笑四季「ユナイテッド茶ラベル11_01_08」(笑四季酒造)

DSC01995.jpg
銘柄:笑四季「ユナイテッド茶ラベル11_01_08」
製造:笑四季酒造
種類:純米
酒米:山田錦

とても日本酒と想像できない名前やラベルのお酒です.横文字や数字が普通に使われ,むしろ英語の方が多いくらいのラベル.それもそのはず,どちらかと言えば商売相手が日本を超えて世界へ羽ばたいているからなんですね.ちなみにユナイテッドは中汲み火入原酒12℃定温管理らしい.それと赤ラベルなら花酵母を使っているみたいだが,茶ラベルは蔵付き酵母を使っているとのこと.とまぁ,伝統と融合させた新たな酒造りを行っている雰囲気の酒蔵ですね.

冷酒で飲ス,うまい!
辛口のお酒で飲んだ瞬間から口の中がピリっとしてきます.辛いかなと思うも,その後に米の旨味が口の中に広がってきます.少しいつまでも口の中に余韻が残り少量であってもお酒を飲んでいると思わせるお酒です.原酒のため若干アルコール度が高めで思ったよりも酔いがくるのが早く,ゆっくり飲んで,しっかり日本酒を堪能するのが楽しそうです.濃いめの料理に合うような気がします.

竜王アウトレットで購入.比較的安価で購入しやすい部類のお酒だと思います.ユナイテッドは茶以外に赤,黒,緑のラベルが有り,それぞれ若干の違いがある見たいです.全部飲んでみたいですね.
スポンサーサイト

せんぐりせんぐり(平和錦酒造)

DSC02046.jpg
銘柄:せんぐりせんぐり
製造:平和錦酒造
種類:純米
酒米:コシヒカリ

近くを流れる飛騨川は木材を運ぶ事で栄えた川辺町に位置します.ここは戦国時代に三英傑がそれぞれ直轄していたくらい重要視されていた地域.そこで酒蔵が始まりました.比較的甘口のお酒が多く「金泉」はとくに地元向けとして作られています.そんな蔵ですが,隣町の道の駅美濃白川「ピアチェーレ」でのみ販売されるお酒も作っています.名前の「せんぐりせんぐり」は方言で「次から次へ」という意味の様です.関西の方ではなじみのある方言だそうです.

冷酒,ひやで飲ス.うまい!
生貯蔵酒であったので,はじめに冷酒で飲んでみました.それでも米の旨味は十分に感じられました.辛さはそんなに感じず,どちらかと言えばマッタリした甘さを若干感じるようなお酒です.あまりスッキリした飲み口では無いので米の旨味を感じたい人向けのお酒という印象です.ひやで飲んでみると旨味が少し広がりを見せるようになり,若干辛さを感じるようになる味わいになりました.これも飲んでいておいしいです.

上記の通り道の駅,美濃白川「ピアチェーレ」でのみ販売していますので,ここでないと購入できなさそうです.道の駅にはお酒が沢山並んでいるので比較的容易に購入する事ができます.冷蔵庫に入っているものを購入しましたので,普通に陳列しているものと少し味わいが違うかも知れません.

女城主「純米吟醸生酒」(岩村酒造)

DSC01873.jpg
銘柄:女城主「純米吟醸生酒」
製造:岩村醸造
種類:純米吟醸
酒米:ひだほまれ

岩村酒造は岩村本通りに面しています.間口が狭い方が税金が安かった頃から有り,縦長の蔵となっています,そのため移動にトロッコを使っていました.現在もとても雰囲気の良い昔ながらの通り沿いに店を構えています.ホームページではこの蔵の一番人気のお酒とあったので購入してみました.

冷酒で飲ス.うまい!!
とてもフルーティで日本酒を飲んでいる事を忘れてしまう程のスッキリとした味わいです.少し辛口なんですが,逆に甘く果実のように感じてしまう気がします.雑味は一切感じず後味もとてもキレが良くてスッキリ.飲んでも飲んでもそのフルーティな味わいは変わらず,どんどん飲めてしまう飲み易いお酒でした.

岩村の蔵で購入.冷蔵庫に大量に入っていたのでついつい購入してしまいました.価格も純米吟醸としては程々で¥2000を切っているので十分にCPは高いと思います.インターネットでも購入ができますので,比較的購入し易いお酒であると思います.

昇勢「三年古酒」(永井酒造)

DSC03172.jpg
銘柄:昇勢「三年古酒」
製造:永井酒造
種類:純米
酒米:山田錦

碧南市にある小さな酒蔵で作られている古酒.作っているお酒は純米もしくは本醸造のみですが,昔ながらの作り方や飲み方にこだわり続けているところです.とくに飲み方が冷酒が主流の現在の飲み方を真っ向否定するかの如く,色々な飲み方を勧めています.その中の一つが古酒です.といっても古酒自体は色々な蔵で作られていますけどね.

ぬる燗で飲ス.うまい!
とても酒の旨味がぎっしりしたお酒です.米の味というか,なんというか複雑な味が色々と混ざり合い味が濃くなっていった印象で,吟醸の古酒では味わうことができない旨味のぎっしり詰まったお酒です.ラベルのかいてある通りぬる燗で頂きましたが,他の飲み方での味わいは少し違うかもしれません.でも色々な飲み方ができるのも日本酒の楽しみ方の一つだと思います.

永井次郎平商店で購入.300mlサイズを購入しましたが若干価格がネック.数も少ないので売り切れている可能性も高い.ここの日本酒は結構レアな方だと思います.

名古屋城本丸御殿(金虎酒造)

DSC09599.jpg
銘柄:名古屋城本丸御殿
製造:金虎酒造
種類:吟醸
酒米:夢山水

名古屋市内にある酒蔵の一つです.町の中心部に比較的近く大曽根駅の北側にあり,こんなところに酒蔵があるのかと思うところにあります.これは名古屋城本丸御殿の再建を願ってつくられたお酒です.

冷酒で飲ス.うまい!
とてもスッキリしたお酒です.雑味は少なくかなりあっさりした味わいをもっています.始めに少しお酒の味がするなと思うと,あっという間にとけてなくなってしまう,そんな雰囲気のお酒でした.なので知らず知らずの内に沢山飲んでしまうお酒でした.

今池にある酒屋さん「アーサー」で購入しました.値段は普通な感じ.日本酒が苦手な人でも飲み易い部類の日本酒だと思います.

母情「大吟醸生酒」(平野醸造)

DSC01725.jpg
銘柄:母情「大吟醸生酒」
製造:平野醸造
種類:大吟醸
酒米:山田錦

郡上市にある酒蔵.長良川の近くに位置し,名水「長刀清水」を使って酒造りを行っている蔵です.地元向けのお酒がメインとなっていますが,吟醸酒も作っています.大吟醸の生酒を見かけたのでついつい買ってしまいました.

冷酒で飲ス.うまい!!
とてもスッキリした雑味のないお酒です.一口飲んでみるととても飲み易くフルーティ.飲んだ後に少しだけ米の旨味を感じられ,とても深い味わいをもっていると思わせるお酒でした.岐阜県の地酒は比較的味の濃い料理に合うお酒が多いのですが,このお酒の味わいを楽しむには薄味の料理と合わせるほうが相性が良さそうです.

郡上八幡の「酒のいとう」で購入.大吟醸生酒は平野醸造のホームページにも掲載されていないので限定商品なのかもしれません.サイズも小さいサイズがあり,これは180mlと超コンパクトサイズです.値段も比較的安いので購入し易いお酒でした.

今錦「天龍」(米澤酒造)

DSC01280.jpg
銘柄:今錦「天龍」
製造:米澤酒造
種類:普通酒
酒米:美山錦

今錦のなかで最も辛口のお酒.天竜川から来ていると思われる豪快な名前がお気に入り(といっても近くに天龍村がありますが).「からくち」がどれほどのものかと思い買ってみました.

冷酒で飲ス.うまい!
程よい辛口といった印象です.飲んだ瞬間口の中がピリっとします.それでいていつまでも口の中には残らず,その後でわずかに旨味が広がります.全体的に軽めの辛口といった印象でした.ひや,ぬる燗あたりでも飲んでみましたが少し辛口が薄まる印象で,冷酒が比較的辛口を堪能できそうな雰囲気で少し不思議な感じがしました.料理の邪魔を決してする事無く飲む事ができるお酒でした.

道の駅「花の里いいじま」で購入.今錦の中では化粧箱が豪華です.それでいてかなり安いのでお買い得感たっぷりです.

女城主「特別本醸造」(岩村醸造)

DSC00550.jpg
銘柄:女城主「特別本醸造」
製造:岩村醸造
種類:本醸造
酒米:ひだほまれ

恵那市は岩村町にある蔵です.標高が高く寒さの厳しい土地で良質の水と米を武器に酒造りを行っています.酒蔵のなかでトロッコを使って運んでいたことでも有名で,恵那市で残る唯一の酒蔵です.

冷酒で飲ス.うまい!!
これは本醸造か,と思える程にうまい(精米歩合をみると納得なんですが).香りはそこそこ良く,一口飲むとフルーティな味わいが口の中に広がります.それでいてとてもスッキリしていますので後に雑味が混ざったりする事は皆無です.口の奥にどんどん流れていきあっという間に飲み干してしまいました.とても飲み易いお酒で,万人受けしそうな感じでした.

「酒のすぎた」で購入.要冷蔵なので家に帰ったら冷蔵庫へ直行がいいでしょう.300mlなので比較的飲み易い量です.値段も高くないので比較的買い易いお酒です.

小左衛門「純米吟醸備前雄町」(中島醸造)

DSC03738.jpg
銘柄:小左衛門「純米吟醸備前雄町」
製造:中島醸造
種類:純米吟醸
酒米:雄町

今回は少しランクアップし,生酒のラベルのあるお酒にしてみました.といっても値段は比較的手頃で購入し易かったんですけどね.

冷酒で飲ス.うまい!!
とてもスッキリとした味わいです.飲み易くいつまでも飲めてしまう口当たり.何時まで飲んでいても,けっして雑味が混ざる事無く,うまいままいつまでも飲める感じです.淡麗という言葉がぴったりあうお酒でした.

近くのフランテで購入.瓶詰めしてから少し時間がたっていると思われますが,冷蔵保存のため,おいしい状態が維持されていたのだと思いました.値段は手頃であったと思います.

八海山「越後で候」青ラベル(八海醸造)

DSC01731.jpg
銘柄:八海山「越後で候」青ラベル
製造:八海醸造
種類:本醸造
酒米:山田錦

日本酒好きで無い人でも知っているほどの有名なお酒「八海山」.スーパーでも見かけるほど広く知られる銘柄です.普通酒でも人気があるお酒ですが,ランクが上がると目にする機会がぐっと減るお酒です.そんななかで,冬限定のしぼりたてがでましたので,ついつい買ってしまいました.いわゆる青越後といわれるやつです.

冷酒で飲ス.うまい!!
やや辛口でとても濃厚な味わいです.飲んだ瞬間から米の旨味が口の中に広がり,そのあとで辛みが広がってきます.それをすぎると少しフルーティー,フレッシュな味わいを感じることができるお酒です.香りはあまりしませんが,旨味の味わいの余韻はいつまでも口の中に広がっていてとても幸せになります.しぼりたてのためアルコール度が高いのであっというまに酔ってしまいました.

近くの酒屋さんで購入.値段はしぼりたての名がつくお酒としてはやや高めの印象です.というか有名銘柄のため,愛知で購入する場合にはプレミアム価格になってしまうので仕方ないかもしれません.それでも八海山の普通酒と同じ位なのでお買い得なのは間違いないです.できれば赤越後を飲んでみたいですね.
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別