百楽門「生原酒」(葛城酒造)

DSC08156.jpg
銘柄:百楽門「生原酒」
製造:葛城酒造
種類:普通酒
酒米:雄町

裏返しのラベルが目につき購入したお酒。銘柄以外の文字も逆さまで、清酒とかその辺りだけ普通の文字となんとも変わり種。調べてみると「等外米」ってのを使っているため特定名称酒にすることができず普通酒扱いになるため、あえて裏ラベルにしているのだそうです。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほんのり甘い麹の香り。飲んでみるとかすかにフルーティーながらもしっかりとした米の甘辛い旨みがぎっしり詰まったとても飲みごたえのある味わいです。ちょっとした酸味が飲みやすく深くしっとりと舌に絡みつく後味が大変心地良くいつまでも飲めてしまえるお酒です。下手な純米吟醸クラスよりも美味しいと思える普通酒でした。

酒のつぼいで購入。
スポンサーサイト

四天王「大寒 今朝しぼり」(甘強酒造)

DSC08158.jpg
銘柄:四天王「大寒 今朝しぼり」
製造:甘強酒造
種類:純米吟醸
酒米:五百万石

3月はなかなかお酒を飲む機会に恵まれませんでしたが酒屋に行けば飲んでみたいお酒ばかりが並びついつい購入してしまう次第。今回は愛知県の蟹江にある四天王のしぼりたてを購入です。みりんを主とし清酒などなど色々と作られているようです。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘そうな麹の香りです。飲んでみると少しピリッとした微炭酸のような刺激があり、そのあとからくるのは濃厚カルピスのような甘い味わいです。トロっとろでまったりとした舌触りながらもフレッシュで微炭酸な味わいがくどさを感じさず、思っているよりも清涼感のあるなと思わせる(かといってあっさりしていませんが)ためか飲んでいて飽きません。程よい甘い後味が心地良い余韻となるため美味しいなと思って調子に乗っているとあとから酔いが回ってきたお酒でした。

酒のつぼいで購入。

萩の露「純米吟醸 春にごり」(福井弥平商店)

DSC07928.jpg
銘柄:萩の露「純米吟醸 春にごり」
製造:福井弥平商店
種類:純米吟醸
酒米:山田錦+吟吹雪

いろいろあり久しぶりのお酒として選んでみたのが萩の露の春にごりというお酒。萩の露を醸造する福井弥平商店は創業約260年ほどの歴史を持ち、以前は地元向けの普通酒がメインでしたが最近では全国的に出荷もしているので知名度もそれなりに高い蔵です。その中で春限定のにごり酒を選んでみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘い麹の香りプンプンな感じです。飲んでみるとまったりトロリとした舌触りでしっかりとした味わいのお酒です。濃厚な味わいながらも口当たりは優しく、あとからしっとりと甘い旨味が堪能でるにごり酒独特の味わいです。飲めば飲むほど上手さが引き立つようになり、なんとなく辛口の刺激もでてきたりする印象のお酒でした。

知多繁で購入。この時期は蔵限定のにごり酒を含めいろいろとあるみたいですね。

宮寒梅「純米大吟醸 40% 無濾過直汲」(寒梅酒造)

DSC07700.jpg
銘柄:宮寒梅「純米大吟醸 40% 無濾過直汲」
製造:寒梅酒造
種類:純米大吟醸
酒米:蔵の華

久しぶりに飲むお気に入りの銘柄の一つです。相変わらず地元や自家生産などにこだわっている蔵で、3月限定で出荷される純米大吟醸の無濾過のお酒を選んでみました。

冷酒で飲ス、うまい!!!
香りはメロンを彷彿させる甘い果実の香りプンプンの吟醸香です。飲んでみると少しピリっとくるドライな辛口でその後からくるトロりとした完熟メロン果汁のような甘い甘い米の旨みがしっかりと口の中全体に広がってきます。ドライな喉越しとしっかりとした甘い旨みが口の中に広がり大変心地よくお酒を飲むことができます。何度か飲んでいるとピリ辛な口当たりはだんだんと薄れ、甘さの中にある米の旨みがしっかりと感じられるようになり止まらなくなってきます。一応微発泡となっていますが正直よくわかりませんでしたが、そんなことも気にならずに飲めてしまう美味しいお酒でした。

いしはら酒店で購入。宮寒梅を買うのによく使います。

半蔵「特別純米酒 うこん錦」(太田酒造)

DSC07301.jpg
銘柄:半蔵「特別純米酒 うこん錦」
製造:太田酒造
種類:純米
酒米:うこん錦

あまり聞きなれない「うこん錦」はうこんではなく酒米のこと。伊賀地方で多く栽培されていた米で最近はほとんど見られなくなった品種なんだそうです。伊賀産のうこん錦と水、酵母など伊賀の地元の材料にこだわって作られたお酒がこれです。ラベルもうこんの色を似せてあるというこだわりです。

冷酒、熱燗で飲ス、うまい!!
香りは少しセメダイン臭のある麹の香りの透明のお酒です。飲んでみると少しピリ辛な喉越しですが、その後から来るまろやかで柔らかい舌触りのふんわりした米の旨みを味わうことができます。半蔵の名前からくるイメージとは違った優しいタッチの味に少し驚かされます。熱燗にするとまろやかな甘みが出てくるので、これもまた美味しく頂くことができます。後味も柔らかな旨みが口の中に残りとても美味しく感じられます。料理も呑み方もこちらのわがままを聞いてくれる美味しいお酒でした。

忍者ドライブインで購入

梅錦「純米酒 米の彩」(梅錦山川)

DSC07085.jpg
銘柄:梅錦「純米酒 米の彩」
製造:梅錦山川
種類:純米
酒米:不明

四国の中央のくびれの瀬戸内海側に位置し、山の麓でありながら海までも近いという場所に位置する蔵です。明治初期より酒作りを行って現在では日本酒を始め色々なお酒を作られている蔵として知られています。飲んだことが無い銘柄でしたので購入してみました。

冷酒、熱燗で飲ス、うまい!!
香りはややセメダイン臭の混ざる香り。冷酒で飲んでみると結構辛口で口の中がピリピリする刺激がある辛口のお酒です。まったりとした舌触りで酸味のある米の旨みですが、やや雑味を感じ全体的に味がボケているような印象です。熱燗にすると飲んだ時の辛口な刺激はだいぶ薄れとてもマイルドになり、全体的な味わいも引き締まってコクのある旨みが堪能できるようになりました。個人的には熱燗で飲むほうが美味しくいただけると思ったお酒でした。

アピタで購入。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別