小左衛門「特別純米 立春しぼり」(中島醸造)

DSC00270.jpg
銘柄:小左衛門「特別純米 立春しぼり」
製造:中島醸造
種類:純米
酒米:美山錦

小左衛門の季節限定のお酒の一つが売っていたので購入してみました.ラベルには小さく311年目の立春,とあります.とても歴史のある蔵なんだなぁと思いつつ,「今日」は毎日訪れるけど「2013年2月26日の今日」はもう二度と訪れないんだなぁとしみじみと感じながら飲んでしまいました.

冷酒で飲ス.うまい!!
栓を開けると果実の様な甘い吟醸香が周りに広がってきます.一口飲んでみるととてもフレッシュでメロンのようなフルーティな味です.ピリピリ感など一切なく,メロンの味と米の旨味が混ざり合ったものが口の中全体に広がってきます.口の中への刺激は一切無くあくまで上品にしっとりとした味わいです.飲んだ後も口の中にしばらく甘い味が残り段々と薄れてくる感じです.再び飲んでみれば同じ様にフルーティーな味わいが堪能する事ができます.薄味の料理と相性が良さそうで,単独で飲んでもいけるお酒でした.

覚王山フランテで購入.あいかわらず小左衛門の揃えは充実してます.
スポンサーサイト

神の井「しぼりたて生原酒」(神の井酒造)

DSC00331.jpg
銘柄:神の井「しぼりたて生原酒」
製造:神の井酒造
種類:本醸造
酒米:不明

名古屋市内にある蔵の一つです.冬季限定のしぼりたてがありましたので今迄飲んだ事がなかったので買ってみました.

冷酒で飲ス.うまい!!
香りはとても新鮮な良い香りです.一口のむとフレッシュで甘い果実の様な味がして,その後から少しピリ辛でしっかりとした旨味が出てきます.ピリ辛で濃厚な感じが原酒だなぁという印象ですが,思いのほかスッキリしていてドンドン飲めてしまいます.当然アルコール度が高いので飲んでいるとあっという間に酔いが回ってきます.鍋を囲みながらちびちびと飲むとのが丁度良い感じのお酒でした.

酒のつぼいで購入.毎回色々置いてあるので選ぶのに困ります.

元文「菊大吟醸」(原酒造)

DSC09718.jpg
銘柄:元文「菊大吟醸」
製造:原酒造
種類:大吟醸
酒米:岐阜県産米

日本酒の蔵にはそれぞれこだわりを持ってお酒を醸している所が多い.郡上にある原酒造もこだわりを持った蔵の一つです.そのこだわりは少し変わっていて普通は純米酒オンリーだったり,特区米だったりするわけですが,原酒造では「酵母」にこだわりを持っています.今現在醸している方は「花酵母」にこだわりを持ち,色々な花から得られた酵母を用いて酒造りを行っています.ほぼ全量が花酵母で作られているみたいで,そのなかで菊のお酒を選んでみました.完全に花で選んでましたが,よく見たら大吟醸でした.

冷酒,ひやで飲ス.うまい!!
香りはとても上品で甘い香りのする吟醸香です.この香りだけでも十分に幸せな気分になれます.一口飲んでみると少し酸味の利いた透明感のある味わいで,少し辛口なんですが,何となくフルーティーな甘さを感じる事もできる印象です.「菊」の味がするのかはわかりませんでしたが旨味はしっかりと感じられ上品でスッキリしていて大変飲みやすいです.濃い味付けの料理よりかは薄味の物の方が相性が良さそうで,白ワインが似合うような料理に出しても行けるのではと思えるお酒でした.

酒のいとうで購入.郡上のお酒の揃えはそれなりに良いし通販もできるので手に入れる事は容易ですが,品切れが多い印象もある.

中乗さん「特別純米」(中善酒造店)

DSC00131.jpg
銘柄:中乗さん「特別純米」
製造:中善酒造店
種類:純米
酒米:ひとごこち

国道19号で中津川から塩尻の間の木曽街道を走っている間に何度も目にする看板「中乗さん」.もちろん日本酒の看板です.木曽街道沿いの日本酒の看板は幾つかありますが,読み方が簡単そうで案外読みにくいのがこのお酒だと思います.そんなわけで(というわけではないのですが)みかけたので購入です.

冷酒,常温で飲ス,うまい!!
香りはしっかりとした麹の香りがします.この香りだけで濃厚で辛口かななんて第一印象をもって呑んでみると,意外な味わいでした.濃厚で複雑な味わいなのですが,辛さやピリピリ感は無く,少し甘口のお酒でした.一口目は飲みにくそうだなと思ったのですが,飲んでいるとするすると口の中に入ってきます.なんというか複雑な味の中にしっかりと米の旨味が出ていて,これが感じられるようになってくると本当においしいんです.少し常温に戻して飲んでみるとさらにこの旨味が引き出されてくるので,しっかりとした味わいのあるお酒だなぁと感じてしまいます.雑味があると普段はイマイチな印象しか受けないのですが,このお酒は雑味も旨味を引き立てるのに役立っている感じで全く気にならないです.ストレートに旨味を感じるお酒では無く,変化球で濃厚な旨味を感じられるお酒でした.こういうお酒を飲むと,本当に日本酒って奥が深いなと感心します.

道の駅「大桑」で購入.国道19号沿いの酒屋や道の駅で比較的容易に購入できます.

今錦「しぼりたて生原酒」(米澤酒造)

DSC09535.jpg
銘柄:今錦「しぼりたて生原酒」
製造:米澤酒造
種類:本醸造
酒米:美山錦

しぼりたては毎年でていますが,このラベルはおり酒と同じで今年が初のものになります.まぁ中身も今年初のもののようで,どんなお酒か呑んでみたく購入してみました.

冷酒で飲ス.うまい!
香りは少しフレッシュな吟醸香の中に麹の香りが出ているといった印象です.ほんのり薄濁りのお酒です.一口飲むとフレッシュで少しフルーティな味わいのと同時にセメダイン臭混じりの酸味の利いた味が出てくると行った印象です.なかなか刺激の強いお酒で口の中はかなりピリピリします.そうこうしていると口の中に少し米のうまみがシミ出てくるといった感じです.次に飲めばまた同じようにフレッシュでフルーティーな味に少し刺激がする味が追随してきて,野見応えのあるお酒です.少し濃いめの料理と相性が良さそうなお酒でした.

駒ヶ根観光協会のお土産屋で購入.まさかこんなところで巡り会うとはといった印象でした.

〆張鶴「大吟醸 銀ラベル」(宮尾酒造)

DSC00181.jpg
銘柄:〆張鶴「大吟醸 銀ラベル」
製造:宮尾酒造
種類:大吟醸
酒米:山田錦

病み上がりのクセに回復祝いだ,なんて少し奮発して買ってしまった逸品です.というものの〆張鶴の大吟醸を見るのが初めてでついついテンションが上がりまくってしまった所です.こいつの箱の周りには「空」や「吟」が普通に置いてあったのですが全く見向きもせずに購入したお酒です.そもそも〆張鶴の大吟醸は金も銀も11月に限定販売されるだけのなかなかレアなものなので殆ど見る機会は無かったんですね.

冷酒で飲ス.うまい!!
香りはとても上品な吟醸香.この甘い香りがするだけで気分が落ち着いてきます.これだけでも幸せですね.一口飲むととてもフルーティーな味わい.メロンを彷彿させる味わいです.それでいて少し酸味があり辛口で,ただ単に甘めのお酒というわけでは無い印象です.メロン味や酸味などが少し治まってくると米の旨味がじわりとでてきて,ゆっくりと口の中から消えていくような感じです.この絶妙なバランスは芸術ですね.はじめの一口目は普通においしい日本酒といった印象ですが,その後も何度も飲みたくなってしまう中毒性の高いお酒でした.個人的にはキンキンに冷やして飲むより,少しだけ常温にもどして「ひや」位で飲むと旨味がしっかり味わえるかなという印象でした.

酒のつぼいで購入.まさかまだ残っているとは思いませんでした.

いなば鶴「五割搗き強力」(中川酒造)

DSC09932.jpg
銘柄:いなば鶴「五割搗き強力」
製造:中川酒造
種類:純米吟醸
酒米:強力

しばらく体調を崩しておりました.当然断酒してましたので久しぶりのお酒です.今回は職場の後輩が実家の地方のお酒で貴省時に御願いしておいたお酒です.一度「強力」のお酒を飲んでみたかったのです.病み上がりに強力なお酒でゲンカツギです.

冷酒,冷やで飲ス.うまい!!
香りは軽く麹の香りがする程度です.冷酒ですと味がぼけて遠くの方で感じる感じでイマイチですが,冷や〜常温位にしてから飲むととても味わいの深いお酒になります.口当たりは柔らかいのですがしっかりとした旨味がしっかりでています.旨味は濃厚なんですがそれ以外の味は軽快なので大変飲みやすいです.残るのも旨味のみで全く嫌味がありません.名前とは裏腹に上品で飲みやすく旨味のみがしっかりと感じられるお酒でした.

鳥取で購入してもらいました.近辺で売っている所があれば欲しいですね.

喜久水「純米生原酒」(喜久水酒造)

DSC00057.jpg
銘柄:喜久水「純米生原酒」
製造:喜久水酒造
種類:純米
酒米:美山錦

スキーの帰りに寄った酒屋で勧められてそのまま購入したお酒です.長野のお酒はこれまでも何本も購入しているにもかかわらず飯田のお酒は初めてだったりするわけです.

冷酒で飲ス,うまい!!
香りは上品な香りです.一口飲むと驚くのが口の中にいきなりくる刺激です.辛さや酸味とは違う刺激.所謂炭酸の刺激です.実際には発泡しているわけでもないのですが,そんな刺激です.不思議な口当たりが少し治まってくると,いよいよ旨味を感じる事ができるようになってきます.これが以外とあっさりしていて後味もスッキリしていて飲みやすい印象です.本当に日本酒?と思いたくなる程の不思議なお酒でした.

まつのやで購入.完全に雪に埋もれていましたが営業しておりました.
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別