京生粋「しぼりたて」(佐々木酒造)

DSC09512.jpg
銘柄:京生粋「しぼりたて」
製造:佐々木酒造
種類:純米吟醸
酒米:不明

俳優の佐々木蔵之介さんの実家の佐々木酒造は前回飲んだ西陣「特別純米」が結構美味しくて気に入ったところで、今回も京都に行った時に購入してみました。京生粋のラベルは京都産和紙で、使用した米も京都産「祝」、水は千利休がお茶をたてるときに使った銀名水で酵母も京都酵母「京の琴」を使用とまさに京都尽くしの地酒と言えます。その京生粋の季節限定しぼりたて原酒を選んでみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほんのり甘いリンゴのような吟醸香。飲んでみるとトロっとした質感が舌に広がります。なかなか濃厚で甘い果実のような旨味が大変心地よいです。濃厚なのにとても口当たりが優しいため自然と口のなかに溶け込んでくれます。刺激はほとんどなくただただ甘くトロッとした濃厚な旨味のみが堪能でき、大変飲みやすくストレートにうまさを感じられるお酒でした。

映画村のお土産屋で購入。
調べてみると結構販売店はあるみたいなのでそちらも当たってみたいところです。
スポンサーサイト

金泉「しぼりたて原酒」(平和錦酒造)

DSC09273.jpg
銘柄:金泉「しぼりたて原酒」
製造:平和錦酒造
種類:本醸造
酒米:ひだほまれ

美濃加茂から国道41号を下呂に向けて走っていると看板がちらほらある蔵です。160年の歴史があり手作りで少量生産しながらも色々なお酒や古酒も取り扱うなどしているところです。以前いただいた「せんぐりせんぐり」は純米酒でしたが今回は普通酒か本醸造でしぼりたて原酒になってました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはしっかり香る麹の香りの透明のお酒です。飲んでみると少し柔らかい口当たりで自然に口のなかに入ってきます。しっかりとした米の旨みが詰め込まれた深い旨みで口のなかを満たしてくれます。かといって原酒の割には軽めで優しい口当たりなので大変飲みやすく、後からアルコール度19〜20%のパンチが飛んできて一気に酔いが回ってくる感じです。飾らない米の旨みしっかりで飲みごたえのあるお酒で、花見のために4月にしぼったようですが、どちらかというと寒い冬に熱い鍋を囲って美味しく食べるほうが好みかなと思ったお酒でした。

川島パーキングで購入。

紀土「純米吟醸にごりざけ生」(平和酒造)

DSC09105.jpg
銘柄:紀土「純米吟醸にごりざけ生」
製造:平和酒造
種類:純米吟醸
酒米:五百万石

昭和3年創業と比較的新しい酒蔵でつくられる方も若く、名前は和歌山のある紀州の風土から取られたお酒です。その中で数量限定のにごりざけを購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘い吟醸香でしゅわしゅわ微炭酸で細かい泡が立ちます。飲んでみると少し酸味のある微炭酸が刺激となりとても清涼感のある口当たり。完熟リンゴを彷彿させるジューシーで甘い旨味がぎっしりと口の中に広がってきます。炭酸飲料飲んでいるみたいだと思っていると最後に少し感じる苦味でお酒であると認識するような感じ。人によっては日本酒というよりカクテルと勘違いしてしまうかもしれない飲みやすさがあり、そういう人たちに受け入れられそう。とても飲みやすく単品で飲んでも和洋と合わせても問題なさそうな美味いお酒でした。

リカーショップオオタケで購入。蓋に穴のあるタイプのお酒ですので、振ってはいけませんし、瓶を横にしてもいけませんから取り扱い注意です。

酔園「幻の酒ブルー」(EH酒造)

DSC08911.jpg
銘柄:酔園「幻の酒ブルー」
製造:EH酒造
種類:純米吟醸
酒米:ひとごこち

英語の名前が不思議な酒蔵。蔵自体は200年ほどの歴史を持つが現在のEH酒造になったのは2003年と、わりかし最近の話。名前から受ける印象はイマイチだがブルーボトルが綺麗で買ってみたお酒です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは少し麹の香りの吟醸香。飲んでみると少し刺激のある米の旨味ののった口当たり。のどごしもよく下に絡みつくねっとりとした旨味もそこまでしつこくなく丁度良い感じ。ちょっと熟成した米麹の旨味がほんのり出ていてなかなか美味しいです。飲み始めの程よい重さと比べると後味はスッキリしており飲み易い。口の中が結構さっぱりするため次の一杯を飲んでもまた美味しくいただけるお酒でした。

安曇野インター近くの酒屋(名前忘れた)で購入。

希ヲ紡グ(三千櫻酒造)

DSC07723.jpg
銘柄:希ヲ紡グ
製造:三千櫻酒造
種類:純米大吟醸
酒米:不明

イオンにあった謎のしぼりたて純米大吟醸。三千櫻酒造って書いてあったが当然ながらHPなどには載っておらずよく分からない代物。そもそも三千櫻なら全部「純米酒」くくりになってる可能性が高そうだが。まぁちょっと気になったので購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほんのり甘い吟醸香。飲んでみるとしぼりたてのわりには透明感のあるサラサラした酒質です。フルーティーで甘い旨味がほんのり感じ、下に重く残ることなくさらりと喉に流れていってしまう感じです。全体的に綺麗にまとめられ、誰にでも飲み易いお酒な印象です。寿司と一緒に飲んでみましたが美味しくいただけました。

モゾワンダーシティで購入。

天吹「純米吟醸・春」(天吹酒造)

DSC07721.jpg
銘柄:天吹「純米吟醸・春」
製造:天吹酒造
種類:純米吟醸
酒米:不明

イオンで見かけた可愛らしいラベル。ふと見ると「いちご」の酵母を使ったお酒とのこと。花酵母は色々飲んでみましたがいちごは飲んでみたことがなかったので興味本位で購入。調べてみるとここの蔵では花酵母を使ったお酒を結構作っているみたいで、アベリアやコスモス、ひまわり、なでしこ、マリーゴールドなどなど。庭に咲いている花からも酵母が取れそうだなぁって思えてしまいます。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘い果実の吟醸香。飲んでみるとフワァとくる甘い香りの口当たり。最初の酸味と甘みのバランスは本当にイチゴか何かの果実かって思ってしまいます。その後からすぐにキレの良い辛さで口の中がすぐにドライになり、その後からジワリと苦味がでてサァーっと後味がキレる感じ。甘さ辛さ苦さのバランスが果実酒をほんの少し彷彿させるような感じで従来の日本酒とは少し違った印象を受けるのは花酵母だからか。重厚さないため旨味が引き立ち、飲んでいてくどくならないため繊細な料理と一緒に飲んでもお互い邪魔することなく美味しくいただけたお酒でした。

モゾワンダーシティーで購入。

千代鶴「上撰 本醸造」(中村酒造)

DSC08252.jpg
銘柄:千代鶴「上撰 本醸造」
製造:中村酒造
種類:本醸造
酒米:不明

もらいもの。東京はあきるの市にある蔵で創業200年ほどの歴史をもつ酒蔵。上撰とあるのは昔の名残でしょうか。

常温、熱燗で飲ス、うまい!!
一升瓶が冷蔵庫に入らなかったので常温保存しておりました。注いでみると麹の香りの透明なお酒。飲んでみると少しピリ辛な口当たり。少しすっきりした喉越しで飲みやすく、それでいて酸味や甘ったるい味が少なく淡麗ながらも米の旨みだけはしっかりとにじみ出てきている感じで美味しく飲めます。熱燗にするとまろやかでとても旨みがしっかりとでてきて、それでいて淡麗な感じは変わらず大変飲み易いお酒です。個人的には熱燗のほうが好みで旨みのある美味いお酒でした。

もらいもの。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別