水芭蕉「純米酒」(永井酒造)

DSC08299.jpg
銘柄:水芭蕉「純米酒」
製造:永井酒造
種類:純米
酒米:山田錦

本醸造を飲んですっかり気に入ってしまった水芭蕉。その純米酒が売っていたので購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは麹の香りがほのかにする感じ。飲んでみると少しピリ辛でドライな口当たり。フルーティーで透明感のある米の旨みがしっかりとあり、舌にねっとり広がる旨みがたまりません。雑味のない上品でしっかりとした旨みとドライな喉越しで何度も飲みたくなってしまうお酒でした。

覚王山フランテで購入。
スポンサーサイト

千古乃岩「特選本醸造」(千古乃岩酒造)

DSC08869.jpg
銘柄:千古乃岩「特選本醸造」
製造:千古乃岩酒造
種類:本醸造
酒米:不明

三千盛で修行した創業者が明治42年に開業した比較的新しい酒蔵です。名前の由来は土岐市にある稚児岩の名前から名付けられたお酒で、創業当時からある銘柄です。

冷酒、熱燗で飲ス、うまい!!
香りはほんのり麹の香りがします。飲んでみるととてもさらりとした味です。といってもすっきりしているわけではなく結構コクのある米の旨みがしっかりある辛口でドライな喉越しですが、とても飲みやすいお酒です。超軟水で作られるためにとても柔らかい口当たりと宣伝していますが、まさにその通りでスルスルと口に入ってくる優しい口当たりで、含んでから米の旨みとキレのある喉越しがでてきて、っていうお酒です。特別フルーティーとか上品とか、そういう類ではなく、純粋に綺麗で美味いと思うお酒でした。

川島オアシスパークで購入。

賀茂緑「純米吟醸 青天井」(丸本酒造)

DSC08300.jpg
銘柄:賀茂緑「純米吟醸 青天井」
製造:丸本酒造
種類:純米吟醸
酒米:雄町

青いラベルが目を引いた「かもみどり」の青天井。岡山県産の雄町を使った純米吟醸を飲んでみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはフルーティーな吟醸香。飲んでみるととても爽やかでフルーティーな味の少しドライなお酒です。すっきりというよりはしっとりと口の中にフルーティーな旨みが広がり、いつまでも爽快な旨みが余韻として心地よく残ってくれます。しっかりとした旨みがあるので比較的濃い味付けの料理とも合わせられるし、繊細な味の料理とも合わせられそうなお酒でした。

覚王山フランテで購入。

高砂「誉富士 純米吟醸原酒」(富士高砂酒造)

DSC08572.jpg
銘柄:高砂「誉富士 純米吟醸原酒」
製造:富士高砂酒造
種類:純米吟醸
酒米:誉富士

富士山信仰の本丸である浅間大社の少し西にある酒蔵です。水は豊富な富士山の水を使い、静岡の米である誉富士、静岡酵母を使ったオール静岡な地酒です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは少しセメダイン臭のある吟醸香のやや褐色のお酒です。飲んでみると結構辛口で刺激のあるお酒です。セメダインのような味と濃厚な米の旨みが混ざり合ったような印象で結構酸味が強く個性のある原酒です。温度が上がるとコクのある濃厚な味わいが強くなり、吟醸酒ながらもしっかりとした味を堪能できます。好みが分かれそうなお酒でした。

吹上駅近くのあおき酒店で購入。

追記
開栓して数日してから飲むとセメダインのような刺激は薄れ、ほんのりとした優しい旨みに変わり、しっとりとしたコクのある飲みやすいお酒になりました。

プリンセスギンコ (内藤醸造)

DSC08301.jpg
銘柄:プリンセスギンコ
製造:内藤醸造
種類:純米
酒米:あいちのかおり

内藤酒造のある愛知県稲沢市祖父江地区は全国的に有名な銀杏の産地。秋になると町一面が黄色に染まり大変綺麗な町として知られています。そのイチョウの花酵母を使って2014年11月に作られたお酒がプリンセスギンコです。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはなんとなく甘い麹の香りの褐色のお酒です。飲んでみると甘酸っぱくねっとりとした舌触りの感触。初めて飲むと日本酒とは思えぬ感覚です。和食の食前酒に出てくる果実酒や果実酢みたいなノリの味わい。その後でかすかに日本酒の米の旨みが感じられる程度。日本酒度−40とかなり甘口ですが酸度が高いためか甘ったるくならず結構いけます。日本酒って本当に奥が深いと感心してしまいます。食前酒や洋食に相性が良さそうなお酒でした。

覚王山フランテで購入

女城主「新米一番搾り 吟醸生」(岩村醸造)

DSC08453.jpg
銘柄:女城主「新米一番搾り 吟醸生」
製造:岩村醸造
種類:吟醸
酒米:ひだほまれ

岩村醸造に行った時に購入。瓶詰めされたばかりのお酒で、いわゆる無濾過生原酒であるとのこと。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほどよい麹の香り。飲んでみるとフレッシュで少し刺激はあるものの全体的には柔らかみのある口当たり。口の中にはほどよい米の旨みが広がり、いつまでも雑味のない旨みが口の中を占拠しているような感じです。濃厚すぎずあっさりしすぎずな感じが飲みやすく、かといって飲んでいるとアルコール度が少し高めであっという間に酔いが回ってしまうお酒でした。

岩村醸造で直接購入。

白神山地の四季「特別純米酒」(八重寿銘醸)

DSC08297.jpg
銘柄:白神山地の四季「特別純米酒」
製造:八重寿銘醸
種類:純米
酒米:美山錦

たまたまドンキホーテで見かけ、300mlと小さいサイズもあったので購入してみたお酒です。創業は昭和に入ってからと比較的新しいですが、もともと複数あった蔵をまとめたためと思われます。

冷酒、ぬる燗で飲ス、うまい!!
香りは普通に麹の香りです。飲んでみると比較的あっさりした優しい口当たり。少し酸があるかなというくらいであっさりとした印象です。何度か飲んでいるとじわじわと米の旨みが引き立つようになってきて食がどんどん進んでくるようになります。ぬる燗にすると旨みが引き立つようになりますが少し酸味も強くなるのでここは好みが分かれるところかなというところ。クセも少なく普通に飲めてしまうお酒でした。

ドンキホーテで購入。

文佳人「純米吟醸 リズール」(アリサワ酒造)

DSC07929.jpg
銘柄:文佳人「純米吟醸 リズール」
製造:アリサワ酒造
種類:純米吟醸
酒米:不明

高知にある明治10年創業のアリサワ酒造。冷蔵保存できる専門店のみで取り扱いしているとこだわりを持っている酒蔵です。綺麗でスペックがほとんど書かれていないラベルが気に入り購入しました。

冷酒で飲ス。うまい!!
香りはあまり吟醸香。飲んでみると微炭酸で少し清涼感のある刺激と喉越しのお酒です。軽くシュワシュワとくるとそのあとから雑味のない米の旨みがほんのり広がってきます。始めは軽めかと思って飲んでいると、あとから旨みがじわじわ出てきて、程よい上品な旨みがとても美味しく感じられます。刺身なんかと合わせても邪魔しないし、結構濃い味の料理と合わせても旨みが感じられる、比較的どんな料理でも合わせられそうな懐の広さも持つお酒でした。

知多繁で購入。

TERA (林本店)

DSC08159.jpg
銘柄:TERA
製造:林本店
種類:純米
酒米:五百万石

林本店から新しいコンセプトのお酒がいつの間にやら新しくなっており、珍しくスーパーで売っていたので購入です。相変わらずこのコンセプトは普通の日本酒と思っていると驚くシリーズです。

冷酒で飲ス、うまい!
香りはほんのり甘い麹の香りのする飴色のお酒です。飲んでみると全く日本酒らしい味ではありません。梅酒のような、少し渋みのある果実酒のような味わいのお酒です。EICHI Sweetと同じ系列のお酒のようで米だけでこれだけ味が変わるものかと驚いてしまいます。日本酒度−70は半端ないですね。全く万人受けはしません(笑)。これをカクテルと言って出したら誰も疑問に思わないかもしれないような不思議な味と魅力のあるお酒でした。

ヤマナカ安田店で購入、ってローカルスーパーですね。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別