小左衛門「純米吟醸」

DSC07795.jpg
銘柄:小左衛門「純米吟醸」
製造:中島醸造
種類:純米吟醸
酒米:山田錦

小左衛門は色々な種類のお酒を結構作っていて、そのうちの一つ。米からなにから色々工夫して作られていますがどれもなかなか美味しくてハズレが少ない蔵であります。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはたっぷり香る吟醸香。飲んでみると透明感があり少しピリ辛でのど越しが良い感じのお酒です。果実の様な甘さもあり、ピリ辛感の中にフルーティーな味わいが出てくると行った印象のおs家です。濃厚な辛い旨味のあるお酒は結構インパクト強く何度飲んでも美味しくいただけるお酒という感じでした。

覚王山フランテで購入しました。
スポンサーサイト

黒松仙醸「純米酒」(仙醸)

DSC07764.jpg
銘柄:黒松仙醸「純米酒」
製造:仙醸
種類:純米
酒米:ひとごこち

桜で有名な高遠にある酒造メーカー。約150年前に高遠の桜が植えられたと同時期に創業開始となった蔵で、現在では地元の普段飲みで愛されているお酒をメインで作られてます。しかしながら酒造りにはそれなりにこだわりを持って作られているようで、伊那谷の風土を感じられるような目標をもって作られているようです。

冷酒、熱燗で飲ス、うまい!!
香りは麹の香りがしっかりとしているような印象です。のんでみると米の旨味が全面からにじみ出てくるかのような旨味のある甘口のお酒です。口の中には刺激の少ないまろやかな米の旨味が広がり舌にも旨味が上から乗ってくるような感じです。のんだ後もしばらくこの旨味が口の中に残存し、日本酒をのんでいるなぁという余韻に浸れます。熱燗にしてもまろやかでしっかりとした旨味の味わいは変わらず美味しくいただけます。どちらでも美味しくのめますので後は好みで温度を変えるといいかもしれません。鍋かこって飲みたくなるようなお酒でした。

道の駅「いいじま」で購入しました。
今年に入ってから職場が代わりお酒が飲めない日が出てきたので、少しペースダウンです。正直残念。その分しっかりと日本酒を味わいたいと思います。

金澤屋「辛口純米+10」(喜多の華酒造場)

DSC07611.jpg
銘柄:金澤屋「辛口純米+10」
製造:喜多の華酒造場
種類:純米
酒米:美山錦+タカネミノリ

あまり見慣れぬ銘柄のお酒を購入してみました。「金澤」と書いてあるので石川のお酒かと思っていたら福島のお酒でした。調べてみると大正8年創業で戦後に復活した蔵の様です。福島県が独自開発した酵母の中で「TUA」という低温発酵のできる酵母を用いて作られたお酒のようです。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはあまり無い控えめな印象ですの酒です。味は日本酒度が+10で結構ドライな口当たりです。その分のど越しが良く、地本酒離れしているような印象さえ受けます。旨味なんかはシンプルでほんのりシンプルな米の旨味が味わえる日本酒の味というところです。少し温度を上げて常温くらいでのんでみると少し酸味もできて味に変化がでてきます。これで発砲していると乾杯したくなるようなドライなお酒でした。

酒主人で購入しました。

信濃鶴「しぼりたて生酒」(長生社)

DSC07761.jpg
銘柄:信濃鶴「しぼりたて生酒」
製造:長生社
種類:純米
酒米:美山錦

全量美山錦で純米を掲げている蔵で、全国でも結構好みの方が多い蔵のしぼりたてです。たまたま寄ったコンビニでコーヒーを買おうとしたら冷蔵庫の中にあるのを発見してしまいついつい購入してしまったお酒です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘い果実の様な香りがします。少しおりの入った薄濁りをしており、一口飲んでみるととてもフレッシュな果実の口当たりがします。たまに微炭酸のようなドライな刺激も感じますが、これが良い感じで清涼感をもたらしているような印象です。後味も甘い旨味がしばらく続き、何度か飲んでいると日本酒を飲んでいるというよりはジュースを飲んでいるような感覚にさえなってしまうようなお酒でした。

伊那谷のどこかの7イレブンで購入しました。

鈴鹿川「純米大吟醸」(清水醸造)

DSC07552.jpg
銘柄:鈴鹿川「純米大吟醸」
製造:清水醸造
種類:純米大吟醸
酒米:不明

全国的に名前が知られる鈴鹿市。そのなかで日本酒を造る蔵はこの一つしかありません。それでも三重県は酒蔵がまぁまぁあるのは、良質な水があることや米どころであることだと思います。鈴鹿市唯一の酒蔵で造られたお酒が鈴鹿川で純米大吟醸が小瓶で売っていたので購入です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは素直な吟醸香。飲んでみると少し辛口でやさしい米の旨味のあるフルーティーな感じのお酒です。軽くドライなのど越しで透明感のある旨味がその後から口の中に広がってくる感じで大変飲みやすいお酒です。その後はしばらく口の中に米の旨味が広がり余韻に浸れるお酒でした。

ドライブイン関で購入しました。

庭のうぐいす「特別純米」(山口酒造場)

DSC07610.jpg
銘柄:庭のうぐいす「特別純米」
製造:山口酒造場
種類:純米
酒米:山田錦+夢一献

ラベルをみて、何かを問いかけてくるようなメッセージを感じてしまう綺麗なラベルでしたので買ってみたお酒です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは僅かに香りフルーティーな吟醸香。飲んでみるとピリッと辛い刺激のあるフルーティーな甘さも感じられる旨味のお酒です。癖もなく飲んだ後もしばらく果汁のような甘い感じが残ります。角の無いまろやかな味が口の中にやさしく広がってきて、また飲みたいと思わせてくれるような感じになりついつい飲んでしまいそうなお酒でした。

酒主人で購入しました。

奥羽自慢「特別純米酒」(佐藤二左衛門酒造場)

DSC07608.jpg
銘柄:奥羽自慢「特別純米酒」
製造:佐藤二左衛門酒造場
種類:純米
酒米:美山錦

今年は少し遅めの始まり。といっても正月飲んでなかった訳ではないのですが。で本年度の最初のお酒は何を飲もうかと迷いましたが、復活を果たした蔵のお酒にしてみました。以前の記事にも書きましたが2009年に廃業した佐藤仁左衛門酒造場。しかしながら同県酒田市の楯の川酒造が支援し2012年冬より再開したそうです。そして造られたお酒の一つがこれです。以前は山田錦が中心でしたが、今回は美山錦を中心に酒造りされているようです。

冷酒、常温で飲ス、うまい!!
香りはカラッとした麹の香りという感じです。飲んでみると少し辛口でセメダイン臭が僅かに感じる日本酒の味わいです。のど越しは良くて純米酒の割にはスッキリとした感じですが旨味はしっかりとあります。以前飲んだ純米酒と比べると比較的軽めの印象です。少し温度を上げてくるとまろやかな味になりセメダイン臭も和らぎ飲みやすくなります。それでもスッキリした感じは変わらず比較的飲みやすいお酒という印象でした。

酒主人で購入。初めてのお店でしたが、奥羽自慢の偶然の再開に驚きで買ってしまいました。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別