純米酒「EICHI Sweet」(林本店)

DSC06338.jpg
銘柄:純米酒「EICHI Sweet」
製造:林本店
種類:純米
酒米:不明

日本酒の可能性を求めて従来の方法のみならず新たなお酒を探求している蔵です.その中でも一際目立つお酒が「EICHI Sweet」ですね.飲んでみたかったので家の料理が洋食の時にタイミングを合わせて開栓しました.

冷酒で飲ス.うまい!
一口飲んだ瞬間「なんじゃこりゃ!!!」って感じです.よくある日本酒を想像して飲むと完全に裏切られます.本当に純米酒?と疑いたくなる味なんです.とても濃い果実酒そのものといった味わいです.日本酒というよりは梅酒に近い程です.米だけでコレだけフルーツのようになるのかと疑問が出てくる程です.超甘口で白ワインと間違えそうな御代桜醸造の御代桜「淡桜咲」の日本酒度−25を遥かに超える日本酒度−70は半端ではありません.超絶甘口の日本酒です.サイダーとかで割ってカクテルですといっても誰も疑う事はないでしょう.むしろ日本酒ですと行った方が驚かれるお酒です.これを飲んだ後は驚きとともに日本酒が世界で最も優れたお酒であると再認識させられると言わざるを得ません.とてもバリエーション豊で米のみでワインや梅酒の様な味まで造る事ができるものは他にないでしょう.日本酒の可能性は味の完成度をあげるだけでなく,まだまだ色々な方向性に可能性が残されているという期待が持ててしまう,そんなお酒でした.そんなわけで万人受けするお酒ではありませんので注意は必要ですが.

酒のあおきで購入しました.
スポンサーサイト

越乃景虎「なまざけ」(諸橋酒造)

DSC06336.jpg
銘柄:越乃景虎「なまざけ」
製造:諸橋酒造
種類:本醸造
酒米:五百万石+新潟早生

越乃景虎といえば新潟で有名で人気のあるお酒の一つです.中部地区においても色々な酒屋さんで見かける程メジャーな酒だと思います.名前の由来はもちろん上杉謙信ですね.元服名である長尾景虎に由来します.これは蔵のある栃尾市に幼少期の上杉謙信が過ごしたからとされています.名前の由来まで超絶な越乃景虎で生酒を発見したので即買いです.

冷酒で飲ス.うまい!!
香りは微かにする麹の香りで殆どわかりません.一口飲むととてもフルーティでさわやかな味わいが口の中にすぐに広がってきます.少し辛口で喉越しは良く,大変スッキリしています.何度口にしてもこのスッキリ感は変わらず何度でもフルーティな味わいを堪能する事ができます.下手な大吟醸のお酒よりも正直おいしく感じてしまいます.クセのない透明感のあるお酒で夏にあっさりと飲むのに丁度良く,逆に飲み過ぎてしまう程ヤミツキになってしまうお酒という印象でした.

いしはら酒店で購入.冷蔵庫保管なので品質には問題無し.4号瓶の他に300ml瓶もあるので飲みきるには丁度良いです.

勲碧「手作り純米酒」(勲碧酒造)

DSC06239.jpg
銘柄:勲碧「手作り純米酒」
製造:勲碧酒造
種類:純米
酒米:不明

あいかわらず難解な名前の「くんぺき」酒造のお酒です.家族規模で少量生産ながらもこだわりをもって酒造りを行っています.年間300石程ながらも,県内では比較的流通があるお酒です.前回はコンビニで買いましたが,今回はスーパーで見かけたので購入です.

冷酒,ぬる燗で飲ス.うまい!
純米ながらも比較的透明感のある味です.辛くもなければ甘くもない,なんとも言えないナチュラルな口当たりです.その後で米の旨味が感じられるようになり,全体をとおしてまろやかな印象です.クセも少なくとても飲み易い印象です.ぬる燗で飲みましたが,全体的に角がとれてさらにクセが少なくなり,米の旨味はしっかりあるがとても飲み易い感じのお酒という印象です.冷酒から燗まで好みで頂ける飲み易いお酒でした.

覚王山フランテで購入.酒屋よりかはむしろスーパーとかの方が目にする機会が多い気がするのは気のせいでしょうか.どちらにせよ地元密着型のお酒であるには変わりないです.

小左衛門「純米大吟醸赤磐雄町」(中島醸造)

DSC05986.jpg
銘柄:小左衛門「純米大吟醸赤磐雄町」
製造:中島醸造
種類:純米大吟醸
酒米:雄町

岡山県の赤磐地区でとれた雄町のみを使って作られたお酒です.赤磐市も岡山市と同様に雄町の産地として知られています.雄町は山田錦や五百万石の親種と言われ,現在の酒造好適米の半数以上が雄町の系統であると言われています.そもそも発見されたのが1859年と他の米と比べるとかなり古く,一度は絶滅の危機に瀕したくらいです.まぁそんなお米だけを使った贅沢なお酒です.

冷酒で飲ス.うまい!!
香りはほんのり華やかな吟醸香です.一口飲むと口の中にメロンの様な果実の味わいがすぐに広がってきます.それでいて米の旨味が凝縮されていて,甘さを感じつつも辛くもあり,苦くもありといったとても複雑な味の印象.メロンのような味がするのに奥の方ではピリピリと刺激があるような雰囲気でしょうか.それでいて飲みにくさは皆無でいくらでも飲めてしまう危険性を秘めています.これだけしっかりと旨味が感じられるととても良いですね.大吟醸でありながら,料理は濃いものの方が合いそうな感じです.単品でこの超バランスのとれた複雑な味を楽しむのも良いですが,料理と共に飲んでもとても満足の行くものだと思います.なかなか濃厚でしつこいと言われるかもしれない味わいですが,それでいて大変飲み易く誰にでも受け入れられそうなお酒でした.

覚王山のフランテで購入.4号瓶で2000円以下でこの味わいならかなりCPは高いです.

嘉美心「酒々のはさらさら 初呑み切り」(嘉美心酒造)

DSC06137.jpg
銘柄:嘉美心「酒々のはさらさら 初呑み切り」
製造:嘉美心酒造
種類:純米
酒米:不明

日本名門酒会の企画で初呑み切りを一つのイベントとして行ったものからできたお酒です.七夕頃においしくなるお酒を投票で決定し七夕限定酒として売り出したものだそうです.日本名門酒会所属の蔵がそれぞれ行い,名前も「ささのはさらさら 初呑み切り」として(統一はされていませんが)売り出しています.その内,西尾のやっこ酒店が選んだのは嘉美心のタンク28号なんだそうです.そうとは知らず何となく買ってみたお酒です.

冷酒で飲ス.うまい!
飲んだ瞬間にとてもフレッシュでフルーティな口当たりな印象です.少し刺激のある感じが尖っている雰囲気を醸し出しています.飲んでいると口の中には米の旨味が感じられ,初めのフルーティな感じとは全く違った,複雑な味わいを見せてくれます.バランス云々よりもフレッシュで旨味のあるクセのあるお酒といった印象で,後味も旨味がいつまでも残り,単純に飲み易いだけのお酒ではないなと思わせる所があります.濃厚な味わいが好きな人が好みそうな味でした.

やっこ酒店で購入.色々と説明が書いてありましたが,肝心のお酒の事は何も聞かずに完全にインスピで購入.なのであとからネットで調べた程度でしかわかりませんでした.

喜楽長「辛口純米吟醸」(喜多酒造)

DSC06036.jpg
銘柄:喜楽長「辛口純米吟醸」
製造:喜多酒造
種類:純米吟醸
酒米:山田錦

連休中に竜王アウトレットに行きましたので定番のお土産やで購入です.喜楽長の純米吟醸は初めて見たのでその場の勢いで購入です.

冷酒で飲ス.うまい!!
香りは僅かに香る麹の香りです.日本酒度+14が示す通り,とても辛口で飲んだ瞬間から驚かされます.口の中がヒリヒリしてくる感覚はなかなかです.それでいて透明感のあるストレートな味わいは辛口を引き立たせており,雑味は一切感じないため大変飲み易いお酒に仕上げられている印象です.そのため飲んだ瞬間の印象は淡麗辛口なんです.しかしながらその後で口の中に僅かに残る米の旨味が何とも言えない心地よさがあり,いつまでもお酒の味わいを堪能する事ができます.淡麗超辛口ですがアッサリし過ぎない,何ともうまいお酒という感じでした.

竜王アウトレットのお土産やで購入.常温保存で販売していましたが,飲む前は冷やしてから飲みました.

ふじや利兵衛(内藤醸造)

DSC00709.jpg
銘柄:ふじや利兵衛
製造:内藤醸造
種類:普通酒
酒米:不明

料理用に探していた所,米だけで作られたお酒っとラベルにあり,少し味見もしてみたいと思いつつ購入したものです.米だけで作られているはずなのに,特定名称酒ではなく普通酒となっているのが?なところです.精米歩合にかかわらず米だけで作られるお酒は純米酒と言って良い事になっているはず.ウーン不明です.米で作った醸造用アルコールを使っているということなのでしょうか?

冷酒,熱燗で飲ス.うまい!
冷酒で飲むと案外スッキリしているのですが雑味が多い感じで若干飲みにくいかなという印象です.ちょっとツンと辛い感じも感じられますが,全体的にはぼやけた味といった感じです.熱燗にすると結構甘口となり飲み易いお酒になる感じです.味にコクも出てきて旨味もでてきて,冬に鍋と一緒に飲むととてもおいしいのではと思うお酒です.個人的には熱燗にする方が行いけてるのではと思います.夏よりも冬に飲む方が良さそうお酒でした.

マックスバリューで購入.自分用では無く妻の料理用に買ったものなので,値段が手頃なものという感じで購入しました.

母情「吟醸一豊の妻」(平野醸造)

DSC05979.jpg
銘柄:母情「吟醸一豊の妻」
製造:平野醸造
種類:吟醸
酒米:五百万石+華越前

山内一豊の妻である千代の出身地は郡上市であったと言われています.それを記念して作られたお酒がコレなんだそうです.なかなか母情は見かけないお酒だったので即買いしてしまいました.

冷酒で飲ス.うまい!
香りはさわやかな吟醸香です.香りを楽しみながら飲んでみると初めからピリッがある辛口.それでいてフルーティな味わいが後から来るタイプの様です.何度も口にしてピリ辛に慣れてくると少しメロンのような感じがする米の旨味が見えてきます.その後は味は変わらず,非純米でありながらも味わいの深いお酒という印象です.あまりアッサリした清涼感は得られず,どちらかと言えばどっしりと味があるお酒で濃い味付けの料理と相性が良かったです.アルコール度が僅かに高いため,飲んでいると思っているよりも酔いが早くくるお酒でした.

酒のあおきで購入しました.相変わらず痒い所に手が届くラインナップには頭が上がりません.有名どころを集めただけの酒屋とは違う,楽しめる酒屋さんです.

奥羽自慢「山田錦純米酒」(佐藤二左衛門酒造場)

DSC02512.jpg
銘柄:奥羽自慢「山田錦純米酒」
製造:佐藤二左衛門酒造場
種類:純米
酒米:山田錦

山形の鶴岡にあった酒蔵のお酒です.品評会でも常連であった所ですが,社長が亡くなり,後継者がおらずに廃業してしまいました.その後一族内でゴタゴタがあったのか杜氏がいるにもかかわらず酒造りを辞めてしまったようなのです.大変残念なんですが仕方がありません.で,このお酒は残っているものを分けてもらったものなんです.飲むのがもったいない気がしないでもないですが,少し喜ばしいこともあったので飲みました.

冷酒,熱燗で飲ス.うまい!!
とてもしっかりと米の旨味があるお酒です.その旨味も大変透明感があり,すっきりとした中に旨味ありといった感じです.クセが無くストレートにうまいと思わせるレベルです.口の中に残る味わいもまたとてもスッキリしていて嫌な感じは一切感じさせず,とても幸せな気分になれます.熱燗で飲んでも,その味わいが大きく変わる事が無くとても飲み易く,少し甘さがでてきてこれまたうまい.色々な味わいが高次元でバランスしているお酒です.料理があっても邪魔せず,無くても弱すぎず,オールマイティな印象のお酒でした.

職場の後輩から頂きました.大変貴重なお酒をどうもありがとうございます.ちなみに杜氏であった佐藤勝氏は「やまと桜」を醸す佐藤佐治右衛門に移籍されたようなので,またおいしいお酒に巡り会えるとうれしいですね.

天狗舞「山廃仕込純米酒」(車多酒造)

DSC05934.jpg
銘柄:天狗舞「山廃仕込純米酒」
製造:車多酒造
種類:純米
酒米:五百万石

初代蔵元である車多太右衛門がうまい酒を作りたいがために住んでいた所で作り出したのが始まりと言われている蔵です.創業200年弱の歴史を持ち,名前は漫画にも出てくる程で全国区のお酒の一つだと思います.そんななかで天狗舞の看板商品の一つである山廃純米酒があったので購入してみました.

冷酒,ぬる燗で飲ス.うまい!
米の良い香りが結構します.色もなかなか茶色の入った感じで濃そうな雰囲気がぷんぷんです.一口飲むと,とても濃厚で酸味の利いた味が口の中に広がります.始めのうちは刺激が強く飲みにくい印象を受けましたが,しばらく飲んでいると旨味が強くでてきて,飲みにくい事はなくなりました.むしろ始めに比べスッキリした飲み易い味に変化し,ドンドン口の中に入れられてしまう勢いです.その後でぬる燗で飲みましたが少し酸味が強くでてきて酸っぱい感じになってしまいました.味わい自体はそれほどの変化は感じられなかったので,個人的には冷酒の方がよかったかなという印象でした.飲み始めの飲みにくさとは裏腹に,続けて飲んでいるとヤミツキになってしまうようなお酒でした.

知多繁で購入.他にもありましたので色々と試したい所です.
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別