朝日嶽「夢しずく」(日野屋商店)

DSC07395.jpg
銘柄:朝日嶽「夢しずく」
製造:日野屋商店
種類:純米大吟醸
酒米:夢吟香

今年最後?のお酒になりそうなお酒ですが、なんとしても今年中に飲んでおきたかったお酒です。本年度品種登録された新しい酒米「夢吟香」を使って実証仕込みが県内9蔵で行われ、そのうちの一つです(若干萌えキャラが気になりますが)。米は新城市内の野田地区と富岡地区でつくられた夢吟香を用いて造られたお酒のようです。

冷酒で飲ス。うまい!!
香りは気分の良くなるような吟醸香です。飲んでみるとフルーティーで透明感のあるまろやかな旨味を感じます。辛口でのど越しは良くすっきりして大変飲みやすく、それでいてまろやかな旨味が口の中にやさしく広がってきて何度飲んでも同じような旨さを堪能することができます。萌えキャラではありませんが、女性的でやさしい口当たりで飲みやすいお酒でした。

日野屋商店で購入。あまり売っているお店は見たこと無いかも・・・・
スポンサーサイト

伊勢物語「純米吟醸(タカハシ酒造)

DSC07550.jpg
銘柄:伊勢物語「純米吟醸」
製造:タカハシ酒造
種類:純米吟醸
酒米:不明

タカハシ酒造と言えば、伊勢神宮にお神酒出していることで知られている蔵です。それだけでなく、発砲日本酒をはじめに売り出したとも言われています(発砲するのはどこの蔵でもありますが実際に販売し始めたのがってこと)。名前は伊勢物語ですが四日市のお酒ですがギャップが面白そうでしたので買ってみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほのかに香る日本酒の麹の香りです。飲んでみると驚く程に癖が無くて大変飲みやすいお酒です。フルーティーな感じでもなければ麹のような感じでもない、至って普通に飲むことができます。お酒が主役じゃない、主役は料理だよと言われているかの如くスッキリとした飲み応えです。万人受けする薄口のお酒で、あっさりした刺身なんかと相性がよさそうな感じでした。

ドライブイン関で購入。

東龍「旬 師走」(東春酒造)

DSC07398.jpg
銘柄:東龍「旬 師走」
製造:東春酒造
種類:純米
酒米:五百万石

蔵の限定のお酒の一つ。新聞紙に包まれたお酒で瓶は無印となかなか興奮する内容です。本数限定とのことでしたのでついつい初しぼりと一緒に購入してしまいました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは少しフルーティーな香りで甘そうです。飲んでみるとフレッシュな果実の様な甘さのあるお酒です。アルコール度が高めで結構刺激のあるお酒で舌にねっとりと残存する濃厚な旨味のある味わいです。少し前に飲んだ初しぼりと比べると全体的にマイルドであっさりしたやさしい味わいです。初しぼり程荒々しくはないが、それを感じさせないやさしくてフレッシュで濃厚な味わいの旨いお酒でした。

東春酒造で購入。本数が限定なのであまり売っているところは少なそう。

香の泉「一雫一善」(竹内酒造)

DSC07220.jpg
銘柄:香の泉「一雫一善」
製造:竹内酒造
種類:純米酒
酒米:日本晴

今年も湖南三山の長寿寺の紅葉を見に行った時に購入したお酒です。長寿寺のある石部地区に蔵があり氷温貯蔵による鮮度管理などこだわりをもって造られているようです。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほんの微かな麹の香りです。飲んでもるとピリっとくる透明感のある辛口でのど越しが良いお酒です。飲んで少ししてから米の旨味があり、それでいて軽くフルーティーな印象です。純米酒でありながらさらりとした透明感のある旨味があり上品で大変飲みやすいお酒になっています。味はしっかりあるので濃いめの料理でも十分いけるので、鍋と一緒に飲みましたが美味しくいただけました。

長寿寺の紅葉祭りの時の露天市で購入。香の泉はどのお酒もフルーティーで飲みやすいお酒が多い印象ですね。

東龍「初しぼり」(東春酒造)

DSC07397.jpg
銘柄:東龍「初しぼり」
製造:東春酒造
種類:本醸造
酒米:五百万石

そろそろしぼりたてがでているかなぁと思い東春酒造さんへ行ってみると、色々と置いてありついつい購入してしまったお酒です。この時期にしか飲めないってのがしぼりたてのいいところですが、よくよく考えると、夏の生酒や秋のひやおろしなどもその時期にしか飲めない限定のお酒ですよね。季節によって味は変わるからどれも飲んでみないと、と意味不明なことを思いながら飲んでみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはフルーティーな吟醸香のような香りです。飲んでみると濃厚でまったりとしたフレッシュな甘い印象のお酒です。舌にねっとりとまとわりついてはなさないような濃厚さで、舌に残る後味はフルーティーな甘さを感じさせます。アルコール度が19度と高めで刺激は強く、冷酒でも十分に飲みごたえのある印象です。暑い鍋と一緒に飲んでみたいと思わせるお酒でした。

東春酒造で購入。相変わらずあまり売っている店を見ない。愛知のお酒の割には万人受けする旨いお酒でもう少し知名度があってもいいのではと思う蔵の一つです。

豊川いなり心願「叶」(関谷酒造)

DSC07391_20131214224201bac.jpg
銘柄:豊川いなり心願「叶」
製造:関谷酒造
種類:純米吟醸
酒米:稲荷の里

豊川商工会議所が平成23年に開発した豊川いなり心願「叶(かなう)」。今年はB-1グランプリが豊川で行われたので、その記念にもなっているお酒です。お酒は関谷酒造で作られ、豊川市内で売られているお酒です。生酒なので3ヶ月以内に飲むのが良いとのことでした。稲荷の里という米は豊川市内で作られるコシヒカリのブランド名なんだそうです。

冷酒で飲ス。うまい!!
とてもあっさりした軽めのお酒です。すっきりしたフルーティーな口当たりはとてもやさしく、その後の刺激も比較的少ないためか全体的に軽い印象です。かといって薄くて味気ないという感じでもなくクリアな旨味がそのまま味わえる感じです。気づいたらどんどん飲めてしまえるお酒でした。

B-1グランプリに行った時に購入。

宮寒梅「純米吟醸 45% 中汲み」(寒梅酒造)

DSC07246.jpg
銘柄:宮寒梅「純米吟醸 45% 中汲み」
製造:寒梅酒造
種類:純米吟醸
酒米:美山錦

宮寒梅の中で期間限定のお酒。純米吟醸自体はレギュラー商品ですが、いくつか期間限定のお酒があるようです。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは果実を感じる吟醸香。一口飲むとバナナのようなリンゴのような、果実を連想させるようなとても甘い口当たりを感じます。少し濁りのある部分は刺激が強くて炭酸の様なピリッとした感じがします。全体的には辛めでのど越しはドライな感じで、甘さや旨さが混ざり合ってくるような印象で、ワインのような果実酒を感じさせるようなお酒でした。

いしはら酒店で購入しました。

初桜「晴 冬バージョン」(安井酒造場)

DSC07219.jpg
銘柄:初桜「晴 冬バージョン」
製造:安井酒造場
種類:純米酒
酒米:日本晴

「晴」の冬バージョンで、初桜のラベルに頭と猪口をかぶせて雪だるまにしてしまった、なんとも日本酒らしくない可愛らしいラベルです。手作りのため顔の表情なんかも違ってきたりするみたいです。

冷酒、熱燗で飲ス。うまい!!
香りは麹の香りがします。冷酒で飲んでみると結構刺激が強い辛口なお酒ですが、熱燗にして飲んでみると、刺激がマイルドになって全体的まろやかな甘い旨味のあるお酒になり、とても美味しく飲むことができました。しっかりとしたコクのある日本酒を堪能できるお酒で、鍋と焼き魚と一緒にいただきましたが相性も良く、いつまでもチビチビと飲んでしまえるようなお酒でした。

三井寺や長寿寺の紅葉を見た帰りに安井酒造場で購入です。リンクを貼らせていただいた少し前に直接お邪魔させていただき購入しました。

百春「吟醸ひやおろし」(小坂酒造)

DSC07083.jpg
銘柄:百春「吟醸ひやおろし」
製造:小坂酒造
種類:吟醸
酒米:五百万石?

美濃から飛騨へ向かう玄関口にある美濃市は比較的古い町並みが残されており大変趣のある場所です。その中で作られたお酒が百春なんだそうです。建物も国指定重要文化財となっている歴史ある蔵のようです。

冷酒で飲ス。うまい!!
香りは果実を思わせる吟醸香です。飲んでみると、フルーティーでとてもスッキリした味わいです。しっかりした甘い味がありながら、角のとれたかのようなまろやかな味わいがある不思議なお酒です。雑味などは感じない円熟した米の旨味を感じるのに、フルーティーさも同時に感じてしまうような、それでいて比較的軽めの味で口の中に一切重さを感じない上品なお酒です。何度飲んでも軽めの口当たりは変わらず、何度も飲めてしまえるお酒でした。「岐阜」のお酒で「ひやおろし」だったので結構しっかりした味わいのお酒かと思っていたら、完全に裏切られたとても上品で飲みやすい旨いお酒でした。

道の駅「平成」で購入。常温保存でしたが瓶詰めしたばかりのようでした。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別