半蔵「山廃純米ひやおろし原酒」(太田酒造)

DSC05315.jpg
銘柄:半蔵「山廃純米ひやおろし原酒」
製造:太田酒造
種類:純米
酒米:五百万石

忍者の里として有名な伊賀。「半蔵」と言えば伊賀出身の服部半蔵。もうこれだけで購買意欲がかき立てられてしまったのは言うまでもない。たまたま伊賀のお酒が並んでいて、どれも魅力的だったのですが特に惹かれたのがこのお酒でしたので購入です。

冷酒、ひやで飲ス。うまい!!
箱から開けると箱と瓶のフォントが微妙に違う・・・どちらもかっこいいからいいんですが。香りは麹の香りがしっかりと漂ってくるような印象です。飲んでみると濃厚でしっかりとした米の旨味がぎっしり詰まったようなお酒です。原酒でアルコール度が高めの割には口の中への刺激が少なく、大変マイルドに仕上げられている印象です。コクのある深い味わいやまろやかで角のない優しい口当たりなど熟成した整った味わいは最高です。温度があがってくるとさらに優しい口当たりとなり刺激が少なくて円熟した味わいのお酒になります。しっかりとした秋の味覚たちに負けることのない味わいを持ちつつ、上手に料理の味を引き立ててくれる感じのお酒でした。

名阪上野ドライブインで購入。たまたま伊賀物産展をやっていて他にも色々なお酒が並んでいましたが、ついついラベルがかっこ良い半蔵に手が出てしまいました。ラベルに負けぬ旨味のあるお酒です。
スポンサーサイト

東龍「大吟醸 龍や」(東春酒造)

DSC04690.jpg
銘柄:東龍「大吟醸 龍や」
製造:東春酒造
種類:大吟醸
酒米:山田錦

名古屋のメーカーでは比較的マイナー扱いですが、ここのブログでは比較的多く登場する東龍。普通酒をやめ、特定名称酒のみを手作りで作ることをこだわりとしている酒蔵の大吟醸を飲んでみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
開栓した瞬間に柑橘類の様な甘い吟醸香が漂ってきます。飲んでみると辛口でのど越しが良いお酒で、フルーティーな旨味があるお酒です。とてもスッキリしたお酒で果実のような甘さも兼ね備えており飲みやすいお酒の印象です。個人的には少し薄くて水っぽくて若干物足りないが、この透明感あるスッキリしたお酒は刺身と一緒にいただくとおいしくいただけます。残暑の夜に清涼感のある日本酒が欲しい時に丁度良い印象のお酒でした。

東春酒造で購入。これも300mlサイズ。大半が300mlサイズが置いてあり、購入しやすいです。

権座「純米吟醸」(喜多酒造)

DSC04933.jpg
銘柄:権座「純米吟醸」
製造:喜多酒造
種類:純米吟醸
酒米:渡船(6号)

琵琶湖最大の内湖である西の湖の湖上に存在する飛び地「権座」。琵琶湖の原風景を守るためにここでは今でも船で渡り農業が営まれています。ここで作った米「渡船」で作られたお酒が「権座」です。ここで作られる米は全く無駄なく利用する方針の様で、米ぬかや藁はもちろんのこと、吟醸酒を作るときにでてくる米の削りかすでさえも利用し地域に還元できるように考えられています。そんなお酒とは知らず、お店で「熟成しておいしいよ」と勧められホイホイと買ってしまったお酒です(製造年月日が25年7月であるが)。ラベルもこだわりがあり西の湖のヨシが使われており、作業所の障害を持った方が手漉きで丁寧に作られたものなんだそうです。

冷酒で飲ス。うまい!!
香りは日本酒の香りがなかなかしっかりする印象です。飲んでみると少しフルーティーで透明感のある口当たりです。少し辛口でドライなのど越しですが全体的にまろやかな刺激という印象です。その後から口の中は濃厚ですが比較的しっとりとした米の旨味が広がり、日本酒を飲んでいるなぁと強く感じられます。後味はそのまま段々と薄れていくような雰囲気でとても心地よいです。色々な味がある実りの秋に丁度良い芳醇なお酒でした。

永源寺の上流にある「ひろせ屋酒店」で購入しました。他にも近江八幡のなかじま酒店でも見かけました。

女城主「純米吟醸生貯蔵酒」(岩村醸造)

DSC05225.jpg
銘柄:女城主「純米吟醸生貯蔵酒」
製造:岩村醸造
種類:純米吟醸
酒米:ひだほまれ

女城主の300mlサイズの生貯蔵酒3種のひとつです。相変わらずサイズが手頃なため購入してみました。飲みたいお酒はまだまだ沢山あり迷います。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは無臭に近い微かな吟醸香です。飲んでみると爽やかで清涼感のある口当たりです。辛口で口の中がピリっとするのど越しで、その後からフルーティーな旨味が乗ってくる印象です。純米吟醸生酒と比べるとフレッシュな感じは少し少なめで、まろやかで慎ましい旨味がなんとも言えず美味しい印象です。料理と合わせて飲むならこちらの方が料理の味が引き立ちそうでどちらも美味しくいただけると感じるお酒でした。

岩村酒造で購入しました。そろそろ高いお酒にも手をだそうかなぁ。

宮寒梅「純米吟醸プレミアム三米八旨」(寒梅酒造)

DSC05123.jpg
銘柄:宮寒梅「純米吟醸プレミアム三米八旨」
製造:寒梅酒造
種類:純米吟醸
酒米:美山錦+愛国+ひより

一年ぶりの宮寒梅で選んだのは9月2日に販売されたばかりの限定酒である「三米八旨」。これで「さんまいはっし」と読ませています。米まで自社生産の寒梅酒造で作られているすべての米を使って作られたお酒なんだそうです。味に関係する麹は「美山錦」、香りに関係する酒母は「ひより」、掛米は「愛国」で作られているようです。

冷酒、熱燗で飲ス。うまい!!
開栓した瞬間から甘い果実のような吟醸香が漂ってきます。飲んでみると辛口で少しピリッとした酸味のある刺激が感じられ、その後からフルーティーでメロンかバナナの様な甘い旨味が口の中全体に広がってきます。刺激のあるフルーティーなお酒だなと思っていると段々とコクのある旨味がでてきます。一口で辛さや酸味、甘さやコク旨さなどなど色々感じられ美味しくいただけます。熱燗にすると少し刺激やフルーティーな感じが薄れますが、旨味などは変わらずまろやかな味わいになります。一つのお酒で色々な味を堪能できる旨いお酒でした。

いしはら酒店で購入。あいかわらず宮寒梅はここでしか見たことがありません。それにしても宮寒梅は相変わらず万人受けするお酒だなぁという印象でした。

東龍「純米吟醸 生酒」(東春酒造)

DSC04943.jpg
銘柄:東龍「純米吟醸 生酒」
製造:東春酒造
種類:純米吟醸
酒米:山田錦

東龍の純米吟醸はつい先日飲んだお酒ですが、今回はその「生酒」だそうです。一応蔵のホームページを見ても別のお酒といsて取り扱われていますし値段も少し違うので何が違うのかというのも少し興味があり飲んでみました。

冷酒で飲ス。うまい!!
香りはなかなかしっかりとした吟醸香。飲んでみるととてもフルーティーな甘さを持ったお酒です。メロンのような甘さを感じたあとに少し辛口でのど越しの良い旨味が口の中を通り抜けていきます。飲んだ後もしばらくは甘い旨味のような味が続いてきます。普通の純米吟醸よりも甘い旨味がある印象のお酒でした。

東春酒造の販売所で購入。生酒も普通のお酒も瓶詰めされてすぐのお酒ですのでそんなに変化は無いのかな。

東龍「吟醸 和な」(東春酒造)

DSC04945.jpg
銘柄:東龍「吟醸 和な」
製造:東春酒造
種類:吟醸
酒米:山田錦

前回の純米吟醸がなかなかいけたので今度は吟醸を選択。直営店なので300mlサイズが置いてあり手軽に購入できました。

冷酒で飲ス。うまい!!
香りはほんのり香る吟醸香。飲んでみるとフルーティーで少し辛口のお酒でするすると口の中に入ってきます。スッキリした飲み口で飲んだ後もメロンのようなフルーティーな味わいが口の中に軽く残ります。何度飲んでも味わいが変わることがなく、いつまでも果実の様な甘い味の余韻に浸れるお酒でした。

東春酒造の直営店で購入。以前も書き込みましたが、東龍って案外置いてある酒屋が少ない印象。地元なのに。

志賀盛「初舟」(近江酒造)

DSC04930.jpg
銘柄:志賀盛「初舟」
製造:近江酒造
種類:普通酒
酒米:日本晴

志賀盛のしぼりたて原酒である「初舟」。涼しくなってからでなく暑い時期にしぼりたてというのも珍しいなと思い購入しました。

冷酒、ひやで飲ス。うまい!!
アルコール度が高くて結構刺激の強いお酒です。飲んでみると口の中に濃厚でコクのある旨味のしっかりした味わいが広がります。ねっとりとした舌触りでしばらく口の中に残り、その後から口の中が刺激でピリピリしてきます。ひや位温度を上げていくと段々とまろやかになり飲みやすくなります。それでも濃厚なコクと刺激は変わらずしっかり日本酒しています。この日は鮎の甘露煮と一緒でしたが、甘露煮の濃い味に全く負けずしっかりとした味を出し続けたお酒でした。

近江八幡のなかじま酒店で購入。冷蔵保存されていました。

志賀盛「吟おうみ」(近江酒造)

DSC04929.jpg
銘柄:志賀盛「吟おうみ」
製造:近江酒造
種類:吟醸
酒米:山田錦

近江酒造の名前の通りで滋賀県にある酒蔵のお酒です。創立は1917年なのでそろそろ100周年を迎える蔵です。滋賀県産の米にこだわり、滋賀を地で行くメーカーといえます。近江八幡の町中にある酒屋さんで見かけて購入したものです。

冷酒で飲ス。うまい!
香りは麹のしっかりした香りです。一口飲んでみると結構コクのあるのにクリアな旨味を持ったお酒で酸味のある辛口という感じで、思いのほかスッキリとした口当たりとなっています。フルーティーな感じはあまり無く、どちらかと言えば日本酒らしいお酒です。刺身なんかよりは塩焼きの魚と一緒に飲むと相性が良さそうで、鮎の塩焼きと一緒にいただいたらなかなか美味しくいただけたお酒でした。

近江八幡のなかじま酒店で購入しました。

木曽のかけはし「なま酒」(西尾酒造)

DSC04842.jpg
銘柄:木曽のかけはし「なま酒」
製造:西尾酒造
種類:本醸造
酒米:トドロキ

道の駅では珍しくちゃんと冷蔵保存されていた日本酒。生酒なんで当然といえばそれまでなんですが。小さい瓶も会ったので購入してみました。

冷酒で飲ス。うまい!!
香りはそこそこ日本酒の香りがするという印象です。飲んでみるととてもあっさりした透明感のあるお酒です。清涼感があり口の中をスルッと通り抜けていってしまう印象です。少し辛口でのど越しも良いです。木曽のかけはしの他のお酒はしっかりとした旨味のお酒が多かったですが、このお酒はそんな印象と全く違いとてもスッキリしていて暑い夏に飲んでも全く暑苦しくありません。軽めに飲みたい暑い日に丁度良いお酒でした。

道の駅「賤母」で購入。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別