榮一「山廃純米生原酒」(林本店)

DSC03923.jpg
銘柄:榮一「山廃純米生原酒」
製造:林本店
種類:純米
酒米:秋田酒こまち

この蔵で年に2回しか出てこないお酒.といっても山廃純米酒自体はそこまで珍しいものではないと思うのですが,この蔵では少し前から山廃を試しているのだそうです.

冷酒,熱燗で飲ス.うまい!!
口の中に入ってくると,米の旨味がぎっしりとというような雰囲気の味わいです.それでいて,あまり雑味を感じないので,飲み易い印象を受けます.辛さは普通だそうですが,アルコール度が少し高めのためか口の中が以外にピリピリしてきます.でもやっぱり辛口とまでは行かないかなぁといった感じで飲み易いです.生原酒でしたが,熱燗でも飲んでみました.これまた味わいが少し変わりコクと甘みが少し増した感じがしますが,飲み易さはさほど変わらないのでドンドン飲んでしまいます.それでいて深みのある味わいを楽しめるお酒でした.

岐阜から通勤している同僚にお願いして買ってきてもらいました.
スポンサーサイト

辯天「純米吟醸生原酒」(後藤酒造店)

DSC04239.jpg
銘柄:辯天「純米吟醸生原酒」
製造:後藤酒造店
種類:純米吟醸
酒米:出羽燦々

良く行く酒屋さんにはいつも置いてあったのですが,読み方がわからないので後回しにしていました.しかし今回初めて購入してみました.決め手は出羽燦々.一度出羽燦々から作るお酒が飲んでみたかったのです.

冷酒で飲ス.うまい!!
香りは純米吟醸の割には香り高い印象.吟醸酒の様な香りと違い米の様な香りなんですが,上品で気品のある香りなのでとてもおいしそうに感じます.一口飲んでみれば,フルーティーで生酒なのでフレッシュな感じがとても強くなっています.バナナの様な味わいがして大変おいしいです.少し辛口なんで飲んだ後にピリピリ感がくるのですが,バナナ味の後で来るピリピリはちょっとしたアクセントですね.後味もその味わいが続いているので,いつまでもその余韻を楽しむ事ができます.アルコール度は少し高いだけですが,そんな事も忘れて飲んでしまえるお酒でした.

いしはら酒店で購入.辯天と書いて「べんてん」と読むそうです.買った後で初めてしりました.

白馬錦「雪どけ吟醸」(薄井酒造)

DSC04241.jpg
銘柄:白馬錦「雪どけ吟醸」
製造:薄井商店
種類:吟醸
酒米:美山錦

白馬錦といえば長野を代表する銘柄の一つで,比較的知名度も高いお酒だと思います.その中で貰い物ですが,吟醸酒を頂いたので飲んでみました.スペック的には大吟醸といっても良い内容ですし,小さくしにくい美山錦をそれなりに精米しているのがポイントですかね.

冷酒で飲ス.うまい!
とても香りの良いお酒です.いわゆる吟醸香がしっかりとあるタイプだと思います.飲んでみると飲み口は軽めで飲み易く,とてもアッサリしている印象です.さわやかな感じの味わいは何度飲んでも飽きが来ません.とてもスッキリしていて料理の味を邪魔する事無く口の中にするすると入ってくる印象のお酒でした.

貰い物なのでどこで購入したかは不明です.白馬錦で吟醸酒といえばこれだけなので,手に入れ易いお酒であると思います

美濃菊「特別純米酒」(玉泉堂酒造)

DSC02901.jpg
銘柄:美濃菊「特別純米酒」
製造:玉泉堂酒造
種類:純米
酒米:ひだほまれ

玉泉堂酒造は養老孝子伝説で有名な養老の滝のある,岐阜県養老町にある酒蔵です.「醴泉」や「無風」などの有名なブランドが特約店向けに卸されいますが,それ以外では「美濃菊」や「玉菊」が流通しています.そんななか,たまたま目に入ったので買ってみました.

冷酒,熱燗で飲ス.うまい!
冷酒で飲むと,結構あっさりした味わいを持つお酒だなぁと言う印象です.辛口でも甘口でもない普通な感じがとても飲み易く,飲めばしっかりと米の旨味が効いていておいしいです.どちらかといえばまろやかな正確のお酒かなぁという感じです.そのご熱燗で頂きましたが,日本酒の香りが結構するようになり,味わいに深みが出てきます.口の中に入れれば旨味が口の中全体に広がってくるのがわかります.それでいて飲みにくさはあまり感じず,むしろさらにまろやかになり飲み易いかなぁって印象です.といってもあっさり感は全くなくなりますけどね.まだまだ寒い日がある季節なので,料理と一緒に楽しく飲んで暖かくなれる,そんなお酒でした.

パレマルシェで購入.高級スーパーでなくても見かける事が多いお酒です.岐阜のスーパーだと結構簡単に手に入ります.お値段もそこそこ手頃です.

斬久郎「特別純米芳醇辛口」(宮島酒造)

DSC04157.jpg
銘柄:斬久郎「特別純米芳醇辛口」
製造:宮島酒造
種類:純米
酒米:美山錦

伊那にある宮島酒造.以前は日本酒の中に入っていた防腐剤を全国で一番速くに廃し,純米にこだわり酒造りを行っている蔵です.使う米も無農薬で地元の物が多く,ほぼ美山錦を使っている程の徹底ぶりです.この蔵の作る日本酒は「信濃錦」がメインなんですが,一部の地酒専門店などに下ろしているお酒が,この「斬久郎」なんです.以前から飲んでみたかったので,いってみました.

冷酒で飲ス.うまい!!
少し吟醸香にもにたお酒に香りが微かに感じられます.とても旨味のあるお酒です.少し果実の味を感じられますが,その後で米の旨味がしっかり感じられる味わいが口の中に広がります.辛口という事ですが,よくある,淡麗辛口といった味わいとは全く違った味わいです.旨味がしっかりしているので辛口は少し控えめな印象を受けました.まさに芳醇という言葉がぴったり合うのかもしれません.それでいて,後味がとてもスッキリしているから驚きです.名前の通り,まさに”斬れ”の良いお酒だと思います.二口目以降でもその味わいが変わる事無く,口に入れたらしっかり旨味,次ぎ飲む時はスッキリ.これなら料理の味を邪魔せずに日本酒を楽しめます.名前から連想される味わいとは良い意味で少し違った,とてもおいしいお酒でした.

知多繁で購入しました,この日はなかなかどれを買うか決まらず,意味も無く店の中をうろうろして怪しまれました.たまたま冷蔵庫の中で見かけた瞬間にコレだ!と思い買ってしまいました.

木曽のかけはし「生原酒しぼりたて」(西尾酒造)

DSC04116.jpg
銘柄:木曽のかけはし「生原酒しぼりたて」
製造:西尾酒造
種類:本醸造
酒米:トドロキ

木曽路は古くからの街道であるので,造り酒屋も幾つか存在します.その内の一つが西尾酒造です.他のメーカーと比べるとあまり大きな蔵の印象はありませんが,江戸時代から酒造りを続けている老舗の酒蔵です.銘柄の由来となる「木曽のかけはし」は木曽街道において難所の一つであったかけはしに由来します.現在も国道19号のすぐ下に当時の石垣が残されています.そんなお酒を買ってみました.

冷酒,ロックで飲ス.うまい!!
本醸造の生原酒ってありますが良い意味で期待を裏切られます.開けた瞬間から吟醸香とも言える果実の様な香りがしてきます.一口飲んでみるとメロンのようなフレッシュな味わいが口の中に広がってきます.本当に本醸造?って驚いてしまいます.その後で米の旨味を十分に感じる事ができ,少しピリ辛な味わいへ変化していきます.生原酒でアルコール度が高いはずなのに,とても口当たりは柔らかく大変飲み易いお酒です.その後でラベルにロックもおすすめと書いてあり,試してみましたが,これまたうまい.とてもフルーティーで飲み易さがさらに強調されるとともに,かなりアッサリしてくるので,どんどん口の中に入ってきて大変危険です.完全にアルコール度が高いことを忘れてしまう程に飲み易く,味がしっかりと感じられるお酒でした.

道の駅「大桑」で購入しました.冷蔵保存されていなかったので少し心配しましたが,3月にしぼったばかりだったので心配は皆無でした.この値段でこの味は大変満足です.

宮寒梅「純米吟醸 45% 袋吊るし」(寒梅酒造)

DSC03779.jpg
銘柄:宮寒梅「純米吟醸 45% 袋吊るし」
製造:寒梅酒造
種類:純米吟醸
酒米:美山錦

震災にも負けず,新酒をがんばって作られたそうです.そして作られたお酒の一つです.前回飲んで,完全にファンになってしまった宮寒梅を見かけたので即購入でした.

冷酒で飲ス.うまい!!
栓を開けるととてもフルーティーな吟醸香が漂います.そこまで強くなく上品にほんのり香る感じです.飲んでみると一口目からの印象としてはとてもフルーティー.米で作られているとは全く思えない程,果物系の味わいが口の中に広がってきます.とてもアッサリして軽快な気品のある味わいで,いつまでも口の中にしつこく残る事は皆無です.忘れた頃にピリっと少し辛口を感じられますが,そのときには既にもう一口飲んでいるか,食べ物を味わっているので気になりません.さすがは袋吊るしだなぁと思わせるフレッシュな味です.日本酒が苦手な人にも飲み易いと思わせる程の飲み易さを持つ,とても上品な味わいのお酒でした.

いしはら酒店で購入しました.宮寒梅は人気らしく,すぐに売り切れてしまうそうです.

小左衛門「山廃無濾過生原酒」(中島醸造)

DSC03925.jpg
銘柄:小左衛門「山廃無濾過生原酒」
製造:中島醸造
種類:本醸造
酒米:不明

私は本醸造酒否定派ではありません.皆がよく言うアル添の考えは古いと考えているからです.日本酒の消費量がとても減少してしまい量を売る時代では無くなった現在において,量を増やす目的で添加するのは時代遅れだと言えます.しかしながら現在でも大半の蔵が醸造用アルコールを使用しています.それは醸造用アルコールは純米酒という「素材」を「調理」するために使用しているに他なりません.添加物と文句を言うのであれば速醸系は純米であっても添加物が使われており,生酛か山廃以外の日本酒はすべて添加物入ということになります(ちなみに醸造酒であるワインであっても添加物は使われてます).
日本は古くから魚や野菜などの「素材」を様々な方法で保存する文化を持っています.日本酒であっても例外ではありません.これは「和」の国ならではと思っています.色々なものが足し算(和)されて調”和”がとれる日本独自の文化であり,日本酒(SAKE)も日本独自のものである.そのため外国のワインやリキュールに当てはめようとする行為自体愚かであると思っています.
前置きがとても長くなりましたが,小左衛門で唯一の本醸造酒(といっても生原酒ですが)です.珍しかったので即買いしてみました.

冷酒で飲ス.うまい!!
とても濃厚な味わいのお酒です.飲んだ瞬間からトロリと濃厚な味わいが口の中全体に広がってきます.日本酒度が−3と甘口系ですが,飲んでみると以外と口の中がピリピリしてきます.いつまでも喉の奥の方までピリピリしています.その中でも米の旨味がちゃんと感じられ,何度も飲みたくなってしまいます.本醸造酒らしくすっきりした感じが少しあるため,余計に米の旨味が感じられるように思えました.アルコール度が高いので,旨いと思って飲んでいるとあっという間に酔ってしまうお酒でした.本醸造酒否定派の人にも飲んでみてはと勧めたくなるお酒でした.

フランテで購入.高級スーパーなので保存状態も問題ありません.ここでは小左衛門も数種類おいてあるので選ぶ楽しみもあります.

出羽桜「大吟醸本生」(出羽桜酒造)

DSC03634.jpg
銘柄:出羽桜「大吟醸本生」
製造:出羽桜酒造
種類:大吟醸
酒米:山田錦

山形にある酒蔵です.創業は明治25年でそんなに古くはありません.もともと地元向けのお酒を作っているところでしたが,時代のニーズに合わせた柔軟な酒造りもされています.海外進出にも意欲的で,つい最近ではイギリス王室御用達のワインショップに初めて置かれた日本酒であったり,TDLのホテルで取り扱いが始まったりしています.中部地区でも比較的見かける事は多く,山形のお酒では最も購入しやすいお酒だと思います.

冷酒で飲ス.うまい!!
開けた瞬間から.吟醸香が漂います.注ぐたびに漂う匂いだけで幸せになれそうです.飲んでみると,飲み口は比較的軽くてスッキリしたものです.雑味は殆ど感じないとてもクリアな味わいです.後味もとてもスッキリしているので,次に口にいれても,最初と同じ様な味わいを堪能する事ができます.300mlを購入したのですが,一瞬でなくなってしまいました.

パレマルシェで購入.酒屋だけでなくスーパーでも手に入れ易いお酒だと思います.中部地区では山形のお酒の中でも最も見る機会が多いと思います.

朝日嶽「豊」(日野屋商店)

DSC04101.jpg
銘柄:朝日嶽「豊」
製造:日野屋商店
種類:大吟醸
酒米:若水

昨日は震災1年後であったので勝手に休肝日としていました.次の日には被災地(とくに津波や原発の影響のあったところ)の日本酒を飲もう!なんて思っていたのですが,急な出張などなど仕事が忙しく買う事ができませんでした(涙).その代わり出張先の酒屋で購入したお酒を飲みました.「豊」の名前の通り,復興して豊かさが戻ることへの願いをこめて.

冷酒で飲ス.うまい!!
飲んでみると,初めの飲み口はとてもアッサリした印象を受けますが,その後で口の中に米の旨味が広がってきます.この味わいに雑味は殆ど感じられずとてもスッキリした印象です.いつまでも口の中に残っていると幸せなだなぁなんて思っているとスーと引いてきて,また飲みたいという気分にさせてくれます.山廃仕込みならではの芳醇な味わいを持ちつつもアッサリした味わいは,なかなか飽きませんし色々な料理とも相性は良さそうでした.

リカプラで購入.東三河のお酒だけでなく,色々なところのお酒も取り扱っていました.そういえば最近奥三河へあまり行ってないので,また余裕があれば行きたいですね.
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別