FC2ブログ

木曽路「純米吟醸」(湯川酒造)

DSC08027.jpg
銘柄:木曽路「純米吟醸」
製造:湯川酒造
種類:純米吟醸
酒米:美山錦

道の駅で見かけた300mlサイズの小型瓶の純米吟醸を購入してみました。湯川酒造の木曽路は国道19号の中津川から塩尻にかけて道の駅で見かけることが多い銘柄の一つですが、以外にも3本目と少ないです。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘い吟醸香の透明のお酒です。飲んでみると少し清涼感のある酸味の効いた口当たり。甘くフルーティーなスッキリした味の中に若干の苦味がアクセントになり、より甘さが強調されているような味わいです。完熟メロンを彷彿させる甘さだなと思っているとピリっとくるドライな喉越しでスッキリとした仕上がりになっています。そのためだんだんと口の中がカラカラになってくるため、食がすすみます。とは言っても、全体的には癖もないため比較的飲みやすいお酒でした。

道の駅「賤母」で購入。
スポンサーサイト

七笑「木曽の米で造った純米酒」(七笑酒造)

DSC08025.jpg
銘柄:七笑「木曽の米で造った純米酒」
製造:七笑酒造
種類:純米
酒米:美山錦

名前の通り、木曽地区で作られた美山錦だけを使った純米酒です。木曽は山間で狭く作られる米が限られているため、このお酒は数量限定販売になります。そんなことは知らず、七笑は以前と比べ現代的なラベルになったなといった程度の認識で購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはメロンを彷彿させる甘いフルーティーな吟醸香の透明のお酒です。飲んでみると酸味のあるフルーティーな口当たり。辛口でスッキリした喉越しと、優しいタッチでさらりとした舌触りでとても飲みやすく次々と飲んでしまいます。軽いながらも米の旨味が感じられるため、淡麗というよりは旨口な印象です。この軽快で上品な旨味は美山錦ならではの味わいと思います。クセがなくさっぱりとしていて、これから暑くなる季節に重くならずに楽しめるお酒でした。

道の駅「賤母」で購入。

木曽路「特別純米 大寒仕込 しぼりたて 無濾過生原酒」(湯川酒造)

DSC07145.jpg
銘柄:木曽路「特別純米 大寒仕込 しぼりたて 無濾過生原酒」
製造:湯川酒造
種類:純米
酒米:ひとごこち+美山錦

中部地方にいたら誰でも知っている「木曽路」。中山道が木曽を走ることから木曽路とも呼ばれ、この木曽路を銘柄とする湯川酒造はとても歴史がありそうだと思っていたら創業が1650年と長野県でも2番目に古いのだそうです。更にいえば湯川酒造のある木祖村の標高は900m超えととても高く、GWにようやく桜が咲き始める寒いところで作られています。以前は古そうなラベルのお酒がメインでしたがいつの間にかラベルがとても綺麗になり、HPも英語混じりのグローバルなものに変わり、名前や雰囲気とは裏腹に時代に向かっている蔵のようです。そんな蔵の搾りたてがなんとコンビニで冷蔵保存されていて正直びっくりしたので購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘い吟醸香の飴色のお酒です。飲んでみるとフレッシュな刺激のある口当たり。完熟メロンのようなジューシーな甘さと微炭酸のようなシュワっとした清涼感のある舌触りで、しぼりたてのフレッシュ感を十分に堪能することができます。そのあとからくる複雑で深みのある米の旨みが酸味と絡み合ってくれるおかげで程よい重厚感を感じさせ、飲めば飲むほど深みにハマってしまい気がつけばほろ酔い気分になっています。フレッシュな旨味を堪能したい時に美味しくいただけるお酒でした。

セブンイレブン木曽町神谷入口店で購入。車でしか来れない国道沿いのコンビニに売っているのも驚きですがちゃんと冷蔵保存されているのも驚きです。でも観光客にとって、この辺りでお酒を買おうとすると道の駅かコンビニしかないのが現状なので、こういうサービスはとても嬉しいです。

白馬錦「純米吟醸 ひやおろし」 (薄井商店)

DSC03889.jpg
銘柄:白馬錦「純米吟醸 ひやおろし」
製造:薄井商店
種類:純米吟醸
酒米:美山錦

今年のひやおろしの2本目は白馬錦をチョイス。黒部ダムの近くにある高瀬渓谷の湖洞トンネルの中で一夏寝かせたお酒だそうです。一定温度で寝かせる方法としてトンネルを使っていることを宣伝しているお酒って以外と少ない(宗玄)からマイナーな方法なのか?

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘い吟醸香の透明のお酒です。飲んでみるとフルーティーですっきりとした口当たり。ピリッとした辛みの中に完熟メロンの甘さとほんのり苦味の混ざり合った感じでしょうか。苦味のおかげで甘さが引き立ち、まろやかで優しい舌触りのためサラッとした軽快さと融合して艶やかな深い米の旨みをしっかりと感じられます。口の中に残る旨みはあくまで爽やかでフルーティー、で最後に辛さが少しでてきてドライに締めるため口の中がリセットして次の一杯がまた美味しくいただけます。角の取れた膨よかな熟成した味わいは色々な料理と合わせやすそうでした。

石原酒店で購入。

木曽のかけはし「特別純米酒 ひやおろし」(西尾酒造)

DSC03985.jpg
銘柄:木曽のかけはし「特別純米酒 ひやおろし」
製造:西尾酒造
種類:純米
酒米:美山錦

木曽のかけはしのひやおろしが道の駅で販売していたので購入してみました。他のお酒が白を基調とした少しレトロな印象のラベルなので、逆にあまり目立たなく最初はなんのお酒かなって印象で手にとってみて、そのまま購入してました。

冷酒、常温で飲ス、うまい!!
香りは麹の香りがしっかりとする透明のお酒です。飲んでみると爽やかな酸味のある旨みの乗った口当たり。艶やかで深いコクのある旨みが口の中に心地よく広がってきて、意外と優しい舌触りのためするすると飲めてしまえます。程よい酸味が清涼感になってコメの旨みを邪魔せず飲みやすいなぁと思っていると最後に少し感じる苦味で締めるので口の中は何かをすぐに入れたくなってきます。これが次の一杯だったり料理だったりするわけですが、ちょうどよく口の中が苦さでリセットされるため次に口に入れるものの旨みを十分に感じられてどんどん進みます。どっしりした味わいが多い印象の木曽のかけはしですが、このお酒は秋の味覚を味わうのに程よい旨口のお酒でした。

道の駅「賤母」で購入。

福無量「純米酒」(沓掛酒造)

DSC03854.jpg
銘柄:福無量「純米酒」
製造:沓掛酒造
種類:純米
酒米:不明

沓掛酒造は戦国時代に真田家の発祥地と言われる上田市で酒造りを300年ほど営んでいる、歴史のある酒蔵の一つです。お酒も各種特定名称酒を揃え手広く行なっている蔵で、そのうちの純米酒をお土産でいただいたので飲んでみました。

冷酒、熱燗で飲ス、うまい!!
香りはしっかりとした麹の香り漂う飴色のお酒です。飲んでみると柔らかで滑らかな口当たり。トロッとした絡みつく舌触りとちょっと辛口の濃厚な米の旨みがなんとも言えない心地よさ。少し酸味のきいた味わいが、この艶やかで飲みごたえのある旨みを上手に包み込んでくれるためか、口の中に優しいタッチでトロッと広がる旨みがするすると入ってきます。味が出ていて美味しいなぁと思っていると、だんだんと深い米の旨みがにじみ出てきてとても心地よい気分に浸ることができます。少し温度をあげて熱燗くらいにしても酸味が効いているためかとても飲みやすくまろやかで濃厚な旨みを十分に堪能することができます。どの温度帯でも美味しくいただけるお酒でした。

頂き物ですが、上田市内の酒屋で購入したとのこと。

ダイヤ菊「夏のにごり」(諏訪大津屋本家酒造)

DSC02598.jpg
銘柄:ダイヤ菊「夏のにごり」
製造:諏訪大津屋本家酒造
種類:純米
酒米:不明

ダイヤ菊の夏限定の濁り酒。こちらも蔵で今のおすすめと言われたので購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
麹の香り漂う濁り酒。飲んでみると酸味の効いた、意外とフルーティーな口当たり。濁り酒の独特の澱の舌触りを感じつつも米の複雑な旨味や苦味、酸味が複雑に混ざり合ったコクのある味わいです。なかなか濃厚でクリーミーな甘さを感じつつも、にごり酒にしては意外とさらりとした口当たりで締めてくるあたりは夏にごりを名乗るだけのことはあるのか。後味は意外にもスッキリしており、にごり酒に多いしつこさはなく、実に心地よい後味で口の中が程よい甘さでほっこりできます。ただ飲んでいる時の味わいはそれなりに濃厚なので、夏のあっさりした料理よりも、暑い中でバーベキューみたいに豪快な肉料理とか食べるときに飲むと意外と相性が良さそうなお酒でした。

諏訪大津屋本家酒造で購入。

横笛「純米吟醸」 製造:伊東酒造

DSC02595.jpg
銘柄:横笛「純米吟醸」
製造:伊東酒造
種類:純米吟醸
酒米:しらかば錦

前回飲んだ「夏穂の香」とほぼ同スペックの横笛「純米吟醸」。こちらは普通の火入れ酒のレギュラーかな。美山錦を多用する蔵でしらかば錦のお酒だけ買ってくるというよくわからない購入の仕方は反省点でありますが、蔵の人もしらかば錦のお酒は少し珍しいと言っていたので、レアな酒を購入したということで。

冷酒、常温で飲ス、うまい!!
香りはフルーティーな麹の香り漂う少し飴色のお酒です。飲んでみると。少し口の中がピリッとする爽やかな辛口の口当たり。少し酸味のあるフルーティーな優しい口当たりが飲みやすいお酒でしょうか。その後から口の中に広がる米の旨みがちょうど心地よい甘さで、これがまたうまい。少し温度をあげて常温くらいで飲んでみると、ピリっとする刺激は薄くなり、米のコクのある旨みが強く感じられるようになります。そして、旨みが強くなるとは裏腹に口当たりが優しくマイルドになってどんどん飲みやすくなるので、気がつくと次の一杯になってしまいます。「夏穂の香」は爽快感と濃厚な味わいを同時に楽しめるお酒でしたが、こちらの純米吟醸は自己主張は控えめですが旨味が乗っていて優しく包み込んでくれるかのようなうまいお酒でした。

伊東酒造で購入。

「夏穂の香」純米吟醸生酒 (伊東酒造)

DSC02597.jpg
銘柄:「夏穂の香」純米吟醸生酒
製造:伊東酒造
種類:純米吟醸
酒米:しらかば錦

諏訪五蔵の一つの伊東酒造。旅行で宿泊した宿で諏訪五蔵の飲み比べセットがあり、その中で一番好みだったのが横笛でした。そう言えば諏訪五蔵でまだ横笛飲んだことがなかったなと思い、伊東酒造へ行ってみました。伊東酒造が出す主要銘柄は「横笛」ですが、夏限定の銘柄で「夏穂の香」というのがあり、それを購入してみました。「夏 穂の香」だと思うのですがHPでも「夏穂の香」だったので、紹介は「夏穂の香」で統一です。

冷酒で飲ス、うまい!!
少し麹の香りのする、あまり強くない香りの透明のお酒です。飲んでみると最初に口の中で感じる味わいは爽やかで軽快感のあるフルーティーな口当たりです。夏に飲むお酒らしく、軽くて爽快感を感じるなぁと思っていると、だんだんと米の深い甘さと苦さの混ざり合ったなんとも言えない心地よい旨みが広がってきます。最初の酸味の効いた軽快感からなかなか濃厚でしっかりとした味わいに変わっていくなんとも不思議な感覚になってくると、次の一杯がついつい飲みたくなってしまいます。それで飲んでみるとやっぱり爽快感から濃厚まで楽しめてしまい、飲んでいて楽しくなってしまいます。あっさりしていてもしっかりとした味わいがある、夏でもしつこくなく飲めるお酒でした。

伊東酒造で購入。

ダイヤ菊「夏の純米吟醸」(諏訪大津屋本家酒造)

DSC02599.jpg
銘柄:ダイヤ菊「夏の純米吟醸」
製造:諏訪大津屋本家酒造
種類:純米吟醸
酒米:不明

以前から名前が気になっていたダイヤ菊。たまたま旅行の際、近くを通ったので蔵の直売場に立ち寄り旬のものをと聞いてみたらこれと綺麗な方に言われたので購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは麹の香り漂う少し飴色のお酒です。飲んでみると少し酸味の効いた刺激のある口当たりです。舌触りはナチュラルな滑らかさで口の中に含むと艶やかな米の旨みが全体に広がってくる感じでしょうか。
甘みがしっかりと出ていて、まったりした旨みの中にほんのちょっぴり感じる苦味がちょっとしたアクセントになり、より米の甘い旨みが引き立っている感じになっています。常温くらいの温度になるとより味に深みがでてきて、コクのある複雑な旨味が出てきます。夏に冷酒でスッキリと軽く飲んでも美味しいですが、個人的には常温くらいの温度でまったりと米の旨みを感じながらちびちび飲む方が相性が良さそうなお酒でした。

諏訪大津屋本家酒造で購入。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別