越の誉「特別純米生貯蔵酒」(原酒造)

DSC03740.jpg
銘柄:越の誉「特別純米生貯蔵酒」
製造:原酒造
種類:純米
酒米:たかね錦

純米や吟醸のみならず古酒や発泡酒など変わり種も種類豊富で色々と作られている蔵で、セット販売にしては少し珍しく純米の生貯蔵酒です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはやや甘い麹の香りです。飲んでみるとスッキリした清涼感があり、やや刺激のある印象のお酒です。最初の口当たりは生貯蔵酒らしく軽めの印象ですが、後から口の中に比較的しっかりとした米の旨味が広がってくるような印象です。軽すぎず重すぎず、飲み飽きしない米のストレートな旨味を堪能できるお酒でした。

新潟駅で購入。
スポンサーサイト

蓮華山「特別本醸造生貯蔵酒」(田原酒造)

DSC03744.jpg
銘柄:蓮華山「特別本醸造生貯蔵酒」
製造:田原酒造
種類:本醸造
酒米:不明

東西に長い新潟県の中で最も西側に位置する糸魚川市には5つの酒蔵があり、そのうちの一つが田原酒造さんです。明治30年創業と比較的新しめですが元々あったところから暖簾分けしたような形で酒造りに参入したところの様です。生貯蔵酒とありましたが復刻と小さく書かれており気になり購入です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは麹の香りがほのかにしてくるような印象で、飲んでみると思いのほかしっかりとした米の旨味の入ったしっかりとした味わいが口の中に広がってきます。それでいてアッサリと仕上げられているような印象です。後味スッキリながらも旨味が結構長く口の中に残り心地よい後味となっています。淡麗辛口というより旨口な印象のお酒でした。

新潟駅で購入。

お福正宗「純米吟醸生原酒」(お福酒造)

DSC03735.jpg
銘柄:お福正宗「純米吟醸生原酒」
製造:お福酒造
種類:純米吟醸
酒米:五百万石

生酒本舗飲み比べセットの最後はお福正宗。明治30年創業なのでそんなに古くはない蔵ですが、現在の日本酒業界に大きな影響を与えた蔵の一つと言えます。明治43年に速醸モトを開発したことで知られ、現在はほとんどの蔵で使われる方法(最近はそれぞれの良さがあるので山廃モトも普通ですが)の一つと言えるのではないでしょうか。そんな蔵の生酒です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは少し麹の香りの混ざる吟醸香。飲んでみるとフルーティーながらふくよかな米の旨味がしっかりあり、それでいてアッサリした感覚もあるなんともいいとこ取りみたいな印象の味わいです。辛口で飲んだ後の刺激は結構あり喉越しはだいぶドライです。それでいて淡麗かといわれるとそんなことは無く、あとから米のクリアな旨味がしっかりと広がってきます。原酒ながらもアルコール度が17.5度とあまり高くはないため酔いも程よく刺激も丁度良い位でコクはあるのに誰でも飲みやすそうでうまいお酒でした。

新潟駅の生酒本舗で購入。

吉乃川「本醸造生原酒」吉乃川酒

DSC03737.jpg
銘柄:吉乃川「本醸造生原酒」
製造:吉乃川酒造
種類:本醸造
酒米:五百万石

生酒本舗飲み比べセットの2本目は吉乃川の本醸造生原酒です。吉乃川といえば比較的全国展開している有名どころの蔵ですね。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは上品に香る麹の香りという印象です。飲んでみるとアルコール度の割には刺激がマイルドで柔らかい印象のお酒です。飲んだ後はスッキリ薄味ですが徐々に甘酒の様な甘い米の旨味が舌全体に広がってくるような印象です。飲みやすいなと思って調子に乗っているとアルコール度が高いのであっという間に酔いが回ってきます。ただ飲み比べセットは量が少ないため、その手前で止まることになります。市島のときとは全くキャラクターが違う優しいながらも高いアルコール度でガツンと来るお酒でした。

新潟駅の生酒本舗で購入瀬です。

市島「本醸造生原酒」(市島酒造)

DSC03736.jpg
銘柄:市島「本醸造生原酒」
製造:市島酒造
種類:本醸造
酒米:五百万石

米と日本酒で全国的に知られる新潟のお酒の中で有名どころは日本各地の酒屋で、下手をすればスーパーでも手に入る程メジャーな存在になっています。そんなメジャーな存在とは別に、新潟でしか飲めないお酒も数多く存在します。そんな中、基本的には市販されていないお酒ですが蔵と契約して生酒を販売する生酒本舗でセット酒を購入したのでそのうちの一つを飲んでみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはややセメダインの香りが混ざるフルーティーな香りです。まったりと口の中に絡み付く濃厚でフレッシュな旨味とピリっとした刺激とドライな喉越しのあるお酒です。アルコール度が19〜20度と高めの原酒のためか刺激も強くて少量ながらも酔いが早くに訪れます。説明書には淡麗辛口でスッキリしていると書かれていますが、濃厚で後味もしっかりあり辛口以外は嘘だろとツッコミたくなる印象です。香りとは裏腹にしっかりとした旨味を堪能できるお酒でした。

新潟駅の生酒本舗で購入。飲み比べセットでしたので他のお酒もあります。

ほしいずみ「超限定大吟醸」(仮)(丸一酒造)

DSC02198.jpg
銘柄:ほしいずみ「超限定大吟醸」(仮)
製造:丸一酒造
種類:大吟醸
酒米:山田錦

ごんぎつねの舞台である半田市に隣接する町で、物語にもでてくる矢勝川のすぐ北にあり「ほしいずみ」の銘柄で人気のある蔵です。5年連続金賞受賞したそうで実力は高い蔵と言われており、金賞受賞したお酒の原酒をいただいたので飲んでみました。名前は何も名付けられていないようでしたので仮名としました。(ラベルの名前はお店で書かれた物か)。

冷酒で飲ス、うまい!!!
香りはとても甘い上品な香りの吟醸香です。飲んでみると一口目からトロリとしたメロンの様な甘い旨味が口の中に広がってきます。舌に広がるまったりとしたフルーティーな旨味が口の中全体にしっとりと広がってきてだんだんと薄れていくような感じです。アッサリしすぎず、濃厚しすぎず丁度よい感じの飲み口でどんどん飲めてしまえます。原酒で少しアルコール度が高めであっという間に心地よく酔えてしまえる美味しいお酒でした。

貰い物なので不明ですがとても美味しく一升瓶があっという間に終わってしまいました。

甲斐の開運「富士山天空絵巻 吟醸」(井出醸造店)

DSC03160.jpg
銘柄:甲斐の開運「富士山天空絵巻 吟醸」
製造:井出醸造店
種類:吟醸
酒米:ひとごこち

富士山5合目のお土産屋で購入した完全にお土産用のお酒の最後は甲斐の開運の富士山天空絵巻。180ml瓶の周りに巻物が巻かれ、富士山型の水引と凝った造りで売られているお酒です。巻物の内側にはパノラマ写真が印刷されており、鳴沢村上空から撮影した物だそうです。富士山をはじめ富士五湖周囲の山々が映し出されたパノラマ写真だけでもお土産になりそうな物です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほんのり上品に香る吟醸香。飲んでみると甘くフルーティーな米の旨味がしっかりと感じられる味わいです。この甘い旨味が大変心地よく、それでいてしっかりとした旨味の割に案外スッキリした飲み口でいつまでもしつこく口の中に余韻を残したりするような感じではありません。どちらかというとスーっと引いてくる印象で大変飲みやすいです。夏のアッサリした味が良い季節や繊細な味の料理と一緒に飲む時に相性が良さそうなお酒でした。

富士山5合目で購入。お土産用で巻物がついているだけで値段が高いと侮っていました大変美味しく飲むことができました。

笹一「富士山二二三」(笹一酒造)

DSC03163.jpg
銘柄:笹一「富士山二二三」
製造:笹一酒造
種類:普通酒
酒米:不明

富士山5合目のお土産屋で見かけた富士山限定の日本酒。223は多分富士山の日である2月23日から来ている名前であると思われます。お土産用価格ではありましたが限定ものに弱い日本人気質でついつい購入してみました。

冷酒、熱燗で飲ス、うまい!!
冷酒ではコクのあるドライな刺激のある辛口の飲み口でやや味がボケるかなという印象です。熱燗にしてみると麹の心地よい香りが心地よい印象です。刺激は少なくなり全体的にまろやかで甘味がでてきて、旨味がしっかりと味わえるようになってきます。鮎の塩焼きと一緒に飲んでみましたが塩味とお酒の旨味が上手に絡み合ってとても美味しくいただくことができました。個人的には熱燗でチビチビと飲む方が好みであったお酒でした。

富士山5合目のお土産屋で購入しました。

今錦「純米大吟醸」(米澤酒造)

DSC09615.jpg
銘柄:今錦「純米大吟醸」
製造:米澤酒造
種類:純米大吟醸
酒米:美山錦

おたまじゃくしシリーズや新今錦伝あたりが最近人気の米澤酒造。桜や赤ソバをはじめ自然豊かな伊那谷の中川村にあり、地元の材料と和釜や木槽による手作りにこだわった蔵として知られています。おたまじゃくしシリーズと比べると普通のシリーズはあまり知られておらず、そのなかでたまたま純米大吟醸を見かけたので購入しました。もともと贈答用のためかネットでも見かけたことはありませんでしたが刺繍のラベルなどで差別化がはかられているようです。

冷酒で飲ス、うまい!!
開栓するとすぐにでてくる香りはリンゴのような甘いフルーツを思わせる吟醸香で、注ぐ時にはさらに香りだってくる印象です。飲んでみると香りに負けないリンゴのような甘酸っぱいフルーティーな旨味が口の中全体に広がってきます。トロリと舌に絡み付いてくる上品な旨味が大変心地よく、少し辛口で刺激のある喉越しが余計に飲欲をそそります。結構濃厚で程よく熟成した芳醇な印象で大変おいしくいただけたお酒でした。

中川村の大草城址公園桜まつりの時に今錦のブースで購入しましたので瓶詰めされてから半年以上は経過していますので程よくまろやかな感じでした。このお酒は桜まつりか赤ソバ祭りの時に見たことがある程度で、おたまじゃくしシリーズに比べると珍しいかもしれませんね。

雑賀の郷「純米ひやおろし」(九重雑賀)

FJ310086.jpg
銘柄:雑賀の郷「純米ひやおろし」
製造:九重雑賀
種類:純米
酒米:五百万石+日本晴れ

多分今年初のひやおろしのお酒で選んだのは和歌山にある九重雑賀のお酒です。元々は明治時代から酢を作る会社でしたが昭和初期に日本酒も作るようになった比較的新しい蔵といえます。お店に並んでいてたまたまひやおろしのラベルが目に入ったので購入してみました。和歌山のお酒は初です。

冷酒、常温で飲ス、うまい!!
香りは麹の香りはして日本酒らしい香りです。飲んでみるととてもしっかりいた濃厚で奥行きのある米の旨味がぎっしりつまったような味わいです。円熟したまろやかな旨味がしっかりと感じられ、日本酒度+8.5となかなかな辛口設定なわりにピリピリする刺激はほとんど感じずとてもクリアな濃厚さを持った味わいを堪能することができます。常温くらいで焼き魚と一緒に飲むとなかなか良い組み合わせで食欲もそそられる印象の秋にぴったりなお酒でした。

フランテで購入。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別