小左衛門「辛口純米吟醸」(中島醸造)

DSC05483.jpg
銘柄:小左衛門「辛口純米吟醸」
製造:中島醸造
種類:純米吟醸
酒米:美山錦

色々な酒米で多種多用なお酒を造っている中島醸造のお酒で、美山錦で作られた純米吟醸でラベルに辛口とあるものがあったので購入です。

冷酒で飲す、うまい!!
香りはフルーティーな吟醸香。少しドライな喉越しの辛口でその中にフルーティーな旨みが乗ったお酒です。少し酸味の効いた口当たりで飲んだ後もしばらくピリ辛で爽やかなフルーティーさが適度に残り、気がつくと次の一口を入れてしまっています。大変飲みやすいお酒でお値段も手頃で嬉しいお酒でした。

覚王山フランテで購入。
スポンサーサイト

奥の松「吟醸」(奥の松酒造)

DSC05182.jpg
銘柄:奥の松「吟醸」
製造:奥の松酒造
種類:吟醸
酒米:不明

奥の松酵母で作られた吟醸酒が手頃な300mlサイズで売っていたので買ってみました。このお酒に使われているかはわかりませんが、奥の松は自前の純米や純米大吟醸のお酒を蒸留して醸造用アルコールとして添加するなど、こだわりが結構強い酒蔵です。

冷酒で飲す、うまい!!
香りは程よくフルーティーな吟醸香です。飲んでみると結構刺激のある喉越しの辛口なお酒でスッキリしたフルーティーな味わいのあるお酒です。あっさりしていて舌触りもさらりとしていて大変飲みやすいです。飲んだ後は口の中は少しカラカラになるので次の一口がまた美味しくいただけます。単品で飲んでみ美味しいですし比較的いろいろな料理に合わせやすそうなお酒でした。

酒のすぎたで購入です。

初緑「純米吟醸無濾過生原酒(緑ラベル)」(奥飛騨酒造)

DSC04913.jpg
銘柄:初緑「純米吟醸無濾過生原酒(緑ラベル)」
製造:奥飛騨酒造
種類:純米吟醸
酒米:山田錦

下呂の金山地区へ久しぶりに飛騨牛と紅葉ドライブで出かけました。今まで気づかなかったのですが金山の街中で「奥飛騨」の蔵が国道沿いにあったのを発見し直売所で購入してみました。今までは「高木酒造」でしたが2014年4月1日より名称変更し「奥飛騨酒造」となったようですね。初緑シリーズはこれまで全く飲んだことがなく、勧められ購入です。

冷酒で飲す、うまい!!
香りはとてもフレッシュなフルーツの香りの吟醸香です。飲んでみるとメロンのような甘くフルーティーな旨みがたっぷりです。少しピリっとくる刺激があり、その後からも甘い旨みが口のなか全体に広がってきます。生原酒ですがアルコール度は16度とまぁ普通なのでフレッシュな甘く濃厚な旨みで飲み過ぎても一気にやられてしまうことはなく、普通に美味しく飲めてしまえます。平成の生しいたけを少し炙って酒の肴にして一緒に飲んでみましたが、深まる秋の豊かな味わいをしっかりと感じられるお酒でした。

蔵直営店で購入。ホームページのお酒は去年のデータなので少しスペックが違いますが、美味しさはおそらく変わらずでしょう。

富士錦「純米樽酒 ゼブラ」(富士錦酒造)

DSC03161.jpg
銘柄:富士錦「純米樽酒 ゼブラ」
製造:富士錦酒造
種類:純米
酒米:不明

富士サファリパークのお土産で購入したものです。製造元は富士錦ですが、富士サファリパークオリジナル酒として作られているようです。いろいろな動物のラベルがありましたが黒瓶のゼブラにしてみました。

冷酒、熱燗で飲す、うまい!!
香りはしっとり香る麹と杉樽?のような香りです。飲んでみると結構濃厚でしっかりとした味を感じます。重厚感がある米の旨みがぎっしり詰まったかのような味わいで、舌にいつまでも残るねっとりとした余韻がなんとも言えません。刺激はそんなに強くはなく辛口すぎず酸味もほどほどな感じですがなんとなく木の香りのような味がいつも付いてきます。軽快に走るゼブラとは全く印象の異なる重厚感のある芳醇なお酒でした。

富士サファリパークで購入。他にもいろいろな動物のお酒がありました。

越の初梅「純米生貯蔵酒 想ひほのか」(高の井酒造)

DSC03741.jpg
銘柄:越の初梅「純米生貯蔵酒 想ひほのか」
製造:高の井酒造
種類:純米
酒米:不明

新潟駅で購入したセット酒最後は越の初梅。和服美人と梅の花のラベルがなんとなくレトロでおしゃれな雰囲気です。高の井酒造のお酒は「酒のすぎた」でも少し取り扱っているためか愛知県内でもちらほら見かけますが、こう言った変わったお酒はあまり見かけません。

冷酒で飲す、うまい!!
香りはほんのり麹の香り。飲んでみるとあまり刺激のないスッキリした口当たりです。酸味も強くなく結構軽快で飲みやすい印象を受けます。純米酒の割には軽めで透明感のある印象ですが軽すぎることもなく程よい重さです。癖もなく飲みやすいので気付けばいつの間にか飲んでしまうお酒でした。

新潟駅で購入。

木曽檜「本醸造」(西尾酒造)

DSC04593_20141110232548229.jpg
銘柄:木曽檜「本醸造」
製造:西尾酒造
種類:本醸造
酒米:不明

木曽路にある蔵の一つで須原宿に位置します。水は阿寺渓谷など綺麗なところのものを使用して作られた本醸造酒を飲んでみました。

冷酒、熱燗で飲す、うまい!
香りは少しだけ香る麹の香りです。冷酒で飲んでみるとすっきりした辛口のお酒で結構口の中がピリピリします。やや雑味を感じますが全体的にあっさりしており軽めの辛口なお酒という印象を受けます。熱燗にすると刺激がマイルドになり、全体的な味わいもふくよかで丸みを帯びた飲みやすいお酒となります。日本酒らしい味わいは濃いめの料理と相性が良さそうな印象のお酒でした。

道の駅大桑で購入。

大洋盛「特別本醸造 生貯蔵酒」(大洋酒造)

DSC03739.jpg
銘柄:大洋盛「特別本醸造 生貯蔵酒」
製造:大洋酒造
種類:本醸造
酒米:五百万石

新潟の村上にある蔵です。元々は村上周囲似合った複数の蔵が1945年に合併して現在に至ります。小さい蔵の時代には1600年ころから酒造りを営んでいたところもあるため歴史はそれなりに古い蔵ですね。吟醸酒を比較的早い段階から販売していた蔵でもあったそうです。

冷酒で飲す、うまい!!
とてもすっきりした淡麗辛口なお酒です。クセの無い透明感のあるすっきりした味でありながら米の旨みもちゃんと感じられます。ドライで喉越しすっきりで大変飲みやすく料理に味を邪魔することなく美味しく頂くことができます。全体的に軽めで油の乗った魚よりかは白身魚や鶏肉などあっさりした食材との相性が良さそうな印象です。軽めで飲みたい時には丁度良いくらいなお酒でした。

新潟駅で購入

長者盛「本醸造 生貯蔵酒」(新潟銘醸)

DSC03743.jpg
銘柄:長者盛「本醸造 生貯蔵酒」
製造:新潟銘醸
種類:本醸造
酒米:不明

セットの一本は長者盛。「越の寒中梅」の銘柄で全国展開しているためか新潟銘醸のお酒は比較的手に入れやすいですが、長者盛についてはあまり知らなかったの飲んでみました。

冷酒、ひやで飲す、うまい!
香りは麹の香りがしっかりと漂ってきます。飲んでみるとピリっとした刺激のある辛口のお酒です。日本酒らしい麹のしっかりとした味と香りがあり、本醸造ながらも比較的濃厚な味わいを堪能することができます。冷酒で飲むよりも少し温度が上がる方が刺激がマイルドになり甘さも感じられるようになってきて少し飲みやすいかなという印象のお酒でした。

新潟駅で購入。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別