彗(シャア)「DONATI 初汲み純米吟醸」 (遠藤酒造場)

DSC06760.jpg
銘柄:彗(シャア)「DONATI 初汲み純米吟醸」
製造:遠藤酒造場
種類:純米吟醸
酒米:不明

またまたやってしまった。前回と同様で「シャア」の名前で購入してしまったお酒。今回選んだ純米吟醸はしぼりたての最初の部分だけで作られたお酒ということです。真っ赤なラベルに「シャア」って彗の文字なので、まさに赤い彗星シャアと完全に隠すことなくストレートに表現されているお酒です。完全にネタですが購入。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはしっとり甘い吟醸香の少し飴色のお酒です。飲んでみると完熟メロンを彷彿させるジューシーな口当たり。じわりと舌に広がる程よい酸味と甘み、旨味がうまく混ざりメロンのようなフルーティーな甘さになっています。芳醇で旨味のしっかりでているお酒だなぁと思っていると辛口の刺激がだんだんと広がってきます。そのあとうまさが少し落ち着いてきますが完全にリセットされるわけではなく、結構長く口の中にお酒の旨味が残ります。HALLEY純米と比べると結構印象が代わり、フルーティーで濃厚なしっかりとした味わいといった印象です。飲んでいていつまでも口の中に残る旨味の余韻だけでご飯が食べれてしまえるお酒でした。

リカーマウンテンで購入。
スポンサーサイト

彗(シャア)「HALLEY直汲み純米」(遠藤酒造場)

DSC06456.jpg
銘柄:彗(シャア)「HALLEY直汲み純米」
製造:遠藤酒造場
種類:純米
酒米:不明

長野県の遠藤酒造場から特約店流通限定の新ブランドが2017年9月に販売登場(リリースは京都のイズミセってところ?)しました。名前は彗星の等級からつけられたブランドとのことですが、どうみてもクワトロ大尉をモチーフにしたんじゃないかと思わざるを得ないデザインのお酒。名前もシャアってふりがなつけてるくらいだし、日本酒のニュータイプって自ら言っているし。で、3種類が販売され、純大の中取り、純吟の初汲み、純米の直汲みとあり、どれも汲み取り方にこだわりを入れているような印象でしょうか。そのなかで純米を選んでみました。

冷酒、常温で飲ス、うまい!!
香りはしっとり麹の香り漂う飴色のお酒です。飲んでみるとフレッシュで米の甘い味わいを感じます。飲み口が結構優しく柔らかい印象で刺激が少なくスルッと口の中に流れ込んできます。ほんのわずかな刺激と豊かな旨味が口の中にしばらく残った後、気がつくと自然と薄くなって後味すっきり。そんなに刺激もないのにキレはとてもよく、次の一口を飲んでも普通に飲めてしまえます。常温くらいで飲んでもそんなに印象が変わらずあくまで優しい口当たりとキレの良さが際立っていて、飲みにくさを感じるようなアクの強さは皆無です。ニュータイプってことで個性を出しているって書いてあるが、やわらかさとキレが3倍になった(?)ような日本酒らしくも飲みやすい美味しいお酒でした。

リカーマウンテンで購入。

大信州「N.A.C ひとごこち 純米吟醸」(大信州酒造)

DSC04221.jpg
銘柄:大信州「N.A.C ひとごこち 純米吟醸」
製造:大信州酒造
種類:純米吟醸
酒米:ひとごこち

大信州が2016年になんかの賞を受賞したお酒と言われ購入してみたもの。NACとは長野県内で栽培された米や県内の水を使って醸造され、瓶詰めまで県内で行なっているものにつけられる長野県原産地呼称管理委員会認定のことで日本酒やワインなどで認定されているもののようです。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘い吟醸香の透明のお酒です。飲んでみると少しピリッとした刺激の後で口の中に広がるふんわりとした優しい口当たり。瓶詰めから1年弱ほど経っているためか熟成した米のしっとりとしたまろやかな旨味で、柔らかいタッチの舌触りで優しいお酒という印象を受けます。その後にだんだん薄れて引いてきて、次の一口飲む時には口の中がスッキリしてまた美味しくいただけます。全体的に上品で綺麗な酒室の印象のお酒でした。

大信州専売所で購入。

花紋大雪渓「直汲み 特別純米無濾過生原酒」(大雪渓酒造)

DSC04219.jpg
銘柄:花紋大雪渓「直汲み 特別純米無濾過生原酒」
製造:大雪渓酒造
種類:純米
酒米:不明

池田町にある蔵直営店のみで販売される限定銘柄「花紋」シリーズで純米の生原酒を購入しました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはしっとり麹の香り漂う飴色のお酒。飲んで見ると微炭酸で少し清涼感のある刺激のある口当たり。口の中にさらりと入り込んでくる滑らかさとフレッシュなフルーティーの甘さと米の優しい旨さが混ざり合って来ます。少しきいた酸味が軽い飲み口を演出しているのかふんわり飲みやすく、それでいてしっとりと旨味がにじみ出る感じでしょうか。以前飲んだ花紋大雪渓の本醸造の方がアルコール度が高めのためか強い刺激と濃厚でコクのある口当たりだったのに対し、純米のこのお酒の方が軽めな印象。といってもスッキリ薄い飲みやすさではなくしっかりとした旨味がありながら酸味の効いた微炭酸のためか清涼感があって飲みやすいお酒でした。

池田町にある直営店で購入。

今錦「純米吟醸 木槽搾り」(米澤酒造)

DSC04333.jpg
銘柄:今錦「純米吟醸 木槽搾り」
製造:米澤酒造
種類:純米吟醸
酒米:美山錦

長野県のお酒100本目はお気に入りの今錦にしてみました。かんてんぱぱグループとなりHPも一新された米澤酒造。お酒の種類もまとめられわかりやすくなりました。今回は貰い物ですが純米吟醸をいただいたので飲んでみました。限定品とラベルにありますがどの辺りが限定かは不明です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほんのり甘い吟醸香の透明のお酒です。飲んでみるとピリッとした刺激のあるフルーティーな口当たり。完熟りんごを彷彿させる甘さと苦さ、そしてその中に米のしっとりとした甘い旨味が感じられます。トロッとした舌触りだなと思っていると辛口の刺激でさらっと洗い流してくれ、そして口に残るフルーティーな余韻が心地よく感じます。甘さ辛さ旨さ苦さが程よくバランスを保っており、そして程よいキレで締める。料理も進むし単品で飲んでも美味しくいただけるお酒でした。

貰い物。

大信州「別囲い純米吟醸ひやおろし」(大信州酒造)

DSC04223.jpg
銘柄:大信州「別囲い純米吟醸ひやおろし」
製造:大信州酒造
種類:純米吟醸
酒米:不明

松本で宿泊した宿で飲んだ大信州の蔵が松本インターの近くにあり立ち寄ってみることに。商品みるとラベルは先日飲んだものとは違いオシャレな感じで、さらに非常に綺麗な販売所でした。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘いフルーティーな香りの吟醸香。飲んでみるとフルーティーですっきりとした口当たり。少し辛口でピリッとした刺激の後で爽やかでフルーティーな旨味が口の中に広がってきます。炭酸が入っている訳ではないですが炭酸の入った完熟メロン果汁っのような印象です。そしてその後から口の中に広がる熟成した落ち着いた旨味が最初の刺激と対照的なのに、それを上品にまとめ、しっとりとした優しい舌触りがとても心地良いです。辛口の刺激と落ち着いた旨味のバランスがよく、美味しくいただけたお酒でした。

大信州の専売所で購入。お店の方が結構細かく色々と教えてくれました。

花紋大雪渓「低温熟成 本醸造無濾過生原酒」(大雪渓酒造)

DSC04220.jpg
銘柄:花紋大雪渓「低温熟成 本醸造無濾過生原酒」
製造:大雪渓酒造
種類:本醸造
酒米:不明

池田町にある蔵直営店のみで販売される限定銘柄「花紋」シリーズで本醸造の生原酒を購入しました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは米の甘い香り漂う透明のお酒。飲んでみると結構最初に刺激のある口当たり。アルコール度20度あるのでピリピリしますが、その刺激を通りすぎると深くコクのある米のしっとりとした甘い旨味が口の中に広がってきます。トロッとした濃厚でしっかりとした味わいが舌に絡みつき、絶妙な酸味と旨味のバランスが大変心地好いです。本醸造ながら濃厚な味わいで飲むほど口の中に馴染んできて滲み出る旨味を堪能できるうまいお酒でした。

池田町にある直営店で購入。とても綺麗なところでした。

大信州「特別純米酒」(大信州酒造)

DSC04150.jpg
銘柄:大信州「特別純米酒」
製造:大信州酒造
種類:純米
酒米:不明

松本で宿泊した時に旅館で飲んだお酒です。辛口純米酒とありましたがそれ以外は詳細不明なところ。蔵のHPをみてもラベルの文字も違い、実際に同じお酒なのかは不明。おみやげ用として販売されているものかもしれません。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほんのり麹の香り漂う日本酒の香り。飲んでみるとすっきりとした刺激のある辛口の口当たり。少し酸味のある旨味が口の中に広がりますが、そのあとはさらりと消えて行く感じで後味すっきり。口に含んだ時の旨味とキレの良い後味が料理の味を邪魔せず大変心地よくいただくことができました。

旅館で飲んだので詳細不明。

本金「純米吟醸」(酒ぬのや本金酒造)

DSC05734.jpg
銘柄:本金「純米吟醸」
製造:酒ぬのや本金酒造
種類:純米吟醸
酒米:雄町

本金が歴史ある雄町で作る純米吟醸が売っていたので買ってみました。以前はあまりたくさんの種類のお酒を作ってなく、からくち太一と純米くらいだったような気がしてましたが最近は色々なお酒にチャレンジされているようです。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは熟成した甘いりんごの香りの飴色のお酒。飲んでみると結構辛口でピリッときます。しっかりとした米の旨味、酸味に苦味にと色々な味が同時に口の中に広がってくる感じ。どれも個性が強いのかやや味のインパクトが強すぎるかなって印象を受け、もう少しマイルドだとバランスが良さそうに思ったりです。この複雑なコクのある味わいは雄町ならではかな。秋の味覚に負けぬ味を堪能できたお酒でした。

西村酒店

豊香「純米生原酒 生一本」(豊島屋)

DSC05732.jpg
銘柄:豊香「純米生原酒 生一本」
製造:豊島屋
種類:純米
酒米:しらかば錦+ヨネシロ

お酒よりも別の業務が主のような豊島屋。ここのお酒は「神渡」が地元で知られているところですが、そのご子息が造られた別ブランドが豊香だそうです。公式HPでも少し掲載されている程度で詳細は不明なお酒ですが、純米で生原酒となかなかそそられる内容なのもポイントか。使っているコメもしらかば錦はちょくちょく見かけますが、ヨネシロはかつて掛米として使われていたようですが最近は一部マニアしか取り扱っていない様子です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香はほんのり甘い吟醸香。飲んでみると完熟マスクメロンを彷彿させる甘いジューシーな味わいが口のなか全体に広がってきます。それでいて全体的には辛口のお酒のため、ドライな喉越しとメロン味とが同時に口のなかに広がってくる感じです。旨味の乗った味わいで、それでいてしつこさはなく案外さらりとした感じが大変飲みやすいです。これで4号瓶で¥1200(税込)とCPも良さそうに感じるお酒でした。

西村酒店で購入。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別