辯天「純米大吟醸生原酒 出羽燦々」(後藤酒造店)

DSC05988.jpg
銘柄:辯天「純米大吟醸生原酒 出羽燦々」
製造:後藤酒造店
種類:純米大吟醸
酒米:出羽燦々

辯天の3本目は出羽燦々で醸し出された純米大吟醸生原酒です。正直地元の米で作られたお酒にかなり興味をそそられますのでついつい購入してしまったお酒です。

冷酒で飲す、うまい!!
香りはとても甘く熟した果実のような香りがプンプンします。飲んでみるととてもフルーティーでフレッシュな口当たりで結構ドライな辛口のお酒です。少し熟れたメロンの果肉を頬張るかのような甘い米の旨みがなんとも言えず幸せです。ねっとり口の中全体に広がっていくやや荒々しい甘さがとても美味しく、しばらくその旨みの余韻を楽しむことができるお酒でした。

酒のいしはらで購入しました。搾りたてなので少し主張の強い味でしたが、少し寝かせてまろやかになった時はどんな味がするんだろうと想像しておりました。
スポンサーサイト

鳴門鯛「純米吟醸 加美屋直蔵」(本家松浦酒造場)

DSC05221.jpg
銘柄:鳴門鯛「純米吟醸 加美屋直蔵」
製造:本家松浦酒造場
種類:純米吟醸
酒米:山田錦

お土産でもらった徳島純米シリーズの3本目(6本中3本もらった)は鳴門鯛の純米吟醸。日本酒に鯛のラベルがなんとなく素敵な蔵の純米吟醸です。

冷酒で飲す、うまい!!
香りはあっさりとした吟醸香です。飲んでみるとスッキリとした軽めの口当たりでだんだんと旨みが滲み出てくるような感じです。適度に熟した透明感のある旨みと、刺激が少ない軽い酸味が非常にナチュラルな旨さになっているような味わいです。後味も純米の割にはさらりとして癖もなく大変飲みやすいお酒です。これならオールシーズンで色々な料理と合わせても問題なさそうなお酒でした。

お土産で頂いたものです。

御殿桜「純米酒」(斎藤酒造場)

DSC05225_20141220231755141.jpg
銘柄:御殿桜「純米酒」
製造:斎藤酒造場
種類:純米
酒米:不明

多い苗字の一つである「斎藤」の名のある酒蔵は幾つかあり、その中でもこじんまりしてそうな雰囲気のある徳島の蔵です。眉山の北側にあり蔵元駅の近くと結構街中にある酒蔵で地元を中心に卸している蔵だそうです。

冷酒、熱燗で飲す、うまい!!
香りはしっかりとした麹の香り。色は無色透明な感じ。飲んでみるとしっかりとしたコクのある米の旨みぎっしりな純米酒そのものな味わいです。米のまったりとした旨みが口の中全体に広がってきますが、思っているほど癖がなく飲みやすいです。刺激もなくまろやかな甘口な印象のお酒で、熱燗にしてもまろやかさそのまま飲みやすさそのままなお酒です。ホームページに和食と合うとありますが、どんな料理でもあってしまいそうなお酒でした。

お土産で頂いたものです。市内の酒屋さんでも取り扱い店は幾つかあるようです。

初緑「特別純米 火入れ(紫ラベル)」(奥飛騨酒造)

DSC04915_20141217224554c4f.jpg
銘柄:初緑「特別純米 火入れ(紫ラベル)」
製造:奥飛騨酒造
種類:純米
酒米:ひだほまれ

初緑シリーズの2本目はレギュラー商品の純米酒。蔵の人は火入れだし山田錦ではなくひだほまれだから旨みは少ないかもと言ってましたが、そんなことはあまり気にせず紫のラベルが目に入ったのと、いつものようにインスピレーションにより購入です。

冷酒、熱燗で飲す、うまい!!
香りは上品に食欲をそそる麹の香り。飲んでみるととてもマイルドな口当たりで透明感のある熟成した米の旨みがしっかりと感じられる味わいです。しつこさはなく口の中もサラりとしたスッキリした印象です。それでいて米の旨みはしっかり感じられ、癖のない味わいがなんとも言えず美味しいです。熱燗にしてもそのうまさは変わらずまろやか。好みで温度調整をして飲んでも受け止めてくれる懐の広さを感じます。こういう味は生酒では味わうことができませんから直感で買うのはやめられないです。鍋から刺身まで色々な料理と組み合わせても良さそうなお酒でした。

蔵直営店で購入。蔵の直営店は種類が多いので迷うのが難点。

人気一「黒人気 純米吟醸」(人気酒造)

DSC05484.jpg
銘柄:人気一「黒人気 純米吟醸」
製造:人気酒造
種類:純米吟醸
酒米:不明

東日本大震災で被災したため移転したところで現在も酒造りを行っている蔵の一つです。移転後も特別な最新機械などは用いず手作りにこだわりを持ち、さらには精米歩合60%以下の吟醸酒以上しか作らないという珍しい蔵です。名前も「人気」というのが不思議でたまたま見かけたので購入です。

冷酒で飲す、うまい!!
香りは麹の香りのある吟醸香。飲んでみると辛口でなかなかドライな喉越しです。すっきり清涼感のあるしっかりとした米の旨みがドライな辛口と相性が良いのかどんどん飲めてしまえます。後味はすっきりしすぎず、かすかに旨みが口の中に残り、それがあまり気にならずに心地よい余韻になっている印象です。フルーティーさよりも米の旨みに重きを置いている感じで、上品な日本酒を飲んでいるなぁというような気持ちなお酒でした。

エアポートウォークで購入。なかなかコスパ良い。
気づけば490本目。もう少しで500本突入です。

水芭蕉「特別本醸造」(永井酒造)

DSC05485.jpg
銘柄:水芭蕉「特別本醸造」
製造:永井酒造
種類:本醸造
酒米:山田錦

明治19年創業の群馬の酒造メーカーで尾瀬の雪どけ水を使い、おいしい酒作りをしていることで知られています。それだけにとどまらずフランスのシャンパンの技法を用いるなど日本酒の新たな形にチャレンジしている蔵でもあります。そんな蔵の普段飲みクラスのお酒として購入です。

冷酒で飲す、うまい!!
香りは華やかな吟醸香。飲んでみると本醸造酒のはずなのになかなかフルーティーでとてもすっきりした甘い旨みのあるお酒です。ドライな喉越しで喉がカラカラになるのですぐに次を飲んでしまいたくなってしまいます。雑味を感じないとても上品な甘い旨みで大変飲みやすく万人受けするお酒でした。

エアポートウォークで購入。

蘭玉「純米酒」(吉田酒造)

DSC05222.jpg
銘柄:蘭玉「純米酒」
製造:吉田酒造
種類:純米
酒米:不明

徳島の知り合いが来た時にお土産で頂いたお酒。蘭玉を醸す吉田酒造は阿波踊り空港の近くにある酒造。なるべく機械を入れずに手作りで、調整などせずに作られている蔵です。江戸時代後期創業と歴史はありますがとても小さな蔵で徳島市内でも流通量は少ないようです。ちなみに「吉田酒造」は福井や石川、島根にもありますが、多分一番小さい蔵は徳島にあるこの酒造であると思います。

冷酒、熱燗で飲す、うまい!!
香りはしっかりとした麹の香りです。飲んでみるとなかなか濃厚で酸味のあるお酒です。ねっとり感はそこまでないので重すぎる感じはありませんが芳醇でしっかりとした米の旨みぎっしりな感じのお酒です。熱燗にするとまろやかな旨みで口の中が包まれてしまうような感じになります。濃厚で酸味のある味は変わらず旨みがさらに引き立つような感じでとても美味しく飲むことができます。吟醸酒と対極になるようなお酒で、おでんと一緒に飲んでみましたが食が進む美味しいお酒でした。

お土産でいただきましたが、おそらく「阿波の地酒街道純米セット」の中の一つと思われる。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別