かたふね「純米吟醸」(竹田酒造)

DSC03205.jpg
銘柄:かたふね「純米吟醸」
製造:竹田酒造
種類:純米吟醸
酒米:山田錦

吟醸王国の新潟にある酒蔵ですが他のメジャーなところと比べると600石程度しかない小さな酒蔵です.それでも,小さいながらにとてもこだわりも強く良質な日本酒を造るところとしてそこそこ知られているところです.ほぼ手作り(ラベル貼るところまで!)であるため造られる量も少なく,どれもが限定酒みたいになってしまうようです.

冷酒で飲ス.うまい!!
コップに注げば吟醸の良い香りがかすかにします.飲んでみるとフルーティーかなって思っているとすぐに米の旨味とお酒の辛みが押し寄せてきます.とても濃厚でコクのある味わいです.それでいて雑味はなく飲みにくさは皆無.とても味は濃いのですが,それでも飲めてしまうからとても不思議です.何時まで飲んでいてもその味わいは変化する事無くとてもおいしく頂けました.

いしはら酒店で購入しました.かたふねは愛知では2軒のみの取り扱いなので,あまり見かけません.ホームページを見ると販売店一覧が乗っているのでそこを頼ると良いと思います.
スポンサーサイト

満寿泉「カメ一号」(桝田酒造)

DSC09491.jpg
銘柄:満寿泉「カメ一号」
製造:桝田酒造
種類:純米吟醸
酒米:非公開

吟醸酒をいち早く造り始め現在に至る富山の酒蔵のお酒です.変な名前に引かれて買ってしまったお酒です.お店の人には「変わったお酒ですけれど・・・」なんて言われたが,そんな事は聞こえておらず,ただ名前のインパクトのみで購入してしまったお酒です.よくよく調べてみると,「カメ」は生き物ではなく,中国から取り寄せた大カメで仕込むことから名付けられたものだそうです.

冷酒で飲ス.うまい!!
とても甘くてフルーティーなお酒です.吟醸香も心無しか少しフルーツを感じさせる印象の香りです.飲めば初めの一口からとてもフルーティー.果実酒を飲んでいるかの如く甘い印象を受けました.それでいてとてもアッサリしているのでいつまでも口の中に残らず,次々と飲んでも,初めと変わらない甘い味わいを堪能する事ができます.日本酒度を見ると一応辛口にはなっていますが,全くもって正反対の甘口の印象を受けるお酒でした.

名古屋市昭和区の大竹酒店で少し前に購入しました.愛知ではここでしか手に入らないようです.というのもカメ一号はとても限定されたお酒で,全国でも10店でしか購入できないレアなお酒だそうです.もちろんそんな事は知らず,調べたのは飲んだ後です.

朝日嶽「三年古醸酒」

DSC02836.jpg
銘柄:朝日嶽「三年古醸酒」
製造:日野屋商店
種類:吟醸
酒米:若水

2011年秋からでてきた新入りのお酒です.今まで出していなかったいわゆる古酒です.3年寝かせることで熟成をはかったお酒で,他にも1年寝かせたお酒も同時に出しています.酒のラベルは新城市で起こった「長篠の戦い」で,織田徳川軍の鉄砲隊が武田騎馬隊を打ち負かす有名なシーンの屏風ですね.

冷酒,ひやで飲ス.うまい!
熟成された味わいのお酒です.奥深い味わいのなかにも,スッキリとした飲み易さを残しつつといった印象です.なので吟醸酒と思って飲むと少し拍子抜けしてしまいます.普通の古酒のような濃厚さやコクはありませんが,吟醸酒がいい雰囲気で熟成され味が濃縮されているといった感じです.飲んだ後に口に残る余韻はなんとなく麹の甘さが感じられます.こういう味わいは吟醸の古酒だからでしょうか.どっち付かずともいえますが,これはこれでいいでしょう.

日野屋商店で購入.ホームページでは更新が止まっているためか書いてありません.岡本酒店のほうが詳しく書いてあるかもしれせん.

四海王「吟」(福井酒造)

DSC03173.jpg

銘柄:四海王「吟」
製造:福井酒造
種類:本醸造
酒米:ミネアサヒ

明治後期創業の酒蔵です.豊橋市の中央部あたりに位置し,周りにはショッピングセンターや住宅で囲まれたところにあります.大量生産は行わず小釜による酒造りにこだわっているそうです.たまたま見かけたので即購入してしまいました.

冷酒,熱燗で飲ス.うまい!
あっさりした飲み易いお酒です.甘口ではなく,辛口すぎるわけでもなく,少しピリ辛かなっと思わせる程度です.飲み続けるとだんだん口の中が少し辛くなってくるかなってところ.なので料理と共に頂くといつまでもアッサリした味わいが続きます.飲みにくさは殆ど感じない,とても素直なお酒という印象でした.熱燗にしても飲み易さはあまり変わらず,少し辛口が強調され味にふくらみが増す印象でどの温度で飲んでもおいしそうな感じです.

三好のアイモールのイオンで購入しました.ラベルには思いっきり”吟醸酒”ってかいてあるし名前も「吟」だし,精米歩合も59%だし,吟醸酒を思わせる雰囲気とスペックなんですが,ホームページを見ると「本醸造」となっています(法的には間違いではありませんが).値段を考えるとコスパはとても高いお酒です.

睦鳥「加治田城」(松井屋酒造場)

DSC03169.jpg
銘柄:睦鳥「加治田城」
製造:松井屋酒造場
種類:本醸造
酒米:不明

半布里戸籍と同時に購入したお酒です.富加町には加治田城というものがあり,織田家や斎藤家との関わりのある要所的なお城でした.松井屋酒造場の北側の山に城が存在していたそうです.廃城後にこの辺りに宿場町が形成されたと言われ,松井屋酒造場は城下町?にて創業したようです.といっても蔵の創業は不明で,300年ほどだと言われているみたいです.その加治田城の名前をとったお酒となっています.

冷酒,ぬる燗で飲ス.うまい!
本醸造のスッキリさはそこまでではなく,純米のような旨味がのったお酒です.といっても純米のような濃厚さはないので,やっぱり本醸造だなぁと思います.コクのある味わいで飲んだあとから口の中で色々な味の変化を堪能する事ができます.ぬる燗にしてもそこまで味が広がる訳では有りませんが,少し辛さがでてくる感じです.どちらで飲んでも飲み易い印象のお酒でした.

松井屋酒造場で購入.このお酒もあまり他のところで見かけた事はなかったので即購入してしまったものです.このお酒もサイズがいくつか有るので選ぶ事ができます.

黒松剣菱(剣菱酒造)

DSC03159.jpg
銘柄:黒松剣菱
製造:剣菱酒造
種類:本醸造
酒米:山田錦+愛山

剣菱といえば,大手日本酒メーカーの一つと認識されています.日本酒が好きな人にとって大手メーカーはまずいっていう印象が強いのですが,昔と違って現在はかなり改善されており,純米酒なんかはかなりレベルの高いお酒となっているものもあります(パックのお酒とかはイマイチですが).
そのなかでも剣菱は少し別格であると自分は認識してます.それは500年以上の歴史もさることながら,5万石にもかかわらず殆ど機械化されておらず手作りで造られる昔ながらの酒蔵だからです.造っているお酒も年に一回の限定販売される純米酒を除けば,本醸造酒で統一してます.吟醸ブームとかでも左右されなかった頑固な一面は他のメーカーがもっていない揺るぎない信念があるからなのかもしれません.

冷酒,ぬる燗で飲ス.うまい!
とても複雑で奥行きのある味わいのお酒です.吟醸香とは違った日本酒の香りがプンプンします.初めの一口はとてもピリっときて辛いと感じてしまいます.日本酒度が0〜1とは思えない程の辛さです.その後に口の中に広がってくるのは米の旨味,ふくよかな味わいです.
何度も飲んでいると色々な味を感じる事ができ,飲み飽きしない印象です.ぬる燗で飲むと,さらに味わいに広がりがでてきます.やや辛さが強調されますが,旨味も一緒にでてきてこれまた色々な味を楽しむ事ができます.まさに濃厚旨口.まったく万人受けしない,好きな人だけが飲める漢のお酒でした.

酒のすぎたで購入.といっても剣菱のお酒は酒屋どころかスーパーからコンビニなどなど色々なところで売られていますので手に入れ易いお酒です.製造年月日が最近のものや,保存状態が良さそうなものが本来の味わいを楽しむことができるのではと思います(といっても剣菱は新酒は出さず必ずお酒を寝かせて熟成させてから出荷しています.なので保存状態が決め手ではないでしょうか?).

睦鳥「半布里戸籍」(松井屋酒造場)

DSC03171.jpg
銘柄:睦鳥「半布里戸籍」
製造:松井屋酒造場
種類:純米
酒米:不明

ドライブ中にナビで偶然発見した酒蔵資料館.そのため何も考えずに寄り道してしまいました.資料館は冬場は閉鎖されていますが,蔵でお酒の直売していましたので,ついつい購入してしまいました.とても読みにくいお酒之生ですが「むつみどり/はぶりこせき」と読むようです.正倉院に国宝として残る日本最古の戸籍「半布里戸籍」は富加町の事であると言われており,そこから名付けられています.

冷酒,ぬる燗で飲ス.うまい!!
冷酒で飲むととても飲み易いお酒という印象を受けます.飲んだ瞬間から米の旨味を感じる味わいで,コクもありとても飲み応えがあります.それでいて嫌な味わいは皆無で飲み易くするすると喉を通ってしまう程です.純米でありながらも,何となく軽さを感じるお酒でした.またぬる燗でも飲んでみましたが,冷酒とちがい少し酸味の効いた辛口になり,米の旨味もさらに出てきます.濃厚な味わいになるため単品で飲むよりは料理と共に頂く方がおいしく飲めるかなっという印象でした.個人的には冷酒が良かったと思います.

松井屋酒造場で購入(資料館併設ですが今年は1月中は閉館だそうです.2月まで待つしか有りませんね).直売していましたのでその場の勢いで購入.お酒の種類は少ないですが大きさは300mlから一升までありました.また黒米や赤米からなるお酒も造っていました(一応米だから日本酒かな?)

国盛「大吟醸」(中埜酒造)

DSC06582.jpg
銘柄:国盛「大吟醸」
製造:中埜酒造
種類:大吟醸
酒米:山田錦+美山錦

酒蔵見学のできるところは沢山ありますが,酒の資料館として公開しているところはそこまで多くはなく,こじんまりと行っているのが一般的です.しかしここでは観光本によく出てくるほど宣伝もしっかりと行っている資料館があり,そのためか愛知県民は知っている人の多い蔵です.色々な種類のお酒を出している蔵ですがちょうど小さいサイズが有りましたので購入してみました.

冷酒で飲ス.うまい!
とてもアッサリした爽やかな味わいのするお酒です.飲んだ後も口の中には残らずとてもすっきりしていて飲み易い.米の味は強すぎないクリアーな感じなので,ドンドン口の中に入れても絶え間なく飲んでしまえるお酒でした.なのであっという間に1合飲んでしまい,少し物足りなかったくらいです.

近くのアピタで購入しました.大吟醸クラスでさえも180mlからサイズがあり,とても購入し易いと思います.コレならなんとか飲みきれるという人も多いのではないでしょうか?

芳水「大吟醸」(芳水酒造)

DSC03796.jpg
銘柄:芳水「大吟醸」
製造:芳水酒造
種類:大吟醸
酒米:山田錦

徳島に行った時にこちらは自前で購入したものです.徳島を流れる吉野川の上流にある酒蔵です.吉野川は芳水と呼ばた事が有り,それが名前の由来となりました.良質な水を武器に大正時代からお酒を造ってきたところです.

冷酒で飲ス.うまい!!
とても爽やかで飲み易いお酒です.吟醸香はお酒を注げばほのかに感じ,飲んでみると雑味の無い,とてもクリアーな米の旨味の味わいです.後味はとてもスッキリしていて,一口のみ終えた後でも二口目にすぐにいける感じです.おかげで次々飲んでしまい,ほろ酔い気分です.

アクサスグループのアワーリカーで購入しました,比較的芳水を多く取り扱っていました.芳水のお酒自体はスーパーでも置いてありますが,さすがに吟醸クラスだと酒屋に行かないと無い感じでした.大吟醸および純米大吟醸は何本か置いてあったので,お店にたどりつけれれば比較的容易に購入する事ができそうです.

三芳菊「本醸造生貯蔵」(三芳菊酒造)

DSC02900.jpg
銘柄:三芳菊「本醸造生貯蔵」
製造:三芳菊酒造
種類:本醸造
酒米:日本晴

急用で徳島に行く事が有り,そのときのお土産?の一つです.愛知県ではさっぱり見る事が無い酒蔵ですが徳島ではそこそこ知られているところ出そうです.貰い物なのですが生貯蔵酒を頂いたので,他のお酒と共にもって帰ってきました.

冷酒で飲ス.うまい!
飲んだ瞬間とても不思議な味のするお酒だなぁっていうのが第一印象です.比較的あっさりした口当たりなんですが,そのあとに口の中に広がる味わいが何とも不思議.フルーティーと言うよりは何か日本酒の中に果実汁を入れたのでは?と思わせる程の味がします.みかん?りんご?徳島だからすだち?とりあえず良くわからないのですが,米の味とは違った味わいのするお酒でした.カクテルに似た感覚で飲めるので面白い日本酒だなぁと思いました.

購入先は不明ですが,多分徳島市内のスーパーだと思います.
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別