酒屋八兵衛「純米ひやおろし」(元坂酒造)

DSC05254.jpg
銘柄:酒屋八兵衛「純米ひやおろし」
製造:元坂酒造
種類:純米
酒米:山田錦+五百万石

秋だけの限定酒(ひやおろしだから当然と言えば当然ですが)です。フレッシュなお酒とは真逆に位置するお酒といえる円熟した味わいが好みで飲んでみました。

冷酒、常温で飲ス、うまい!!
香りは日本酒の麹の香りが漂う印象です。冷酒で飲んでみると少し刺激の強いお酒という印象ですが、少し温度を上げてひやか常温辺りまで御尾を上げると大変マイルドで飲みやすいお酒になります。刺激の強さは同程度であるが深みのあるコクを持ったお酒になります。案外されりとしていてあっという間に喉の奥に流れて一ってしまうような印象です。熱々のご飯と一緒に飲んでみたい印象でした。

丸又商店で購入しました。
スポンサーサイト

蜂龍盃「蔵出し原酒」(森山酒造)

DSC06919.jpg
銘柄:蜂龍盃「蔵出し原酒」
製造:森山酒造
種類:本醸造
酒米:若水

相変わらず蜂龍盃はなかなかお目にかかれぬ幻のお酒です。愛知県の地酒で検索して掲載されていないこともあるマイナーさが逆に売りかも。

冷酒で飲ス、うまい!
飲んだ瞬間からとても濃厚で口の中が全体的に刺激されるほどの辛さを持ったコクのある旨味のお酒です。飲んだ瞬間から漢の辛口のお酒だなという印象です。アルコール度が高めのため刺激が結構強く、少し飲んでもあっという間に酔いが回ってくる程です。とても濃いめの料理と一緒に飲むのが良さそうで、刺身などあっさりしたものと一緒に飲む時は完全にお酒が勝ってしまう印象なので注意が必要です。最近は比較的軽めのお酒が好まれますが全く真逆のお酒で、しっかりとした日本酒が飲みたい時のお酒でした。

岡本屋酒店で購入です。相変わらずここでしか見たことが無いかも。

月の輪「特別純米酒」(月の輪酒造店)

DSC06786.jpg
銘柄:月の輪「特別純米酒」
製造:月の輪酒造店
種類:純米
酒米:ぎんおとめ

スーパーに並んでいて見たことがなかったので、なんとなく手に取って買ってみました。

冷酒で飲ス。うまい!!
香りは甘い吟醸香。飲んでみると少し刺激のあるのど越しで、まったりとした濃厚な旨味のある感じです。舌にからみつくようなねっとりとした旨味ですが、雑味は無くしつこさも無いため大変飲みやすい印象を受けます。何度飲んでも印象は変わらず美味しくいただけました。「ぎんおとめ」という米も初めて聞きましたが「吟ぎんが」の妹分として純米酒や本醸造酒を作る目的に平成9年にできた米なんだそうです。

フランテで購入。

三笑楽「純米酒」(三笑楽酒造)

DSC06627.jpg
銘柄:三笑楽「純米酒」
製造:三笑楽酒造
種類:純米
酒米:五百万石

石川の旅の途中、富山の氷見に入ったところで購入したお酒です。何となく三回笑って楽しいみたいな名前が気に入って購入してみました。

熱燗で飲ス、うまい!!
はじめに冷酒で飲んでみましたがセメダインの様な臭いが若干混ざる雑味のあるお酒だなという印象でしたが、熱燗にして飲んでみるとこれらの不安要素は全部吹き飛んでまろやかでしっかりとした米の旨味が詰まったお酒であることがわかります。これだけしっかりした味であれば味の濃い料理にも負けることがなくとても美味しく飲むことができます。海の幸に合わせたような繊細の味のお酒が多い石川や富山のお酒とは全く違う印象のお酒ですが蔵を調べると納得、五箇山のお酒でした。豪雪地帯なので塩分の多い保存食などが主体で寒さに負けぬよう熱燗が主流なので、こういったしっかりとした味のお酒になったのではと色々と考えさせられたお酒でした。まさに「地酒」ですね。

道の駅「氷見」で購入。まさか漁港のある氷見で山のお酒を購入してしまうとは何か縁が有りそうです。

金澤 加賀金箔入り(中村酒造)

DSC06631.jpg
銘柄:金澤 加賀金箔入り
製造:中村酒造
種類:本醸造
酒米:不明

日本酒に金箔が入っているものはそこそこ見られますがそのうちの一つ。特に日本の金箔の大半を生産していると言われる石川の金箔を使って石川の酒造メーカーが作られたお酒というところが珍しいかも。名前も古い「金澤」ってのも渋いです。お祝いという訳ではありませんが飲んでみました。

冷酒で飲ス、うまい!
香りは麹の香りがします。飲んでみると辛口ですっきりした味わいです。味わいはあっさりスッキリした米の旨味のある上品なお酒で重くはないため比較的飲みやすいです。食の宝庫である石川で繊細な料理などと一緒にいただくととても美味しくいただけそうな味でした。金箔の味は・・・・正直わからず。何となく正月などお祝いの時に飲むと雰囲気が有って丁度良いのではと思うお酒でした。

金沢駅内の日本酒専門お土産屋で購入しました。

日栄「純米吟醸」(中村酒造)

DSC06630.jpg
銘柄:日栄「純米吟醸」
製造:中村酒造
種類:純米吟醸
酒米:山田錦

金沢にある中村酒造の代表銘柄の一つ。金沢市内を中心に定番的に飲まれている地酒的存在の代表の一つと言えるお酒だと思います。今のところ金沢市内でしか見たこと有りませんが、北陸では比較的多く飲まれているのかな?。金沢駅内のお土産屋で購入です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほのかに香る吟醸香。一口飲んでみると結構辛口で刺激のある舌触りです。少しフルーティーさを感じますがその後から来る米の旨味の方が強い印象です。思いのほかしっかりとした旨味が残り、日本酒を飲んでいるなぁと思わせてくれます。あまりクセがないお酒ですが吟醸酒のすっきりしたフルーティーな味を想像すると少し外すかも。刺身など繊細な料理だけでなく結構しっかりとした味の料理と一緒に飲むと料理の味が引き立って美味しくなるなというお酒でした。

金沢駅内の日本酒専門お土産屋で購入しました、

初桜「能登上撰 本醸造」(櫻田酒造)

DSC06629.jpg
銘柄:初桜「能登上撰 本醸造」
製造:櫻田酒造
種類:本醸造
酒米:五百万石

能登半島にはいくつか酒造メーカーがありますが、その中でも最も先端に近いところにある蔵が櫻田酒造だと思います。小さな酒蔵で手作りによる酒造りを続けているところで実質3種類(純米酒1種と本醸造2種)しか日本酒を造られていないようです(後はリキュールなど)。

冷酒、熱燗で飲ス、うまい!!
香りは無臭に少しアルコール臭があるかなという程度です。飲んでみるとスッキリとした米の旨味のあるお酒でとてもやさしい口当たりです。熱燗にすると少し刺激がでてきて甘さが引き立つようになりますが、全体的にクリアな旨味で大変飲みやすく、冷酒熱燗きにせず飲むことができます。白身の刺身と一緒に飲むと相性が良さそうで、流石は漁師町のお酒というところでしょうか。甘くも辛くもなくナチュラルでやさしい口当たりの味わいのあるお酒でした。

道の駅「すずなり」で購入。「初桜」という銘柄は滋賀や和歌山の酒造メーカーにもありますが関連が有るかは不明です。日本人にはやはり「桜」になにか特別な思いがあるようですね。

宗玄「能登乃国 純米酒」(宗玄酒造)

DSC06628.jpg
銘柄:宗玄「能登乃国 純米酒」
製造:宗玄酒造
種類:純米
酒米:山田錦

能登杜氏発祥地として知られる宗玄酒造の純米酒を道の駅で購入したので飲んでみました。

冷酒、ひやで飲ス。うまい!!
冷酒で飲むととてもあっさりした印象でややぼけた印象ですが少し温度を上げて飲んでみると旨味がしっかりとでてきて飲みごたえ十分になってきます。少し辛口でぴりっとしますが、なめらかでやさしい舌触りで旨味が甘く感じられる印象です。主張が強すぎない上品な口当たりは何度飲んでも美味しいと感じられてしまうお酒でした。

道の駅「すずなり」で購入。

宗玄「本醸造生貯蔵酒」(宗玄酒造)

DSC06568.jpg
銘柄:宗玄「本醸造生貯蔵酒」
製造:宗玄酒造
種類:本醸造
酒米:山田錦

今回は能登半島一周の良好へ行ってきたので石川のお酒を中心に色々と飲んでみました。その第一弾(といっても現地で飲んだのはこれ一本ですが)は珠洲市の宿で飲んだお酒です。日本酒頼んだらひやか燗ありまっせと言われたからひやは何有るって聞いたら冷酒でこれあるっていわれてでてきたお酒がこれでした。

冷酒で飲ス。うまい!!
非常にすっきりしたお酒です。辛口でのど越しが良くスルスルと入ってきます。飲んだ後もスッキリしており後味のキレも良いです。白身魚の刺身と一緒に飲んでみましたが繊細な味わいをこわすこと無く飲むことができました。夏ならさらにすっきりしていて良いのですが少し寒くなってきたのでもう少し味があるお酒の方がよかったかなと少し思ったりしました。まぁ美味しかったからよいですが。

宿泊した所で出てきました。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別