白馬錦「静の桜」(薄井商店)

DSC07853_20160327064159c1b.jpg
銘柄:白馬錦「静の桜」
製造:薄井商店
種類:吟醸
酒米:美山錦

白馬錦の期間限定のお酒。桜のイメージとともに春限定で出荷される吟醸生酒があったので飲んでみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘い吟醸香。飲んでみるとフルーティーで上品な甘い旨みがしっかりとある口当たり。舌にさらりと流れ込んでくるなめらかさが最初優しく感じ、その後から酸味のきいた少し強めなフレッシュな刺激が口の中に広がってきます。最後に辛口で口のなかを締めてくれるので飲みやすく料理と合わせ易いお酒です、ってHPのお酒の紹介でも同じようなことが書いてあり、本当にそのままの印象です。花見の席で美味しく楽しく飲めてしまえそうなお酒でした。

酒のいしはらで購入。
スポンサーサイト

美丈夫「特別本醸造」(濱川商店)

DSC07725.jpg
銘柄:美丈夫「特別本醸造」
製造:濱川商店
種類:本醸造
酒米:松山三井

非常にすっきりしたモノトーン調の綺麗なラベルに惹かれ購入。野口英世でお釣りがくる安さも気軽に購入できるので買い物ついでについついってところ。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは少しすっきりした麹の香りのする透明のお酒。飲んでみると少し酸味のあるピリッとした口当たり。米の旨みとちょっとした酸味が心地よく、さらりとした舌触りは癖がなく飲みやすく、舌の上を米の旨みが流れてくる感じで、最後に辛口で締めるといったところ。食事の味を邪魔することなく、一緒に飲んで最後に辛口で洗い流してくれて口の中がさっぱりするため、食事も次の一口がより美味しく感じてしまいます。単品で飲むより料理と一緒に飲むとこのちょうど良い感じがたまらないお酒でした。

覚王山フランテで購入

川中島「特別純米酒」(酒千蔵野)

DSC07459.jpg
銘柄:川中島「特別純米酒」
製造:酒千蔵野
種類:純米
酒米:美山錦

川中島といえば武田上杉の合戦で有名な地名。そこで酒造りを営む酒千蔵野は1540年創業と国内で7番目に古く戦国時代から酒を作られている歴史のある蔵です。「幻舞」という銘柄で都内などで売っていることで知られ、長野初の女性杜氏が造るきめ細やかな酒質で人気があるようです。そのなかでは比較的レギュラーなお酒が売っていたので購入してみました。

冷酒、熱燗で飲ス、うまい!!
香りは麹の香りの飴色のお酒。飲んでみるとスルっと口のなかに入ってくる刺激の少ないなんとも優しい口当たりです。口に含むとコクのある甘い麹の旨みがじわりと感じられます。旨みをしっかりと堪能しながらだんだんと味が薄れてきて、また飲んでも柔らかな口当たりでスルっと入ってくる感じです。しっかりとした旨みがありながら柔らかな酒質で優しく包んでくれているような飲みやすいお酒でついつい余計に飲んでしまいます。冷酒、熱燗どちらも美味しく好みや雰囲気に合わせて飲めば良さそうなお酒でした。

ヨシヅヤ豊山テラスで購入。戦国時代系の名前をみるとついつい気になってしまうかな。

孝の司「純米吟醸 夢山水生原酒」(柴田酒造場)

DSC07207.jpg
銘柄:孝の司「純米吟醸 夢山水生原酒」
製造:柴田酒造場
種類:純米吟醸
酒米:夢山水

岡崎の山間部で酒造りを営まれる柴田酒造場は軟水を使った柔らかな酒質で知られています。最近では力強さを求め生酛にも力を入れるなどいろいろなことをされているようです。愛知の夢山水を用いた生原酒が販売してましたので購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘い吟醸香をした少し飴色のお酒です。飲んでみると少し刺激のある口当たりで、その後から甘い完熟メロンの甘さと渋さが同時に口の中に広がってきます。トロっとした舌触りでなかなか濃厚、それでいて柔らかい口当たりで飲みにくさはなく、優しくまとめてくれる後味が次の一杯につながっていきます。単品で飲んでも綺麗で美味しく、食中酒としてもそれなりに濃厚で負けず飲んでいて楽しく飲めたお酒でした。

岡本屋酒店で購入。ここでは孝の司をはじめ、蓬莱泉や蜂龍盃など奥三河のお酒がを中心においています。

奥出雲の一滴「純米 改良雄町」(奥出雲酒造)

DSC07130.jpg
銘柄:奥出雲の一滴「純米 改良雄町」
製造:奥出雲酒造
種類:純米
酒米:雄町

島根のお酒が売っていて、「改良」雄町ってのが少し気になって購入してみました。奥出雲酒造は調べてみると少し誕生が変わっていて、もともと八千代酒造というのが2003年に廃業した時に町が免許など買い取って新たに始めたのが始まりのようです。道の駅に蔵を建て町の特産として米と日本酒を売るという米どころの町ならではの方法+行政という少し面白いいでたちのようです。それと改良雄町はどうも山陰で栽培し難い雄町を栽培しやすいようにしたものなんだそうですね。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは麹の香りの飴色のお酒。飲んでみるとしっかりとした米の旨みを感じます。そこそこ重く舌に絡みつく旨み、それでいて綺麗で口当たりもまろやかで旨みをしっかり堪能できる感じ。単品で飲んでもくどさのない綺麗さがありながらあっさりしていないので飲みごたえも十分あり、料理と一緒にいただいても美味しく頂けたお酒でした。

酒やビッグで購入。

鈴鹿川「純米吟醸」 (清水清三郎商店)

DSC06950_20160302221051636.jpg
銘柄:鈴鹿川「純米吟醸」
製造:清水清三郎商店
種類:純米吟醸
酒米:不明

紫の藤をイメージしている綺麗なラベルの鈴鹿川。華麗旨口とあり酒のディスカウントショップに売られているわりには大変そそられて購入してみたお酒です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほんのり吟醸香のお酒。飲んでみると非常に綺麗で透明感のあるフルーティーな味わいです。それでいて結構米の旨味が凝縮していて、角の取れたまろやかな深い味わいがたまりません。華麗旨口という言葉の通りで飲んでみてとても綺麗な旨味がある感じ。飲んでも飲んでも綺麗な口当たりのためか飲み飽きせずスルスルと口の中に流れ込んでしまいます。これなら単品で飲んでも美味しく飲め、万人受けしそうなおいしいお酒でした。

リカーマウンテンで購入。こういうお酒も以前と比べおくようになりました。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別