夜明け前「純米吟醸 生一本 しずくどり」(小野酒造)

DSC01423.jpg
銘柄:夜明け前「純米吟醸 生一本 しずくどり」
製造:小野酒造
種類:純米吟醸
酒米:山田錦

歴史的建築物の残る小野宿の中にある酒蔵。蔵自体も街道沿いにありその町並みに溶け込んでいます。夜明け前のラインナップの一つである生一本のなかでも、搾らずに垂れてくる部分だけを集めたお酒が「しずくどり」です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはほんのり甘い果実のような吟醸香。飲んでみるとフルーティーで甘い果実な口当たり。完熟メロンを彷彿させるフレッシュで甘い華やかな旨味がたまらない。甘い上品な旨味がぎっしりつまったなかなか濃厚な味わいながら、少し辛口のためかその後のさらりとした舌触りがなんとも言えず心地よいです。何度飲んでもうまいなぁとどんどん飲んでしまえます。単品で飲んでもとても美味しくいただけるお酒でした。

小野酒造で直接購入。生を中心に少量ながら販売している感じです。話していると去年作った金紋錦のお酒は今年も作ってみたようです。すでに4合瓶は蔵では売り切れていたりだそうです。
スポンサーサイト

あさ開「純米大辛口 水神」(あさ開)

DSC01046.jpg
銘柄:あさ開「純米大辛口 水神」
製造:あさ開
種類:純米
酒米:不明

岩手のお酒のなかで愛知県で比較的よく見るものの一つがあさ開。その純米酒があったのでこれを選んでみました。HPで見てみると飲食店向けの業務用純米酒らしく、辛口がウリのお酒のようです。

冷酒で飲ス、うまい!
香りは麹の香る飴色のお酒です。飲んでみると結構ピリ辛な口当たり。めちゃくちゃ辛いわけではないが日本酒度+10のためか案外刺激は強い。それでいて、その後からくる米のじっとりとしたコクのある濃い旨味が出てくるため余計に辛く感じてしまうのかもです。単品で飲むと少し味が強いかなと思ったりしますが料理と一緒に飲んでみるとなるほどちょうど良い辛さ。少し濃いめの料理と合わせるとお酒の辛口で口の中がドライになり、より料理の味が引き立つような感じになります。個人的にはもう少し個性があるか飲みやすくするかにすると楽しいかなと思うお酒でした。

酒のすぎたで購入

日の出松「蔵出し原酒」(松岡酒造)

DSC09510.jpg
銘柄:日の出松「蔵出し原酒」
製造:松岡酒造
種類:普通酒
酒米:不明

道の駅「あいの土山」でみかけたお酒。蔵は旧東海道の宿場町の中にあるところです。あまり情報がないのでどんな蔵かはわかりませんが、そんなことは知らずに購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは麹の香りする透明なお酒。飲んでみると原酒でアルコール度が19〜20度と高い割にはピリッとくる刺激が少なくなんとなく柔らかい感じ。口の中にトロっとした舌触りで広がってくるのはしっとりとした米の甘い旨味。フルーティーな甘さではなく甘酒に感じられるような米の甘さってところ。その甘さが最も感じられるためか飲みにくさはなく、トロっとした濃厚さでありながらも飲みやすい。そして気分良く飲んでいると後から一気にガツンと酔いがまわってきて300mlでも侮れないなっと飲みすぎ注意だと後から思ってしまったお酒でした。

道の駅「あいの土山」で購入。

裏高砂「純米吟醸雄町 生原酒」(富士高砂酒造)

DSC00258.jpg
銘柄:裏高砂「純米吟醸雄町 生原酒」
製造:富士高砂酒造
種類:純米吟醸
酒米:雄町

裏高砂シリーズは蔵でしか販売されていない限定酒。ホームページにも載っておらずスペック不明なお酒です。雄町を使ったお酒もホームページには載っていませんが、以前雄町で作ったお酒がなかなか好評だったため少量作っているみたいなことを言っていたような言っていないような。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはリンゴを彷彿させる甘い吟醸香の透明なお酒。飲んでみるとフルーティーな濃厚で甘い口当たり。口の中にしっかりとした旨味のあるフレッシュな甘さが広がってきて、それを堪能しているとちょっぴり苦味な旨味が滲みでてきます。少し甘いほうが強いかなってバランスで、最後にでてくる苦味のおかげで次の一杯がさらに甘い旨味が引き立ち次々と飲んでしまいます。同じ裏高砂シリーズでも山田錦とは受ける印象は違うかな。なかなか重厚感のある飲み口でしっかりした旨味が堪能できるお酒でした。

富士高砂酒造で購入。今のイチオシは?って聞いたらこれだと言われたので購入してみた。

甲斐の開運「純米酒」(井出醸造店)

DSC00254.jpg
銘柄:甲斐の開運「純米酒」
製造:井出醸造店
種類:純米
酒米:夢山水、あさひの夢

富士山の北嶺で富士の湧水を使って酒造りを営む井出醸造店。前回は富士山おみやげ用の面白いコンセプトのお酒でしたが今回はど定番のレギュラーな純米酒にしてみました。

冷酒、熱燗で飲ス、うまい!!
麹の香り漂う透明のお酒。飲んでみると米の旨味がぎっしりとのった味わい。少し酸味があり、辛口でコクのある米の旨味って感じでしょうか。いわゆるザ日本酒って言える芳醇旨口なお酒。ちびちび飲んでもドッシリしたふくよかな旨味が口の中に広がってきますが、その後からちょっと感じる酸味と辛味のおかげで案外しつこさはありません。熱燗にすると少しまろやかになるかなって感じ。常温くらいが旨味がぎっしりのって好みかな。寒い日に濃いめの熱い料理と相性が良さそうで寒冷地仕様だなと思ったお酒でした。

オギノ山中湖店で購入しました。スーパーながら山梨の地酒の定番種の揃えはなかなか良かった。

一本義「辛爽系 純米吟醸 生酒」(一本義久保本店)

DSC00612_20160607054722123.jpg
銘柄:一本義「辛爽系 純米吟醸 生酒」
製造:一本義久保本店
種類:純米吟醸
酒米:越ノ雫

銀の包装に包まれ販売していたお酒。山田錦と越ノ雫の2種類があり今回は越ノ雫を選んでみました。包装を開けると透明な瓶に銀色のラベルでとても眩しいです。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはちょっぴり香る吟醸香の透明のお酒。飲んでみるとスカッと辛口な刺激があります。ほんのり苦味の混ざるフルーティーな味わいの後で、どっしりした旨味とピリ辛な硬い喉越しとで一気にドライな感じになります。さらりとした舌触りであっという間に口の中に残らずなかなかキレの良いお酒一気にくるキレが爽快感抜群でラベルの通り辛爽系と言われれば納得な辛口です。熱く濃い味付けの料理と一緒に食べると口の中があっさりして相性が良さそうなお酒でした。

大野市のバローで購入

富士の白糸「にごり酒」(牧野酒造)

DSC00253.jpg
銘柄:富士の白糸「にごり酒」
製造:牧野酒造
種類:普通
酒米:不明

ミルクランドで購入したお酒。富士の湧水を使って造られたにごり酒とのことです。名前の白糸はもちろん白糸の滝に由来するもので、にごり酒とマッチしていてなかなか面白いお酒です。

冷酒で飲ス、うまい!
香りはほんのり甘い麹の香りのにごり酒です。飲んでみると、にごり酒によくあるフレッシュで甘くて濃厚で、ってのはほとんど感じないお酒です。最初に少し甘い味、例えば甘酒をだいぶあっさりさせたような感じの甘さが感じられるなと思ったら、その後はとてもスッキリとした軽い辛口の喉越し。下にまとわりつく感じも非常にあっさりして軽快感があり飲んでいてい重厚感を感じません。おかげで最初の甘さが綺麗な感じになり飲み易いお酒になっています。これならにごり酒が苦手な方でも容易に飲むことができそう。そしてこの甘さと軽さがちょうど料理と一緒にいただくのによく、料理もお酒もどちらも美味しく頂くことができました。単品でもいいですし、和食以外でも合わせて飲めそうなお酒でした。

ミルクランドの売店で購入。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別