木曽三川「虹のしらべ」(内藤醸造)

DSC06379.jpg
銘柄:木曽三川「虹のしらべ」
製造:内藤醸造
種類:純米吟醸
酒米:夢山水

木曽川に面する稲沢市の祖父江町にある酒蔵。愛知の米「夢山水」と木曽川の水を使った愛知県産を使用しており以前紹介したお酒と同様こだわりを持って酒造りを行っている蔵です。

冷酒で飲す、うまい!!
香りは上品でほのかに香る吟醸香。飲んでみると少しピリ辛でドライな喉越しの辛口のお酒です。味は全体的に滑らかでフルーティーな上品さがある甘い旨みのお酒です。雑味を感じない滑らかさでクセがなく大変飲みやすいです。それでいて自己主張の控えめな味わいは万人受けする感じです。どの料理にも合わせやすそうで比較的繊細な料理と一緒にいただくと美味しくいただけそうなお酒でした。

フランテで購入
スポンサーサイト

田酒「特別純米酒」(西田酒造店)

DSC01240.jpg
銘柄:田酒「特別純米酒」
製造:西田酒造店
種類:純米
酒米:華吹雪

本ブログの500本目のお酒として選んだのは全国的に知名度があり人気の田酒にしてみました。まぁ深い意味はないですが、たまにはメジャーなお酒も飲んでみようかなという好奇心から購入してみたお酒です。

冷酒、ひやで飲す、うまい!!
香りは華やかな麹の香りでやや褐色のお酒です。飲んでみると透明感のある旨みがあり、結構ドライな辛口な喉越しです。ややセメダインの香りと味が混ざるかのような酸味があります。どちらかといえば吟醸系な味わいで万人受けしそうな感じです。ひやくらいの温度でいただくと結構まろやかで刺激がマイルドになり、より飲みやすくなります。セメンダインの香りも少し弱わまり喉越しも少しまろやかになるお酒でした。

酒のつぼいで購入しました。

瀧澤「特醸 しぼりたて限定生酒」(信州銘醸)

DSC06505.jpg
銘柄:瀧澤「特醸 しぼりたて限定生酒」
製造:信州銘醸
種類:本醸造
酒米:美山錦

長野県の上田市にある信州銘醸は近年では少数になりつつある小谷流杜氏の酒蔵で、黒曜石の産地でもあるビーナスラインの和田峠付近で湧き出す超軟水「黒曜の水」を用い、伝統技術と最新技術を融合させて酒造りを行っていることで知られています。そんななかで本醸造のしぼりたてを飲んでみました。

冷酒で飲す、うまい!!
香りはフルーティーでメロンのような吟醸香です。飲んでみるとこれまたフルーティーでメロンのような甘い旨みで結構濃厚な味わいです。あっさりしすぎず、それでいて結構な辛口で口の中全体をピリピリさせるかのような刺激があります。ドライな喉越しとは裏腹に結構しっかりとした旨みが出ているので飲んでいてなかなか飽きがきません。かといって調子に乗って飲んでいるとアルコール度が17〜18度と少し高めで早い段階で酔ってきてしまいます。これでいてコスパも非常によく大変満足なお酒でした。

アーサで購入。たまに良いお酒があって楽しいです。

朝日嶽「天」(日野屋商店)

DSC06383.jpg
銘柄:朝日嶽「天」
製造:日野屋商店
種類:純米大吟醸
酒米:山田錦

いままでは朝日嶽の「天」は大吟醸でしたが、いつの間に純米大吟醸にグレードアップし値段は据え置きというなかなかのサービスっぷり。微妙にラベルも変更され今後も大いに期待できそうなお酒・・・・でしたが、今年で最後と伺いました。

冷酒で飲す、うまい!!
香りはとても香り高いフルーティーな吟醸香です。冷酒で飲むととてもフルーティーでスッキリした辛口のお酒です。いくら飲んでもとても透明感のある旨味でメロンの果実を感じ大変飲みやすいお酒です。フレッシュさはあまりなく、どちらかといえば程よく熟してまろやかな旨味です。繊細な味の和食と相性が良さそうなお酒でした。

日野屋商店で購入。日野屋商店はどうも今年で廃業する予定とのこと。名古屋小売酒販組合のホームページにも廃業と書かれているのでほぼ決定かも。1864年創業で約150年の歴史をもち、流行りにとらわれず古風なお酒でお気に入りの酒蔵だっただけに大変残念です。リンク先のブログで「今年もまたお酒が造れる 、決して当たり前ではありません」でコメントしたばかりですが、新年早々の残念な知らせに無念千万です。仕方がないのはわかってはいるんですが。

かもみどり「純米 農産酒造」(丸本酒造)

DSC06381.jpg
銘柄:かもみどり「純米 農産酒造」
製造:丸本酒造
種類:純米
酒米:山田錦

創業200年弱の岡山の酒造メーカー。米の自家栽培や、朝搾ったばかりのお酒をすぐに宅配するなど、まったく時間をおかない本当のしぼりたてを販売したりとこだわりを持って作られている酒蔵のようです。そんな中で自家栽培した山田錦を贅沢に使った純米酒が売っていたので購入です。

冷酒、熱燗で飲す、うまい!!
香りはしっかりとした米麹の香りが漂ってきます。飲んでみると結構濃厚でしっかりとした旨口のお酒です。辛口とありますが喉越しドライでスッキリという感じはほとんど感じず、少し刺激のある程度。それよりも純粋に米の芳醇な旨味がぎっしりとつまっているような感じで古風な日本酒を感じながらも飲みにくさは全くなく大変飲みやすいお酒です。和食全般に合わせやすそうなのはもちろん、味の濃い料理なら全く負けることなく受け止めてくれそうなお酒でした。

覚王山フランテで購入。自家栽培に惹かれましただけでパッケージでは全く惹かれず購入するか迷ってしまったのですが、購入して正解なお酒でした。

神鶴「大吟醸 新春しぼりたて生原酒」(鶴見酒造)

DSC06092.jpg
銘柄:神鶴「大吟醸 新春しぼりたて生原酒」
製造:鶴見酒造
種類:大吟醸
酒米:山田錦

年末の酒蔵開放日に購入したお酒の一つ。こちらも酒蔵開放日限定販売のお酒で大吟醸のしぼりたて原酒となっております。

冷酒で飲す、うまい!!
香りは心地よい吟醸香です。飲んでみるとフルーティーな甘さと刺激のある辛口な印象のお酒です。なかなかドライな喉越しで結構口の中がカラカラになる辛口で、しぼりたての割にはフレッシュな感じはそこまで強くない印象です。本醸造のしぼりたてとは味わいがガラリと変わり、フルーティーでスッキリした辛口なお酒でした。

12月30日に行われた鶴見酒造酒蔵開放日に購入しました。

淺茅生「湖雪(フーシェ)」(平井商店)

DSC05673.jpg
銘柄:淺茅生「湖雪(フーシェ)」
製造:平井商店
種類:純米
酒米:不明

大津の中心街で酒造りをされているとても小さな酒蔵で作るお酒です。新酒というと冬のイメージですが、夏にでる新酒の発砲にごり酒を作っているという蔵の規模から考えると珍しい存在と言えるお酒です。そのお酒を冷蔵で半年ほど寝かせてしまってましたが(忘れていただけですが)年明けに飲んでみました。

冷酒で飲す、うまい!!
開栓した時は特に吹き出すこともなく穏やか。香りも濁り酒や甘酒のような香りです。飲んでみると少し発砲性のある刺激のあるお酒です。メロンのような甘い旨みがあり、飲んでいると炭酸の入ったフレッシュなメロンを食べているかのような錯覚に陥ります。和食以外でも普通に合わせられてしまう日本酒ながら懐が広く、誰にでも受けりれられそうに思えるが、以外と好みが分かれるお酒でした。

リカーショップオオタケで購入しました。

神鶴「新春しぼりたて生原酒」(鶴見酒造)

DSC06095.jpg
銘柄:神鶴「新春しぼりたて生原酒」
製造:鶴見酒造
種類:本醸造
酒米:非公開

あけましておめでとうございます。早速ですが今年初めてのお酒は酒蔵開放日限定のしぼりたて生原酒を手に入れたので飲んでみました。

冷酒で飲す、うまい!!
香りは結構フルーティーな甘さと麹の香りが混ざり合った気持ちよい香りがします。飲んでみると濃厚でフレッシュな米の旨みがぎっしり詰まったかのような味わいです。アルコール度19〜20度と高めですが思ったほど刺激も強くなく比較的マイルドな口当たりです。飲んでいて濃厚な米のうまさが大変心地よく正月早々に酔っぱらってしまったお酒でした。

12月30日に行われた鶴見酒造の酒蔵開放日に直接行って購入してきました。結構混雑しておりました。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別