夜明け前「純米吟醸 金紋錦」(小野酒造)

DSC00757.jpg
銘柄:夜明け前「純米吟醸 金紋錦」
製造:小野酒造
種類:純米吟醸
酒米:金紋錦

日本酒では珍しく無色の瓶がなんとなく目に入り気になり購入。使用している金紋錦は栽培の難しさや後から出てくる優等生たちに駆逐され長野県の木島平村でしか栽培されていない幻の米となってしまった米です。長野県の米でありながら使う蔵は全国でも石川県の蔵(ここ)の一つが使うだけという時代が長く続いたそうです。地元長野県の蔵が再度注目したのは数年前でそれから色々な蔵で取り扱い始めるようになったそうです。小野酒造もその一つですが、このお酒は今年試しに作ってみたとのことで来年は作るかは不明のお酒だそうです(酒屋の人は来年は作らない可能性が高いかもと)。夜明け前にしては華やかさが少なめの落ち着いた味で、次に買えるかわからないけど、それでも買いますか?って言われたが、レギュラー商品だって毎年微妙に味が変化するわけだしそんなことは気にしません(笑

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほのかに香る吟醸香。飲んでみるとフルーティーな辛口な口当たり。少し酸味の効いた熟したフルーティーな甘みが心地よく、辛口ながらも優しい飲み口。飲んでいるとフルーティーな甘みから米の旨みがしっとりと出てきて口の中に広がってきます。この旨みが大変心地よく、いつまでも余韻に浸れる美味しいお酒でした。

まつのやで購入。山あいにある酒屋ですが道の駅に隣接しており店内も綺麗なお店でついつい立ち寄ってしまいます。
スポンサーサイト

なおい「純米原酒」(藤市酒造)

DSC01436.jpg
銘柄:なおい「純米原酒」
製造:藤市酒造
種類:純米吟醸
酒米:山田錦

裸祭りで知られる愛知県稲沢市のお酒。最近は「菊鷹」の銘柄で売り出している藤市酒造ですが、裸祭りの時によく見かけるお酒「なおい」を作っています。銘柄の「なおい」も裸祭りの正式名称「なおい神事」からつけられております。ただ季節物のお酒のため裸祭りの期間以外ではほとんど見かけないローカルなお酒です。

冷酒で飲ス、うまい!!
常温販売されておりましたが、お店の人がいうには冷酒がオススメとのこと。開栓すると香りはほんのり麹の香りのやや褐色のお酒。飲んでみると結構濃厚で刺激のある口当たり。酸味の少し効いた米の旨味のしっかりと乗った比較的濃厚な豊かな味わい。原酒の濃厚な味わいですがくどさはそこまでではなく、夏場でも比較的さっぱりと飲めるのは酸味が少し効いているからか。飲んでいるとだんだんと馴染んで飲み続けてしまえるお酒でした。

名鉄国府宮駅の近くにある大津屋で購入。小さい酒屋さんですが藤市酒造の方と古い知り合いのためか通年「なおい」を販売できるのは現在はこのお店だけのようです。上撰と純米原酒の2種類あり、純米原酒は瓶と徳利の2種類。量は同じだが入れ物がおしゃれな徳利は500円ほど高い。純米原酒と言っているが精米歩合40%とかなり贅沢な作りです。

佐藤仁左衛門「純米吟醸 荒走り無濾過生原酒」(奥羽自慢)

DSC01430.jpg
銘柄:佐藤仁左衛門「純米吟醸 荒走り無濾過生原酒」
製造:奥羽自慢
種類:純米吟醸
酒米:出羽燦々

たまたま寄ったディスカウントショップで販売していたお酒。なぜか珍しい名前を見かけたので購入です。レギュラー商品ではなさそうでラベルもシンプル。以前の蔵の名前ですが色々ゴタゴタがあったと思うのですが細かいことはこの際無視で飲んでみることに。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘いフルーティーな吟醸香の薄濁りのお酒。飲んでみると辛口で結構刺激のある口当たり。フレッシュで少し微炭酸を感じさせる刺激があり、そのあとで甘い完熟メロンのような甘い旨味がでてきます。なかなか濃厚でしっとりとした甘い旨味がいつまでも口の中に残り、とろっとした舌触りがたまりません。美味しくいただけたお酒でした。

酒やビック稲沢下津店で購入。以前はいまいちな品揃えのディスカウントショップでしたが久しぶりに立ち寄ったら結構良さそうでした。

朝日嶽「手筒花火」(日野屋商店)

DSC00974.jpg
銘柄:朝日嶽「手筒花火」
製造:日野屋商店
種類:大吟醸
酒米:若水

昨年廃業した日野屋商店のお酒。一升瓶しか無いのでなかなか買いにくかったお酒ですが機会があり購入。手筒花火の大きな入れ物が特徴でなかなか面白いお酒です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘い吟醸香。飲んでみると少しピリ辛で熟成した旨味のあるフルーティーな味わいのお酒です。結構ドライで喉越しすっきり。あとからジワリとくる米の甘い旨味が大変美味しくいただけます。淡麗しすぎず丁度良い旨味の辛口な印象で大変美味しくいただけました。刺身なんかと丁度よく相性の良いしっかりとした味のお酒でした。

もらいもの。でも朝日嶽だいぶ手に入りにくくなってきました。

蓬莱泉「純米大吟醸 150周年記念酒」(関谷酒造)

DSC00521.jpg
銘柄:蓬莱泉「純米大吟醸 150周年記念酒」
製造:関谷酒造
種類:純米大吟醸
酒米:夢山水

蓬莱泉の「吟」の魚のラベルと同じ人が書いたもので、魚の骨だけになり般若心経があしらわれたブルーボトルの綺麗なラベルのお酒です。愛知の酒米である夢山水を30%まで磨かれたお酒だそうです。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはとてもフルーティーな吟醸香。飲んでみると完熟マスクメロンのような甘くフルーティーな味わいです。舌に広がる甘い甘みがとても美味。程よい濃さの旨みがだんだんと引いていく後味が大変心地良い余韻に浸れます。軟らか過ぎず固すぎず丁度良い口当たりとこの味なら万人受けしそうな美味しいお酒でした。

もらいもの。偶然かこのブログの愛知県の酒100本目記念だったり、ってブログ書いていてふと気づきました。

信濃錦「芳醇純米酒」(宮島酒造)

DSC00753.jpg
銘柄:信濃錦「芳醇純米酒」
製造:宮島酒造
種類:純米
酒米:美山錦

久しぶりの信濃錦。防腐剤無添加酒の先駆けで全量純米酒にこだわったお酒を造っている蔵からはレギュラーな純米酒を飲んでみました。

冷酒、熱燗で飲ス、うまい!!
香りは麹の香り。飲んだ瞬間から米の旨みがぎっしり詰まった味わいが口の中に広がってきます。芳醇な良い香りの、まったりとした旨みがとても美味しく、大変飲みやすいお酒です。しばらく米の旨みがしっかりと口の中に残り幸せな余韻に浸ることができます。熱燗にしてもまろやかな旨みがしっかりと味わえ大変美味しくいただけました。ストレートにうまいと思えるお酒でした。

まつのやで購入しました。

花垣「米しずく」(南部酒造場)

DSC00389.jpg
銘柄:花垣「米しずく」
製造:南部酒造場
種類:純米
酒米:五百万石

越前の山あいにある越前大野は名水の町として知られています。街中には4つの酒蔵があり、そのうちの一つが花垣を醸す南部酒造場。越前大野の伏流水を使って作られたレギュラーな純米酒「米しずく」を飲んでみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは麹の香りのする少し飴色のお酒です。飲んでみると米の旨みの乗った程よい辛口の飲み口。少し刺激があった後は米の旨みがじわりとでてくるような感じ。程よい酸度のためか清涼感があり、後味は米の旨みを堪能しながらすっきりしている感じ。料理にも合わせられるしお酒だけでも飲めてしまえる上品で綺麗な酒でした。

越前そばの里で購入。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別