スクウェア・ワン(桝一市村酒造場)

DSC04004.jpg
銘柄:スクウェア・ワン
製造:桝一市村酒造場
種類:純米
酒米:美山錦

うるう日になにか特別に飲む酒として残しておいたお酒です.栗や葛飾北斎で有名な小布施にある蔵のお酒です.ここの蔵は創業250年程の歴史をもちますが,それ以外に有名となったものがあります.現代表取締役であるセーラ・マリ・カミングスさんの存在と言えます.造り酒屋では大変珍しい外国出身の方なんです.(くわしくはこちらや「セーラが町にやってきた」をググってみてください.)この蔵では純米酒のみを作っており,その中でも主力なんですが,日本酒業界では少し変わったお酒かもしれません.瓶は陶器でできており,そこに□とーが描かれているというとても変わった造り.□は「桝」ーは「一」で蔵名である桝一となるわけです.さらに英語にするとスクウェア・ワンとなるわけです.なかなか名前もひねられていて面白いです.

冷や,ぬる燗で飲ス.うまい!!
飲んだ瞬間からわかるとても辛口な味わい.それでいて強烈に感じる米の旨味.とても個性の強い日本酒です.口の中はしばらくピリピリですが,その中に感じる米の旨味がはっきりしていて,飲んでいていとてもおいしく頂けます.少し暖めると,ツーンとくる香りがなかなか強烈(まぁどの日本酒も暖めると香りますが)で,とてもコクのある味わいに変身します.これもまたとてもおいしく,寒い日に食事を食べながら飲むと最高の一言です.冷やで少し飲み易く行くか,ぬる燗や熱燗でコクを楽しむか,色々とできてとても良いお酒だと感じました.

桝一市村酒造場で購入.小布施以外では見かけた事がありません.大きさも色々とあり,一升瓶サイズもたまに出てきます.
スポンサーサイト

孝の司「しぼりたてうすにごり」(柴田酒造場)

DSC03446_20120226221748.jpg
銘柄:孝の司「しぼりたてうすにごり」
製造:柴田酒造場
種類:純米
酒米:五百万石

孝の司は西三河では比較的手に入り易いお酒の一つです.お値段も手頃で旨い酒が多く,結構人気もあるところです.しぼりたてが飲みたいなぁなんて思っていたら,うすにごりを発見してしまい即ゲットしてしまいました.

冷酒で飲ス.うまい!!
うすにごりなんでコップにお酒を注ぐと,当然白く濁ったお酒が出てきます.香りは日本酒そのもので吟醸酒のようなフルーティーなものとは別物な感じです.飲めば,しぼりたての如くとてもフレッシュな口当たりです.濃厚で甘いかなぁなんて思っていると,ピリピリと辛くなってきます.後味もフレッシュな味わいがいつまでも残りとても幸せな気分になれます.この濃厚さはたまりませんね.

マルアさんで購入.出張先の途中にあるので寄り道しやすいんです.

満寿泉「酒仙一献」(桝田酒造)

DSC09598.jpg
銘柄:満寿泉「酒仙一献」
製造:桝田酒造
種類:純米吟醸
酒米:非公開

前回の「カメ一号」のインパクトが強く,また満寿泉を買ってみようと思い,購入してみました.

冷酒で飲ス.うまい!
とてもアッサリした飲み口のお酒です.純米の割にはとても軽めで何となくクリアーな味わい.後味もサーと口の中から引いてくる感じでとてもアッサリしるのは吟醸酒を感じるところです.米の旨味をかすかに感じる程度で癖は殆どなく,全体的に飲み易い印象です.日本酒の苦手な人でも飲めそうな感じでした.

大竹酒店で購入.レギュラー商品のためか比較的本数は多かった気がします.



喜代娘「奏」(清水醸造)

DSC09596.jpg
銘柄:喜代娘「奏」
製造:清水醸造
種類:大吟醸
酒米:山田錦

清水醸造は鈴鹿にある酒蔵です.明治の頃より酒造りをされていて,鈴鹿市では唯一残る酒蔵となっています.ホームページをみると,「鈴鹿川」という銘柄しか出てこないのですが,吟醸の会向け?には他の銘柄もあり,他県ではこちらの方が手に入り易い感じがします.

冷酒で飲ス.うまい!
2005年製造され,そのご冷所保存されていたお酒だそうです.いわゆる古酒みたいな扱いでしょうか.飲んでみると,古酒と言う程の熟成された味わいはあまりありません.むしろ普通の吟醸酒の様な軽快で飲み易いお酒です.なのでアッサリしていて後味もスッキリ.こんな感じが大吟醸古酒なんだろうなと思いながら飲んでいました.そんな中でもしっかりゆっくり味わってみれば,ほのかに米の味を感じます.古酒のような濃厚なコクを楽しみたい人にはもの足りませんが,ゆっくり飲めば十分に熟成された旨味を感じる事ができます.

近くの酒屋で購入.もともとは古酒では無いみたいですが,酒屋で寝かせておく事で古酒みたいな状態になっていました.

五風十雨(浅舞酒造)

DSC03442.jpg
銘柄:五風十雨
製造:浅舞酒造
種類:純米吟醸
酒米:美山錦

米どころの秋田にある酒蔵です.もう少しで創業100年を迎える蔵です.戦時下で廃業に追い込まれながらも,復活を果たしながら少しずつ前進し,現在は人気のある蔵の一つとなっています.なかなか下ろしてくれないなぁって店の人に言われ,のせられて購入してしまいました.

冷酒で飲ス.うまい!
純米吟醸酒ですが,とても旨味の凝縮したお酒となっています.のどごしもアッサリしておらず,濃厚で辛口.それでいて嫌な味わいはないので飲み易いんです.この熟成された濃厚な味わいの吟醸酒って案外お店に置いていないのでなかなか珍しいのではと思います.ひやおろしみたいな熟成タイプが好きな人が好みそうなタイプのお酒でした.

いしはら酒店で購入.一応,浅舞酒造のホームページに取り扱い酒店が乗っていますが,いしはら酒店の名前はありません・・・・・なんででしょうね.天の戸とか普通に置いてありましたが.

福千歳「満」(田嶋酒造)

DSC03446.jpg
銘柄:福千歳「満」
製造:田嶋酒造
種類:本醸造
酒米:五百万石

福井にある江戸時代から酒造りをされている蔵です.山廃にこだわりも持ち,少量ながらもコクのある酒を造る事をポリシーとしている蔵です.さらには最近はラベルがとてもこだわっていておしゃれなんです.とくにカップ酒は「福が来る」のジンクスもあり,地元以外では手に入らなくなった代物まであります.また,山廃仕込みにはこだわりをもっていますが,それ以外は比較的幅広く酒造りをされていて,純米一本ってことは有りません.

冷酒,熱燗で飲ス.うまい!
初めに冷酒で頂きましたが,味わいはとてもすっきりした飲み口です.口に含めばコクのある味わいが広がってきます.それでいてサッと味が引いてくれるので飲み易い印象です.また熱燗にするとコクが出てきます.とくに口に含んでいる最中の味わいがガラリと印象がかわります.逆にスッキリ感は薄れ,飲みごたえのあるお酒に早変わりでした.

碧南の酒のヤマタツで購入.正直初めはラベルをみてほしくなったんです.なかなか愛知県では見かけないので,探してみたいと思います.

天領「しぼりたて純米大吟醸」(天領酒造)

DSC03382.jpg
銘柄:天領「しぼりたて純米大吟醸」
製造:天領酒造
種類:純米大吟醸
酒米:ひだほまれ

色々なお酒を造っている天領酒造ですが,ホームページに掲載されていないお酒もいくつか有るようで,以前紹介した本醸造生原酒もその一つです.このときはしぼりたてはすでに売り切れ状態でしたので買う事ができませんでしたが,たまたま寄った酒屋さんで見つけてしまったので即買いしてしまいました.写真は裏ラベルで,表ラベルは何も貼っていない状態です.なので,ぱっと見何のお酒かわかりませんでした.

冷酒で飲ス.うまい!!
とてもフレッシュな味わいのするお酒です.飲んだ瞬間から口の中がフルーティーな味わいが広がってきます.それでいて米の旨味がその後から口の中に広がっていきます.アッサリした飲み口から一転コクのしっかりある味わいへと変わる様はとても良いです.後味はとてもスッキリしているので,すぐ次を飲みたくなってしまいます.とても飲み易く,それでいてしっかりした味わいがあり,アッサリだけのお酒には無い旨さを備えたお酒でした.

マルアさんで購入.後から調べてみると,結構取り扱いの多い酒屋さんでした.天領酒造のホームページをみると愛知県では大半の酒屋で注文できると書いてありますが,実際に置いてある酒屋は殆どみた事が有りません.あっても2〜3種類しか無く,有りそうでなかなか買えませんでしたが,ここマルアでは意外と天領(もちろん他の蔵もですが)

黄金澤(川敬商店)

DSC03346.jpg
銘柄:黄金澤
製造:川敬商店
種類:純米
酒米:トヨニシキ

名前が気に入りインスピレーションで買ってみました.山廃をメインとする酒蔵をウリとしています.後で川敬商店のホームページをみると平成22年あたりで更新がストップしているようだったので東日本大震災の影響を受けてしまったのではと少し心配しましたが,宮城県酒造組合のページをみる限りでは瓶割れなどの被害は有ったようですが,蔵が全損してはいないようなので少し安心です.瓶をよく見れば製造年が2011年9月になってますので,製造自体はされていますね.ちなみに蔵のホームページでは東日本大震災についての記載は無く,2003年に起きた宮城県北部地震の時に被害状況についての記載はあります(震度5以上が一日5回,その内3回は震度6という連続地震).

冷酒,ひやで飲ス.うまい!!
山廃純米酒って書いてあるのですが,口に入れた瞬間の感想としてはとても軽快でスッキリした味わいのお酒.しばらく山廃?って悩みます.しばらくしてくると米の旨味がじわじわと口の中に広がってきて濃厚な味わいへと変化していきます.後味を堪能している時には純米酒だなぁと思わせる味わいになっています.すこし常温に近づけて飲んでみると,味全体がまろやかになってきて,これがまたおいしい.それでいて濃厚な味わいであっても飲みにくさは感じられずとても飲み易い印象のお酒でした.

酒のつぼいで購入しました.川敬商店の銘柄は「黄金澤」と「桶屋」がメインで,それぞれも幾つかの種類があるようです.山廃がメインですが速醸のお酒もありますし,ホームページでは書いて無いですが普通酒もあるそうです.ただし普通酒は大半が地元で消費されてしまっているようで,県外には特定銘柄酒が出てるようです.

酒屋八兵衛「しぼりたて うすにごり」(元坂酒造)

DSC03340.jpg
銘柄:酒屋八兵衛「しぼりたて うすにごり」
製造:元坂酒造
種類:本醸造
酒米:不明

三重の元坂酒造と言えば,知る人ぞ知る有名な女将のブログの有る酒蔵です.酒蔵自体は200年の歴史を持ち,つい最近になって山廃に挑戦するなど,とても積極的な蔵だと思います.

冷酒,ロックで飲ス.うまい!!
しぼりたてで原酒なんですが,思いのほかスッキリしています.それでいて米の旨味はしっかりと感じる事はでき,飲み易いのに味わいはしっかりっていう感じのお酒です.もちろんアルコール度は19〜20と高めなのでしっかりと後から来ます.また,蔵の人がロックも良いよとあったので,氷を落として飲んでみましたら,少し雰囲気が変わります.冷やされてさらにスッキリ感が増し,さらにスゥって飲めるお酒になります.旨味もやや軽い印象になってしまいますが,吟醸好きな人なら飲み易くて好印象を受ける感じです.もちろんアルコール度は変わらないので後から来ます(笑).のんでいてとても幸せなお酒でした.

元坂酒造で購入(アドレスみると読み方は「げんさか」ですね).蔵は小さな古集落にあります.小さい看板が有りますので見落とさないように注意が必要です.蔵につくと始めはどこに行けば良いのかわかりませんが,和館の隣のコンクリートの建物にくす玉が有るので,こちらに入ると直売してくれます.ちょうど女将が対応してくれましたが,噂通りの感じの人でした.ちなみにこちらは女将のブログ

「極上」宮の雪(宮﨑本店)

DSC01907.jpg
銘柄:「極上」宮の雪
製造:宮﨑本店
種類:本醸造
酒米:五百万石

四日市にある酒蔵.日本酒のみならず焼酎やウイスキーなども造っております.とくに焼酎のキンミヤは関東でも居酒屋などで取り扱いされているところもあり,広く愛飲されている一方,清酒についてはどちらかと言えば地元志向.それでもモンドセレクション等色々な賞を受賞し,がんばっているところです.

冷酒,熱燗で飲ス.うまい!
冷酒で飲むとほんのり米の旨味がしてきます.雑味を若干感じる程度で全体的にスッキリしていて飲み易い印象を受けます.熱燗にして飲むと,アルコール臭が結構してきます.飲んだ印象としてはとてもコクが出てきていろいろな味わいなんですが,濃すぎる事は無く,あくまでもあっさりスッキリした状態を維持してくれます.ちびちび飲んでも口の中に味わいは広がってくるので,とても気分良くお酒を飲めてしまいます.食中酒なんかに合いそうな雰囲気のお酒でした.

近くのイオンのリカーショップで購入.値段が安いわりに包装が豪華であったりします.愛知県内でも比較的見かけることが多いですが,保存状態は不明なところが多いです.多分常温保だと思います._
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別