黒松仙醸「純米吟醸酒 火入れ」(仙醸)

DSC05324_20161026215422296.jpg
銘柄:黒松仙醸「純米吟醸酒 火入れ」
製造:仙醸
種類:純米吟醸
酒米:金紋錦

以前飲んだ黒松仙醸の火入れのお酒。このお酒も木島平村のみで栽培される幻の米「金紋錦」を用いて造られたお酒です。この米で造られたお酒は特別華やかなイメージは無いのですが、なんとなくこの味が気に入ってしまい、ついつい手が伸びてしまったお酒です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは麹の香りの褐色のお酒です。飲んでみるとさらりと口の中に入り込んでくる旨みがたまらない。フルーティーな甘さや苦味、辛味や酸味。渋みなどなど、色々な味わいが複雑に絡み合って独特な味わいをとなっているんですが、そのバランスが絶妙で大変綺麗にまとまっている塾生した旨さを感じます。特別華やかなわけでもなく、淡麗なわけでもなく、なんとなく自己主張は控えめな大人な旨みがのったお酒っていう雰囲気でしょうか。これがなんとも言えない癖になる味わいで飲み飽きしない美味しいお酒でした。

酒のなかきやで購入。長野のお酒が結構多くて良かった。
スポンサーサイト

ほしいずみ「辛口純米」(丸一酒造)

DSC04310.jpg
銘柄:ほしいずみ「辛口純米」
製造:丸一酒造
種類:純米
酒米:若水+祭晴れ

ほしいずみのレギュラーの一つ辛口純米が売っていたので購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは麹の香り漂う飴色のお酒。飲んでみるとピリッとした刺激と辛口の喉越しのお酒です。思いのほかすっきりと仕立てられているためか雑味がなく、癖が少なくて飲みやすいです。辛口の中に米の旨みがにじみ出ている感じでしょうか。癖がなく、飲んだ感じはあくまで「普通」にうまいお酒って感じでインパクトに欠けてしまいますが、逆に言えば普段飲みにはお酒の個性が目立たず、料理の脇役に徹する感じは晩酌向けと言えるお酒でした。

覚王山フランテで購入。

井の頭「純米ひやおろし」(漆戸醸造)

DSC04734.jpg
銘柄:井の頭「純米ひやおろし」
製造:漆戸醸造
種類:純米
酒米:ひとごこち

伊那市の駅の隣で酒造りを営む兄弟蔵人の酒蔵として知られ、アルプスの軟水で仕込んだお酒を作られております。そんな蔵で作られたお酒のひやおろしが売っていたので買ってみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
綺麗な麹の香りのする少し褐色のお酒です。飲んでみるととても柔らかくて口当たりの優しい綺麗な飲み口です。さらりとした舌触りですが、その後からくる余韻はなかなか濃厚な味わいを感じてしまいます。かどの取れたまろやかなな優しい飲み口としっとりサラりと感じる旨みのバランスが本当に丁度よく大変飲みやすいです。この優しい飲み口は軟水ならではといったところか。料理を選ばずに飲んで幸せになれるお酒でした。

西村酒店で購入

一博「純米大吟醸生酒」(中澤酒造)

DSC05171.jpg
銘柄:一博「純米大吟醸生酒」
製造:中澤酒造
種類:純米大吟醸
酒米:山田錦

東近江市の五箇荘にある蔵。2000年休業のため中澤一洋さんは畑酒造に入り、その後蔵の一部を借りて「一博」を醸造してきましたが、2015年末からは15年ぶりに五箇荘にある自蔵で酒造りを再開するに至りました。新たなスタートとして「一博」に点を一つ加えたラベルにしたようです。過去のラベルと比べると本当に微妙な変化でパッと見気づかないレベルです。そんな中澤酒造から純米大吟醸生酒がでていましたので購入です。

冷酒で飲ス、うまい!!!
香りはほんのり甘い吟醸香。飲んでみるとトロっとした優しいタッチの舌触りです。口に含んだ瞬間から甘いメロンのようなフルーティーな香りがしてきそうな甘い旨みがのっています。なかなか濃厚で優しい口当たりの甘い甘い旨みがしっかりと感じられ、それでいて刺激も少なくナチュラルに飲めてしまえます。寿司と一緒にいただきましたが、魚の旨みと酒の旨みが絡み合い大変美味しく頂けました。

リカーショップオオタケで購入しました。

正雪「特別本醸造」(神沢川酒造場)

DSC04298.jpg
銘柄:正雪「特別本醸造」
製造:神沢川酒造場
種類:本醸造
酒米:山田錦+吟ぎんが+誉富士

サクラエビが有名な東海道の16番目の宿場町「由比」に構える神沢川酒造場のレギュラー商品の一つ「特別本醸造」。正雪は前飲んで結構美味しかったと記憶していたので、本醸造はどんなものかと思い購入。原材料をみると誉富士が使われているみたいで、個人的には誉富士のお酒は開栓初日はイマイチだが2日目以降でストライクになる傾向だったので、その変化を楽しんでみたいっていう好奇心もあった。

冷酒で飲ス、うまい!!
開栓後に香るさわやかな麹の香りのお酒。飲んでみるとフルーティーですが結構きつめの辛い刺激のある口当たり。セメダイン臭の押し出し感が若干強く、初日の印象としてはやっぱり自分には合わないかなってところ。そして2日目以降に期待して次の日に飲んだところ、味のまとまりがとても出てきて、ストライクゾーンに堂々と入ってくるところはやっぱり予想通りで期待を裏切らない誉富士だ。辛い刺激が結構マイルドになり、最初の口当たりがまろやかでフルーティーな米の旨みがのった、ほんのり甘い味わい。この甘さと米の深みのある旨さ、程よいドライな喉越しでさっぱりとした口当たりのバランスがとても良いです。すっきりしているなと思っていると、その後にしばらく口の中に残るほんのり甘い甘い、自然な甘さのある優しい旨みが大変心地よい余韻に浸れます。繰り返し書くが誉富士のお酒は個人的には開栓2日目以降の方が自分に合っているなと思う美味しいお酒でした。

エスパルスドリームプラザ内にある篠田商店で購入。

長寿金亀「白80」(岡村本家)

DSC04514.jpg
銘柄:長寿金亀「白80」
製造:岡村本家
種類:純米
酒米:不明

やや古風なラベルと金色の液体の入った組み合わせが気になったお酒。名前の由来は国宝彦根城が別名「金亀城」で、井伊大老の命じられ酒造りを始めたとのこと。岡村本家のある豊郷町は彦根市の南部にある小さな街ですが「けいおん!」の校舎のモデルにもなったヴォーリズ建築物もあったりと案外濃厚な街として知られています。そんな街にある岡村本家のお酒のコンセプトはわかりやすく、数字がそのまま精米歩合となっておりますので、これは精米歩合80%とほとんど削っていないものです。HPを見ますと40〜90までがレギュラーで、限定で100って全く削らずに作ったものもあるそうです。どれも木槽袋搾りにこだわったりと昔ながらの製法で作られているようです。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは麹の香り漂う金色のお酒。飲んでみると濃厚でまったりと舌に絡みつく甘い旨みのあるお酒です。少し強い酸味と甘さのバランスが絶妙で濃厚ながらもあまり重さを感じさせない飲みごこちがとても心地よいです。精米歩合80%とほとんど削っておりませんが雑味を感じることはなく、濃厚で綺麗な甘い旨みだけが口の中に広がってくる感じです。低精米の普通酒とかにありがちな雑味、飲みにくさを微塵も感じません。これは程よく濃くて飲みごたえあるなぁって思っていると最後に少し辛口な喉越しが訪れ口の中がリセットされるような感覚になり、次の一杯についつい手が伸びてしまいます。結構濃いめの料理と一緒にいただきましたが食も進みました。低精米でこれだけ美味しくいただけたお酒は久しぶりな感じだと感心してしまうお酒でした。

こいずみ酒店で購入しました。お店の方にも甘くて美味しいと言われまさにその通りだと思いました。

今錦「中川村のたま子 特別純米酒 ひやおろし」(米澤酒造)

DSC04731.jpg
銘柄:今錦「中川村のたま子 特別純米酒 ひやおろし」
製造:米澤酒造
種類:純米
酒米:美山錦

おたまじゃくしシリーズの姉妹銘柄「中川村のたま子」のひやおろしが売っていたので購入。どちらのシリーズも中川村内で収穫された美山錦を使ったお酒で、木槽を使ってもろみ自身の重さで搾る伝統的な製法で、県内でも数件しか行われていない方法なんだそうです。中川村で取れた米を使い、中川村の水と蔵付酵母で仕込む、純中川村の酒といえそうです。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは甘い麹の香る透明のお酒。飲んでみると少し辛口でピリッとくる口当たり。口に含むと深いコクのある米の旨みがしっかりとノッた味わいが舌に絡みついてきます。この味わいはとても綺麗で非常に美味しく感じます。ほどよく角がとれたまろやかさと、深いコクのある旨み、優しい口当たりと辛口の喉越しがバランス良く口の中に広がってきて何度飲んでもうまいなと感じてしまいます。濃いめの料理にも負けない味わいと喉越しのスッキリ感がちょうど良く、かといって繊細な料理の味も引き立つお酒でした。

西村酒店で購入。伊那市周辺にあるお酒の取り扱いが良さそうだった。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別