寒紅梅「純米しぼりたて原酒 冬のうすにごり」(寒紅梅酒造)

DSC05530.jpg
銘柄:寒紅梅「純米しぼりたて原酒 冬のうすにごり」
製造:寒紅梅酒造
種類:純米
酒米:五百万石

2015年の最後に飲んだお酒は寒紅梅のしぼりたて。従来の綺麗なラベルと違い、シロクマのラベルがなんか可愛らしい、なんともいえないまったりとした雰囲気のお酒です。寒紅梅は最近では三重大学の学生と一緒に酒造りしていることでも知られていますから、若いパワーをもらっているためラベルも可愛らしいのでしょうか。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほんのり香る吟醸香の少し濁りのあるお酒。飲んでみるとフレッシュでさっぱりとした甘みのある印象のお酒です。少し控えめな優しいフルーティーな味わいは五百万石ならではのあっさりさからか。しぼりたて原酒ながら飲んでいてあまり重くならずすんなり飲めて美味しいお酒でした。

リカーショップオオタケで購入。
年末もお酒は飲んでいましたが忘年会やらなんやらで日本酒を飲む機会は少なかったがそれなりに色々な日本酒が楽しめたかなという感じでした。

それでは良いお年を。
スポンサーサイト

神舞「純米吟醸」(元坂酒造)

DSC05717.jpg
銘柄:神舞「純米吟醸」
製造:元坂酒造
種類:純米吟醸
酒米:山田錦+五百万石

伊勢の酒屋で結成されたリーソンズ倶楽部というところがプロデュースして元坂酒造が出しているお酒。販売10年とのことですが、たまたま立ち寄った酒屋さんに置いてありついつい手にしてみたお酒です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは麹の香る少し飴色のお酒。飲んでみると米の味わいがじっとりとするお酒です。ただただ単純に旨味がしっかりと感じられる味わいでこれが本当に綺麗に仕上げられている感じ。フルーティーとかフレッシュとかそういうのではなくて、熟成したしっとりとした透明感のある綺麗な日本酒ってところでしょうか。飲んでいるとだんだんと旨味のしっかりした味わいが心地よく、料理も進むお酒でした。

二見の田所酒販で購入。

萩の露「山廃仕込 芳弥 特別純米 無ろ過原酒」(福井弥平商店)

DSC05527.jpg
銘柄:萩の露「山廃仕込 芳弥 特別純米 無ろ過原酒」
製造:福井弥平商店
種類:純米
酒米:山田錦+吟吹雪

萩の露で1年間熟成させてから販売されるお酒を購入。今年7月製造とのことですが裏ラベルを見ると2015年度の仕込みとのこと。どんな味になるのか気になり購入。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほんのり甘い吟醸香。飲んでみると少しプチプチ微炭酸のような刺激がありとても清涼感のある印象。本当はしぼりたてじゃないのか、って感じのフレッシュさを感じるフルーティーなしっかりとした甘さがあり大変ジューシーです。飲んでいると甘さの中にある濃厚なコクのある旨みがじわりと感じてくるような感じ。山廃って書いてあるがあまり山廃っぽくなく、熟成したまろやかさを予想していたが、しぼりたてのような味わいは良い意味で出鼻をくじかれた感じです。濃厚でとても清涼感のある濃厚な味わいが冬に飲んでも美味しく、鍋と一緒に飲んでも全く問題なくいただけるお酒でした。

リカーショップオオタケで購入

金寳「穂の香 純米生原酒」(仁井田本家)

DSC05252.jpg
銘柄:金寳「穂の香 純米生原酒」
製造:仁井田本家
種類:純米
酒米:不明

自然酒という言葉を押し出している全量純米の創業300年の蔵。蔵によれば無農薬有機栽培で作られた米、自然の水などなど、自然のものにこだわって作っているお酒をそのように呼んでいるようです。阿武隈山系の硬水軟水の2種類の天然水を仕込みとして使い様々なお酒を作られているようです。そんなことは買う前には当然知らず、たまたま可愛らしいラベルでありながら生原酒で強そうだなぁと少し惹かれるものがあり購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほんのり香る甘い香りの飴色のお酒。飲んでみると濃厚な甘口のお酒。少し酸味のきいた味とアルコールの刺激、その後から来る濃厚旨口な味わいが飲みごたえありです。それなのに、飲んでいてそんなにクセもなく飲めるのは優しい口当たりと甘口からか。米の旨味に完熟林檎の味が少し混ざったかのような感じでなかなか美味しいです。夏季限定の生原酒ですが、寒くなった時期に飲んでも問題なく、濃厚な味の料理と合わせても美味しくいただけるうまいお酒でした。

酒のいしはらで購入。仁井田本家のホームページの取扱店には載っていませんが、この蔵のお酒は何種類かおいてありました。

宮寒梅「純米吟醸45% おりがらみ」(寒梅酒造)

DSC05250_20151207052334740.jpg
銘柄:宮寒梅「純米吟醸45% おりがらみ」
製造:寒梅酒造
種類:純米吟醸
酒米:美山錦

今年の新酒第一弾のおりがらみ。今年からデザインも少し変わりましたが相変わらずシンプル美のあるラベルはぶれてないです。新しく追加された幾何学な模様は黒が4で緑が5を示して、45%と言いたいんでしょう。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘い吟醸香。飲んでみると少し刺激のあるフレッシュな口当たり。みずみずしいフルーツを口に含んでいるかのような甘い味わいが口の中に広がってきて大変おいしい。少しあるおりのためか飲んでいると微炭酸のような清涼感のある刺激が口の中に弾け、甘みと刺激が一緒に味わえるような感じでさすがは宮寒梅はずさないなといったところ。後味もじっとりした旨みが余韻として残り、何度飲んでいても心地よく飲めるお酒でした。

酒のいしはらで購入。相変わらず宮寒梅は私の活動範囲ではここでしかみたことがありません。

青雲「純米」(後藤酒造場)

DSC05046.jpg
銘柄:青雲「純米」
製造:後藤酒造場
種類:純米
酒米:不明

以前飲んで結構気に入った青雲の純米酒がたまたま寄ったスーパーに置いてあり購入。

冷酒、常温で飲ス、うまい!!
香りはちょっぴり麹の香りといったところ。飲んでみると柔らかい口当たりでスルっと口の中に入ってきます。入ってきた後はだんだんと深みのある旨みがにじみ出てきて大変美味しくいただけます。スッキリとかフルーティーとかそういうのではなくて、ただただシンプルな日本酒の旨みがじんわりと感じられるような味わいです。飲んでいて心地よく飲み過ぎてしまうお酒でした。

桑名市内のバローで購入。この味だし全国的に知名度のある「なばなの里」でも販売されている銘柄ですが案外マイナーかなぁ。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別