数量限定のにごりざけを購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘い吟醸香でしゅわしゅわ微炭酸で細かい泡が立ちます。飲んでみると少し酸味のある微炭酸が刺激となりとても清涼感のある口当たり。完熟リンゴを彷彿させるジューシーで甘い旨味がぎっしりと口の中に広がってきます。炭酸飲料飲んでいるみたいだと思っていると最後に少し感じる苦味でお酒であると認識するような感じ。人によっては日本酒というよりカクテルと勘違いしてしまうかもしれない飲みやすさがあり、そういう人たちに受け入れられそう。とても飲みやすく単品で飲んでも和洋と合わせても問題なさそうな美味いお酒でした。

リカーショップオオタケで購入。蓋に穴のあるタイプのお酒ですので、振ってはいけませんし、瓶を横にしてもいけませんから取り扱い注意です。

黒牛「純米 生貯蔵酒」(名手酒造店)

DSC06507.jpg
銘柄:黒牛「純米 生貯蔵酒」
製造:名手酒造店
種類:純米
酒米:山田錦

和歌山県産をこだわって使う、若い人たちで酒造りをされている蔵のお酒です。名前が黒い牛なんでなんとなく力強いイメージで購入してみました。

冷酒で飲す、うまい!!
香りはほんのり麹の香りです。飲めばしっかりとした米の旨みのお酒であり、そのなかに少し清涼感のあるさっぱりした甘さを感じる事ができます。黒牛の中では比較的軽めのお酒のようで、飲みやすくそこそこ濃厚な味わいのお酒というような印象のお酒で、鍋囲って飲むのが楽しくなるお酒でした。

アーサで購入。

雑賀の郷「純米ひやおろし」(九重雑賀)

FJ310086.jpg
銘柄:雑賀の郷「純米ひやおろし」
製造:九重雑賀
種類:純米
酒米:五百万石+日本晴れ

多分今年初のひやおろしのお酒で選んだのは和歌山にある九重雑賀のお酒です。元々は明治時代から酢を作る会社でしたが昭和初期に日本酒も作るようになった比較的新しい蔵といえます。お店に並んでいてたまたまひやおろしのラベルが目に入ったので購入してみました。和歌山のお酒は初です。

冷酒、常温で飲ス、うまい!!
香りは麹の香りはして日本酒らしい香りです。飲んでみるととてもしっかりいた濃厚で奥行きのある米の旨味がぎっしりつまったような味わいです。円熟したまろやかな旨味がしっかりと感じられ、日本酒度+8.5となかなかな辛口設定なわりにピリピリする刺激はほとんど感じずとてもクリアな濃厚さを持った味わいを堪能することができます。常温くらいで焼き魚と一緒に飲むとなかなか良い組み合わせで食欲もそそられる印象の秋にぴったりなお酒でした。

フランテで購入。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別