人気一「瓶内発酵スパークリング純米吟醸」(人気酒造)

DSC00260.jpg
銘柄:人気一「瓶内発酵スパークリング純米吟醸」
製造:人気酒造
種類:純米吟醸
酒米:不明

人気一からスパークリング日本酒が出ていたので購入。白の綺麗なラベルにシャンパンと同じ二次発酵による微炭酸の甘口のお酒とのことです。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはすっきり甘い果実のような香り。おりのある薄濁りのお酒をそそぐとシュワシュワと細かい泡が少し立ちます。飲んでみると日本酒とは思えぬ梅酒のような甘酸っぱい旨味のお酒。甘さが強すぎるくらいで果実酒のような味わいで目隠しして飲んだら日本酒とは答えなさそうなくらい甘い。それもそのはず日本酒度−70度とかなり超甘口のお酒です。これだけ日本酒度が低いと甘すぎでくどさが強くベタベタした感じであまりたくさん飲めませんが、微炭酸で程よい清涼感が得られるためかクドさを感じさせないのはさすがといったところ。これなら日本酒が苦手という人でも美味しくいただけ、洋食にワイングラスで飲んでみたり食前酒として飲んでみたりと幅広く料理に合わせられそうなお酒でした。

覚王山フランテで購入。
スポンサーサイト

花垣「亀の尾 純米無濾過生原酒」(南部酒造場)

DSC09521_201605180132110d2.jpg
銘柄:花垣「亀の尾 純米無濾過生原酒」
製造:南部酒造場
種類:純米
酒米:亀の尾

米の雫シリーズの第4弾として限定販売されたお酒。亀の尾といえば漫画のモデルにもなったことのある復活した幻の米として知られていますね。その米を用いて造られたお酒です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘い麹の香りの透明なお酒。飲んでみるとまったりとした濃厚でコクのある旨口な口当たり。少し酸味の効いたさわやかな刺激に完熟りんごの甘さと苦味が同時にくる感じは日本酒度マイナスの甘口酒で感じるアレ。重厚感のあるパンチのきいたコク旨な味が飲みごたえ十分で、甘酸っぱさと苦味のバランスが絶妙です。最後に感じる苦味のおかげで次の一口の旨味がより凝縮された感じになり、飲めば飲むほど口の中に馴染んて来る感じがたまらないお酒でした。

ワイン&地酒TODAで購入。ワインがメインになりつつあるところですが、日本酒の取り扱いも綺麗なところです。

裏高砂「純米山田錦 生原酒」(富士高砂酒造)

DSC00256.jpg
銘柄:裏高砂「純米山田錦 生原酒」
製造:富士高砂酒造
種類:純米
酒米:山田錦

富士宮浅間大社のすぐ近くにある富士高砂酒造。富士山の伏流水を使った綺麗なお酒を作られています。浅間大社を流れる川の水は感動すら覚える綺麗な水で、それを使ってお酒を作られているなんてなんとも羨ましい感じです。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはしっとり香る麹の香り。飲んでみるとトロっと甘く濃厚な米の旨味がみなぎる口当たり。舌に絡みつくフレッシュで純粋な甘さが大変心地よく、それでいてクドさが無いためベトベトさは感じず、非常に綺麗な旨味を感じられるお酒です。どっしりしているのに重さは感じず、かといって軽いこともなく飲んでいて食事も進むお酒でした。

富士高砂酒造で購入。裏高砂シリーズは蔵以外での販売はしていないため直接足を運ぶしか無いようです。

黒松仙醸「厳選しぼりたて限定生原酒 純米大吟醸 試験栽培米 斗瓶取り」(仙醸)

DSC08684.jpg
銘柄:黒松仙醸「厳選しぼりたて限定生原酒 純米大吟醸 試験栽培米 斗瓶取り」
製造:仙醸
種類:純米大吟醸
酒米:不明

飯田方面へ行った時にふらっと立ち寄った酒屋で見かけ購入したお酒。仙醸のしぼりたてでおりが残る薄にごりがあり、純米大吟醸のスペックながらCPがなかなか良かったため即買いしてしまいました。スペックなどはネットで上手に探せなかったのでよくわかりませんでした。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほんのり甘いリンゴのような吟醸香。飲んでみるとフレッシュフルーツのような、甘いリンゴのような、そんな口当たり。少し残ったおりのため微炭酸のようなチクチクした刺激が軽く口の中を駆け巡り、濃厚で甘い旨味がいつまでも心地よく残ってくれる感じ。飲みごたえ十分な濃厚さでありながら心地よい旨味だけが残ってくれ大変美味しく堪能できたお酒でした。

高岡亭酒店で購入しました。

勲碧「本醸造 しぼりたて生原酒」(勲碧酒造)

DSC09647.jpg
銘柄:勲碧「本醸造 しぼりたて生原酒」
製造:勲碧酒造
種類:本醸造
酒米:不明

勲碧は名古屋市内では比較的流通しているお酒の一つで酒屋さんからスーパーまで取り扱っているところもあり、読みにくいが目にする機会の多いお酒の一つ。その中でしぼりたて生原酒を飲んでみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほんのり麹の香り。飲んでみると濃厚で刺激の強い口当たりです。少し酸味のあるトンがった印象のある辛口で濃厚で舌にまとわりつく米の旨味があり、最後に辛口で締めてくれるはずがまだ口のなかに余韻が残るため、ややしつこさを感じます。4月に瓶詰めされていますが、どちらかといえばもっと寒い季節に鍋と一緒に飲んだ方が美味しくいただけそうなお酒でした。

勲碧酒造で直接購入。

初桜「天晴 生原酒」(安井酒造場)

DSC09508_20160503054442cf8.jpg
銘柄:初桜「天晴 生原酒」
製造:安井酒造場
種類:純米吟醸
酒米:日本晴

純米酒「晴」があり純米吟醸は天がついて天晴となったお酒でその生原酒26BYを購入しました。初桜は純米系は生原酒と火入れを用意してくれているので好みで選べるのが大変嬉しいところです。

冷酒、常温で飲ス、うまい!!
日本酒の良い香りのするお酒。飲んでみるとまったりじんわりと口のなかに広がる甘辛な旨味が美味しい。程よい酸味があるためくどさがなく濃厚な米の旨味の味でもスルスル飲めてしまえます。飲んでいると少しピリ辛で苦味のある後味が出てくるため、次の一杯が飲みたくなりついつい口にして、また飲み易い旨味で満足してしまいます。そうこうしているうちにあっという間に酔いがまわります。よく見たらアルコール度が18〜19度と少し高めでした。個人的には少し温度を上げて常温くらいになった方が米の旨さに奥行きが出てきて好みかなと思ったうまいお酒でした。

道の駅土山で購入
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別