御幸鶴(武内酒造)

DSC00113.jpg
銘柄:御幸鶴
製造:武内酒造
種類:普通酒
酒米:不明

妻がたまたま料理用ということで実家からもらってきたお酒です.料理用酒では無く,普通のお酒でしたので味見がてらについつい飲んでしまいました.

熱燗で飲ス.うまい!
はじめは冷酒で飲んでみましたが,そこそこアッサリしているお酒で,すこし雑味が気になるかなっていう印象でした.熱燗にすると味わいが結構変貌します.とてもコクのある味に早変わり.飲んでいて暖かい甘み,旨味のある感じで,体がドンドン暖まってくる感じです.鍋しながら熱燗でちびちびと飲むのがとても合いそうなお酒でした.

貰い物なので不明ですが,多分おちょぼさんでもらってきたものと推測されます.ちなみにこのお酒は半分は飲みましたが,残りは料理用として使われることになってしまいました.もったいないと思いつつも,妻のものなので文句は言えませんでした.残りも酒蒸しで大半は消えましたが・・・・・・
スポンサーサイト

信濃鶴「純米稲穂」(長生社)

DSC04911.jpg
銘柄:信濃鶴「純米稲穂」
製造:長生社
種類:純米
酒米:美山錦+白樺錦?

信濃鶴といえば駒ヶ根にある酒蔵です.全量純米酒にこだわる少量品質の蔵で地元向けのリーズナブルなお酒だけでなく,関東地方へも出荷されているようです.ブログが有名ですが,それ以上に味で人気のあるお酒としても知られています.地元の米にこだわりがあり隣町の飯島周辺か安曇野周辺の美山錦を好んで使い,純米にこだわり2001年より全量純米に切り替えたようです.前から飲んでみたかったのですが,良く行く道の駅にて見かけたので即買いです.

冷酒で飲ス,うまい!!
香りは無臭に近い印象でした.一口のむと初めに出てくる一言は「うまい!」って感じです.とてもスッキリ滑らかな舌触りのお酒で大変フルーティーな味わいです.本当に純米酒?っと疑いたくなる程,飲みはじめのクセが少なくスルリと口の中に入ってきます.メロンにも似た味わいを堪能していると少しずつ米の旨味を感じられるようになってきます.辛すぎず甘すぎず,旨味が口の中に広がっていくところはとても心地よく,余韻に浸ってしまうところです.いつまでも幸せな気分が続いてしまうお酒でした.すこし常温にして飲むと,コクが出てきますが,すこしピリピリ感が強くなってくる印象でした.

道の駅「花の里いいじま」で購入しました.日本酒のそろえが良い時は伊那あたりまでの日本酒が置いてあるので毎回買うのに困ります.常温保存で吟醸クラスまでしか置いていないので,大吟醸クラスを購入するには不向きです.隣のコンビニには冷蔵保存のお酒も置いてあるのに・・・・・

東龍「秘蔵」(東春酒造)

DSC01909.jpg
銘柄:東龍「秘蔵」
製造:東春酒造
種類:本醸造
酒米:山田錦

名古屋の北にある酒蔵です.前回の純米大吟醸なんかはなかなか置いてあるお店が無いのですが,このクラスになると酒屋からスーパーまで色々なところで目にする事ができます.いわゆる普段飲みのお酒といった役割でお値段も手頃なので購入してみました.

冷酒,熱燗で飲ス.うまい!
山廃仕込みの本醸造だそうですが,そこそこスッキリしていて飲み易い印象です.サーと口の中に広がってくるところがまたいいですね.飲み口も全体的に軽めで引き際も良いです.米の旨味は飲み易さの影に隠れていますが,よくよく味わってみれば十分に感じられる程です.熱燗にした方が米の旨味がわかり易い印象です.料理の味を全く邪魔する事なくおいしく頂けるので,食中酒として良く飲むのに良いと思いました.

近くのマックスバリューで購入.上記の通りで色々なところに置いてある気がしますので比較的手に入れ易いお酒だと思います.

酒屋八兵衛「山廃純米酒 酒米伊勢錦使用」(元坂酒造)

DSC04592.jpg
銘柄:酒屋八兵衛「山廃純米酒 酒米伊勢錦使用」
製造:元坂酒造
種類:純米
酒米:伊勢錦

三重県は酒米の産地としても知られ,山田錦の親である山田穂の産地が三重県の伊勢市山田地区であることが有名なところでしょう.そんな町では伊勢錦という大粒の米も作られていました.しかし戦争による食料不足から,背が高い伊勢錦よりも,品種改良された食用米が作られるようになり,伊勢錦は昭和25年に姿を消してしまったそうです.その米を復活させたのが元坂酒造で,日本酒を作り始めました.まさに地酒というにふさわしいお酒であると言えます.

冷酒,ひやで飲ス.うまい!!
香りはそんなに強くはなく,ほんのりと日本酒の麹の香りがする程度です.飲んでみると一口目はやや強い刺激を感じますが,二口目からは思いのほかあっさりした味わいを感じます.山廃純米酒ですが淡麗辛口という言葉がぴったりな気がします.ただし本醸造酒と違ってスッキリしておらず,透明感のある米の旨味が口の中全体に広がってきておいしいです.その後は常温くらいまで戻して飲んでみましたが,少し刺激が和らぎ飲み易くなってきます.クリアーな感じはそのままに旨味が少し強く感じられ,おいしいですね.後味は何となく甘い感じが残り幸せな気分にもなれるお酒でした.

マルアで購入.元坂酒造のお酒も複数取り扱っているので,迷ってしまうのが難点です.

今錦「本醸造 完熟生原酒」(米澤酒造)

DSC04910.jpg
銘柄:今錦「本醸造 完熟生原酒」
製造:米澤酒造
種類:本醸造
酒米:美山錦?

愛知県と比べ桜の咲く季節が1週間程遅い中川村.花見の時に見かけて買ってみたお酒です.生酒ですが瓶詰めしてから半年熟成させてから販売したものです.瓶詰め自体が2011年6月なので,だいぶ熟成されたお酒と思われます.一応冷蔵保存されているので,問題はなしです.

冷酒で飲ス.うまい!
開けた瞬間の印象としてはあまり香りがする事はなく,あくまで普通な感じです.飲んでみると初めからキツイ刺激のある印象を受けます.口の中はピリピリでなかなか驚かされます.アルコール度が20〜21度だから当然ですね.しばらくしてから飲んでみると,少し口の中が慣れたのかピリピリは少し減少し,隠れていた米の味わいが口の中に広がってきます.後味は思いのほかスッキリしていますが,ピリピリ感は結構長く残っています.刺激の強いお酒が好きな人向けな印象を受けるお酒でした.

望岳荘で購入.桜が満開でとても綺麗でした.

銀嶺「立山」(立山酒造)

DSC01829.jpg
銘柄:銀嶺「立山」
製造:立山酒造
種類:本醸造
酒米:五百万石+山田錦

白い磨りガラスの瓶がなんともおしゃれな日本酒です.といっても購入するときは大抵化粧箱に入っていますけど.で,立山は色々なところで目にする機会が比較的多い日本酒で,富山県最大の酒蔵と言われています.富山県の居酒屋で立山を置いていないところは無いという位のシェアを誇るそうです.ここががんばったおかげで兵庫や京都の大手メーカーが富山に進出するのを阻止したため,富山は比較的小さな酒蔵も多く残る独自の日本酒文化を持った県となったようです.ちなみにここの蔵は大学のキャンパスみたいな蔵で,日本酒を作っているとは思えません.ホームページもとてもおしゃれで,これまた同様です.

冷酒,ひやで飲ス.うまい!
とてもスッキリしたお酒です.飲み口はとても軽快で飲み易く,飲んだ後もスーと引いてきて,また次に飲む時には口の中がリセットされている感じですね.主張はそんなに強くない日本酒ですが,そんな中でも米の旨味をかすかに感じ取れます.比較的薄味の料理と相性が良さそうです.料理の味を邪魔する事無く,それでいて日本酒に感じられる微かな旨味がより一層料理を引き立ててくれるような印象のお酒でした.そういえば富山といえば海の幸が多そうなイメージなので,刺身とかそういった物に合いそうです.逆に味の濃いものとは相性はイマイチの様な印象でした.

酒のすぎたで購入.スーパーでも比較的目にする機会が多いお酒だと思います.

渓流「朝しぼり出品貯蔵酒」(遠藤酒造場)

DSC04344.jpg
銘柄:渓流「朝しぼり出品貯蔵酒」
製造:遠藤酒造場
種類:本醸造
酒米:白樺錦

新聞に包まれている時点で何となくおいしいのかなと思わせるお酒です(まぁ完全に視覚的なものなんでしょうが).以前もここの蔵のお酒を飲んだときに,なかなかでしたので,今回も購入してみました.

冷酒で飲ス.うまい!
香りは何となく麹の香りですが,そんなに強い物ではありません.ほんのり香る程度で気づかないかもしれませんね.飲み口は氷高熟成酒と比べると濃厚な感じがします.一口飲むとマッタリとした濃厚な味わいが舌の上に座りこんでくる感じです.甘口な感じでいつまでも口の中にその味わいが続きます.本醸造にしてはスッキリ感はあまり感じず,純米の様なコクのあるお酒に感じました.濃い味わいが好きな人に受け入れられそうなお酒でした.アルコール度が高いのですが,軽快に飲める感じではないのでちょうど良いです.

酒のすぎたで購入.冷蔵保存されているので安心です.300mlサイズが用意されているので買い易いです.

天領「無濾過生原酒ささにごり」(天領酒造)

DSC04593.jpg
銘柄:天領「無濾過生原酒ささにごり」
製造:天領酒造
種類:純米吟醸
酒米:ひだほまれ

冬季限定のお酒です.以前酒蔵見学したときに少し飲ませていただいたお酒でした.その時は別のお酒を購入しましたが,このお酒を見る機会が今まで全くなく,実際普通に飲むのに数年かかってしまいました.そういえばまた天領のお酒はコンセプト表示のものでしたね.定番ではありませんが,それがまたいいんです.

冷酒で飲ス.うまい!!
瓶の中身には少し濁りがついています.かすかな吟醸香が漂いながら,少し濁りの入ったお酒を口にすると,初めに思う事は,濃厚でマッタリした甘い味わいです.終止甘口が口の中に広がっています.このマッタリした,少ししつこい感じが少しクセになりそうです.酸味が少し効いているので若干ピリっとしますが,それ以外は甘さを感じられるお酒です.原酒でアルコール度が少し高めなことを忘れ.この甘さにひかれ調子にのって飲んでいると後で大変な目に遭いそうですね.ラベルもおしゃれで,かすかに濁りのはいったところもいい雰囲気で,いつもとは違った雰囲気で飲めるお酒でした.

マルアさんで購入しました.相変わらず天領酒造のそろえは良いですね.

幻の瀧(皇国晴酒造)

DSC01936.jpg
銘柄:幻の瀧
製造:皇国晴酒造
種類:吟醸
酒米:五百万石

たまに飲む時に便利な1合瓶シリーズ.日本全国のお酒があるので,なかなか面白いです.ただし殆どがレギュラー商品では無いためか蔵元のホームページにも載っていないことが多く,どんなお酒かは買ってみないとわからないのが多いです.今回は幻の瀧を選択してみました.

冷酒で飲ス.うまい!
日本酒の香りが僅かに感じられます.飲んでみると比較的あっさりした味わいです.サラリとして飲み易く,雑味もそんなに感じられませんでした.後味もスッキリしていて軽めのお酒かなぁという印象です.1合瓶なので飲み過ぎてしまう事も無いのも良いところですね.

パレマルシェで購入.次回は普通に売られている幻の瀧を買って飲んでみたいかなぁ.

駒子雪(新潟銘醸)

DSC08133.jpg

銘柄:駒子雪
製造:新潟銘醸
種類:吟醸
酒米:こしひかり

以前湯沢を訪れた時に購入したお酒です.少し前になってしまいますが,冷蔵保存していたので問題無いでしょう.このお酒は多分,越後湯沢駅限定のお酒だと思います.新潟銘醸と言えば,愛知県なら越の寒中梅なんかが良く置いてありますが,蔵元のホームページをみてもレギュラー商品ではなさそうだからです.限定品といえば響きは良いですが,お土産用というと少し興ざめーはしませんが,名前の「駒子」に引かれて購入しました.湯沢で駒子といえば有名ですね.

冷酒で飲ス.うまい!
とてもスッキリした味わいのお酒です.吟醸香が少し漂う中飲んでみれば少しピリっと来た後でソフトな日本酒の味が広がります.そう思っているとスーと口の中から引いてきて,そして消えていきます.雑味も押さえられさっぱりしたところが軽快で比較的飲み易いお酒でした.

越後湯沢駅にあるぽんしゅ館のお土産やで購入しました.山積みされておいてあり,比較的安価であるから購入し易いと思います.
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別