開運「特別純米 涼々」(土井酒造場)

DSC03211.jpg
銘柄:開運「特別純米 涼々」
製造:土井酒造場
種類:純米
酒米:山田錦

開運といえば全国区のお酒の一つで吟醸王国静岡を全国に広めた立役者のお酒とも言えます。開運という銘柄は昔から作られていたのですが商標登録したのは昭和37年とのこと。それまでは「開運」は滋賀県の蔵が持っていたそうです。滋賀の蔵が廃業した事を偶然知って商標登録したんだそうです。まさに運ですね。そんな土井酒造場のお酒の中で夏季限定のお酒がありましたので購入してみました。

冷酒、ひやで飲ス。うまい!!
香りは僅かに香るさわやかな麹の香りです。飲んでみると少しピリッとくる辛口でしっかりとしたやわらかな旨味があります。酸味が利いた口当たりですが後味はスーと引いてくるのでさっぱりしています。酸味の程度が丁度よくとても清涼感のあるお酒になっています。それでいてしっかりと米の旨味があり大変おいしく飲む事ができます。魚と一緒に飲みましたが相性は良いと思います。単品で飲んでも爽やかでおいしく飲めるお酒でした。

高見の成城石井で購入。成城石井は高いものが多いですが日本酒は定価で案外気軽に買えます。
スポンサーサイト

山車「手造り純米」(原田酒造場)

DSC02886.jpg
銘柄:山車「手造り純米」
製造:原田酒造場
種類:純米
酒米:飛騨地方産米

山車とかいて「さんしゃ」と読むそうです。高山の中では鬼ころしと同じ様に辛口のお酒として知られています。最近は花酵母に力を入れており、大半が花酵母を使ったお酒になってきているところです。そんなお酒を選んでみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは麹の香りがします。飲んでみるとなかなか辛口でピリピリと舌を刺激します。米の旨味はしっかりありますが、飲んだ後には花酵母独特といってもいいのかわかりませんが透明感のある花の甘さのような味わいが感じられます。しっかり辛口で米の旨味もあるのに花のような甘さもありのお酒でした。日本酒的な味が好きな人が好みそうな味わいで、鮎の塩焼きと一緒に頂いたのですが相性は抜群でした。

道の駅「ななもり」で購入。アンケートに答えると無料で御漬け物がもらえるハガキ(しかも切手いらず)が中に入っておりました。ラッキー。

三連星「生原酒おりがらみ純米吟醸」(美冨久酒造)

DSC03068.jpg
銘柄:三連星「生原酒おりがらみ純米吟醸」
製造:美冨久酒造
種類:純米吟醸
酒米:渡船六号

甲賀市は水口にある美冨久酒造。当然主力銘柄は美冨久ですが2008年に次期4代目蔵元となるであろう方を中心とする3人で造られているお酒です。三連星というとドムを想像しますが実は色々な意味が込められていて、3人で造ることや、消費者と農家と造り手の3者のつながり、使う米は親子孫の3系統と「3」を意識して造られています。純米大吟醸は渡船の子である山田錦、純米吟醸は滋賀の幻の米である渡船、純米は山田錦と玉栄の交配である吟吹雪となっており、ラベルも10度以上になると文字が消えたりするなどの手の懲りようです。そのなかで純米吟醸のなかでも限定品である「おりがらみ」を選んでみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
開栓すると甘い吟醸香がプンプンしてきます。飲んでみるととてもフレッシュで甘いフルーティーな味わい。少し辛口でピリッとするも濃厚で甘い味にかき消されてしまうかのような感覚になります。甘さの後から来る透明感のあるしっかりした旨味がたまりません。原酒の割にはアルコール度が高くないので刺激はそんなに強くはなく大変飲みやすいお酒です。酸度や辛さ、旨さやフレッシュさなどとてもバランスのとれたお酒で、普通に旨いと感じられるお酒でした。

大桝屋で購入。始めはレギュラーな三連星を選んでいたのですが、お店の方に今ならこちらがオススメよ。と言われ、言われるがまま購入しました。もちろん失敗は無しです。

両面宿儺(二木酒造)

DSC02888.jpg
銘柄:両面宿儺
製造:二木酒造
種類:大吟醸
酒米:ひだほまれ

「氷室」で有名な二木酒造のお酒。飛騨地区限定のお酒で高山方面へ行くとお土産屋で見かけるお酒です。日本書紀に出てくる化け物として知られていますが飛騨地方では逆に英雄的な扱いをされています。詳細はwikiで。前から存在は知っていましたが高山方面へ久しぶりに行ったので購入です。

冷酒、ひやで飲ス。うまい!!
大吟醸といってもあっさりフルーティな味ではなく、スッキリした米の旨味がつまったお酒という印象です。飲んだ瞬間に感じる辛口の後から来るしっとりした旨味が何とも言えずおいしいです。濃いめの料理を食べている最中に飲んでも、始めに来る辛口と後から来る旨味は変わらず感じられました。一緒に買ってきた朴葉味噌と一緒に飲んでますが相性は良く、どっしりした味わいの大吟醸が欲しい時にいいと思いました。

道の駅「ななもり」で購入。高山市内の酒屋さんでも手に入ります。それより外にでるとないかもしれません。

一博(中澤酒造)

DSC03065.jpg
銘柄:一博
製造:中澤酒造
種類:純米
酒米:吟吹雪

以前いろもりカラスさんに教えていただいたお酒を発見したので購入してみました。中澤酒造は五箇荘にある蔵でしたが休業してしまい、周囲の反対を押し切って家業を継いだ中沢一洋氏が畑酒造へ修行で蔵入し、その後で営業再開するために畑酒造の協力を得て畑酒造でタンク1つ借りて作り始めたお酒なんだそうです。名前はお世話になった2人の杜氏の名前を一文字ずつもらい、自分の名前と同じ読み方に並べたことが由来なんだそうです。今はわかりませんが50石(一升瓶5000本程度)の量しか作られない大変少ないお酒だといえます。ちなみに少し前に飲んだ「太一」は100石程度。一応これだけあればなんとかやっていけるのかなぁ。商売として成り立っているかは不明ですけどね。

冷酒で飲ス、うまい!!
飲んだ瞬間にとてもフルーティーで甘い果実の様な味わいが口の中に広がってきます。辛さは普通でピリピリした刺激はありません。少し酸度がある程度で比較的ナチュラルな口当たりです。フルーティーな味わいの後に来るのはしっかりした旨味です。甘くて旨くてとても優しい味わいでドンドン喉を通り過ぎていきます。自己主張は比較的控えめなお酒ですが、料理の邪魔する事は無いし主役としても十分に飲み応えあり素直においしいなぁと言えるお酒でした。

大桝屋で購入。色々な滋賀のお酒が置いてあり、どれも冷蔵保存されていていとてもいい感じでした。

舞姫「純米酒」(舞姫酒造)

DSC02681.jpg
銘柄:舞姫「純米酒」
製造:舞姫酒造
種類:純米
酒米:華吹雪

舞姫酒造へ直接行った時にスタンダードなお酒かなと思い購入してみたお酒です。ラベルの「舞姫」はとても綺麗な感じがしました(ラベルの材質はイマイチですが)。この舞姫の字は川端康成が書いたもののようです。

冷酒で飲ス。うまい!!
キンキンに冷やした状態よりも少し温度が上がった程度が飲み頃かという印象です。香りは麹の香りが微かにするという程度。飲んでみると刺激が少なく、まろやかでしっかりとした米の旨味が感じられます。透明感のある米の旨味で飲んだ後もしばらくは旨味が口の中に残りますが消えた後はスッキリした印象を受けました。何度飲んでも旨味が感じられる真っすぐなお酒で料理だけでなく単品で飲んでも十分にいけてしまうお酒でした。

舞姫酒造直営店で購入しました。

夜明け前「純米吟醸生一本 しずく採り生酒」(小野酒造)

DSC02775.jpg
銘柄:夜明け前「純米吟醸生一本 しずく採り生酒」
製造:小野酒造
種類:純米吟醸
酒米:山田錦

短い間でしたが中山道の宿場町とされた小野宿。その宿場町は今でも面影が残っており、その中に小野酒造はあります。今回小野酒造の近くを通ったので立寄り、いま旬なものを聞いて勧められたものを購入しました。

冷酒で飲ス。うまい!!
香りは上品な果実を思わせる甘い吟醸香。しずく採りなので薄濁りのお酒です。飲んでみると少し辛くて酸味のきいた刺激のある口当たりが最初に感じられ、すぐさまとてもフレッシュなフルーティのような甘い味が広がってきます。しばらくは口の中に甘い旨味が残り少しずつ薄れていくような感じです。その後も舌は少しピリピリ刺激があり、かどのたったフレッシュなお酒であることを思い出させてくれます。上品な味わいでしっかりとした旨味がありお酒が主役で飲んでもおいしく頂けるお酒でした。

小野酒造で購入。愛知からだと少し遠いかな。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別