浪乃音「超辛口純米酒 無濾過生原酒」(浪乃音酒造)

DSC09979.jpg
銘柄:浪乃音「超辛口純米酒 無濾過生原酒」
製造:浪乃音酒造
種類:純米
酒米:山田錦

近江八景の一つである浮御堂の近くで酒造りされている蔵です。年間生産量は300石ほどと言われるほど小さく、杜氏の名前も「三兄弟」ってかいてあるところから、おそらくは家族経営みたいな感じの蔵でしょうか。まぁ業界では有名らしいのですが。そんなところの辛口純米の無濾過生原酒が売っていたので購入です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香り高いさっぱりした麹の香りの少し飴色のお酒です。飲んでみるとまったりとした濃厚でコクのある旨味が最初からしっかりと感じられる口当たり。超辛口とある通りで結構辛口でドライな喉越し。それでもスッキリせずにまったりしっとりと旨味が口のなかに広がってくるので、辛口に良く言われるキレという感じではなくどっしりとした味わい。この濃厚な味わいを堪能するだけで幸せになれてしまえるお酒でした。

フランテで購入。スーパーなのに良い選択してます。
スポンサーサイト

わかえびす「吟醸酒 ワンカップ」(若戎酒造)

DSC09649.jpg
銘柄:わかえびす「吟醸酒 ワンカップ」
製造:若戎酒造
種類:吟醸
酒米:不明

三重県鈴鹿市のコンビニにたまたま入った時に目にしたワンカップ。というかワンカップで吟醸酒って時点で不思議な感覚で買ってしまったお酒です。若戎といえば義左衛門で有名ですが三重県では若戎も普通に見ることができる銘柄ですね。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはそこまで強くはない普通な感じ。飲んでみると少し甘さを感じる軽めのフルーティーな味わいです。酸味がそこまでないためか案外あっさりした感じで旨味を感じつつも軽めな感じです。かといって水みたいな感じまででもなく、暑い夏に重さを感じさせずすっきり飲むのにちょうどよさそうなお酒でした。重厚感が欲しい時はやや物足りない感じはするかもです。

三重県鈴鹿市内のコンビニで購入。

真澄「本醸造 特選真澄」(宮坂酒造)

DSC09517.jpg
銘柄:真澄「本醸造 特選真澄」
製造:宮坂酒造
種類:本醸造
酒米:美山錦+ひとごこち

2014年より製法を変え生まれ変わったお酒。ホームページではより吟醸に近いお酒になっているとのことです。

冷酒、熱燗で飲ス、うまい!!
香りはほのかな吟醸香。飲んでみるとさらりとした軽めのお酒で、フルーティーで爽やかな印象です。口当たりの刺激は柔らかめで、後味も比較的すっきりしている印象です。とても飲みやすく、それでいて料理の邪魔を一切しない感じで食中酒として良さそうな印象です。以前の日本酒らしい旨味の辛口のお酒とはガラリと変わり爽やかで雑味のない上品なお酒となった日本酒でした。

フランテで購入

奥羽自慢「有機米使用純米吟醸 無濾過生原酒」(奥羽自慢)

DSC09813.jpg
銘柄:奥羽自慢「有機米使用純米吟醸 無濾過生原酒」
製造:奥羽自慢
種類:純米吟醸
酒米:出羽燦々

2012年に復活した奥羽自慢からは限定と書かれたラベルに惹かれて購入したお酒です。どちらかというと限定という文字よりも出羽燦々が飲んでみたくて購入してしまったようなものです。いわゆるムロゲン。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは程よい甘い麹の香りです。飲んでみると濃厚で甘辛な旨味のある口当たりのお酒です。ねっとりとした濃そうな舌触りと程よく旨味の乗った味わいと程よい辛口な喉越しがちょうどよい感じ。いつまでも続く濃厚な後味に喉がカラカラになる辛口でさらに食欲がそそられる感じです。飲めば飲むほど旨味が引き立ち、濃厚な味わいと少し高めのアルコール度が一気に酔わせてくれ、素朴ながらもしっかりとした旨味がある大変美味しくいただけるお酒でした。

酒主人で購入。出羽燦々は山形のお酒でしか見ないからどんなものかはわかりませんが、地元米を使っているだけでそそられてしまいます。

いつの間にか奥羽自慢株式会社になっていたので変更。

早春「特別純米酒袋搾り中取り」(早川酒造)

DSC09651.jpg
銘柄:早春「特別純米酒袋搾り中取り」
製造:早川酒造
種類:純米
酒米:不明

「田光」で知られる三重県の御在所の麓にある早川酒造。近くにある早川酒造部とはもともと親族が行っておりそこから独立した蔵みたいです。家族3人でお酒を作られており年間120石ほど作られている小さな酒蔵で、地元向けに売られている「早春」を飲んでみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほんのり香る甘い吟醸香。飲んでみると少し甘い果実のような旨みがある辛口のお酒です。程よい濃さの甘い米の旨みがストレートに美味しく感じ、それでいてそこそこのキレのある後味で何度飲んでも美味さが引き立つお酒です。すっきりフルーティーなお酒とは違う、単純にうまいと感じてしまえたお酒でした。

太田屋で直接購入。いろいろ揃えがあり鈴鹿のお酒を中心に置いてあるところでした。

北国街道「純米酒」(山路酒造)

DSC09521.jpg
銘柄:北国街道「純米酒」
製造:山路酒造
種類:純米
酒米:玉栄

北国街道の木之本で1532年と古くから酒作りを営む山路酒造。有機栽培や無農薬の地元の米を使うなどの安全へのこだわりを持って作られているようです。

冷酒、ぬる燗で飲ス、うまい!!
香りは麹の香りがしっとりとするような印象。飲んでみるとそこそこ濃厚な辛口のお酒です。軽い酸味が少し清涼感のように感じ、どっしりとしたコクのある米の旨みを堪能することができます。ねっとりとした舌触りとだんだんと薄れる後味、少しドライな喉越しが心地よく食が進みます。個人的には焼き魚の香ばしい味と相性が良さそうな実直な日本酒でした。

道の駅「伊吹の里」で購入。置いてある日本酒の種類はそんなに多くなかったです。

華名城「特別純米酒」(原田酒造)

DSC09349.jpg
銘柄:華名城「特別純米酒」
製造:原田酒造
種類:純米
酒米:若水

名城大学農学部で採取されたカーネーションの花酵母と知多産若水を使って作られたお酒。名城大学が主体となり、以前から名城大学と交流のある原田酒造がコラボして作られたお酒が華名城。ラベルもとてもおしゃれで日本酒とは思えない雰囲気。ラベルの下のほうには「名城大学」と原田酒造の「生道井」がプリントされております。華名城は「はなのしろ」、生道井は「いくじい」とどちらも難解な名称なのが面白い。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはあっさり華やかな甘い花の香りのするお酒。お酒の色はやや黄色の混ざった透明な色をしています。飲んでみるととても甘く濃厚な果実を連想させる華やかなお酒です。米の味というよりは、甘口白ワインを飲んでいるかのような感覚です。濃厚な甘い味ながらもくどくなく、大変美味しくいただけます。ワイングラスに注いでそっとさしだせば、米の味がしないのでだれも日本酒とはおもわず白ワインだと思って飲めてしまえるお酒です。大吟醸のフルーティーな甘さとは全く方向の違う、ワインに似た味わいのお酒でした。

覚王山フランテで購入。名城大学や周辺でも一部のお店で取り扱いがあるようです。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別