作「奏乃智」(清水清三郎商店)

DSC09367.jpg
銘柄:作「奏乃智」
製造:清水清三郎商店
種類:純米吟醸
酒米:不明

去年開催されたサミットで振る舞われたお酒の一つ「作」はもともと全国的に有名な銘柄の一つでしたが、これでさらにメジャーになってしまいました。なかなか手に入らない状況になりそうですが、そんなところから出てきたお酒が奏乃智(かなでのとも)です。それを見かけたので購入です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはしっとり甘い吟醸香。飲んでみるとフルーティーで硬さのある口当たり。キリっとした刺激の中に甘い米の旨味がでてくる感じでしょうか。メロンの果汁のような甘さを感じたあとでスカッと切れ爽やかな口の中になるため、また次の一口を飲んでみたくなってしまう、飲みやすい印象を受けます。甘さの中に隠れた苦さや酸味のきいた味わいも、最後の辛口できっちり締めてくれ、繊細な料理の味を壊すことなく美味しくいただけるお酒でした。

酒のいしはらで購入。
スポンサーサイト

三重大学「純米吟醸」(寒紅梅酒造)

DSC06177.jpg
銘柄:三重大学「純米吟醸」
製造:寒紅梅酒造
種類:純米吟醸
酒米:弓型穂

三重県津市にある寒紅梅酒造と三重大学のコラボのお酒。三重大学の学生が実習として田植えから稲刈り、酒造りまでを酒蔵と一緒に行った限定酒です。酒米も三重大学で開発された三重県の酒米「弓型穂」を用いて作られた三重県オンリーなお酒です。

冷酒、常温で飲ス、うまい!!
開栓時からすぐに漂ってくる完熟メロンの甘い香りが食欲をそそります。飲んでみるとピリッとした口あたりのお酒です。案外刺激が強く、その中に甘いメロン果汁のような旨味が潜んでいるような感じ。喉越しはドライで口の中をリセットしてくれ美味しく飲むことができます。常温にすると少し酸味が強く感じられるようになり、ピリッとした刺激が減って全体的にまろやかになり、それまではあまり目立たなかったフルーティーな旨味がのってきます。個人的には冷え冷えよりかは少し温度の上がってきたほうが好みで美味しくいただけたお酒でした。

道の駅「かわげ」で購入。銘柄が三重大学なのがとても不思議で面白い。それでいて作った学生もこの銘柄が大変記念になりそうな感じがします。

上げ馬「純米吟醸 名水正宗」(細川酒造)

DSC05359.jpg
銘柄:上げ馬「純米吟醸 名水正宗」
製造:細川酒造
種類:純米吟醸
酒米:山田錦

上げ馬神事が全国的に有名で知られる多度大社がある桑名市の旧多度町にある酒蔵。多度大社より少し奥にあり、全量純米にこだわっているほか、地ビールも造られている蔵です。あまり宣伝とかコンテストとかには積極的ではないためかあまり知られていない(自分だけかもだが)かと思われる蔵ですか、なぜかドン・キホーテで売っていたので買ってみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは少し麹の香りがする透明のお酒。飲んでみると柔らかい舌触りとスッキリした喉越しが大変飲みやすい印象です。この綺麗で透明感のある柔らかい味わいは養老の滝で知られる養老山地の水を使っているためかな。さらには一夏超えて熟成させているためかまろやかで角の取れた感じになっていて、純米ながらも重厚感を感じずに飲むことができます。あまりに軽快なので純米か?と勘ぐってしまうかも。少し温度があがると複雑な味になってきて好みは別れるかも。さっぱりと飲みたい時にちょうど良いお酒でした。

ドン・キホーテで購入。昔はナショナルブランドしかなかったが、最近のドンキは結構マイナーなお酒も取り扱うようになったかな、といっても絶対数は少ないですが。

鈴鹿川「純米吟醸」 (清水清三郎商店)

DSC06950_20160302221051636.jpg
銘柄:鈴鹿川「純米吟醸」
製造:清水清三郎商店
種類:純米吟醸
酒米:不明

紫の藤をイメージしている綺麗なラベルの鈴鹿川。華麗旨口とあり酒のディスカウントショップに売られているわりには大変そそられて購入してみたお酒です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほんのり吟醸香のお酒。飲んでみると非常に綺麗で透明感のあるフルーティーな味わいです。それでいて結構米の旨味が凝縮していて、角の取れたまろやかな深い味わいがたまりません。華麗旨口という言葉の通りで飲んでみてとても綺麗な旨味がある感じ。飲んでも飲んでも綺麗な口当たりのためか飲み飽きせずスルスルと口の中に流れ込んでしまいます。これなら単品で飲んでも美味しく飲め、万人受けしそうなおいしいお酒でした。

リカーマウンテンで購入。こういうお酒も以前と比べおくようになりました。

おかげさま(伊勢萬)

DSC05719.jpg
銘柄:おかげさま
製造:伊勢萬
種類:大吟醸
酒米:不明

伊勢神宮内宮のおはらい町の町並みにある小さな酒蔵。会社自体は焼酎がメインのようですが日本酒も作られており、伊勢神宮にちなんで「おかげさま」って名前のようです。使用米は不明ですが精米歩合40%で五十鈴川の伏流水を使っているとのこと。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘く綺麗な吟醸香。飲んでみるととてもすっきりとした上品な味わい。米の甘さを感じる熟成したほんのりフルーティーな味わいといったところ。押し出し感は弱く、とんがった味はほとんど感じず、どれも熟成され整えられた上品な飲み口。夏のあっさりした料理と合わせると清涼感もありとても相性がよさそうですが、寒い冬に濃いめの料理と一緒だと少しすっきりしすぎるかなと思われます。日本酒が苦手な人でも飲みやすく万人受けしそうなお酒でした。

二見の田所酒販で購入。

酒屋八兵衛「特別純米酒」(元坂酒造)

DSC05720.jpg
銘柄:酒屋八兵衛「特別純米酒」
製造:元坂酒造
種類:純米
酒米:五百万石

伊勢方面へ行くと比較的見かけることが多い酒屋八兵衛(愛知県内でも取り扱っているところはありますが)。限定のお酒は飲んでますが、レギュラーなお酒はあまり飲んだことがなかったりしたので購入です。

冷酒、熱燗で飲ス、うまい!!
香りは麹の香り漂う酒。冷酒で飲んでみると案外あっさりした口当たり。米の旨みがのっていますが酒質が綺麗なためか飲んでいてクリアで飲みやすいお酒です。しっかりと落ち着いた熟成した味わいがなんとも言えず心地よいです。熱燗にしてみると少し酸がたち、全体的に甘さを感じるようになる感じ。旨みと程よい甘さが食欲をそそられます。鍋なんかちょうど良いかも。ついつい料理とともにたくさん飲んでしまえるお酒でした。

二見の田所酒販で購入。

寒紅梅「純米しぼりたて原酒 冬のうすにごり」(寒紅梅酒造)

DSC05530.jpg
銘柄:寒紅梅「純米しぼりたて原酒 冬のうすにごり」
製造:寒紅梅酒造
種類:純米
酒米:五百万石

2015年の最後に飲んだお酒は寒紅梅のしぼりたて。従来の綺麗なラベルと違い、シロクマのラベルがなんか可愛らしい、なんともいえないまったりとした雰囲気のお酒です。寒紅梅は最近では三重大学の学生と一緒に酒造りしていることでも知られていますから、若いパワーをもらっているためラベルも可愛らしいのでしょうか。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほんのり香る吟醸香の少し濁りのあるお酒。飲んでみるとフレッシュでさっぱりとした甘みのある印象のお酒です。少し控えめな優しいフルーティーな味わいは五百万石ならではのあっさりさからか。しぼりたて原酒ながら飲んでいてあまり重くならずすんなり飲めて美味しいお酒でした。

リカーショップオオタケで購入。
年末もお酒は飲んでいましたが忘年会やらなんやらで日本酒を飲む機会は少なかったがそれなりに色々な日本酒が楽しめたかなという感じでした。

それでは良いお年を。

神舞「純米吟醸」(元坂酒造)

DSC05717.jpg
銘柄:神舞「純米吟醸」
製造:元坂酒造
種類:純米吟醸
酒米:山田錦+五百万石

伊勢の酒屋で結成されたリーソンズ倶楽部というところがプロデュースして元坂酒造が出しているお酒。販売10年とのことですが、たまたま立ち寄った酒屋さんに置いてありついつい手にしてみたお酒です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは麹の香る少し飴色のお酒。飲んでみると米の味わいがじっとりとするお酒です。ただただ単純に旨味がしっかりと感じられる味わいでこれが本当に綺麗に仕上げられている感じ。フルーティーとかフレッシュとかそういうのではなくて、熟成したしっとりとした透明感のある綺麗な日本酒ってところでしょうか。飲んでいるとだんだんと旨味のしっかりした味わいが心地よく、料理も進むお酒でした。

二見の田所酒販で購入。

青雲「純米」(後藤酒造場)

DSC05046.jpg
銘柄:青雲「純米」
製造:後藤酒造場
種類:純米
酒米:不明

以前飲んで結構気に入った青雲の純米酒がたまたま寄ったスーパーに置いてあり購入。

冷酒、常温で飲ス、うまい!!
香りはちょっぴり麹の香りといったところ。飲んでみると柔らかい口当たりでスルっと口の中に入ってきます。入ってきた後はだんだんと深みのある旨みがにじみ出てきて大変美味しくいただけます。スッキリとかフルーティーとかそういうのではなくて、ただただシンプルな日本酒の旨みがじんわりと感じられるような味わいです。飲んでいて心地よく飲み過ぎてしまうお酒でした。

桑名市内のバローで購入。この味だし全国的に知名度のある「なばなの里」でも販売されている銘柄ですが案外マイナーかなぁ。

作「しぼりたて 純米原酒」(清水清三郎商店)

DSC04182.jpg
銘柄:作「しぼりたて 純米原酒」
製造:清水清三郎商店
種類:純米
酒米:不明

今月に入ってようやくひやおろしを飲んで喜んでいたのもつかの間、今年しぼりたてを早速飲んでみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは程よい吟醸香。飲んでみると少しピリッとする刺激の後でフルーティーな甘い旨みが口の中に広がってきます。原酒の割にはアルコール度が16度と普通でそれほど重すぎることもなく、メロン果汁のような甘みと酸味が程よく濃厚な味わいとなり丁度良いです。しぼりたての割にはフレッシュで刺激のある味が控えめで、どちらかといえば角のとれた優しい口当たりのお酒だなと思っていたら火入れされている様子。逆に火入れでこれだけフレッシュ感が出ているほうが驚きかな。飲んでいて美味しく何度も飲めてしまうお酒でした。

いしはら酒店で購入。久しぶりに行ったかな。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別