FC2ブログ

ダイヤ菊「夏のにごり」(諏訪大津屋本家酒造)

DSC02598.jpg
銘柄:ダイヤ菊「夏のにごり」
製造:諏訪大津屋本家酒造
種類:純米
酒米:不明

ダイヤ菊の夏限定の濁り酒。こちらも蔵で今のおすすめと言われたので購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
麹の香り漂う濁り酒。飲んでみると酸味の効いた、意外とフルーティーな口当たり。濁り酒の独特の澱の舌触りを感じつつも米の複雑な旨味や苦味、酸味が複雑に混ざり合ったコクのある味わいです。なかなか濃厚でクリーミーな甘さを感じつつも、にごり酒にしては意外とさらりとした口当たりで締めてくるあたりは夏にごりを名乗るだけのことはあるのか。後味は意外にもスッキリしており、にごり酒に多いしつこさはなく、実に心地よい後味で口の中が程よい甘さでほっこりできます。ただ飲んでいる時の味わいはそれなりに濃厚なので、夏のあっさりした料理よりも、暑い中でバーベキューみたいに豪快な肉料理とか食べるときに飲むと意外と相性が良さそうなお酒でした。

諏訪大津屋本家酒造で購入。
スポンサーサイト

横笛「純米吟醸」 製造:伊東酒造

DSC02595.jpg
銘柄:横笛「純米吟醸」
製造:伊東酒造
種類:純米吟醸
酒米:しらかば錦

前回飲んだ「夏穂の香」とほぼ同スペックの横笛「純米吟醸」。こちらは普通の火入れ酒のレギュラーかな。美山錦を多用する蔵でしらかば錦のお酒だけ買ってくるというよくわからない購入の仕方は反省点でありますが、蔵の人もしらかば錦のお酒は少し珍しいと言っていたので、レアな酒を購入したということで。

冷酒、常温で飲ス、うまい!!
香りはフルーティーな麹の香り漂う少し飴色のお酒です。飲んでみると。少し口の中がピリッとする爽やかな辛口の口当たり。少し酸味のあるフルーティーな優しい口当たりが飲みやすいお酒でしょうか。その後から口の中に広がる米の旨みがちょうど心地よい甘さで、これがまたうまい。少し温度をあげて常温くらいで飲んでみると、ピリっとする刺激は薄くなり、米のコクのある旨みが強く感じられるようになります。そして、旨みが強くなるとは裏腹に口当たりが優しくマイルドになってどんどん飲みやすくなるので、気がつくと次の一杯になってしまいます。「夏穂の香」は爽快感と濃厚な味わいを同時に楽しめるお酒でしたが、こちらの純米吟醸は自己主張は控えめですが旨味が乗っていて優しく包み込んでくれるかのようなうまいお酒でした。

伊東酒造で購入。

「夏穂の香」純米吟醸生酒 (伊東酒造)

DSC02597.jpg
銘柄:「夏穂の香」純米吟醸生酒
製造:伊東酒造
種類:純米吟醸
酒米:しらかば錦

諏訪五蔵の一つの伊東酒造。旅行で宿泊した宿で諏訪五蔵の飲み比べセットがあり、その中で一番好みだったのが横笛でした。そう言えば諏訪五蔵でまだ横笛飲んだことがなかったなと思い、伊東酒造へ行ってみました。伊東酒造が出す主要銘柄は「横笛」ですが、夏限定の銘柄で「夏穂の香」というのがあり、それを購入してみました。「夏 穂の香」だと思うのですがHPでも「夏穂の香」だったので、紹介は「夏穂の香」で統一です。

冷酒で飲ス、うまい!!
少し麹の香りのする、あまり強くない香りの透明のお酒です。飲んでみると最初に口の中で感じる味わいは爽やかで軽快感のあるフルーティーな口当たりです。夏に飲むお酒らしく、軽くて爽快感を感じるなぁと思っていると、だんだんと米の深い甘さと苦さの混ざり合ったなんとも言えない心地よい旨みが広がってきます。最初の酸味の効いた軽快感からなかなか濃厚でしっかりとした味わいに変わっていくなんとも不思議な感覚になってくると、次の一杯がついつい飲みたくなってしまいます。それで飲んでみるとやっぱり爽快感から濃厚まで楽しめてしまい、飲んでいて楽しくなってしまいます。あっさりしていてもしっかりとした味わいがある、夏でもしつこくなく飲めるお酒でした。

伊東酒造で購入。

ダイヤ菊「夏の純米吟醸」(諏訪大津屋本家酒造)

DSC02599.jpg
銘柄:ダイヤ菊「夏の純米吟醸」
製造:諏訪大津屋本家酒造
種類:純米吟醸
酒米:不明

以前から名前が気になっていたダイヤ菊。たまたま旅行の際、近くを通ったので蔵の直売場に立ち寄り旬のものをと聞いてみたらこれと綺麗な方に言われたので購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは麹の香り漂う少し飴色のお酒です。飲んでみると少し酸味の効いた刺激のある口当たりです。舌触りはナチュラルな滑らかさで口の中に含むと艶やかな米の旨みが全体に広がってくる感じでしょうか。
甘みがしっかりと出ていて、まったりした旨みの中にほんのちょっぴり感じる苦味がちょっとしたアクセントになり、より米の甘い旨みが引き立っている感じになっています。常温くらいの温度になるとより味に深みがでてきて、コクのある複雑な旨味が出てきます。夏に冷酒でスッキリと軽く飲んでも美味しいですが、個人的には常温くらいの温度でまったりと米の旨みを感じながらちびちび飲む方が相性が良さそうなお酒でした。

諏訪大津屋本家酒造で購入。

翠露「純米酒寒仕込み66」(舞姫酒造)

DSC08911_2018041122204443f.jpg
銘柄:翠露「純米酒寒仕込み66」
製造:舞姫酒造
種類:純米
酒米:不明

舞姫酒造の特約店向けの銘柄「翠露」のレギュラー商品の一つと思われる純米酒寒仕込み66が売っていたので購入してみました。銘柄の最後の66は精米歩合を意味します。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘い吟醸香の透明のお酒です。飲んでみるとさらりとした甘い口当たり。するりと口の中に入り込み、やさしいタッチで飲みやすいです。軽さの中にしっとりとした米の旨味が滲み出て、普通にうまいなぁと思っているとさらっとした喉越しで口の中もさっぱりします。軽快さが逆にうまさを引き立たせてくれる感じでしょうか。どっしり飲むよりかは繊細な料理で合わせると味を邪魔せず美味しくいただけるお酒でした。

長野県飯島町の飯島駅近くの柴田商店で購入しました。

銘柄:今錦「純米無濾過 しぼりたて生原酒」(米澤酒造)

DSC08913.jpg
銘柄:今錦「純米無濾過 しぼりたて生原酒」
製造:米澤酒造
種類:純米
酒米:不明

2017年12月に新しい直売所が完成しとても綺麗になった米澤酒造。以前の赤いとトタン屋根の古い蔵のレトロ感全くなくなり、洗練されまくりなのが時代の流れでしょうか。売っているお酒はだいぶ整理され、選びやすくなったかな。12月に販売し、通常はこの時期には置いていないしぼりたてがあり、少し寝かせているので味も落ち着いて変化を楽しめますよってことで購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘く少し吟醸香が混ざり合った麹の香りの透明のお酒です。飲んでみると最初にフルーティーな艶やかな旨味を感じます。少し丸みがでて落ち着いていますが、フレッシュ感はまだ残り、酸味の効いたトロッとした舌触りで口の中全体に濃厚でしっかりとした米の旨味が絡みついてくる印象です。そして次第に口の中全体にピリっとした強い刺激が出てきて、しばらく口の中がヒリヒリするような強い刺激を感じるので結構辛口です。でも何度も飲んでいると刺激は馴染んできて、そこからは深い旨味がたまらなかくなります。ただここで調子良く飲んでいるとアルコール度18度と少し高めのため一気に酔いが回ってくるから危険。濃厚な舌触りと旨味で大変美味しくいただけたお酒でした。

米澤酒造で購入しました。

明鏡止水「純米酒 雄町」(大澤酒造)

DSC08480.jpg
銘柄:明鏡止水「純米酒 雄町」
製造:大澤酒造
種類:純米
酒米:雄町

明鏡止水といえばドンピシャ世代なのでGガンが連想してしまいますが、日本酒で明鏡止水といえば全国的に知名度のある銘柄の一つと思われます。そんな中で純米酒雄町を見かけたので購入してみました。

冷酒、常温で飲ス、うまい!!
香りは麹の香り漂う飴色のお酒です。冷酒で飲むと刺激のある辛口で、ドライな喉越し。これはこれで美味しいのですが、旨味がボケて、少しえぐみがあるのか味が濃いのか飲みにくい印象を受けました。常温にして飲むと印象はガラリと変わり、トロッとした旨味と程よい辛みと酸味で複雑でコクのある味わいが堪能できます。この艶やかな旨味がなんともいえぬ心地よさで、雄町らしい味わいかなぁって思えます。いつまでも舌に残るコクのある旨味の余韻が楽しくなるお酒でした。

酒主人で購入しました。

彗(シャア)「DONATI 初汲み純米吟醸」 (遠藤酒造場)

DSC06760.jpg
銘柄:彗(シャア)「DONATI 初汲み純米吟醸」
製造:遠藤酒造場
種類:純米吟醸
酒米:不明

またまたやってしまった。前回と同様で「シャア」の名前で購入してしまったお酒。今回選んだ純米吟醸はしぼりたての最初の部分だけで作られたお酒ということです。真っ赤なラベルに「シャア」って彗の文字なので、まさに赤い彗星シャアと完全に隠すことなくストレートに表現されているお酒です。完全にネタですが購入。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはしっとり甘い吟醸香の少し飴色のお酒です。飲んでみると完熟メロンを彷彿させるジューシーな口当たり。じわりと舌に広がる程よい酸味と甘み、旨味がうまく混ざりメロンのようなフルーティーな甘さになっています。芳醇で旨味のしっかりでているお酒だなぁと思っていると辛口の刺激がだんだんと広がってきます。そのあとうまさが少し落ち着いてきますが完全にリセットされるわけではなく、結構長く口の中にお酒の旨味が残ります。HALLEY純米と比べると結構印象が代わり、フルーティーで濃厚なしっかりとした味わいといった印象です。飲んでいていつまでも口の中に残る旨味の余韻だけでご飯が食べれてしまえるお酒でした。

リカーマウンテンで購入。

彗(シャア)「HALLEY直汲み純米」(遠藤酒造場)

DSC06456.jpg
銘柄:彗(シャア)「HALLEY直汲み純米」
製造:遠藤酒造場
種類:純米
酒米:不明

長野県の遠藤酒造場から特約店流通限定の新ブランドが2017年9月に販売登場(リリースは京都のイズミセってところ?)しました。名前は彗星の等級からつけられたブランドとのことですが、どうみてもクワトロ大尉をモチーフにしたんじゃないかと思わざるを得ないデザインのお酒。名前もシャアってふりがなつけてるくらいだし、日本酒のニュータイプって自ら言っているし。で、3種類が販売され、純大の中取り、純吟の初汲み、純米の直汲みとあり、どれも汲み取り方にこだわりを入れているような印象でしょうか。そのなかで純米を選んでみました。

冷酒、常温で飲ス、うまい!!
香りはしっとり麹の香り漂う飴色のお酒です。飲んでみるとフレッシュで米の甘い味わいを感じます。飲み口が結構優しく柔らかい印象で刺激が少なくスルッと口の中に流れ込んできます。ほんのわずかな刺激と豊かな旨味が口の中にしばらく残った後、気がつくと自然と薄くなって後味すっきり。そんなに刺激もないのにキレはとてもよく、次の一口を飲んでも普通に飲めてしまえます。常温くらいで飲んでもそんなに印象が変わらずあくまで優しい口当たりとキレの良さが際立っていて、飲みにくさを感じるようなアクの強さは皆無です。ニュータイプってことで個性を出しているって書いてあるが、やわらかさとキレが3倍になった(?)ような日本酒らしくも飲みやすい美味しいお酒でした。

リカーマウンテンで購入。

大信州「N.A.C ひとごこち 純米吟醸」(大信州酒造)

DSC04221.jpg
銘柄:大信州「N.A.C ひとごこち 純米吟醸」
製造:大信州酒造
種類:純米吟醸
酒米:ひとごこち

大信州が2016年になんかの賞を受賞したお酒と言われ購入してみたもの。NACとは長野県内で栽培された米や県内の水を使って醸造され、瓶詰めまで県内で行なっているものにつけられる長野県原産地呼称管理委員会認定のことで日本酒やワインなどで認定されているもののようです。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘い吟醸香の透明のお酒です。飲んでみると少しピリッとした刺激の後で口の中に広がるふんわりとした優しい口当たり。瓶詰めから1年弱ほど経っているためか熟成した米のしっとりとしたまろやかな旨味で、柔らかいタッチの舌触りで優しいお酒という印象を受けます。その後にだんだん薄れて引いてきて、次の一口飲む時には口の中がスッキリしてまた美味しくいただけます。全体的に上品で綺麗な酒室の印象のお酒でした。

大信州専売所で購入。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別