出羽桜「出羽燦々誕生記念 純米吟醸本生」(出羽桜酒造)

DSC06162.jpg
銘柄:出羽桜「出羽燦々誕生記念 純米吟醸本生」
製造:出羽桜酒造
種類:純米吟醸
酒米:出羽燦々

山形といえば最近は「つや姫」で有名になりました。これまでの「魚沼産コシヒカリ」一辺倒であった米勢力図が大きく変わりつつ有る近年、各地方から様々な米が出てきました。酒米も当然「兵庫県特A地区産山田錦」ばかりではなく様々な地方の米を使って作られたお酒が出てきてほしいと思ってます。米や酵母、水などは本当に沢山の種類があり、その組み合わせで作られる日本酒は無限の可能性を秘めていると思っているからです。なのでついつい地米(って表現が正しいかは不明ですが)で作られたお酒となるとついつい手が伸びてしまいます。そんななか出羽桜の純米吟醸に「出羽燦々誕生記念」なんて書かれてあるからついつい購入です。すべての原材料が山形県産というのも良いところです。

冷酒で飲ス。うまい!!
香りは上品に香る吟醸香です。飲んでみると結構辛口でのど越しがキリッとするフレッシュな口当たりです。フルーティーな旨味があり、それでいて主張の少ないコクのある旨味も持ち合わせたような味わいのお酒です。しっかりとした旨味を感じるはずなのにスッキリしていていスルスル飲めてしまう感じで大変飲みやすく高い次元でバランスのとれたうまいお酒という印象でした。

成城石井で購入。そろそろしぼりたての季節ですね。
スポンサーサイト

雁木「純米吟醸」(八百新酒造)

DSC06103.jpg
銘柄:雁木「純米吟醸」
製造:八百新酒造
種類:純米吟醸
酒米:山田錦

九州中国の旅で購入したお酒の最後の一本。錦帯橋のお土産屋で購入したお酒です。蔵の創業は明治24年で岩国市の比較的下流に位置します。国際的なのかホームページを見ると英語表記が有ったりします。そんなことは当然知らずにいつも通り購入して飲んでみました。

冷酒で飲ス。うまい!!
香りはしっかりした吟醸香です。一口飲んでみると辛口でピリッとくる口当たりで、その後からメロンを彷彿させるフルーティーな旨味が口の中に広がってきます。何度飲んでもその印象は変わることはありません。お酒だけで飲んでも飽きず美味しくいただけます。本当にシンプルでフルーティな辛口のお酒で飲みやすく万人受けするお酒でした。

錦帯橋の横にあるおみやげや「あきもと」で購入。

五橋「純米酒」(酒井酒造)

DSC06099.jpg
銘柄:五橋「純米酒」
製造:酒井酒造
種類:純米
酒米:山田錦

「五橋」は岩国にある蔵です。五橋の由来は「錦帯橋」ですね。山口県最大の川である錦川にかかる200m程の橋で5つに分かれていることからですね。明治4年創業の蔵ですがコンピューター導入などにより夏でも生酒を作ることが可能でありながら昔ながらのものを持ち合わせている蔵の様です。

冷酒で飲ス。うまい!!
香りは軽い麹の香りです。主張がおとなしめですが弱い訳ではなくしっかりした香りを持ってます。飲んでみると少し辛口な口当たりで刺激はありながら、淡いフルーティーさと米の旨味が同時に口の中に広がる感じです。しっかりと味があるのにスルスルと飲めてしまう軽さも持っています。味がしっかりしながら滑らかな口当たりである、比較的ソフトな印象のお酒でした。

錦帯橋の横にあるおみやげや「あきもと」で購入。

玉出泉「純米大吟醸」(大賀酒造)

DSC06096.jpg
銘柄:玉出泉「純米大吟醸」
製造:大賀酒造
種類:純米大吟醸
酒米:山田錦

太宰府のお土産屋で見つけたお酒。純米酒と同じオシャレな瓶に入ったお酒です。純米大吟醸と書いてある割に値段も手頃でしたので購入しました(純米酒と大差ない値段)

冷酒で飲ス。うまい!
香りは薄い吟醸香といった雰囲気です。飲んでみると香りと同じようにアッサリとしたフルーティーな味がします。比較的薄いなぁと思っていると段々と旨味が舌ににじんできます。それでもあっさりした口当たりはそんなに大きくは変えず物足りませんが大変飲みやすいお酒です。夏に薄味のものや刺身なんかと組み合わせるとおいしく頂けそうな味で日本酒が苦手な方でも飲みやすい部類のお酒だと思いました。

太宰府天満宮の参道にあるお土産屋さんで購入です。

極聖「おかやま純米酒」(宮下酒造)

DSC06105.jpg
銘柄:極聖「おかやま純米酒」
製造:宮下酒造
種類:純米
酒米:あけぼの

岡山の吉備津神社に行った時に入り口前にあるお土産屋で購入したお酒です。

冷酒、常温で飲ス。うまい!!
香りは普通に麹の香りが注いだ瞬間から感じられます。飲んでみるとコクのあるしっかりとした旨味があるお酒です。程よく熟成した米の旨味がぎっしりの、まさに日本酒っていう味のお酒です。シンプルな味の純米酒ですが飲み飽きすることはない安心できる味で飲みやすいです。温度が少しあがると味がまろやかになりスルスルと口に入れることができるお酒でした。

吉備津神社入り口にある「桃太郎」のお土産屋で購入。

燦然「倉敷蔵詩句」(菊池酒造)

DSC06104.jpg
銘柄:燦然「倉敷蔵詩句」
製造:菊池酒造
種類:吟醸
酒米:不明

倉敷の美観地区内で購入したお酒。たまたま八木商店というところに寄って購入したお酒です。英語が書かれておしゃれだなぁと思っていたら、感じも「蔵詩句」でクラシックと読ませるみたいですね。菊池酒造の社長は音楽に精通しており自前のオーケストラ団があり、その指揮者をやっているそうです。そんなこんなで数年前より蔵にはクラシック音楽(主にモーツアルトらしい)を流しながら酒造りをされているみたいです。そのため「Classic」という名前になったわけですかね。ただし菊池酒造のレギュラー商品ではなく、八木商店で販売するPBのようです。偶然立ち寄った少し古めの酒屋さんが発売元だとは思いませんでした(わかりにくくて申し訳ない)。

冷酒で飲ス、うまい!!
注いでしばらくするととてもはっきりした吟醸香が部屋中に漂ってきます。これだけでもフルーティーな味わいが予想できそうな位です。一口飲んでみるとフルーティーなクリアな旨味がしっかりと感じられる辛口のお酒です。濃厚なフルーティーな味わいがいつまでも口の中に残ります。いつまでもフルーティーな感じが変わらず口の中に広がるため、飲んでるだけで何となく幸せな気分に浸れるお酒でした。

八木商店で購入。外見は古くさい酒屋さんだし中も特別な物はなさそうな普通の酒屋さんなのにPBで日本酒だしているとは驚きです。

玉出泉「純米酒」(大賀酒造)

DSC06097.jpg
銘柄:玉出泉「純米酒」
製造:大賀酒造
種類:純米
酒米:夢一献

太宰府のお土産屋で見かけた綺麗な瓶のお酒です。九州といえば焼酎が一番に想像できてしまいますが、この酒蔵の歴史は古く1673年となかなか古い酒蔵です。いまでも機械化を最小限に押さえて、そんなことも知らずに瓶を見ただけで買ってみました。

常温、熱燗で飲ス、うまい!!
香りは麹の香りがほのかにします。飲んでみると濃厚な辛口でしっかりとしたコクのある旨味を持ったお酒です。冷酒の時はコクと刺激が強くて飲みにくい印象ですが温度が少しあがってくると味が全体的にまろやかになり、コクのある奥深い味わいになってきます。昔から有りそうな日本酒の味だなぁと飲んでいてしみじみ感じてしまうお酒でした。

太宰府天満宮の参道にあるお土産屋で購入。

金冠黒松「純米酒」(村重酒造)

DSC06101.jpg
銘柄:金冠黒松「純米酒」
製造:村重酒造
種類:純米
酒米:西都の雫

日本三名橋の一つで、さらに日本一美しい橋と言われている錦帯橋のある岩国で作られたお酒です。村重酒造ではプレミアムのお酒も作られている一方で普通のお酒も普通に作られており、色々な品評会などへの出品などもされており積極的に活動されている印象を受ける酒造です。錦帯橋へ行った際、今風ではなく昔から有りそうな渋いラベルに惹かれて購入です。

冷酒、常温で飲ス、うまい!!
香りは注いだ後からじわりじわりと上品な麹の香りが広がってくる印象です。一口飲んでみるとコクのある米の旨味が凝縮したような味わいです。二口三口と飲んでいくととても透明感のあるしっかりとした旨味が感じられるようになりこれだけで幸せになりそうです。口の中の刺激は強くなく、さらりとした口当たりで飲みやすく、それでいて濃厚な旨味がしっかりあり普通にうまいと思えるお酒でした。

錦帯橋の横にすぐ有るお土産屋で購入。この辺りのお土産屋では普通に置いてあるお酒です。保存状態は常温といったところでした。

倉敷の純米大吟醸酒「あ」(地酒の井筒屋)

DSC06107.jpg
銘柄:倉敷の純米大吟醸酒「あ」
製造:地酒の井筒屋
種類:純米大吟醸
酒米:雄町

倉敷の美観地区の裏通りにある酒屋さん。そこで作っているお酒なんだそうです(どの様に作っているかなどは特にリサーチしてませんが)。色々な種類のお酒を作られていて、その中の一つが「あ」。他のお酒はなかなか名前がかっこいい物が多かったですが、なんとなく「あうん」シリーズの「あ」が値段も手頃で飲んでみたくなったためです。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは程よく心地よい吟醸香。一口飲んでみるとスッキリした透明感のある辛口の口当たりです。結構あっさりしているなと思っていると少し時間を置いてから口の中に果実のようなフルーティーな味わいが広がってきます。アルコール度が少し高めなためか辛口のためかはわかりませんが口の中の刺激は少しありドライなのど越しが丁度良い印象です。優しい旨口ながらも少し刺激のあるお酒で、刺激のある岡山のお酒といった印象でした。

地酒の井筒屋で購入しました。ネット通販はしているようですが他店では購入できなさそうですね。

一代弥山「特醸吟撰」(中国醸造)

DSC05559.jpg
銘柄:一代弥山「特醸吟撰」
製造:中国醸造
種類:普通酒
酒米:八反錦

今回は久しぶりの遠出。目的地は九州ですが愛知から車で行くことになったので途中の広島で一泊することにしました。ということで世界遺産は宮島のホテルで一泊です。その時に日本酒を注文したら出てきたお酒です。

ひやで飲ス、うまい!
香りは麹の香りが微かにある程度です。飲んでみるととてもスッキリしたお酒で癖が少ないです。辛口でのど越しも良く、いわゆる淡麗辛口。料理も薄味のものと相性が良さそうで刺身なら白身といった印象です。少し脂ののった刺身や濃いめの味付けの料理と一緒に飲むとやや弱いかなという位な印象です。熱燗で飲んでみたかったお酒でした。

宮島内の旅館で飲みました。写真もそのときの物です。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別