はなざかり「純米吟醸 ふなくち中とり」(花盛酒造)

DSC06349.jpg
銘柄:はなざかり「純米吟醸 ふなくち中とり」
製造:花盛酒造
種類:純米吟醸
酒米:五百万石

杉原千畝の人道の丘のある八百津町は小さい集落ながらも酒蔵が2つあり、そのうちの一つが花盛酒造。あらばしりや袋吊りなどなど限定酒が結構豊富な印象のあるところです。実際に蔵に行った時に購入してみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りはフルーティーな吟醸香。飲んでみるとほんのり酸味の効いた辛口の口当たり。その中にフルーティーな甘さとコメのしっとりとした旨さ、ドライな喉越しがバランスよく噛み合っているような印象です。上品で重さをあまり感じさせないのに、飲みごたえはしっかりとあるので飲んでいて美味しく飲みやすいお酒です。比較的軽めの味の料理と合わせると美味しく綺麗にまとめてくれそうでるお酒でした。

花盛酒造で購入。
スポンサーサイト

南部美人「特別純米酒」(南部美人)

DSC06238.jpg
銘柄:南部美人「特別純米酒」
製造:南部美人
種類:純米
酒米:ぎんおとめ、他

とても有名な酒蔵の一つ。早くから世界に向けて日本酒を発信しサザンビューティーとしても知られるようになっているところ。密かに当ブログ初登場だったり(何度も飲んだことはあるが)のお酒です。HPでは最初にリキュールが出てくるくらい酒造りに自信があるみたいで、その辺りが貫禄あるところでしょうか。

冷酒、常温で飲ス、うまい!!
香りはほんのりフルーティーな甘さを彷彿させる飴色の酒。なんとなく甘酒みたいな感じかな。飲んでみると濃厚でまったりとしたしっかりした米の旨みが乗った味わいです。この心地よい口当たりの甘い旨みのお酒は最初よりも何度か飲んで口の中に馴染んてくると本領発揮で、料理とともにどんどん口に進んでしまいます。気がつくと少し飲みすぎで酔っている自分がいるのがよくわかる美味しいお酒でした。

酒やビッグで購入。

三重大学「純米吟醸」(寒紅梅酒造)

DSC06177.jpg
銘柄:三重大学「純米吟醸」
製造:寒紅梅酒造
種類:純米吟醸
酒米:弓型穂

三重県津市にある寒紅梅酒造と三重大学のコラボのお酒。三重大学の学生が実習として田植えから稲刈り、酒造りまでを酒蔵と一緒に行った限定酒です。酒米も三重大学で開発された三重県の酒米「弓型穂」を用いて作られた三重県オンリーなお酒です。

冷酒、常温で飲ス、うまい!!
開栓時からすぐに漂ってくる完熟メロンの甘い香りが食欲をそそります。飲んでみるとピリッとした口あたりのお酒です。案外刺激が強く、その中に甘いメロン果汁のような旨味が潜んでいるような感じ。喉越しはドライで口の中をリセットしてくれ美味しく飲むことができます。常温にすると少し酸味が強く感じられるようになり、ピリッとした刺激が減って全体的にまろやかになり、それまではあまり目立たなかったフルーティーな旨味がのってきます。個人的には冷え冷えよりかは少し温度の上がってきたほうが好みで美味しくいただけたお酒でした。

道の駅「かわげ」で購入。銘柄が三重大学なのがとても不思議で面白い。それでいて作った学生もこの銘柄が大変記念になりそうな感じがします。

本金「純米吟醸」(酒ぬのや本金酒造)

DSC05734.jpg
銘柄:本金「純米吟醸」
製造:酒ぬのや本金酒造
種類:純米吟醸
酒米:雄町

本金が歴史ある雄町で作る純米吟醸が売っていたので買ってみました。以前はあまりたくさんの種類のお酒を作ってなく、からくち太一と純米くらいだったような気がしてましたが最近は色々なお酒にチャレンジされているようです。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは熟成した甘いりんごの香りの飴色のお酒。飲んでみると結構辛口でピリッときます。しっかりとした米の旨味、酸味に苦味にと色々な味が同時に口の中に広がってくる感じ。どれも個性が強いのかやや味のインパクトが強すぎるかなって印象を受け、もう少しマイルドだとバランスが良さそうに思ったりです。この複雑なコクのある味わいは雄町ならではかな。秋の味覚に負けぬ味を堪能できたお酒でした。

西村酒店

豊香「純米生原酒 生一本」(豊島屋)

DSC05732.jpg
銘柄:豊香「純米生原酒 生一本」
製造:豊島屋
種類:純米
酒米:しらかば錦+ヨネシロ

お酒よりも別の業務が主のような豊島屋。ここのお酒は「神渡」が地元で知られているところですが、そのご子息が造られた別ブランドが豊香だそうです。公式HPでも少し掲載されている程度で詳細は不明なお酒ですが、純米で生原酒となかなかそそられる内容なのもポイントか。使っているコメもしらかば錦はちょくちょく見かけますが、ヨネシロはかつて掛米として使われていたようですが最近は一部マニアしか取り扱っていない様子です。

冷酒で飲ス、うまい!!
香はほんのり甘い吟醸香。飲んでみると完熟マスクメロンを彷彿させる甘いジューシーな味わいが口のなか全体に広がってきます。それでいて全体的には辛口のお酒のため、ドライな喉越しとメロン味とが同時に口のなかに広がってくる感じです。旨味の乗った味わいで、それでいてしつこさはなく案外さらりとした感じが大変飲みやすいです。これで4号瓶で¥1200(税込)とCPも良さそうに感じるお酒でした。

西村酒店で購入。

上げ馬「純米吟醸 名水正宗」(細川酒造)

DSC05359.jpg
銘柄:上げ馬「純米吟醸 名水正宗」
製造:細川酒造
種類:純米吟醸
酒米:山田錦

上げ馬神事が全国的に有名で知られる多度大社がある桑名市の旧多度町にある酒蔵。多度大社より少し奥にあり、全量純米にこだわっているほか、地ビールも造られている蔵です。あまり宣伝とかコンテストとかには積極的ではないためかあまり知られていない(自分だけかもだが)かと思われる蔵ですか、なぜかドン・キホーテで売っていたので買ってみました。

冷酒で飲ス、うまい!!
香りは少し麹の香りがする透明のお酒。飲んでみると柔らかい舌触りとスッキリした喉越しが大変飲みやすい印象です。この綺麗で透明感のある柔らかい味わいは養老の滝で知られる養老山地の水を使っているためかな。さらには一夏超えて熟成させているためかまろやかで角の取れた感じになっていて、純米ながらも重厚感を感じずに飲むことができます。あまりに軽快なので純米か?と勘ぐってしまうかも。少し温度があがると複雑な味になってきて好みは別れるかも。さっぱりと飲みたい時にちょうど良いお酒でした。

ドン・キホーテで購入。昔はナショナルブランドしかなかったが、最近のドンキは結構マイナーなお酒も取り扱うようになったかな、といっても絶対数は少ないですが。
プロフィール

シンパク

Author:シンパク
日本酒は一期一会。どんな日本酒であっても飲んだ時期や気温、体調や料理などで感じる味が変わると思います。
人気や知名度にとらわれず色々なお酒を飲んで楽しんでいけたらと思い、飲んだお酒の印象と記録を残します。

来場者数
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索
リンク
月別