朝日嶽「おり酒」(日野屋商店)

DSC00046.jpg
銘柄:朝日嶽「おり酒」
製造:日野屋商店
種類:本醸造
酒米:不明

おり酒って言えば活性清酒で穴の開いた栓がしてある濁りのあるお酒ですね.濁り酒との違いは搾った後のお酒がおり酒なんだそうです.なので濁り成分の目が細かいのだそうです.見た目は分かりませんけどね.

冷酒で飲ス.うまい!!
香りは甘い香りです.活性清酒の割にはあまり炭酸のシュワシュワな感じはせず,すこしピリっとする程度.とてもフレッシュで甘い口当たりです.嫌な味は一切無く,あくまでフレッシュな甘さを最後まで貫き通すようなお酒です.おり酒に良くある尖った味ではなく,甘さのためか全体的にまろやかな感じに仕上がっています.日本酒を飲んでいるというよりも,本当に甘酒を飲んでいるかのような感じです.たまには趣向を変えて飲んでもいいなと思えるお酒でした.

日野屋商店で購入.
スポンサーサイト

松の花「吟醸SORA宙」(川島酒造)

DSC09980.jpg
銘柄:松の花「吟醸SORA宙」
製造:川島酒造
種類:吟醸
酒米:玉栄

琵琶湖へ行った時に購入したお酒です.なんとなくラベルが綺麗なのに引かれて購入です.

冷酒で飲ス,うまい!
香りは吟醸香というよりは米麹のしっかりとした日本酒の香りといった感じです.味わいも香りと同じようにしっかりとした日本酒の味といった所です.少し辛口でぴりっとくる口当たりでコクのある複雑な味わいです.比較的アッサリしているので飲んだ感じの軽快感はあり,後味も段々とスッキリしてくるような印象です.なかなか鍋との相性も良さそうな感じのするお酒でした.

鮎家の郷で購入,高島市のお酒なのでどちらかと言えば琵琶湖の西側の方が手に入れやすそうな感じでした.

朝日嶽「原酒」(日野屋商店)

DSC00039.jpg
銘柄:朝日嶽「原酒」
製造:日野屋商店
種類:本醸造
酒米:不明

実家へ遊びにいった時に出てきたお酒.朝日嶽って原酒あったっけ?と思いましたが特に気にする事なく飲んでみる事にしました.

冷酒,ひやで飲ス.うまい!!
香りは米麹のしっかりとした香りと言うべきでしょうか.飲んでみると口の中に濃厚でとてもコクのある味わいがガツンと来ます.下は少しピリピリでしびれますが,そのあとに口の中に残る味わいは米の旨味そのものです.いつまでもしっかりとした旨味が残ってくれるのでゆっくりと飲むのに丁度良いです.原酒でアルコール度が高いのでのんびり飲んでいてもすぐに酔いが回ってきてしまうお酒でした.

多分,日野屋商店で直接購入?不明です.

今錦「純米酒」(米澤酒造)

DSC00034_20130124233751.jpg
銘柄:今錦「純米酒」
製造:米澤酒造
種類:純米
酒米:ひとごこち

雪も降ったり,氷点下の朝を迎えたりの伊那谷.天竜川の西岸は雪に包まれ,道路以外は白銀の世界となってます.しかしながら天竜川の右岸は何故か雪が殆ど積もっておらず,田畑は普通に土がむき出し.これだけ近いのにこの差はいったいどこから来るのか,と思いつつ伊那谷ドライブしていつものところで購入したものです.

冷酒,ひやで飲ス.うまい!!
香りはほぼ無臭な印象です.一口飲むと少し辛口で米の旨味がストレートに口の中に来ます.しつこくなく,アッサリしすぎでもなく,本当に丁度良いまろやかな旨味です.この味わいはなかなか口の中に残りいつまでもこの味を堪能する事ができます.何度飲んでもその旨さは変わらずいつまでも余韻に浸る事ができます.少し薄味の料理と一緒に飲んでみましたが全く邪魔する事なくとても気持ちよく飲食する事ができました.旨味を堪能したい人には良いお酒ではないでしょうか.

望岳荘で購入.普通の純米酒と侮る事なかれ.良い味だしてます.

ほしいずみ「純米吟醸」(丸一酒造)

DSC09557.jpg
銘柄:ほしいずみ「純米吟醸」
製造:丸一酒造
種類:純米吟醸
酒米:若水

愛知県の隠れた名酒の一つとして人気のほしいずみ.県内よりもむしろ県外で人気の高いお酒です.そのなかで純米吟醸を選んでみました(以前から何度か飲んでいるのですがブログ始めてから初飲みになります).

冷酒で飲ス.うまい!!
香りはほのかに香る程度です.飲んでみるとフルーティーな味わいが口の中に一気に広がってきます.全体的にアッサリしたクリアな口当たりで果実酒を思わせるような甘い上品な味わいです.いつまでも変わる事無く何度飲んでもフルーティーです.後味もとてもスッキリしていて日本酒である事を忘れてしまう程です.万人受けするお酒で誰が飲んでも飲みやすいお酒でした.

マルアさんで購入.すぐ近くの阿久比町に行けばスーパーでも見かけます.阿久比町以外では途端に人気のお酒として品薄状態になってしまいます.

母情「しぼりたて生酒」(平野醸造)

DSC09717.jpg
銘柄:母情「しぼりたて生酒」
製造:平野醸造
種類:本醸造
酒米:不明

雪が降る中,郡上八幡へ旅に出かけたときに,ふと酒屋を思い出し購入してしまった一品です.

冷酒で飲ス.うまい!!
香りは少し日本酒の香りがするかなという程度です.一口飲むと少しフレッシュな味わいがしますがすぐにコクのある深い旨味がきます.このしっかりした旨味は本当にしぼりたてかと思う程あり口の中にじんわりと米の旨味が広がっていきます.しっかりと味のある料理や熱い鍋をかこって食べる方が完全に相性が良く,良い意味で裏切られます.しぼりたてで円熟したようなしっかりとした味わいを出してくるので完全にカウンターパンチですね.さすがは母情,どのお酒もコクのある旨味たっぷりなお酒で押してきますね.しぼりたてもしっかり味が好みの玄人向けのお酒でした.

酒のいとうで購入.母情と元文の揃えはとても良いので欲しければここへ.

富士正「純米吟醸サラ」(富士正酒造)

DSC09658.jpg
銘柄:富士正「純米吟醸サラ」
製造:富士正酒造
種類:純米吟醸
酒米:誉富士

富士正からの一本.こちらのラベルは「あさぎりフードパーク」の蔵専用のラベルです.とてもシンプルで綺麗なラベルです.誉富士を使用した純米吟醸シリーズの一つですね.

冷酒で飲ス.うまい!
香りは日本酒独特の米の香りがしっかり利いている感じです.吟醸香ではなく,あくまで普通の香りです.飲んでみるとラベルの華やかさとは裏腹にしっかりとコクがある,日本酒っていう感じのお酒です.辛さは無く,何となく甘口?な印象のお酒でコクのある複雑なしっかりした味わいです.冷酒でなくても色々な温度で楽しめそうな印象をうけました.どちらかと言えばしっかり味のある料理と相性が良さそうなお酒でした.

あさぎりフードパークで購入しました.

金虎「にごり酒」(金虎酒造)

DSC09836.jpg
銘柄:金虎「にごり酒」
製造:金虎酒造
種類:本醸造
酒米:不明

金虎のにごり酒いってみました.濁り酒自体はあまり飲まないのですが,何となく値段みて安かったので飲んでみようかなと思った次第です.

冷酒で飲ス.うまい!
香りは何となく甘めの香りです.飲んでみると,口の中にはピリピリとした刺激がはじめから全開できます.それでいてフレッシュな甘さがあるから炭酸飲料を飲んでいるかの如くです.にごり酒というよりかは「おり酒」ですね.微発泡しているかのような刺激がたまりません(実際はしゅわしゅわしていませんが).その後は甘くもなく辛くもない,あくまで普通の旨味が出てきます.このギャップが良いですね.比較的スッキリした味わいなのでクドさは無くて飲みやすいお酒でした.

酒のつぼいで購入.ここで購入するにしては珍しく地元の低価格のお酒でした.

東光「純米吟醸 しぼりたて生新酒 DEWA33」(小嶋総本店)

DSC098161.jpg
銘柄:東光「純米吟醸 しぼりたて生新酒 DEWA33」
製造:小嶋総本店
種類:純米吟醸
酒米:出羽燦々

妻が高島屋の東北フェアにいってきて,買ってきてくれた一品です.お店の人に「名古屋で買えないもの頂戴」といったらこれをだったみたいです.ドンピシャで鳥肌が立ちました.

冷酒で飲ス.うまい!!
香りは甘い香りのする吟醸香.一口飲むと少し辛口ながらもフレッシュでフルーティーな味わい全開です.酸味はそんなに強くなく,旨味は十分に堪能する事ができます.飲んだ後のキレもなかなか良く,スッキリしています.飲んだ瞬間の濃厚さと飲んだ後のスッキリ感のバランスが良く,何度飲んでもおいしく頂ける万人受けするタイプのお酒でした.

上記で購入.感謝感謝.

富士正「純米酒サラ」(富士正酒造)

DSC09657.jpg
銘柄:富士正「純米酒サラ」
製造:富士正酒造
種類:純米
酒米:不明

富士正の4本目は普通の純米酒にしました(それだけ買ってんの).あさぎりフードパーク専用の綺麗なラベルではありませんが,中身はおそらく同じだろうと予想して.でもフードパーク専用のラベルの方が綺麗でそちらに手が伸びてしまいそうでした.

冷酒,熱燗で飲ス.うまい!
本醸造系のお酒に比べると少し濃厚で辛口というよりかは普通くらいな印象を受けました.コクのあるそこそこ濃厚な旨味が「日本酒だなぁ」と思わせる所です.スッキリはしていないので飲みにくい印象もありますが,熱燗にするとこれまた飲みやすいお酒になります.全体的にマイルドな口当たりとなり,旨さがぎゅっと濃縮されて来る感じです.酸度も強くなくストレートに飲みやすくなるなといった感じです.香りも出てきてそれだけで酔ってきそうで少し濃いめの料理との相性も悪くありませんでした.

あさぎりフードパークで購入です.
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別