芳水「特別純米」(芳水酒造)

DSC01765.jpg
銘柄:芳水「特別純米」
製造:芳水酒造
種類:純米
酒米:山田錦

徳島県三好市にある酒蔵です。昔の人たちが四国随一の大河である吉野川の水を芳水と詠んだことから名付けられた綺麗な名前を持つお酒です。「芳」という文字だけで何となく日本酒を連想できるので気に入っている蔵の一つです。

冷酒、熱燗で飲ス、うまい!!
香りはしっかり麹の香りのある日本酒らしい香りです、飲んでみると案外スッキリした口当たりと喉越しの後から、口の中全体に芳醇で結構濃厚な旨味がにじみ出てきます。その後はしばらく口の中全体に米の旨味が余韻として残り、純米らしい濃厚でしっかりとした旨味を堪能することができます。熱燗にしても膨よかでコクのある味は変わらず印象もそこまで強く変わらず飲むことができます。濃いめの料理と相性が良さそうで、熱燗なら焼き魚の食が進みそうな感じのお酒でした。

アワーリカーで購入。比較的徳島県内ではスーパーでも置いてあるお酒ですが、中部地区では一切見たことが無いのが残念。
スポンサーサイト

司菊「穴吹川」(司菊酒造)

DSC01761.jpg
銘柄:司菊「穴吹川」
製造:司菊酒造
種類:純米
酒米:山田錦

剣山の北側にある美馬市の吉野川沿いにある酒蔵です。清流の多い四国ですが、2012年に日本一の清流となった穴吹川が吉野川に注ぐ町でもあります。透き通るような美しさを誇る穴吹川の原流水と徳島県産山田錦にて作られたお酒がこのお酒です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは上品な吟醸香です。飲んでみるととても清涼感のある旨味のお酒です。とても上品で優しい口当たりで、それでいて程よい厚みの旨味があります。喉越しもほどほどに刺激があり重い印象は全くなくとてもバランスのとれたお酒です。軽すぎず重すぎず丁度良い濃厚さと旨さがあり、それでいて清涼感が感じられるので夏に飲むのに丁度良いです。鮎の塩焼きなんかと一緒に飲むと暑い夏でも食欲がそそられてしまうようなお酒でした。

アワーリカーで購入。

夢の扉「デカンショ節の酒」(鳳鳴酒造)

DSC01766.jpg
銘柄:夢の扉「デカンショ節の酒」
製造:鳳鳴酒造
種類:普通酒
酒米:日本晴

デカンショ節は篠山市を中心に盆踊りなどで歌われる民謡のことです。その音を振動に変えて酵母に刺激を与えて作られたお酒がこれです。デカンショの名前の由来は色々な説があるみたいなので、詳しくはwikiで。

冷酒、熱燗で飲ス、うまい!!
香りは前回飲んだ田園と同じようにしっかりとした麹の香りがする日本酒らしい香りです。飲んでみると米の旨味がぎっしり詰まったかのようなしっかりとしたコクのある芳醇な旨味が口の中に広がってきます。刺激は強くなく辛くも甘くもない何とも心地よい旨味です。熱燗にするとまろやかで少し甘口な印象になり、ふっくらとした旨味がにじんできます。夏のあっさりした味付けの料理より、秋のしっかりとした味わいの料理の方が相性が良さそうな印象のお酒で、普通酒ながらもレベルの高い美味しいお酒となっています。これなら毎日チビチビと晩酌しても行けるお酒だなと思いました。

物産館ささやまで購入しました。

鳴門鯛「純米 浮かれ阿呆の阿波踊り」(本家松浦酒造場)

DSC01764.jpg
銘柄:鳴門鯛「純米 浮かれ阿呆の阿波踊り」
製造:本家松浦酒造場
種類:純米
酒米:不明

徳島と言えば阿波踊りが連想される程有名な阿波踊りがあしらわれたラベルが特徴のお酒です。阿波踊りですから「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃソンソン」ってな具合で、まさにラベルの名前の通り。町中では一般人も含めて踊り惚けている楽しいお祭りです。ついつい踊りたくなってしまうのを抑えて飲んでみました。

冷酒、ひや、熱燗で飲ス、うまい!!
香りはしっかりとした日本酒らしい麹の香りぷんぷんです。冷酒で飲んでみるとしっかりとした米の旨味と濃厚さがありますが、どこか軽やかで飲みやすさもあるような印象です。少し温度を上げてくると山廃らしいコクのある旨味がじわじわ出てきて、膨よかな甘さを感じられるようになってきます。熱燗にすると円熟とまでは行ってませんがまろやかで米の甘さが引き立つ味わいになってきます。飲む温度でそれぞれ違った雰囲気を味わえるので自分の好みに合わせ楽しむことができるお酒です。個人的には熱燗を焼き魚と一緒にいただくのが良さそうでしたので、早く暑い夏が終わり涼しい秋口にまた一杯やりたいと思わせるお酒でした。

アワーリカーで購入。今回も阿波踊り殴り込みなので現地購入です。

神の井「一つ火 吟醸」(神の井酒造)

DSC01343.jpg
銘柄:神の井「一つ火 吟醸」
製造:神の井酒造
種類:吟醸
酒米:不明

お店に並んでいる日本酒の中で、なんとなく日本酒には珍しいファニーなラベルが一つだけあり、それが気になり購入してみました。ラベルには米と水と火の文字がカラフルに並べてあり、「火入れ一回」と小さく書いてありますが生貯蔵か生詰かはわかりません。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは心地よい吟醸香。飲んでみるとフレッシュなフルーツのような口当たりです。フルーティーな口当たりだなと思っていると、その後からコクのある米の旨味が押し寄せてきて、サーと薄れていきます。飲み始めはフルーティーなお酒だなという印象ですが飲んでいると案外旨味がしっかり効いているお酒だなという印象に変わってきます。飲みやすくアッサリ飲みの丁度良い感じのお酒でした。

ヒルズウォークで購入。

夢の扉「本醸造 生貯蔵酒」(鳳鳴酒造)

DSC01767.jpg
銘柄:夢の扉「本醸造 生貯蔵酒」
製造:鳳鳴酒造
種類:本醸造
酒米:五百万石

丹波篠山の城下町にある蔵で作られたお酒です。音楽振動醸造酒とラベルにあり、ベートーベンの交響曲第6番「田園」を流しながら酵母に刺激を加えて作られたお酒なんだそうです。まぁ効果の程はわかりませんが面白いことをするなと思い購入です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは麹の香りがしっとり香る感じです。飲んでみるとしっかりとした米の旨味が詰まった味がします。コクがありながらも比較的軽く、刺激なんかは少なく後味スッキリで優しい口当たりです。冷や奴なんかと一緒に食べると丁度良く、赤身の刺身と一緒に飲んでも良さそうな感じがしました。米の旨味がしっかりありますが癖が無く飲みやすいお酒でした。

物産館ささやまで購入しました。

麗人「ロゼ・スパーク」(麗人酒造)

DSC01079.jpg
銘柄:麗人「ロゼ・スパーク」
製造:麗人酒造
種類:普通酒
酒米:不明

麗人酒造が作る発泡日本酒で炭酸ガスを後から封入するタイプのお酒です。正直発泡するしないよりも薄いピンクの色のお酒という方が何となく珍しい感じです。そういえば同じく長野は塩尻の笑亀もピンク色のお酒で不思議でしたので長野にはこういうのがあるんですかね。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは米や吟醸香と言うよりか熟成した果実酒のような香りです。飲んでみるとあっさりとした清涼感のあるフルーティーな味で微炭酸が程よく刺激になっている感じです。何も知らずに飲んだら普通にスパークリングワインと言われたら納得してしまうであろう味です。名前がロゼっていう位で、飲み終えた後に残る渋さなどロゼワイン飲んでいるかのような感覚に陥ってしまいます。和食よりも洋食と一緒の方が相性良さそうですし、知らずに出されても全く違和感の無い感じです。本当に米で作ったのかと疑ってしまうようなお酒でした。

麗人酒造で購入しました。これを飲むと御代櫻の淡桜咲飲んだ時と同じで日本酒の無限の可能性を垣間みた気がしました。

零の雫(福光屋)

FJ310084.jpg
銘柄:零の雫
製造:福光屋
種類:純米
酒米:不明

飲酒運転の取り締まりが厳しくなってからノンアルコール業界が盛り上がりを見せております。お酒飲まない人から見たらノンアルコール飲料は理解されないものですが、お酒の独特な味が好きな人には、飲めないときのオアシスとなっているのではないでしょうか。ノンアルコール飲料はビールやカクテル、ワインに焼酎など色々な種類の物が出てきておりましたが、探してみたら日本酒テイストもありました・・・・・一応純米?らしいものです。純粋には日本酒ではないですが日本酒テイストと言えば良いのか。まぁ最近お酒が飲めない日が続いているため試しに飲んでみました。

冷酒、熱燗で飲ス、うまい。
香りは熟したパイナップルのような香りがほのかにします。飲んでみるとヨーグルトの様な酸味のある米の味のある味わいです。普段飲んでいる日本酒とは違った味で何となく似せてあるような感じの味です。熱燗にしても乳酸飲料のような軽い酸味が少しありやはり普通の熱燗とは違った印象の飲み物です。はじめはコップで飲んでいましたが枡を使って飲んでみると酸味の感じが若干薄れの見やすくなるかなという印象でした。

ロハコで購入。日本酒というよりはカクテルに近い味の飲み物でした。それにしても一応純米(といって良いかは不明ですが)でノンアルコールを作る技術に脱帽です。

麗人「辛口の極み」(麗人酒造)

DSC01078.jpg
銘柄:麗人「辛口の極み」
製造:麗人酒造
種類:吟醸
酒米:美山錦

麗人酒造の中で吟醸ながらも晩酌向けに作られている辛口のお酒です。2013年のモンドセレクション金賞受賞したお酒ということで宣伝されております。

冷酒、ぬる燗で飲ス、うまい!!
香りは麹の香りがある日本酒の香りです、飲んでみると結構ドライでピリ辛な口当たりです。清涼感のあるあっさりとした味わいで何度でも飲めてしまうようなほどスッキリしており飲みやすいです。少し温度を上げるとだんだんと旨味が強く感じられるようになってきます。軽くすっきりした口当たりながらもでてくる旨味が食欲をそそります。個人的には少し温度を上げていった方が旨味がでてきて美味しいと感じるお酒でした。というか蔵のホームページを見てもぬる燗のほうがオススメとありました。

麗人酒造で購入です。

満寿泉「一号しぼり生酒」(桝田酒造)

DSC01239.jpg
銘柄:満寿泉「一号しぼり生酒」
製造:桝田酒造
種類:吟醸
酒米:非公開

相変わらず変な名前のお酒です。カメ1号と同じく1号タンクのしぼりたて生酒です。半年ほど冷蔵保存にて寝かされていたものを飲んでみました。

冷酒で飲ス。うまい!!
香りは甘くそそられる麹の香りです。飲んでみると結構濃厚でしっかりとした旨味がにじみだしてくる味わいです。ねっとりと舌に絡み付く濃厚さでピリピリとする刺激があり、それでいて少しフルーティーさも残されているような重厚な味わいのお酒です。飲んだ後も口の中に残る濃厚さがうまさが引き立ち、少し時間が経過しているためか味も全体的にまろやかな感じでした。アルコール度が高く少し飲んだだけで結構酔えてしまえました。フルーティーですが夏より冬にチビチビと飲みたいような雰囲気のお酒でした。

酒のつぼいで購入
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別