青雲「久波奈 特別純米」(後藤酒造場)

DSC09382.jpg
銘柄:青雲「久波奈 特別純米」
製造:後藤酒造場
種類:純米
酒米:山田錦+神の穂

ライトアップが全国的に知られている「なばなの里」のお土産屋で見かけたお酒です。ラベルを見ると英語表記がされていたりと海外向けに作られているためか結構おしゃれなデザインのラベルをしており気になって購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘い吟醸香です。飲んでみるとフルーティーな甘い旨味とドライな喉越しのある刺激的な辛口が一緒に口の中に広がってくる所です。少し刺激が落ち着いてくるとメロンの様な果実の甘い旨味が口の中にさらに広がってきます。結構しっかりとした深みのある芳醇な旨味で飲んでいてとても良い気分にさせてくれるお酒でした。

なばなの里で購入。
スポンサーサイト

環日本海「無濾過 本醸造初しぼり」(日本海酒造)

DSC09161_201403240032384b7.jpg
銘柄:環日本海「無濾過 本醸造初しぼり」
製造:日本海酒造
種類:本醸造
酒米:五百万石

結構重たい消耗品や大きい消耗品は最近ネットで買うことが多い。送料無料だし2日程度で届くし、お店で買うよりも大抵安いしポイントもたまるから。そんな感じでいつものように見ていたらたまたまお酒がありました。酒屋さんと違い、大手ショッピングサイトで取り扱っているお酒はイマイチなのが多いと思ってみていたら、知らない蔵でしぼりたてが!!。温度管理とかされているかは全く不明でしたがそんなに高いお酒では無かったので買い物ついでに購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはややセメダイン臭の残る麹の香りです。飲んでみるとドライな辛口で口の中が軽くピリピリしてくる刺激があります。思いのほかしっかりとしたコクのある深い旨味があり、香りからくる印象とは違った味わいです。舌に残る旨味の余韻は比較的素直でまったりとした感じといったところ。重すぎることは無く、かといって軽快すぎる感じでもない丁度良いくらいのしっかりとした味わいで、大変美味しくいただけたお酒でした。

ヤフーサイトにあるロハコで購入。正直なめてました。

神の井「吟醸 しぼりたてのお酒です」(神の井酒造)

DSC08811.jpg
銘柄:神の井「吟醸 しぼりたてのお酒です」
製造:神の井酒造
種類:吟醸
酒米:不明

名古屋市の大高地区は比較的古い町並みが残る集落の一つで酒蔵もいくつか残っている地区でもあります。そのうちの一つが神の井酒造です。地元出身の若手杜氏を中心に地元で愛される酒を目標としている比較的小さな酒蔵です。そんななか冬期限定のしぼりたて吟醸酒を飲んでみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはとても甘い感じのする吟醸香です。飲んでみると辛口で少し刺激が来た後でフレッシュな果実の甘い旨味が押し寄せてきます。しぼりたてらしくフレッシュでしっかりとした味わいがありながらも透明感のあるすっきりした口当たりで大変飲みやすくなっています。フルーティーな旨味が比較的口の中に残存し、甘い甘い余韻に浸れます。アルコール度も普通で飲みやすいお酒でした。

覚王山フランテで購入。名前が何となく不思議な感じですが美味しいお酒でした。

あらばしり(万大醸造)

DSC08650.jpg
銘柄:あらばしり
製造:万大醸造
種類:本醸造
酒米:五百万石

伊豆へ良好した際旅館で飲んだお酒です。伊豆半島で唯一の酒蔵である万大醸造は修善寺の町中にあります。川沿いに看板があり比較的目立った存在ではありますが伊豆地方以外ではあまり見かけないお酒でもあります。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはフレッシュな麹の香りが漂います。飲んでみるとフレッシュですっきりした味わいのあるお酒です。それでいてしっかりと米の旨味があるのにしつこさは無く大変飲みやすいです。適度な辛口で口の中の刺激も程よく丁度良い感じで、のど越しもドライすぎずやさしい感じの食感です。旅館の色々な料理と一緒に飲んでみましたが刺身など繊細な料理とも相性が良く、食がすすむお酒でした。

旅館で飲みました。

木曽三川「しぼりたて あいちのかおり」(内藤醸造)

DSC08437.jpg
銘柄:木曽三川「しぼりたて あいちのかおり」
製造:内藤醸造
種類:本醸造
酒米:あいちのかおり

イチョウで有名な祖父江にある蔵のお酒です。米は隣町の一宮市産「あいちのかおり」を使用し、酵母も愛知産で作られたお酒で一宮食ブランドとして認定され販売されております。青い瓶が涼しげ(といっても冬なので寒い感じですが)で綺麗でしたので購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!
香りは果実がほんのりあるような雰囲気の香りです。飲んでみると少しフレッシュで爽やかな口当たり。フルーティーな感じもするなと思っているとねっとりとした果実の味わいです。日本酒度−3と結構甘口のお酒で口の中に濃厚な甘さが広がってきます。よくあるドライなのど越しや刺激などはほとんど感じさせないマイルドな口当たりです。刺激の少ないねっとりとした甘口の日本酒はあまり見かけないため不思議な味だなぁという感じがします。キンキンに冷やして飲むと比較的スッキリしていますが温度があがってくる程、濃厚な口当たりになってくるので色々な味を楽しむことができるお酒でした。

覚王山フランテで購入。

喜楽長「純米吟醸 三方良し」(喜多酒造)

DSC08086.jpg
銘柄:喜楽長「純米吟醸 三方良し」
製造:喜多酒造
種類:純米吟醸
酒米:山田錦+渡船6号

販売促進のため色々な蔵がグループ形成したものがあり、このお酒は「酒門の会」というグループで限定販売されているお酒になります。そのため全国でも酒門の会のお酒を取り扱っている販売店でしか目にすることができない(と思われる)お酒と言えます。たまたま見かけたので購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!
香りは麹の香りがしっかりとするような感じです。飲んでみると結構酸度の効いた酸っぱさと苦さ、刺激が口の中に広がってきます。少しねっとりした舌触りでピリピリとした刺激で口の中全体がカラカラになるほどドライな辛口です。その後からしばらくコクのある味わいが残存し段々と薄れていくような印象です。酸味のある濃厚な味わいは濃いめの料理と相性が良さそうですき焼きと一緒に飲んでみましたが程よく味わえるお酒でした。

酒主人で購入。酒門の会の他の蔵のお酒も置いてありました。ちなみに「三方良し」は喜楽長のホームページを見てもレギュラーではないので乗っておらず、酒門の会で検索しないと出てきませんでした。

日下無双「純米酒」(村重酒造)

DSC08376.jpg
銘柄:日下無双「純米酒」
製造:村重酒造
種類:純米
酒米:西都の雫

ワインレッドの瓶の色と、かっこいい名前で購入を決めてしまったお酒です。岩国で金冠黒松を作られている村重酒造の杜氏である日下氏の名前が由来となっています。読み方は「ひのしたむそう」が正しい読み方のようです。マイクロナノバブルの技術を用いて窒素を混ぜることで劣化の少ない日本酒に仕上げられたとのことです。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはとても綺麗で甘い感じの吟醸香です。一口飲んでみるとしっかりとしたフルーティーな甘味のある口当たりです。適度な酸味がありしっかりとした米の旨味も感じられますがしつこい味は全く感じず、比較的スッキリしていてやさしい口当たりです。繊細な料理から比較的濃いめの料理まで幅広く美味しくいただけてしまえそうな雰囲気で、名前から連想される力強い味を超えた、バランスのとれた旨いお酒でした。

リカーショップオオタケで購入しました。色々綺麗なラベルのお酒が沢山並んでいますが、今回一番印象に残ったお酒でした。

花美蔵「純米酒 蔵 生貯蔵酒」

DSC07854.jpg
銘柄:花美蔵「純米酒 蔵 生貯蔵酒」
製造:白扇酒造
種類:純米
酒米:五百万石

全国的には味醂の方が名前が知られてそうな感じがしますが、地元では比較的看板も多くメジャー?な感じはする花美蔵で、純米生貯蔵酒があったので購入してみました。生貯蔵と言うと夏のイメージが強いですが2014年1月製造なので比較的新しいお酒でした。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは麹の香りが微かに漂うような雰囲気です。飲んでみるとしっかりとした米の旨味がでているお酒です。それでいて少し角のとれたフレッシュな感じがあり、刺激は比較的少なく口の中に入ってくるので比較的飲みやすいです。飲んでいるとじわりとコクのある旨味が後から広がってくる感じです。飲みやすい割には濃厚な味なので冷酒で飲んでも濃いめの料理や鍋なんかが比較的相性が良さそうな感じのお酒でした。

美濃加茂のアピタで購入。以前と比べるとラインナップを整理したような印象でした。

三連星「番外編 吟吹雪純米吟醸生原酒」(美冨久酒造)

DSC08377.jpg
銘柄:三連星「番外編 吟吹雪純米吟醸生原酒」
製造:美冨久酒造
種類:純米吟醸
酒米:吟吹雪

滋賀の地酒40本目に選んだのは三連星。たまたまお店で見かけたのですが、ノーマルの三連星の隣にある「番外編」なる不思議なお酒を発見。ラベルがガンダムを連想させるような造りになっており、面白そうでついつい購入してみたお酒です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘い果実のような吟醸香です。飲んでみるとフレッシュでフルーティーが結構強くて名前とは裏腹に驚かされます。甘いメロン果実の様な濃厚な旨味と少しドライな辛口でスッキリくるのど越しとが同時に口の中に広がってきます。生原酒ながらアルコール度は普通と変わらないくらいなので大変飲みやすく、気づくとあっという間に飲んでしまいます。結構フレッシュで濃厚な味わいなので、しっかりとした味のある料理と一緒に飲んでも全く負けていないお酒ですが、比較的万人受けするような飲みやすいお酒でした。

リカーショップオオタケで購入しました。ガンダム好きならついつい手が伸びても仕方が無いなと思えてしまうようなラベルでした。「番外編」という由来はよくわかりませんでしたが、ただ単にレギュラー三連星でないという意味だけかもしれません。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別