夜明け前「辰の吟 なまざけ」(小野酒造)

DSC00013.jpg
銘柄:夜明け前「辰の吟 なまざけ」
製造:小野酒造
種類:本醸造
酒米:山田錦

島崎藤村の「夜明け前」から名前をいただいた小野酒造の夜明け前「辰の吟」の生酒を選んでみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはメロンの様な甘い吟醸香です。飲んでみるととてもフルーティーで香りと同じようにメロンのような果実の甘さがあります。少しピリ辛でドライな味わいが甘さの後に少し感じられますがすぐに甘さで上塗りされてしまうような感じです。旨味がぎっしり詰まっていますが思いのほかスッキリしており大変飲みやすいお酒でした。

まつのやで購入。夜明け前は取り扱っている店は多いのでホームページで確認するか通販すると比較的簡単に手に入りそうです。
スポンサーサイト

純米吟醸 立山 (立山酒造)

DSC00014.jpg
銘柄:純米吟醸 立山
製造:立山酒造
種類:純米吟醸
酒米:山田錦

中部地区では立山酒造のお酒は比較的取り扱う店が多くスーパーに置いてあったりすることもある位なじみのあるお酒の一つです(飲んだことがあるかどうかは不明ですが)。どのお酒も白を基調としたデザインで透明感のある綺麗でおしゃれな瓶を見るとついついどんな味か想像してしまうくらいイメージが浸透しているお酒です(といっても普通の瓶もありますが)。前の記載にも書きましたが富山で最も大きい蔵の一つで大手が入らないようにガードしてきた存在であると言えます。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはうっすらほのかな吟醸香です。飲んでみるとなかなか透明感のあるクリアな辛口です。喉越しがとても良く口の中全体がドライな辛さを感じた後でフルーティーな甘い旨味がにじみ出てくるような印象です。大変綺麗で飲みやすいお酒で何度飲んでも同じような印象ですが、軽めというよりはしっかりとした深みのある旨味がある印象です。あっさりした物と相性が良さそうなお酒でした。

富山駅周辺のお土産屋で購入。

天狗舞「あげ潮」(車多酒造)

DSC09907.jpg
銘柄:天狗舞「あげ潮」
製造:車多酒造
種類:本醸造
酒米:夢錦

白山市内の5蔵で形成される「白山菊酒」ブランドとしてお酒です。イマイチ存在が理解し難いブランド名ですが、5蔵で合計15種類のお酒があります。白山の水を使い白山市内で作られた日本酒が認定されるようで、その品質基準も比較的明確にされているお酒の様です。

冷酒、熱燗で飲ス、うまい!
香りはしっかりとした麹の香りがする少し茶色のお酒です。飲んでみると純米もびっくりのとても濃厚でコクのある味わいがあるお酒です。少しドライな刺激がある麹の味で口の中にまったりと広がってくるような印象です。熱燗の方が全体的に円やかで飲みやすいお酒で食欲をそそられるようになります。吟醸などあっさりスッキリフルーティーな印象のお酒とは真逆のしっかりとした日本酒らしいお酒という感じのお酒でした。

エアポートウォークのアピタで購入。

三千盛「本醸」(三千盛)

DSC09707.jpg
銘柄:三千盛「本醸」
製造:三千盛
種類:本醸造
酒米:美山錦

ホームページでも辛口を強調するほど辛口にこだわった蔵「三千盛」(といっても超甘口のお酒もあり)。その中でも比較的晩酌用として人気の本醸造を飲んでみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは麹の香りがしっかりとある印象です。飲んでみると結構ピリッとしないドライな刺激のあるお酒です。あっさりしすぎず濃厚すぎず程よい米の旨味があり、後味スッキリで心地よいです。かといって軽すぎる印象は無く、それなりにしっかりとした味が食欲をそそります。比較的どんな料理でも合わせやすい印象のお酒でした。

植田ピアゴで購入。

今錦「ワンカップ」(米澤酒造)

DSC09617.jpg
銘柄:今錦「ワンカップ」
製造:米澤酒造
種類:普通酒
酒米:不明

中川村へ桜を見に行ったときにお土産屋でもらったお酒です。多くの蔵で出しているワンカップですが、量は180mlで兵庫の大関が出したのが始まりと言われているサイズなんだそうです。すぐに飲めるというメリットがありますが、現在は安酒のイメージも定着してしまったようです。本当は色々あるはずなんですけど。

冷酒、熱燗で飲ス、うまい!!
香りは麹のしっかりした香りです。飲んでみると辛口でピリピリした刺激があり、少し雑味のある印象の味です。熱燗にしてみるとそんな尖った印象は薄くなり円やかで甘味のある柔らかい口当たりに変化し米の旨味がにじみ出てくるような印象になって飲みやすくなります。刺激が少なくて脹よかで大変おいしく濃いめのつまみとともに飲むと丁度良さそうな感じのお酒でした。

お土産でもらいました。飯島あたりのJAスーパーなんかでも見かけたことはありますので比較的置いてある印象です。

手取川「大吟醸生原酒」(吉田酒造店)

DSC09466.jpg
銘柄:手取川「大吟醸生原酒」
製造:吉田酒造店
種類:大吟醸
酒米:八反錦

透明感のある綺麗なお酒が多く人気の高い石川県の日本酒の中でも全国的に知られているお酒の一つといえる手取川を購入してみました、レギュラー商品では無く、ラベルを良く見てみると「成城石井オリジナル」なんだそうだ。

冷酒で飲ス、うまい!!
香り果実の甘い吟醸香。飲んでみるとフルーティーな味わいの辛口のお酒です。芳醇で透明感のある果実のような甘さ旨さがあり、アルコール度が17%とやや高めなためか口の中がピリピリする刺激が少しあります。後味は比較的スッキリしてますが、本醸造系ながら純米のように全体的にしっかりとした味があるので濃厚な味わいを楽しみたい人には丁度良いかもしれません。結構濃いめの料理とも相性が良くなんにでもあわせれそうなお酒でした。

成城石井で購入。

飛騨の華「純米大吟醸」(平田酒造場)

DSC09469.jpg
銘柄:飛騨の華「純米大吟醸」
製造:平田酒造場
種類:純米大吟醸
酒米:ひだほまれ

高山市内にある酒蔵の一つ。この近くにはいくつも酒蔵がありどれにしようか迷ってしまいます。高山は試飲を沢山できるのでお酒のみにはたまらない場所でもあります。といっても有料な所が多いのでお財布にはやさしくはないです。今回の平田酒造は高山市内でロウソクを作っていて明治時代になり酒造りも始められたところです。町内には平田記念館なるものもあり昔の道具が展示してあったりもします。そんな蔵のお酒をもらいましたので飲んでみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはフルーティーな甘い吟醸香です。飲んでみると淡いフルーティーの甘さのある程よく弱い刺激の辛口のお酒です。味わいはとても上品で繊細な印象で純米系ながらスッキリとした口当たりです。ほのかな甘味が食欲をそそり、ついつい飲み続けてしまうような味です。白身の刺身のように繊細な味の料理と一緒だと相性が良さそうなお酒でした。

貰い物です。美味しかった。

嘉泉「特別本醸造 幻の酒」(田村酒造場)

DSC09400.jpg
銘柄:嘉泉「特別本醸造 幻の酒」
製造:田村酒造場
種類:本醸造
酒米:不明

東京に酒蔵があるというイメージは今まで全くありませんでしたのでこのお酒を見つけた時に少し驚いてしまいました(すみません)。しかもネットで。完全に興味本位で購入してみましたが、調べてみるととても立派な酒蔵でして、己の無知を恥ずべきでした。200年近い歴史を持つ大変綺麗な蔵で、今回選んだ本醸造酒も主力の一品で昔から人気のあるお酒だと言うことです。

冷酒、熱燗で飲ス、うまい!!
香りは程よい麹の香りです。飲んでみると少しピリ辛程度の刺激のあり、さらりとした舌触りの中に程よい酸味としっかりとした米の旨味が感じられるようなお酒です。飲んでしばらくは米の旨味が口の中に程良く残り大変印象の良いお酒です。熱燗にすると少し角がなくなりピリ辛な刺激が少し減りますが全体的な印象としてはあまり変わらない感じでした。単品で飲んでしっかりした日本酒の味わいを堪能することもできますし、食中酒にしても比較的どんな料理にでも合わせやすそうなお酒でした。

ロハコで購入。アスクルの段ボール箱で普通に運ばれてきたので正直期待していませんでしたが、良い方向で期待を裏切ってくれた美味しいお酒でした。

淺茅生「特別純米 棚田米 吟吹雪」(平井商店)

DSC08379.jpg
銘柄:淺茅生「特別純米 棚田米 吟吹雪」
製造:平井商店
種類:純米
酒米:吟吹雪

色々な個性派が揃うバリエーション豊かな滋賀の日本酒達は琵琶湖を中心に色々な文化が育ったためと勝手に考えています。そんななかで平井商店のある大津は京都の隣町的な存在で滋賀の中では昔から栄えていたところの一つだと思われます。日本三大酒処の京都の近くのため、昔は80を越える蔵が存在したそうですが現在は3軒が残るのみ(未確認ですが)。堅田と石山寺に一つずつあり、大津の中心街で酒造りされている唯一の蔵が平井商店だと思われます。350年程の歴史を持つ立派な酒蔵ですが社長自ら杜氏をしている家族経営的な小さな蔵で地元でも流通量は少ないのだそうです。ホームページも10年以上更新が止まったまま・・・・・・もちろん買う時はそんなことも知らず、さらには読み方もわからないまま購入してしまったお酒です。これで「あさじお」と詠ませるようです。普通は詠めませんね。

冷酒、ぬる燗で飲ス、うまい!!
香りは麹の香りがほのかにしてきます。口に含んだ瞬間に口の中に米の旨味がしっかりとのった味わいが広がってきます。少し刺激のある辛口で喉越しはドライ。しっかりとした味が舌に広がってきますがしつこさはあまり無くスルスルと飲めてしまえます。淡麗でも濃厚でもない程よいしっとりとした口当たりで、それでいて米の旨味が程よく感じられて大変美味しくいただけます。燗すると刺激が少しマイルドになり少し濃厚さを増した米の旨味ぎっしりな味わいになるお酒でした。

リカーショップオオサケで小購入しました
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別